ワード プレス 見出し デザイン。 ワードプレスで見出しのデザインを変える方法

ワードプレス賢威6.2 見出しデザインの決定版 全21種一挙公開

ワード プレス 見出し デザイン

どうも!ブランドクリエイターの中江です。 今回は「WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法」というテーマでお話ししていきます。 ブログ記事を書くにあたって、絶対に整えておいた方がいいデザインがあります。 それが見出しデザインです。 例えば、こういうものですね。 ブログというのは、基本的に文字と画像で構成されているので、適度にこの見出しデザインが入ることで、文章にリズムが出て、読み手に対して理解してもらえる可能性が高まります。 僕のように基本的にブログ記事の文字数が1記事1万字近くある人は、いかに文章にリズムを生むのかが、最後まで読んでもらう鍵になるので、ぜひ見出しデザインをカスタマイズして行ってもらいたいと思います。 でも、WordPressでブログを始めたばかりの人やHTMLやCSSに詳しくない人は、この見出しデザインってどうやるんだろうと疑問に思っているかと思います。 実は、この見出しデザインは「AddQuicktag」と「Simple Custom CSS」という二つのプラグインを使うと簡単に作ることができます。 今回は、このやり方について解説していきたいと思います。 では、早速始めていきましょう! Contents• AddQuicktagとSimple Custom CSSのインストール WordPressで見出しデザインをカスタマイズするためには「AddQuicktag」と「Simple Custom CSS」というプラグインをまずインストールする必要があるので、まずは、この作業をしていきます。 1-1. そうすると、このような画面が出てくるので「今すぐインストール」をクリックしてください。 そうすると、このような画面が出てくるので、「プラグインを有効化」をクリックしてください。 そして、「プラグインを有効化しました」という表示がプラグインのインストールが完了です。 1-2. Simple Custom CSSのインストール 「Simple Custom CSS」も同じ手順でインストールしていきます。 そうすると、このような画面が出てくるので「今すぐインストール」をクリックしてください。 そうすると、このような画面が出てくるので、「プラグインを有効化」をクリックしてください。 そうすると、プラグインのインストールが完了です。 WordPressの見出しデザインをカスタマイズする では、次にこの二つのプラグインを使って、見出しを実際にカスタマイズしていきます。 2-1. 見出しデザインを選ぶ さて、まずは、見出しデザインをどんなものにするのか自分で決める必要があります。 ブログ記事でよく使う見出しはh2、h3、h4だと思うので、そのデザインを参考サイトから3つ選んでいきましょう。 カラーは後から自由に変更することができます。 一番おすすめはこのサイトです。 二番目はここのサイト。 もし、ここに自分が使いたいと思う見出しデザインがないという方は、以下のサイトで、使いたいと思う見出しデザインを選んでください。 2-2. そして、左の上下のブロックには「h2」、真ん中のブロックの上には「」、真ん中の下のブロックには「」を入力し、一番右のチェックボックスにチェックを入れて、「変更を保存」をクリックします。 そして、次も同様の作業で、オリジナルの見出し h3 ボタンを作成していきます。 「変更を保存」をクリックしたら、左の上下のブロックには「h3」、真ん中のブロックの上には「」、真ん中の下のブロックには「」を入力し、一番右のチェックボックスにチェックを入れて、「変更を保存」をクリックします。 そして、次も同様の作業で、オリジナルの見出し h4 ボタンを作成していきます。 「変更を保存」をクリックしたら、左の上下のブロックには「h4」、真ん中のブロックの上には「」、真ん中の下のブロックには「」を入力し、一番右のチェックボックスにチェックを入れて、「変更を保存」をクリックします。 これでオリジナルの見出しボタンの作成は完了です。 2-3. 見出しデザインのCSSをコピーする 次に、このオリジナルの見出しボタンに先ほど選んだ、デザインをつけていきます。 そして、次に自分が使いたいと思った見出しデザインの箇所へと進んで、赤枠で囲んでいる部分をコピーします。 そして、次はカラーを変更していきます。 カラーが初期設定のままで良い人はこのステップは飛ばしても問題ないです。 簡単に言えば、この文字列で見出しのカラーを指定しているんですね。 この文字列を自分の好きな色に変えるためには以下のサイトにアクセスしてください。 そして、「HTMLカラーピッカー」というところから、自分が好きな色を選択して、赤枠で囲んでいる文字列をコピーします。 そして、コピーしたら再び「カスタムCSS」へと戻り、文字列を先ほどのものと入れ替えます。 これでカラーを入れ替えることができます。 h3、h4という他の見出しタグも同様です。 以下のように全て貼り付けたら、「カスタムCSSの更新」をクリックします。 これで準備は完了です! 2-4. WordPressでオリジナルの見出しボタンを使ってみる では、実際に次にオリジナルの見出しボタンを使う方法を見ていきたいと思います。 まずは投稿ページか固定ページで新規追加を押して、記事の作成画面に行ってください。 そして、見出しにしたい文字を入力し、それを選択状態にした後は、右のほうにある「Quicktags」をクリックして、任意の見出しを選んでください。 そうすると、このようにオリジナルの見出しを使うことができます。 いかがでしたでしょうか?ぜひ、あなたもオリジナルの見出しボタンを作成して、ブログ記事に活かしてみてくださいね。 では、今回は以上になります!お疲れ様でした^^.

次の

初心者向けワードプレス講座2:トップページを制作する!など

ワード プレス 見出し デザイン

AFFINGER5(アフィンガー5)の見出しデザインはどんなの? AFFINGER5(アフィンガー5)は、見出しデザインを自分で作りだすことができます。 ユニークなのは、形柄も変更し、見出しの大きさによって個別に設定していけることです。 デザイン済みデータ「HappyDiary 2020」の見出し AFFINGER5(アフィンガー5)には、いわゆる着せ替えの機能があります。 マニュアルでは「デザイン済みデータ」と名付けられています。 例としてHappyDiary 2020の見出しを見てみましょう。 出典:AFFINGER5(アフィンガー5)HappyDiary 2020 出典:AFFINGER5(アフィンガー5) 見た目にシンプルなのですが、結構設定箇所が細かく作りこまれています。 見出し h2 色• 文字色: ffffff• 背景色: ffe567• 背景色: ffec91• ボーダー色: ffec91• ボーダー色: ffe567 基本スタイル• ストライプデザインに変更 見出し h3 色• 文字色: ffffff• 背景色: ffe567 基本スタイル• 吹き出しデザインに変更• テキストを中央寄せ• 背景や吹き出しの角を丸くする 配置• 背景画像を繰り返さない• 左の余白(px)10• 上下の余白(px)10 見出し h4 色• 文字色: 474747• ボーダー色: f0f0f0• 背景色: fffced 基本スタイル• 背景や吹き出しの角を丸くする• ふせん風の影をつける 見出し h5 色• 文字色: 474747• ボーダー色: ffe567• 背景色: fffced 基本スタイル• 左ボーダーを付ける 見出し まとめ 色• 文字色: ffffff• ボーダー色: 94d0bf• 背景色: 94d0bf 見出しを見ながら調整できるので、色合わせなどがキッチリとできていればすごく完成度の高いパーツが出来上がります。 操作はカスタマイザーで簡単にできます。 具体的な作り方は、後の章「AFFINGER5(アフィンガー5)の見出しデザインの作り方」で詳しく説明をします。 もう一段階下の「h4」と「h5」は若干できる項目は少なくなります。 例えば、「h2」「h3」では以下のようなアレンジが可能 h2、h3でできること• 吹き出しデザイン• 2色アンダーライン• グラデーションアンダーライン• センターライン• 囲みドットデザイン• ストライプデザイン• 破線アンダーライン• 左ラインデザイン• チェックボックスデザイン この他、テキストの位置や見出しを画面いっぱいに伸ばしたり、角をとったりと加工をしていけます。 吹き出しデザインサンプル 2. 2色アンダーライン 4. グラデーションアンダーライン 5. センターライン 6. 囲みドットデザイン 7. ストライプデザイン 8. 破線アンダーライン 9. 公式が用意してくれた透過画像(png)を見出しに使えるというもの。 さらに、自分が選んだ画像も見出しにできる機能があります。 この機能は他ではあまり見かけないので、より自分の個性を出したい場合には使用すると良いと思います。 出典:AFFINGER5 鍵付きマニュアル内にあるものなのでぼかしてありますが、見出しを水玉模様や市松模様にできるように用意された透過画像です。 実際に作ってみると以下のようになります。 AFFINGER5(アフィンガー5)のパターン画像で作った見出し 水玉模様を見出しに使った例です。 市松模様を見出しに使った例です。 色も併せて変えてみるとかなり雰囲気が変わりますし、これらの模様も大きさが違うものが複数用意されていますので、自分の好みに変更できます。 AFFINGER5(アフィンガー5)の見出しデザインを自前の画像にする AFFINGER5(アフィンガー5)の見出しを自分が用意した画像にすることもできます。 これは工夫次第で無限大に作ることができます。 自分でダウンロードした画像を使う ダウンロードをしてきた画像を見出しに使っています。 ちょっとこれは見づらいですが、小柄なものを使った方が文字が見えやすいですし、もう少しぼかしてから文字をはっきりさせると良いと思います。 こちらは写真が元になっています。 こちらもちょっと見づらいのですが、例えば、自分でなにか商品を作っている人なんかは、横一列に並べた画像などを使用してもかわいいかもしれません。 AFFINGER5(アフィンガー5)の見出しデザインパーツの導入方法 AFFINGER5(アフィンガー5)のデザインパーツのダウンロード方法をお伝えします。 一度ダウンロードしてブログに取り込んでおけば他の用途でも使えますので便利です。 デザインパーツの具体的な取り込み方 AFFINGER5(アフィンガー5)を購入するとマニュアルが配布されます。 そのマニュアルから見出しのデザインパーツを一括してダウンロードできるようになっています。 マニュアルの検索窓で「デザインパーツ」「配布パターン」と検索してください。 (chromeの場合) ダウンロードボタンをクリックするとダウンロードできます。 ZIPファイルでダウンロードされてきますのでファイルを開いて中のpngファイルのみをWordpressにインストールしてください。 (Windowsの場合) パターン画像の上で右クリックをして「名前を付けて保存」をします。 AFFINGER5(アフィンガー5)の見出しデザインの作り方 AFFINGER5(アフィンガー5)の見出しの作り方は色と形、テキストの配置などで構成されます。 難しいように見えますがボタンひとつで簡単に変わるのでアレンジがしやすいです。 h2とh3の変更のやり方とh4とh5の変更のやり方は若干違いますが、h2、h3のやり方ができるようになれば他も大丈夫です。 見出しの形によっては、設定の必要のないものもありますが、出来上がりのデモ画像を見ながら調整してみてください。 基本のスタイルの「なし」をクリック• 背景の画像をインストール 1. 基本のスタイルの「なし」をクリック 基本スタイルの「なし」をクリックします。 背景の画像をインストール 背景画像の部分「画像を追加」をクリックし、メディアライブラリーに保存している画像を選ぶ。 見出しのテキストが見づらいので、黒に変更すれば以下のような見出しができあがります。 一般の画像を見出しにする方法 こちらも基本スタイルの設定は同じで「なし」をクリックしておきます。 画像の取り込みも同じ方法で行います。 画像のどの部分を見出しに入れるかは、背景画像の位置を設定部分で設定をします。 無料テーマを使うことで時間の無駄遣いをしていませんか?• 思い通りのデザインにできない• なかなか稼げない• アクセス数が増えない こんな悩みを抱えていませんか? 稼ぐブログにしろ趣味ブログにしろ検索の上位にこなければなかなか読んでもらえません。 もしあなたが稼ぐブログを作りたいなら、初心者の時に初期投資することはとても大事なことです。 Wordpressの有料テーマができる5つのこと• 検索上位を目指せる• 見た目が綺麗でおしゃれになる• 機能が豊富で出来ることが多い• マニュアルなどのサポート• 有名ブロガーも有料テーマを使っている これまでにあげた5つの有料テーマの特徴を説明していきます。 検索上位を目指せる ブログを運営していく上で対策をしていかなければいけないのがSEO対策です。 検索エンジンのことを考えてブログを最適に合わせていくということがSEO(SearchEngine Optimizationの略)です。 情報の信頼性• ユーザーへの役立つ情報であるか?• スマホ・PCなどでストレスなく使える などたくさんの要因がありますが、ブログを訪問した人があなたのブログの多くの記事を読んでくれるようなテンプレートの仕組みも有料テーマでは細やかに考えられています。 見た目が無料テーマ以上に綺麗になる シンプルが良いか、綺麗なテーマが良いのかそれぞれの好みによります。 無料テーマは必要最低限のものを備えていますがやはりシンプルすぎていずれつまらなくなってしまいます。 有料テーマはデザイン性が高く自分の好きなデザインにもカスタマイズしやすいです。 出典:AFFINGER5(アフィンガー5) 3. 機能が豊富でできることが多い 今現在新しい機能として出てきたのが「着せ替え機能」です。 過去にも賢威などにはベース色とパターンがありましたが最近ではアフィリなどはっきりと違った用途で使えるように作りこんでいます。 マニュアルなどのサポート なにかわからないことがあった場合、詳しく記載しているものがあるだけで安心できます。 ここが無料テーマと一番違う部分、有料テーマでは売りっぱなしにしない工夫がされています。 有名ブロガーも多数使用 稼いている有名ブロガーと言われる人のほとんどは有料テーマを使っています。 ブログ造りでは内容も非常に大事ですが、文章や扱っている分野が同じ程度ならやはり最後の勝負はテーマの構造などになります。 もしあなたが稼ぐブログを作りたいと考えているならば「有料」テーマも検討してみてください。 カスタマイズで悩んでいる時間、ブログの完成度、上位に表示するメリットなど考えると有料テーマはあなたのお役にたちます。 なつ(元サラリーマンブロガー) とある芸術大学(デザイン専攻)を卒業後、大手企業に就職。 業界の大改変で人件費削減の中、残業100時間が越えた時、「社会人」を卒業しました。 独学でブログを作った時に何度も挫折した経験から、 難しい表現をせず超初心者でも理解できるようなWordpressテーマの使い方説明や、カッコいいデザインの作り方もお伝えしています。 【実績・概要】• 完全独学でブログを作りはじめる• ブログ開設半年で月収20万円越え• 瞬間最高PV:3万越え• インテリアコーディネーター資格あり• キャリアカウンセラー資格あり•

次の

【コピペだけ!】STORK(ストーク)の見出しをオシャレにカスタマイズ!│旅するように人生を生きよう!

ワード プレス 見出し デザイン

簡単!ワードプレスの見出しデザインをプラグインで装飾設定・使い方 ワードプレスを使えるようになるとブログを運営できますが、 デフォルトの機能でh1やh2、h3で見出しを作っても文字の大きさしか変わらず、背景色などのデザインが付かなくて困っている方はいませんか? 簡単にできる方法は下記に紹介するプラグインの導入と設定だけです。 特に、「AddQuicktag」は、後の作業効率アップのツールとして大いに役立つこと間違いなしです。 このツールを使わなくても、CSSというコードをその都度h1やh2のタグに追加していくことで実装することができますが、初めてワードプレスを始めたばかりの方ですと、どこにどんな情報を記載していいのか分かりませんし、何より毎回追加するのは煩雑です。 ましてや、下手に触ると、ブログ全体のデザインが壊れてしまったなどと影響が出てしまう場合もあります。 また、ユーザービリティの観点からしても、「見やすさ」、「読みやすさ」は、グーグルの検索エンジンの評価にも直結し、結果としてアクセス数 PV数 の呼び込みへと繋がります。 設定はとても簡単です。 次の章に設定方法をまとめてみました。 見出しデザインを装飾するにはプラグインをインストール 今回、見出しのデザインの装飾を行うには、下記の2つのプラグインをインストールする必要があります。 AddQuicktag Simple Custom CSS インストールが完了したら、それぞれのプラグインの設定値を少し変更するだけです。 キーワードに「AddQuicktag」と入力します。 AddQuicktagのプラグインをインストールします。 【今すぐインストール】ボタンをクリックします。 インストールが完了したら【有効化】ボタンをクリックします。 プラグインが確実に有効化になったことを確認します。 「Simple Custom CSS」プラグインのインストール プラグインの追加画面に戻ります。 キーワードに【Simple Custom CSS】と入力します。 Simple Custom CSSプラグインをインストールします。 【今すぐインストール】ボタンをクリックします。 インストールが完了したら、【有効化】ボタンをクリックします。 下記のような設定画面が表示されます。 設定する箇所は、赤枠の部分です。 まずは、下記の通りに登録してみてください。 【カスタムCSSをここに入力してください】のテキストボックスのような画面が表示されます。 【カスタムCSSの更新】ボタンをクリックします。 ワードプレスの新規記事で、見出しのデザインを確認する ワードプレスで、新規にブログを記載します。 赤枠で囲んだツールが追加されていることを確認してください。 ) 試しに【見出し2】の設定で、タイトルを入力します。 プレビューで確認してみると、如何ですか? 見出しに装飾されていることを確認できましたでしょうか? 見やすい見出しのデザインにすることは、ユーザー目線に立っていると思います。 コテコテなデザインもいいけど、やっぱりすっきりとシンプルなモノが良いですね。 シンプルで万能な見出しデザインのCSSコードを集めてみました。 個人的によく使っているおススメ5選です。 参考 サンプルコードあり ワードプレスの見出し設定で自動に目次に反映 ワードプレス WordPress のプラグイン「Table of Contents Plus」を利用すると、記事内に自動で目次を作成させる機能がついてきます。 運営者がすることは、記事に見出し h2、h3、h4など を付けることだけ。 見出しを修正、追加しても即目次に反映されます。 ユーザーにとって、自分が必要とするコンテンツにいち早くたどり着きたいものです。 それをパッと確認する上でも、記事の冒頭にある目次をよく見る傾向があります。 そこから、必要な場所にジャンプするわけですね。 まだ、目次の設定プラグインを導入していない方は、この機会に合わせて導入していきましょう! addquicktagを利用してさらに作業効率をアップする 今回の作業でaddquicktagのプラグインをインストールしました。 このaddquicktagはとても便利ツールで、面倒なタグ設定を事前に登録しておくことができ、いつでも呼び出せるので使いこなしましょう。 蛍光ペンのマーカーや アンダーラインの設定、 吹き出しの設定も! 一発で記事に追加することができるので、作業効率が劇的にアップしますよ。 「」の記事で使い方を説明していますので、合わせてご覧くださいね。 きっとお役に立てるはず。 その他おすすめプラグインについて ワードプレスでブログを立ち上げたら、運営するためにはプラグインが必須となりますが、何を選んでいいの? このような悩みを解決している記事です。 本記事では、プラグインの目的を明確にしていますので、自身のブログ運営で必要なモノをしっかりと選んで、記事作成に重きを置けるように環境設定をしていきましょう! 最後にまとめ 以上が、見出しの装飾の手順になります。 今回は、【見出し2】の設定値が【h2】に相当する設定を行いました。 【見出し1】~【見出し6】までありますので、自分のサイトデザインに合ったコードを作り、設定してみましょう。 見出しの装飾一つで、ページ構成や見栄えがガラッと変わりますよね。 でも、一度設定してしまえば、いつでも簡単に呼び出すことができますので作業効率においてとてもメリットが高いです。 是非、試してみましょう。 関連 関連 関連 プログラミング学習と英語学習はとても相性がいい学習スタイルです。 日常会話で使える英語フレーズをまとめてみました。 ご興味がありましたら、合わせてご覧ください。 こんな方へ ・どうやって勉強したらいいかわからない ・なんとなく英会話スクールに迷われている方 ・英会話教室に通ったけど、話せるようにならなかった ・自分の英語の弱点を知りたい方 ・一度オンライン英会話をやったけれども飽きてしまった方 ・海外の方との会議や海外出張で英語が話せず困っている ・今すぐビジネス英会話を覚えたい方 ・途中でやめてしまった経験がある 受講開始して、途中で「思っていたのと違う」「自分には無理そう」等感じたら、 開始から30日以内であれば受講費を全額返金するシステムがあるので安心です。

次の