青白 スコーラー。 《イグゾースト・II・フォー》

青白スコーラー

青白 スコーラー

概ね安定した5ターンキルが可能で、リソースの枯れにくさや(ハンドと盾次第ではあるが)ある程度の受けの堅さを持つデッキである。 アナダムドへの対抗馬の一つとして環境に入ってきたが、今はその立ち位置を危うくしているように思う。 これらのデッキに対して、青白スコーラー側は何らかの妨害札をプレイしなければ、先にループに持ち込まれ負けてしまう。 その妨害札となるのがラッキーナンバーとファイナルストップなのだが、実はこれらで安定した対処をするのは難しい。 カリヤドネ側にもラッキーナンバーがあること、ネイチャーミッツァイルは呪文を止められてもとれる動きがあることから、ファイナルストップは完全な対策にはならないし、ラッキーナンバーはドローが付いていない分カエルやウェイボールがいないとその後の動きにつなげにくい。 そもそもデッキに枠があるなら、非ツインパクトのエナジーライトやアカデミーホウエイルを採用した方がデッキの安定性やハンデスへの耐性が増すので、結局どれを採用するかはトレードオフであり、現在の環境デッキを広く見るのは難しいといえる。 《プレイング》 大事なのは、「何ターン目にスコーラーを着地させなければならないか」を意識すること。 そのターン中に確実にスコーラーが出せる、という状態でターンを迎えられることは多くないので、相手のキルターンを見極めて、その前のターンにこちらがフィニッシュできるように準備をする必要がある。 ただし、ラッキーナンバーやファイナルストップが刺さる相手に対してそれらを引いている場合は、何ターン連続で唱え続けられるかを考えた上で、それが切れるターンにスコーラーを出せるようにしたい。 エクストラターンにこぎ着ければ、打点が足りなかったとしても妨害札をプレイしたり盤面を処理したりすれば相手が返しきれない状態にできるので、最後まで丁寧にプレイングを考えるとよい。 その他、細かい点で言うと カエルBジャックを出すべきかどうか……ウェイボールと合わせると呪文をかなり連打しやすくなるが、下手に3ターン目に出したり場のクリーチャーをタップしたりすると除去されたりSAの的になったりするので注意が必要。 銀河を1枚墓地に落としておくかどうか……ヘブフォ、イグゾースト、墓地から銀河、という動きを2マナでできるので、5ターン目にスコーラーを着地させやすくなるが、除去やポクタマなどに注意。 他の候補と比較すると ・サプライズホール...... ・スローリーチェーン……受け札としては優秀だが、銀河から呪文カウントを稼いだり打点を追加したりはできない。

次の

青白スコーラー

青白 スコーラー

今回は母数1だったデッキは本戦に進んだもの以外省略させていただいております。 思ったよりもパラスキングが少なかった印象です。 かなり分布がばらけているように感じます。 そんな中、赤白をはじめとしたミッツァイル系統のデッキが母数を伸ばしていました。 新弾でも、ミッツァイルが強化されそうな予感がしているので、今もこれからもこのカードから目が離せませんね・・・。 本戦もかなりデッキ分布がバラバラですね。 最近では鳴りを潜めていた黒単オーラの本戦進出が印象的でしたが、結局ベスト8には残れませんでした。 実はベスト8には赤白系統が4人でした。 赤白というカラーの強さがよくわかりますね・・・ 今回の優勝は、taki さんの 《青白スコーラー》 でした! デッキリストは非公開です。 続いて、第2位は・・・ ヒラヒラ さんの 《 赤白ゴゴゴ》 でした! デッキリストは非公開です。 続いて、第3位は・・・ あ さんの 《 バラギアラ 》でした! デッキリストは以下のとおりです! 続いて、第4位は・・・ てぃーる さんの 《 赤白ミッツァイル 》でした! デッキリストは以下の通りです。 izazin.

次の

【スコーラー】

青白 スコーラー

コピーして デッキを作成する• 」》、 《ファイナル・ストップ》を唱えながら一斉攻撃を行うデッキです。 こうしてみると「青単ムートピア」に似ているようですが、1マナ呪文を連打する「青単ムートピア」と比べるとカード 1枚1枚の結びつきがより強く、呪文メタに対する耐性が多少ある点、「ヘブンズ・フォース」からの「イグゾースト」展開などにより防御力で勝る点で差別化がされています。 逆に「青単ムートピア」に劣る点としては、 《ジャスト・ラビリンス》が主なドローソースになる都合上、盤面処理されると少しきついという問題があげられます。 5ターン目には安定してフィニッシュを狙える(GR召喚の出目次第では4ターンフィニッシュも十分可能です)強力なコンボデッキです。 そのためには兎にも角にも、連鎖させるためのパーツが必要になります。 序盤、中盤は手札を増やすことに注力してください。 多く使う例を挙げると、「ヘブンズ・フォース」(呪文1枚目)で《イグゾースト・II・フォー》を展開、その「イグゾースト」で今使った「ヘブンズ・フォース」をプレイ(2枚目)、手札から2枚目の「イグゾースト」、その効果で墓地の「銀河の裁き」を詠唱(3枚目)、手札からさらに「銀河の裁き」(4枚目)、最後に何か呪文を使えば5枚の呪文カウント達成です。 下準備は必要ですが、 わずか2マナから「スコーラー」展開を目指せます。 また、この手順の中でマナを支払って呪文を唱えたのは1度のみです。 このことが、《音奏プーンギ》などの呪文メタクリーチャーに対してある程度の耐性を与えています。 この手順ほどうまくいかずとも、ある程度の手札を整えていれば呪文連鎖4枚+呪文1枚、 《セイレーン・コンチェルト》のカウント稼ぎなど、5マナで呪文5枚は十二分に狙えます。 追加ターン取得後は、「ラッキーナンバー」、「ファイナル・ストップ」で抵抗力を落としてから殴り切ります。 これらのカードはフィニッシュ時以外にも相手の動きを止めるのに極めて有効です。 どちらも「イグゾースト」の効果で墓地からもプレイできるので、中盤でも惜しまずどんどん使っていきましょう。 「ラッキーナンバー」は1枚しか入っていませんが、「イグゾースト」を絡めることでコスト2つ分止めることもできます。 「青白スコーラー」デッキの強化方法 「青白スコーラー」と相性の良いカード ハンデスするといっても、大量に手札が増えるこのデッキにはあまり意味がないのではないか、そう思った方もいると思います。 では、このデッキに大量の手札をもたらしているものは何か。 それはお手軽大量ドローできる「ジャスト・ラビリンス」に他なりません。 このカードが機能不全となれば、それほど大幅に手札が増えるということはありません。 たいして強力なクリーチャーでもないから放っておこう、ではなく、大量に並ぶ前に処理してしまうようにしましょう。 特に「ルーベライノ」は潤滑油となる重要なシステムクリーチャーなので、絶対に残さないよう心掛けてください。 まとめ 新世代のコンボデッキ、「青白スコーラー」 どのカードをプレイし、どのカードをキープするのか最初のうちは難しいかと思いますが、慣れてくると適切な答えがだんだんとわかってきます。 カードの効果、性質をよく理解しうまく回せた際の快感は環境デッキ随一です。 あなたもぜひ、この新感覚デッキをプレイしてみてください! ライター:西川航平.

次の