副業 バレる 理由。 副業が会社にバレる理由は3つ!バレないためには確定申告が大切!【巷の噂は大嘘!】

会社員の副業がバレる3つの理由。あなたの会社は副業禁止?副業OK?

副業 バレる 理由

副業が会社にバレる2つの理由 私はごくごく平凡なサラリーマンですが、ブログアフィリエイトで収益を得るようになって5年が経過しました。 当然、会社にバレたことはありません。 そもそも、ご覧頂いている皆さんは、副業がバレる理由ってなんだと思います?• 同僚の密告• 住民税の特別徴収 実はたったの2つしかないんですよ。 逆にいえば、この2点さえ抑えておけば、会社には絶対バレません。 次項から順番にお話ししていきます。 同僚が会社に密告する理由 なぜ、同僚がわざわざ会社に密告すると思いますか? それは、人間の嫉妬にほかなりません。 私が以前働いていた会社で実際にあった話です。 Aさんが副業で年間数百万円の利益を上げていました。 そのことが嬉しかったAさんは、うっかり仲のよかったBさんに副業収入のことを自慢します。 Aさんの副業収入を妬んだBさんは、このことを会社に密告。 結局、Aさんは部署移動となり、そのまま退職していきました。 人間の妬みひがみは恐ろしい… 人間ってどれだけ仲のいい同僚でも簡単に裏切るんですよ。 だから、妬みひがみってホント怖いんです。 だから、どれだけ仲が良くても、同僚に副業の話はすべきではありません。 仮に悪意が無くても、うっかり「Aさんは副業やってるらしいよ!」なんて話しちゃう人もいますからね。 当然私も、今の会社では副業の話はしません。 住民税で副業がバレる理由 住民税を納付する方法には、「特別徴収」「普通徴収」の2つがあります。 会社に納めてもらうか(特別徴収)自分で納めるか(普通徴収)の違いですね。 この時、住民税を普通徴収にしないと副業が会社にバレます。 理由は簡単。 仮に会社の収入が400万円、副業収入が200万円だとしましょう。 会社としては、400万円分の住民税だけ納付しようと思ったのに、600万円分の住民税が発生してたら? まともな経理だったら、真っ先に副業を疑いますよね 笑 とはいえ、これは普通徴収にすれば防げる事態なので、しっかり確定申告していればまずバレることはありません。 会社に副業がバレた時の対処法 前述の通り、確定申告でミスしたり同僚にカミングアウトでもしなければ、まず副業が会社にバレることはありません。 しかし、もし何らかの理由で会社にバレてしまった場合は、どうすればいいのでしょうか? 副業がバレた時の対処法は、下記の2つだけ押さえとけば問題ありません。 ひたすら隠し通す• 開き直る こちらも、次項から詳しくお話ししていきます。 ひたすら隠し通す よほど決定的な証拠を突きつけられない限り、シラを切るのもひとつの方法。 なぜなら、会社としてはあなたが本当に副業しているかどうか、調べようがないからです。 仮に同僚の密告なら、 すみません、祖父から現金を贈与されたのですが、うっかり普通徴収にするのを忘れてました… こんな言い訳でOK。 あなたがどこから収入を得たかなんて、完全に個人情報ですからね。 当然税務署はそんなこと教えませんし、まともな会社ならそれ以上プライベートなことを突っ込んできませんよ。 開き直る もし決定的な証拠を突きつけられたら、開き直りましょう。 なぜなら、サラリーマンの副業は合法だからです。 副業NGというのは、あくまで会社のハウスルール。 だから、謝ることなんて何もないのです。 とはいえ、このままだと会社でのあなたの立場が悪くなります。 会社側が懸念しているのは、副業によって仕事に集中しなくなること。 ですので、会社の仕事にはいっさい影響が無かったことは伝えるべきです。 でも、土日に趣味でブログを書いてただけなので、仕事にはまったく影響がありません。 「会社の内部事情を漏らした」など重大な規約違反がなければ、まずそれ以上突っ込まれることはありません。 あとは上司の感情だけ しかし、確かに法的には問題ありませんが、人の感情だけはどうにもなりません。 あなたがどう弁明しても、納得しない上司もいるでしょう。 副業とは別の理由を立てて、降格や部署移動の対象となるかもしれません。 しつこいようですが、「確定申告」「同僚にカミングアウト」この2つさえ抑えておけば、絶対にバレません。 まず副業は、バレる状況を作らないことが大事です。 アルバイトはバレる可能性が高い 余談ですが、アルバイトはバレる可能性が高いです。 なぜなら、アルバイトも会社と同じ給与所得になるので、普通徴収ができません。 会社が認めているならともかく、サラリーマンが居酒屋やファミレスなどでダブルワークするのはおすすめしません。 まぁアルバイトは完全に時間労働ですからね。 ダブルワークするくらいなら、本業を頑張ったほうがいい気もします。 まとめ いかがでしたでしょうか。 最後に今回の記事をまとめてみたいと思います。 住民税• しっかり確定申告する• 副業はしてないとシラを切る• (一応、上場企業で働いています) 普通に確定申告してれば絶対バレないんですよ。 だから、くれぐれも同僚にカミングアウトだけは注意してください。 副業がバレたこと以上に、裏切られたショックが大きいです。 ちなみに、私が収益を得ているブログ副業については下記の記事を参照ください。 ではでは、さようなり~.

次の

勤め先に副業がバレる3つのパターン〜その理由と回避策を教えます【確定申告】

副業 バレる 理由

最近、企業にも副業解禁の動きなどと報じられることが多くなりました。 ということは、どうやらこれまではしないことが当たり前だったようです。 「そもそも、なぜ会社員は同時に2つ以上の仕事をしてはいけないんですか?」という疑問が湧いてきますよね。 まずは、 会社と副業をめぐる状況を見ていくことにしましょう。 従来は副業禁止の会社が多数派 これまで長い間、 多くの会社では就業規則などで副業を禁じていました。 その理由は、「本業に支障が出る恐れがある」「企業秘密の漏洩防止」といったものです。 これまでは、正社員としていったん企業に就職すれば、長時間労働が当たり前でした。 したがって、際限のない残業、それに加えて休日出勤ともなれば従業員はその体力のほとんどを会社に使っています。 筆者の経験談 かくいう私も、昔はとある電機メーカーに勤務していましたが、朝八時半から深夜十一時まで連日働き、家に帰り着くのはたいてい午前様でした。 それに加えて、しばしば休日出勤もしていました。 たまにある休日は一日中布団の中という有様です。 ほかに仕事をするなどという余裕はとてもありません。 また、昔は新卒で入社した会社に定年まで勤めあげるのが当たり前でしたので、転職するとなると「自社の情報を持ち出すのではないか」という疑いを掛けられかねませんでした。 そういう雰囲気の中では、とうてい別の仕事などできません。 現在ではとても信じられないかもしれませんが、昔はそれが当たり前で特に問題にもなりませんでした。 裏を返せば、企業が福利厚生などで従業員の生活を丸抱えして保証していたので、ほかに仕事をする必要などなかったともいえます。 なので、社会も副業禁止を当然のこととして容認していました。 最近では副業容認の動きも ところが、バブル崩壊後は会社も社員の面倒を見きれなくなり、十分な生活ができるだけの給料を出すのが苦しくなってきます。 そうした流れの中で、2018年1月に厚生労働省の「副業・兼業の促進に関するガイドライン」で「モデル就業規則」から副業禁止の規定が削除されました。 政府としても、解禁の方向へ政策の舵を切ったと考えてもよさそうです。 副業容認の企業も現れ始めました。 実は、副業は法律で禁止されているわけではないので、いくら就業規則に書かれていたとしても罰則を受けるわけではありません。 面の皮の厚い人であれば「ほかに仕事をしているけどそれが何か?」と堂々としていることもできるわけです。 だからといって胡坐をかいていると、本業に支障が出た場合にはやはり禁止や制限の対象になってしまいます。 何事もかねあいが重要です。 公務員の副業は? ただし、副業が法律で禁止されている職業も存在します。 それは、公務員です。 公務員は、国家公務員法によって副業が禁止されています。 このため、役人の方はどんなに時間があったとしてもほかの仕事はできません。 とはいえ、最近は一部の自治体では解禁の動きもあります。 いずれにしても、法律によって禁止されているうちは控えたほうがいいでしょう。 ダブルワークなどで本業に支障をきたすのは本末転倒 最近になってようやく解禁の動きが見られる副業ですが、実は正社員ではない派遣の人が同時に2つ以上の仕事を持つダブルワークは昔からよく見られています。 実際、私が昔勤めていた施設管理会社には夜間のシフトに入る派遣の方々がいたのですが、やはり別の仕事を持っていて、私はシフトを組むのに毎月苦労した経験があります。 今後は、正社員の人でもこうしたダブルワークを行うのも当たり前の時代になるのかもしれません。 収入を増やす、独立の準備、収入を複線化してリスクを分散するなどダブルワークにはメリットもたくさんあります。 ただし、 副業のほうに力を入れすぎて本業がおろそかになってしまうという本末転倒なデメリットには気を付ける必要があります。 そんな風になってしまうと「最近仕事に身が入ってないな。 ほかに仕事をしてるんじゃないか」とバレる可能性も高くなってしまいます。 あくまでも本業をメインに考えるようにして、それが厳しくなったら副業を抑えるか、本業のほうは退職して副業をメインにすることを検討すべきでしょう。 副業がバレる原因と理由 たとえ本業を一生懸命こなしていても、まったく予想もしなかったことから会社に副業がバレてしまうこともあります。 いったいどうしてそんなことになってしまうのでしょうか?それには、おおよそ下記の要因が考えられます。 同僚の告げ口• 住民税の支払い• 確定申告の申告漏れ 以下で、それぞれについて述べていきます。 同僚の告げ口 副業が波に乗り、成功してくるとどうしてもほかの人にそれを吹聴したくなります。 そんなとき、最も身近にいるのは会社の同僚ですから、休み時間の雑談や酒の席で、つい話してしまうこともあるでしょう。 ただ、同僚とはいえ仕事の上ではライバルにもなりえますから、人間関係のもつれによっては 同僚から会社に告げ口されることもあります。 また、同僚に直接いわなくてもSNSに匂わせる投稿をしていた場合、同僚がそれを見ている場合もあります。 特に実名のSNSであればそうしたリスクは高いですね。 このような形でバレてしまうと、「本業がおろそかになるのでは」と上司に疑われて、本業がうまくいかなくなることがあります。 住民税の支払い 自分からバラすようなことをしなくても、 住民税の額が不自然に多いと会社の経理に副業を知られてしまうことがあります。 なぜそんなことになってしまうのかというと、例えば2つの会社に勤めていた場合、税務署からの住民税決定通知書は、給与額の最も多い会社に送付されてしまうからです。 「給与額の最も多い会社」は、当然本業の会社です。 そして、本業の会社の経理はそこでの収入から各社員の住民税額を計算していますので、その額よりも多ければ「副業をしている」ことが一発でわかってしまうことになります。 確定申告の申告漏れ 「副業がバレないように、確定申告をしないでおこう」と確定申告をしないでいるのは問題です。 なぜなら、後日税務署から調査が入る可能性があるからです。 もしも申告漏れが発覚した場合には、 延滞税などの追加の支払いがあるだけではなく本業の勤務先にも連絡が入るため、本業の会社にも副業が知られるという最悪の結果になります。 マイナンバーで副業はバレる? ここで、「最近マイナンバーを会社に提出しました。 会社はマイナンバーを使って副業の有無を調べられるんじゃないですか?」という疑問を持つ人もいるかも知れません。 しかし、結論からいうとそれはできません。 個人の副業の有無を調べるためにマイナンバーを使うようなことは法律によって禁じられているためです。 ただし、マイナンバーによって先に述べたような税金の申告漏れが発見される可能性は高くなります。 本業を続けながら副業をするための対処法 でも、バレるからといってしたい副業を我慢するなんて、自分の可能性を閉ざしてしまうようで嫌という方もいるでしょう。 以下では、どうしても副業をしたい場合にはどうしたらいいかについて解説していきます。 これで発覚してしまったら、自業自得というべきです。 いくら親しい同僚でも、今後の人間関係はどう変化するかわかりません。 また、SNSに副業のことを書くこともやめましょう。 宣伝になるからとついふれてしまいたく気持ちはわかりますが、一定程度の確率であなたのことを知る人に見られているものです。 できれば、家族にも伏せておくのがいいでしょう。 住民税は普通徴収を選ぶ 住民税の納め方には、特別徴収と普通徴収があります。 会社員の場合は給料から天引きされる特別徴収が一般的ですが、確定申告や住民税の申告時に自分で住民税を収める普通徴収を選択することもできます。 副業分については、 会社に自分の納税額がバレてしまうことがない普通徴収を選びましょう。 ただし、パートやアルバイトなど給与所得の副業の場合には普通徴収が選べない場合もあるので注意しましょう。 税金は正直に納める どんなにうまく所得を隠していたとしても、最終的には税務署に見つかることが多いです。 また、「いつか見つかるかも」とビクビクしていては精神的にもよくありません。 申告漏れが見つかると副業もバレて大変ですので、 税金はキチンと申告しておきましょう。 会社への届け出と交渉 会社によっては、副業を届けることになっている場合もあるようです。 その際は、 正直に届けたほうが後々問題にならないでしょう。 また、届け出て問題になった場合や別の仕事をしていることが発覚した場合には、すぐにあきらめるのではなく、一度仕事の内容やその仕事をしている理由を会社側に説明して交渉してみましょう。 その上で、どうしても認められなければ副業OKの会社へ転職することなどを検討しましょう。 まとめ:副業が会社にバレる理由と対処法について 副業が会社にバレることについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか? 従来は副業禁止の会社がほとんどでしたが、現在は解禁される傾向にあります。 また、同僚の告げ口・住民税の支払い・確定申告の申告漏れによって副業がバレることがあります。 ただ、それぞれについて対処法があり、会社に届けることになっている場合には従うようにしましょう。 収入を増やしたい、自分の夢を叶えたいなど副業をする理由はさまざまです。 時代も解禁の方向に向かっていますので、しっかりと対策をした上で副業に取り組みましょう!.

次の

年末調整で副業がバレる理由とはバレない為に出来ること

副業 バレる 理由

タップできる目次• 元 税務職員が解説します【本題に入る前に】 本題に入る前にちょっとだけ自己紹介をさせてください。 これまで僕は税務職員として5年間働いており、内3年は所得税や消費税の税務調査をしていました。 あえて俗っぽくいうと、 税務調査の目的は「隠された売上を見つけること」です。 一方、副業がバレるのって会社に副業で得た収入が見つかるからですよね? ある意味、税務調査と似ていて、共通する部分が多いです。 普通徴収:役所・銀行・郵便局などに行って自分で払う(年4回)• 会社員は普通、会社が給料から毎月自動的に引く「特別徴収」になっていまして、基本的に自分で払うことはないです。 ただ、特別徴収だと、副業の利益を申告したときに「会社の給料から副業の利益にかかる住民税」も給料から引かれてしまいます。 そうなると、会社の経理の人が見た時に 「この人の住民税多くない? あ、給料以外にも収入があるからかー」 という感じで、副業がバレます。 ただ、本業以外の収入は特別徴収ではなく、自分で払う「普通徴収」にすることもできます。 普通徴収にする方法は意外と簡単で、確定申告をする時に申告書第2表の右下のこの部分に〇をつけるだけです。 「自分で納付」に〇をつけると、給料の分は会社で天引き、副業の分の住民税は自分で払うことができます。 副業の分は普通徴収にしておけば、会社に副業がバレることはまずないんじゃないかなと思います。 でも、副業の利益が20万以下だと確定申告って必要ないんだよね? 1年の利益は10万円くらいだし、税務署に申告すると余計な税金がかかっちゃうけど、どうしたらいいの? 先ほどの「確定申告書の第2表にチェックをつける」方法は、税務署に確定申告をする前提のものでした。 しかし、1年間の利益が20万以下の場合は、「税務署に申告する必要はないけど、住民税の申告は必要」です。 その場合、住民税だけ申告すればOKなのですが、申告書にチェックをつける方法は使えません。 なら、どうしたらいいか? 答えは 「住民税の窓口に行って納付の相談をする」ですね。 というのも、正直税務職員である僕も「住民税のことはよく知らない」というのが本音でして、住民税のことは地方税の役所に聞いてもらうしかないのかなと。 まあ、特に問題なく手続きできるはずです。 自分はアルバイトをしているんだけど、アルバイトって給与所得だから税務署とか地方の役所に連絡が行くって聞いたことがあるような。 もしかしてアルバイトの収入って会社にバレる? 結論からいうと、アルバイトの収入は会社に即バレます。 というのも、 給料を払っている会社や事業者は、その支払内容を住民税の役所に報告する必要があるんですね。 住民税をかける役所としては、 「この人は2つの職場で働いてるんだな。 片方はアルバイトかな? まあ、住民税は合算して払うことになってるし、本業の会社にまとめて通知を送ろう」 という感じで処理をすることになります。 すると、本業の会社の方では「なんか住民税多くない? あ、こいつアルバイトしてるのか!」ということで、副業がバレます。 「アルバイトしてるんですけど会社にバレたくないんですー」っていうのは、税務署にいると結構聞く話ですね。 「いや、そんなこと言われても…」ってのが本音ですが、こちらも「地方税の役所に行って相談する」ほかないですね。 理由2:自分でバラしてしまう(ネットで特定される) 住民税と比べてケースは多くないでしょうけど、自分で副業してるのをバラしてしまうのもあるあるかなと。 「実は副業してて月〇〇万くらい収入があるんですよねー」と言ってしまうこともあるかもしれません。 あとはネットで顔とか名前を出してたら特定される、みたいな。 対策は「副業してることを言わない」「ネットに顔も実名も出さない」だけですね笑 民間の会社が匿名の個人の情報を探す、なんてことはなかなかできないので、自分から言わないだけでも相当バレるリスクは下がるはずです。 理由3:クライアントから漏れる 本業に近い業界で副業をすると、クライアントから情報が漏れてしまうこともあるかもしれませんね。 たとえば、• まあ、Web製作や広告業界は副業禁止ってところはそんな多くないような印象がありますが、「そういうリスクもあるよね」ってことです。 とはいえ、情報漏えい防止も兼ねて副業禁止にしてる会社はまだまだあると思うので、 「なるべく本業の会社と関わりがなさそうなとこから仕事を受ける」のもコツかもしれません。 【コラム】理由4:銀行の預金履歴からバレる 普通の会社は、「個人の預金口座を勝手に見る」なんてことはまずできません。 ただ、必要に応じて個人の預金口座を見ることのできる「普通じゃない会社」はいくつかあります。 「副業禁止の会社で仕事をしない+スキルを身に着ける」 この記事では、「副業がバレる理由とバレないための対策」を紹介してきました。 しかし、必ずバレないとも言い切れないので、そもそも 「副業禁止の会社で仕事をしない」ことも考えておく必要があるでしょう。 公務員とか、古臭い体質の会社とか。 時代の流れは「自分の生活は自分で守れ」です。 あと、言うまでもなくブログはおすすめです。 ブログには「初期投資少ない・在庫リスクなし・手軽」の3拍子が揃っています。 ブログのことなら、のブログ講座とのhitodeblogがおすすめです。 (ブログの運営方法)•

次の