皮膚 赤いあざ 突然。 足に赤い湿疹、赤血球漏れる慢性色素性紫斑 再発が不安:朝日新聞デジタル

白血病の初期症状は写真のようなあざです!生存率と原因は?

皮膚 赤いあざ 突然

スポンサーリンク そもそも『あざ』って何? どこかに腕をぶつけたときに「青あざができたー」とか言いますよね? そもそも「 あざ」ってなんなんだ? 「あざ(痣)」というのは、 皮膚の一部の色が変化したり腫れたりするものを言います。 イメージしやすいのは、 どこかに体の一部をぶつけたときにその部分に痛みが起こり、その後に色が赤紫や青紫に変化しますよね!? これがいわゆる「あざ」と呼ばれるものですね。 では、 その「あざ」ができるのはなぜか? それは皮膚の下で血管が破れて出血するからなんです。 なので、基本的にあざができるというのは、 皮膚の下の「 血管が破れる」ことでその色が出るということになります。 「赤いあざ」と「青いあざ」の違いって? あざの色というのは内出血が原因であるという話は先に話しました。 でも、あざって「 赤っぽい」とか「 青紫っぽい」とかあるよ?? という声が聞こえてきそうなんですが・・・ 同じ「あざ」というものができたとしても、色の違いがありますね! 色の違いというのはあざができた部分の 「 時期の違い」によるものです。 赤い色は血管が破れたことによってあふれ出た「血液の色」です。 青い色は、出血した血液の成分である 「ヘモグロビンが壊れて、その色素がなくなる」ため、青紫のような色に変化していきます。 基本的に皮下で血管が破れて出血を起こすと、患部の周辺が腫れて熱を持ちます。 そして、しばらくすると 赤いあざから広がりながら青いあざへと変化していきます。 気になるアザを早く消したい方はこちらの記事を参考にしてくださいねー あざの種類別の原因・症状・診断科等を総まとめ! 実はあざができる原因は複数あって、 その出かたも原因もかなり違うんです! なので、きちんと整理しておけば、医者に行く時のヒントになると思ったので、 以下のように整理してみようと思います。 小さな血管のつまりによる循環不全(肺塞栓(はいそくせん)による呼吸困難)• 出血傾向(口腔粘膜の出血、鼻血、血便、吐血など)• 身に覚えのない(ぶつけたりしていない)のにあざができることがある• 複数個所にできる• 色が濃くなったり、いぼのような腫瘤(しゅりゅう)ができる場合もある。 ブクマ登録で最新記事やTOPでピックアップ記事がすぐにチェックできるので気軽にご利用くださいませー.

次の

手や足にあざができて消える

皮膚 赤いあざ 突然

ふと気づいたら、皮膚に赤い斑点が できることってありますよね。 今までそんな斑点なんて体にできなかったのに、 急に症状が出てきたら病気なのではないかとか、 いろいろと気になるところですよね。 皮膚にできる赤い斑点は体の様々な箇所にでき、 手足とか顔にできたりもします。 また、 かゆみがある場合とない場合でも、 症状や原因は変わってきます。 そこで、自分がどういったことが原因で 斑点ができてるのかなども気になりますよね。 それによって対処なども変わってきますし、 治したい時はどうすればいいのかなども、 知っておけばすべきことも変化していきます。 そこで今回は皮膚に赤い斑点ができたときの かゆみがあるないの7つの原因と対処法などをご紹介します。 皮膚に赤い斑点ができてかゆみがある症状の原因とは? まず、赤い斑点ができた際にかゆみがある症状に関して どんな原因があるのかをご紹介します。 1.ダニに噛まれたもの 朝起きたときに急に赤い斑点があることがあります。 そして、 赤い部分がかゆい場合はダニに噛まれた可能性があります。 蚊に刺されたような感じに見えますが、 根が張っていてなかなか治るのに時間がかかり、 かゆみも一週間ぐらい続きます。 基本的には放っておけば自然に治癒していきます。 ダニは布団の中にいるものなので、 ちゃんと定期的に布団を干したり、 クリーニングしたりしましょう。 2.皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹というのは あまり聞きなれない症状かもしれません。 これは皮膚が乾燥しているときに、 痒みが出て掻いてしまうと湿疹が出ることがあります。 症状の対処方法としては肌が乾燥しないために、 保湿クリームなどでしっかりとケアをすることです。 3.蕁麻疹 蕁麻疹は急に体に異変があって痒くなり始めたり、 チクチクとして、赤い斑点が出る症状のものです。 最初は赤い斑点がどこかに出るのですが、 それが段々と広がって全身に出て腫れたようになります。 蕁麻疹はアレルギー、ストレスなどが原因と言われています。 対処法としは数日で自然に治癒すると言われていますが、 どうしてそうなったのかを知っておかないと再発することもあります。 何かのアレルギーでなったのか、それともストレスなのかなど、 ちゃんと調べておくことが大事になります。 4.肌カビ 肌カビと聞くと何か怖い病気のように思えるかもしれませんが、 誰にでもなり得るもので、 症状としては肌が赤くなりかゆくなるものです。 肌カビはマラセチア菌が原因になるのですが、 この菌自体は特別なものではなく誰の肌にもいるものです。 この肌カビは汗がもとで発症することが多く、 汗をかいた後に放っておかずに拭くことが大事です。 他にもお風呂に入った際に体を洗うときに 強くこすったりするのも原因になるそうです。 対処法としては汗をかいた後にそのまま自然に 乾燥するのを待つのではなく、 ちゃんと拭き取るようにしましょう。 5.手湿疹 手湿疹はその名前の通り、手にできる湿疹のことです。 手湿疹は美容師、調理師、水仕事で強い洗剤を 素手で使う主婦などによくみられるものです。 この手湿疹には乾燥型と湿潤型とがあり、 乾燥型は手が普段よりも乾燥してしまうものです。 そして、もう一方の 湿潤型は小さな発疹で赤い斑点がでたり、 水ぶくれなどの症状が出るものです。 この手湿疹に関して対処法に関しては水仕事で洗剤を使い場合は ゴム手袋を付けるなど直接触れないようにしましょう。 仕事でそれができない場合はハンドクリームなど、 しっかりとケアをすることが大事です。 6.痒疹 痒疹とは肌が虫刺されのような 赤いぽちっとしたものが全身にできる症状です。 皮膚が盛り上がったような感じになり、 痒みもかなり強いです。 この痒疹は放っておける症状でもないので、 病院で診てもらいましょう。 7.あせも あせもはわりと誰でも知ってるかもしれませんが、 汗を多くかいたときなどに汗が皮膚内に溜まってしまい、 赤い点がポツポツとできるものです。 対処としては衣服など汗を吸収しやすいものを着たり、 ちゃんと汗を拭きとるなどが大事になります。 赤い斑点でかゆみがない場合の原因とは? 赤い斑点の中でかゆみがない症状のものもあり、 どういったものがあるのかをご紹介します。 1.単純性紫斑病 単純性紫斑病は赤い斑点というか 紫っぽい点がでますが、かゆみのない症状です。 斑点は特に足にできやすく、 若い女性に症状がでることが多いそうです。 これは 何かの要因で内出血をして、 それが斑点としてでるものです。 対処法としてはビタミンCを摂取していことが大事です。 ビタミンCには血管を強くする効果もあるので、 内出血するのをおさえることができるそうです。 ただし、再発する可能性もある症状なので、 病院で診てもらったほうがいいです。 2.うっ滞性皮膚炎 うっ滞性皮膚炎は症状としてはふくらはぎや脛などに 赤い斑点ができて、かゆみはあまりないです。 この症状は 長時間立ちっぱなし仕事の方に現れやすく、 女性のほうがなりやすいと言われています。 長時間立ちっぱなしでいると、 下半身の血液の循環が上手くできす、 それが原因となるそうです。 対処としては血液の循環を良くさせるために、 足をマッサージしたり、お風呂にゆかりと入るなど、 ケアをしていくことが効果的です。 3.毛嚢炎 毛嚢炎は汗などをかきやすいところにできやすく、 毛穴がぷちっと腫れて膿ができるものです。 赤いぷちっとした斑点と膿みは気になりますが、 症状が軽い場合はかゆみも痛みもあまりないものです。 毛嚢炎は毛穴が炎症したときに汗などで湿ったままにすると、 普段は無害なブドウ球菌が感染して起こるものです。 夏場など汗をかいた後にそのまま拭き取らなかったりして、 炎症した箇所に濡れた状態にしていると感染しやすくなります。 基本的には軽い症状のものは数日で自然に治るものです。 対処としては夏場などは汗など放っておかずに ちゃんと拭き取るなどしましょう。 皮膚に赤い斑点ができなくするための対処法 皮膚に赤い斑点ができる要因は様々なものがあり、 それぞれ対処の仕方も変わってきます。 症状の中には病院でちゃんと治療しないといけないものもありますが、 ちゃんとケアをしていけば、自然と治るものもあります。 その中でも汗の放置がもとになって発症するもの多いので、 対処としては肌を清潔にしておくことが大事です。 原因を特定しておくことでより正確な対処もできるので、 そういった部分を知ることも重要になりますね。 また、症状が酷い場合や原因がわからないものは、 必ず病院で診てもらうようにしましょう。 まとめ ここまで皮膚に赤い斑点がでるのは病気かどうかや、 かゆみがあるなしでの種類別での7つの原因などご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の

白血病の初期症状は写真のようなあざです!生存率と原因は?

皮膚 赤いあざ 突然

スポンサードリンク 痛くないあざができた原因は? 「あれ?なんでこんなところにあざがあるんだろ・・」 気が付いたら腕にあざができていた。 気になりますね。 いくつか考えられる 原因をあげていきます。 1・気が付かないうちにぶつけている これが原因の中で 一番多いかもしれません。 生活している中で、何気なくでも 体はどこかにぶつかっています。 ただ、それを自覚できるかできていないかの違いだけ。 小さな衝撃でも内出血を起こして、あざができてしまうことがあります。 2・血管が細い 血管が細い人もあざができやすいです。 というのも、ちょっとしたことで毛細血管が傷つき、 内出血をおこしてしまうのです。 3・ビタミンC不足 ビタミンCが不足すると 血管がもろくなります。 それによって外傷を受けたわけでもないのに出血してしまうことがあります。 痛くないあざは病気なの? あざのことは医療専門用語では 「紫斑(しはん)」といいます。 先ほども説明したように、ほとんどの場合がぶつけたことによるものですが、 中には 病気の場合もありうるので説明していきましょう。 あざができる主な病気は、 「紫斑病」です。 他には 「血友病」「白血病」も紫斑ができます。 紫斑病にかかってしまうと、 ちょっとした衝撃であざが出来たり、 血が止まらなくなったりします。 また、あざは 押しても痛くないのが特徴です。 血友病や白血病は大変な病気です。 自分がなってしまったのか?心配になってしまうかもしれませんが、 これらの病気にかかる可能性はかなり低いです。 それでも、なかなかあざが治らなくて心配な場合は、 病院に行ってください。 行くのは 皮膚科もしくは 内科がよいでしょう。 あざを早く治す方法は? あざはできてから 2週間程度で消えていきます。 何か急用があって早く消したい場合は どうすればよいのでしょうか? 実はあざを消すのにもってこいの薬があるのです。 それは 「ヒルドイドクリーム」です。 ヒルドイドって聞きなれない名前ですね。 ヒルドイドクリームには、血行を促進して、皮膚をしなやかにして、 内出血を取り除き、傷の治りを早める効果があると言われています。 献血をした時に、たまに内出血をすることがあります。 そのとき看護師が塗ってくれるのがこのヒルドイドクリームです。 内出血を消す効果があるので、 キスマークを消すのに大流行した時期もあったとか(笑) このヒルドイドクリームは市販しているので購入することも可能ですし、 ネット通販で購入することも可能です。 血行を良くすることであざは治る? お風呂に入った時に、 温水と冷水を交互につけることで、 血行が良くなりあざが早く消えると言われています。 まとめ 気が付かないうちにできているあざは、 ほとんどの場合、無意識にぶつけてできたもの。 ただ2週間、1ヵ月経ってもあざが消えない場合は、 なにか病気にかかっている可能性もありますので、病院に行って 度しっかりとした検査を受けておくことをお勧めします。

次の