いつの間にかライバルみたい。 【JT・CM姉妹美容師】曲を歌っている女性歌手は誰?thea(テア)の歌詞が泣ける!

第1話 いつからライバルに?

いつの間にかライバルみたい

地図で言うとこの辺り。 富士山のふもと、御殿場の沼津の間くらいに位置する場所ですね。 航空写真でみるとこんな感じ。 かなり大きいですね。 ちなみにこの「東富士工場」は2020年末に閉鎖予定で、工場としての機能はなくなってしまうため、(すべてが亡くなるわけではなく、一部は残るそうです) この跡地でトヨタの提唱する街「Woven City」を作るんだそうです。 こんな大きな工場がなくなるとなると、従業員さん大変そうですが、どうやら着々と東北の工場に移動を開始しているみたいです。 トヨタ自動車の子会社のトヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)は20日、静岡県の乗用車の生産工場を2020年に閉鎖すると発表した。 生産機能の大半を宮城県、岩手県の2工場に移管する。 約1100人の従業員も東北に異動する。 小型車を東北で集中生産する体制を整え、課題だったコスト競争力を引き上げる。 nikkei. カナダのトロント、ウォーターフロント地区にて計画を推進中みたいです。 ただ、 もともとあった街を「スマートシティ」にしようと計画を進めているために、 主にプライバシーなどの問題で地元との折り合いがつかずに、なかなかスムーズに計画が進んでいないみたいです。 ただ、2年前から進めている話し合いなどで、着々と問題は解決の方向に向かっているみたいですが。 いつ完成になるんでしょうかね。 まとめ 今回は、トヨタが2021年から作り始める予定のスマートシティ『Woven City』がの場所がどこなのか、いつから着工するのかなどを見てみました。 場所は、富士山のふもと、御殿場の南側に位置する「東富士工場」の跡地 時期は、2021年、工場が閉鎖してから順次着工を始めていくそうです。 スマートシティを推進しているのは、トヨタだけでなく、グーグルもすでに2年前からカナダのトロントで初めているみたいですし、 他の海外にもおそらく多数あるんでしょうね。 興味がわいてきたので、調べてみようと思います。 しかし、やはり壁になるのは、「プライバシー」の問題。 便利になるのはいいのですが、自分の生活のデータを全て把握されてしまうというのはちょっと居心地が悪いですよね。 どのように解決していくのか、先が楽しみではありますね。 というわけで今回はここまで! 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

トヨタが作る街の場所はどこでいつから着工?ライバルはグーグル?

いつの間にかライバルみたい

いつからか「違い」を「差」だと思うようになった時、苦しくなり生きにくくなった気がします。 比べても意味のない「違い」に対し無意識に「優劣」のような感情を抱いてしまう。 良いも悪いもないのに。 自分で自分を苦しめてるだけだって、わかっているんです。 違うから、人は人を想う。 本当にそうですよね。 家族でも違うのに、他人なら尚更違うはず。 私は要領が悪く不器用な方だと思います。 その分人一倍時間をかけます、というか、かけてやり切ろうとします。 自己責任で…) でも ふとした瞬間に「なんで私ばかり…こんなにツラいんだろう」「なんで私ばかり…こんなに報われないんだろう」と落ち込みます。 それはいつも「他人と比べてしまう」時です。 当たり前の事ですが、自分も頑張っている、他人は他人で頑張っている。 それは他人には推しはかれないし、良いも悪いもない。 アタマでは、わかっているんです… ちなみに私は二人姉妹の姉です。 妹は私に対して歌詞のような想いを抱いた事はあったのでしょうか…? 現在 妹とは距離的に離れているけど、仲良しです。

次の

トヨタが作る街の場所はどこでいつから着工?ライバルはグーグル?

いつの間にかライバルみたい

健診用眼底カメラレンタルを、何とか続けております、眼底メディカルです。 いつも、このようなブログをご訪問頂き、誠に有難うございます。 ここのところ、ライバル会社・ライバル製品というテーマで、率直なお話しをさせて頂いておりますが、今回は、興和さんに ついてです。 コルゲンコーワや、バンテリンなどのTVCMでは非常に有名で、製薬メーカーさんのイメージがありますよね。 が、元々は、紡績会社からスタートしたそうで、現在でも、線維・ファッション部門も継続されているのだそうです。 でも、写真を色々掲示しましたように、実は、健診用眼科機器のメーカーさんでも、あったのでありました。 (過去形?) 以前の眼底カメラがテーマのブログでも、興和さんも度々登場はしましたが、いつも、「一応、興和さんにもありますが、」 的な対応に終始しておりました。 失礼の段、誠に申し訳ありません! 明治時代に創業の、伝統ある大会社なんですけどねえ。 多方面に渡り、色々な事業をされている企業で、その中に光学医療機器 の部門もありますが、正直申し上げて、現在の健診眼科機器分野では、残念ながら、リーディングカンパニーではありません。 眼底カメラ(1枚目写真)などでは、他社に比べて、一番安い機種なんですがねえ。 ですからいつも、他社との対抗見積り書で、 突然出現して来ます。 「え?、こんなに安いの?」という具合に、、。 でも、現在では唯一残る、マニュアル(手動)撮影機 なもので、オート撮影機ではないので、最後には、現場のご意向などにより、残念ながら負けてしまうのですねえ。 ですから、あるにはあるが、あまり注目はされない、地味というような、、、、。 納入施設も多数あるのに、スイマセン。 けれど、業界一番みたいな機器も、実はありまして、例えば2枚目の写真は、散瞳・無散瞳眼底カメラと言う、眼科専用の眼底 カメラなんですが、興和さんが一番最初に開発されまして、現在でもシェアNo. 1を誇っています。 また、眼科機器の電気光学 事業部としては、日本最初の手持ち眼底カメラとか、シェア1番の手持ちスリットランプなど、誇るべき製品もあるのです。 これらの製品は、私も会社員時代は、結構販売をさせて頂いておりました。 更に、少し前までは、3枚目写真の健診用視力計とか、4枚目写真の非接触眼圧計も販売されていましたので、健診用眼科機器 メーカーとしては、トプコンさんやキャノンさんと、そん色のない製品ラインアップだった訳なのです。 (残念ながら、ずっと販売を継続して来られた、通常健診視力計と眼圧計は、この間、販売終了してしまいましたが、、、。 更に更に、自動車教習所や、運転免許センターなどで使用される深視力計なども、興和さんが、高いシェアを誇っています。 あまり目立たないけれど、伝統と実績のある、老舗機器メーカーさんだったのですねえ。 元々、興和さんの電気光学事業部は、終戦直後の1946年に、愛知県蒲郡市!で誕生したそうですが、その後、1971年には、 この興和電気光学事業部から分かれて、あの、ニデックさんが誕生して行くことになります。 ちょっとびっくりですか? その後長いこと、興和さんとして眼底カメラ等を販売されて来たのですが、ついこの間、医療機器の販売を、子会社である 興和創薬さんに移されました。 興和創薬さんは、アバンシィという眼内レンズ(人工水晶体)の販売で、業績を伸ばしている 企業ですが、この眼内レンズも、元々は、メニコンというコンタクトレンズメーカーがやっていた眼内レンズ部門を、興和 さんが譲り受ける形でスタートしたのでした。 企業名称も、「興和創薬」で眼内レンズ?と、結構微妙ですよね? その興和創薬さんで、眼底カメラ等も販売することになった訳ですが、元々の興和スタッフの皆さんも、大変なようです。 ライバル社とは言え、会社の事情?に翻弄されるスタッフの皆さんには、「頑張って!」と、エールを送りたい気持ちです。 (この失礼な発言も、スイマセン、、、。

次の