テーブル マナー ナイフ と フォーク。 ナイフとフォークの使い方】フランス料理マナー・テーブルマナー・洋食マナー

ナイフ/フォーク/スプーンの使い方とマナー テーブルマナー

テーブル マナー ナイフ と フォーク

特にフォーマルなレストランや結婚披露宴などのパーティーでは、テーブル上に多くの種類のカラトリーが並んでいます。 しかし使い方を誤ると、せっかくの美味しいお料理や楽しい雰囲気が台無しになってしまうかも・・・。 ここでは、カトラリーの使い方のマナーをまとめてみました。 ずらりと並んだカトラリーを見ておじけづいてしまうかもしれませんが、基本のルールさえ押さえればそんなに緊張する事はありません。 料理に合った正しいナイフやフォーク、スプーンの使い方を覚えて、スマートに使いこなせるようにしたいものです。 魚用ナイフの場合は、力を入れなくていいので人差し指で押さえる必要はありません。 鉛筆を持つ要領で良いでしょう。 スプーンも同様に右手で柄の部分を軽く持ちます。 どれから使い始めて迷ってしまいそうですが、 外側から使っていけば問題ありません。 1皿食べ終わるごとに使ったカトラリー類をお皿の上に乗せましょう。 サービス係が引いてくれます。 使用するカトラリーが1組のみの場合は、ナイフレストが用意されているはずですので、1皿終わったらフォークは上向きに、ナイフは刃を左側に向けて置きます。 もし、カトラリーを使う順番の間違いに気が付いても、そのまま食事を続けて構いません。 数が足りなければサービス係が補充してくれるはずです。 そんな時は、自分では拾わずサービス係の人から新しいものを持ってきてもらいましょう。 サービス係の人を大きな声を出して呼ぶのがそぐわない場所では、右手をさりげなく挙げてアイコンタクトをとるなどして呼ぶとスマートです。 カトラリーを拾ってもらったら、お礼の言葉を忘れずに。 フォークは背を下にしてお皿に置くと安定し、食器類が引きやすくなるはずです。 スプーンはスープの時はお皿の向こう側に、パスタなどの料理を食べた時は手前に置きます。 また、フォークとナイフの置き方によって食事中や食事終了を示す事ができます。 【中座する時・・・】 食事中に席を立ちたい時や少し手を休めたい時、パンやサラダなどを食べる時。 そんな時、フォークとナイフを ハの字にしてお皿の上に置きましょう。 これは「まだ食事中ですよ」というサインです。 フォークは背を上に、ナイフは刃は内側に向けます。 こうしておけば、食事の途中で料理を下げられる事はないので安心です。 【食事が済んだ時・・・】 料理を食べ終わったら、ナイフとフォークを平行に揃えてお皿の 右側に置きましょう。 これは、食事が終わった事を表しています。 フォークは背を下に、ナイフは刃を内側にしておきましょう。 時計の4時の方角(右斜め下)に置くのがフランス流、6時の方角(縦)に置くのがイギリス流と言われていますがどちらでも構いません(一般的にはフランス流がよりポピュラーです)。

次の

サラダの食べ方マナー】スプーンフォークの持ち方・オリーブオイルと塩・最後

テーブル マナー ナイフ と フォーク

特にフォーマルなレストランや結婚披露宴などのパーティーでは、テーブル上に多くの種類のカラトリーが並んでいます。 しかし使い方を誤ると、せっかくの美味しいお料理や楽しい雰囲気が台無しになってしまうかも・・・。 ここでは、カトラリーの使い方のマナーをまとめてみました。 ずらりと並んだカトラリーを見ておじけづいてしまうかもしれませんが、基本のルールさえ押さえればそんなに緊張する事はありません。 料理に合った正しいナイフやフォーク、スプーンの使い方を覚えて、スマートに使いこなせるようにしたいものです。 魚用ナイフの場合は、力を入れなくていいので人差し指で押さえる必要はありません。 鉛筆を持つ要領で良いでしょう。 スプーンも同様に右手で柄の部分を軽く持ちます。 どれから使い始めて迷ってしまいそうですが、 外側から使っていけば問題ありません。 1皿食べ終わるごとに使ったカトラリー類をお皿の上に乗せましょう。 サービス係が引いてくれます。 使用するカトラリーが1組のみの場合は、ナイフレストが用意されているはずですので、1皿終わったらフォークは上向きに、ナイフは刃を左側に向けて置きます。 もし、カトラリーを使う順番の間違いに気が付いても、そのまま食事を続けて構いません。 数が足りなければサービス係が補充してくれるはずです。 そんな時は、自分では拾わずサービス係の人から新しいものを持ってきてもらいましょう。 サービス係の人を大きな声を出して呼ぶのがそぐわない場所では、右手をさりげなく挙げてアイコンタクトをとるなどして呼ぶとスマートです。 カトラリーを拾ってもらったら、お礼の言葉を忘れずに。 フォークは背を下にしてお皿に置くと安定し、食器類が引きやすくなるはずです。 スプーンはスープの時はお皿の向こう側に、パスタなどの料理を食べた時は手前に置きます。 また、フォークとナイフの置き方によって食事中や食事終了を示す事ができます。 【中座する時・・・】 食事中に席を立ちたい時や少し手を休めたい時、パンやサラダなどを食べる時。 そんな時、フォークとナイフを ハの字にしてお皿の上に置きましょう。 これは「まだ食事中ですよ」というサインです。 フォークは背を上に、ナイフは刃は内側に向けます。 こうしておけば、食事の途中で料理を下げられる事はないので安心です。 【食事が済んだ時・・・】 料理を食べ終わったら、ナイフとフォークを平行に揃えてお皿の 右側に置きましょう。 これは、食事が終わった事を表しています。 フォークは背を下に、ナイフは刃を内側にしておきましょう。 時計の4時の方角(右斜め下)に置くのがフランス流、6時の方角(縦)に置くのがイギリス流と言われていますがどちらでも構いません(一般的にはフランス流がよりポピュラーです)。

次の

テーブルマナー:ナイフとフォークの使い方

テーブル マナー ナイフ と フォーク

アメリカ人のテーブルマナーがヨーロッパの人々と違うことを存知ですか?今回は、「アメリカン・スタイル」とヨーロッパの「コンチネンタル・スタイル」、そして最近アメリカで話題の「ハイブリッド・スタイル」について、それぞれにユニークな「ナイフとフォークの使い方」をご紹介します。 アメリカン・スタイルは、フォークを左手から右手に持ち替える 「左手に持ったフォークでビーフステーキを押さえて、右手のナイフで切る」のは、私たちにも馴染みのある西洋式のテーブルマナーですが、スタイルの違いが出るのは、この後です。 肉を切った後、アメリカ人の多くは、ナイフをプレートの右上に置き、左手のフォークを右手に持ち替えて食べ始めます。 右手のフォークで食べ終えると、再びフォークを左手に持ち替え、右手にナイフを持ち、切ったらまたナイフを置き、フォークを右手に持ち替えて食べる、という動作を繰り返します。 コンチネンタル(ヨーロッパ)・スタイルは、フォークを持ち替えない 一方、ヨーロッパで主流のコンチネンタル・スタイルは、フォークを左手に、ナイフを右手に持ったまま、切りながら食べます。 フォークの持ち替えがないために動きが簡潔で美しいこのスタイルを常識とする人々の間では、アメリカン・スタイルは評判が悪いようです。 アメリカン・スタイルについて、あるイギリス人の紳士は、「フォークが左右の手を行ったり来たり、右手のフォークだけでは上手くフォークに乗せられず、皿の上でフォークが料理を追いかけ回す。 挙句の果てに、指を使って食べ物をフォークに乗せる人もいて、無駄が多く、エレガントな食べ方ではない。 」と、話していました。 そんな彼らの指摘を受けることが増えてきた昨今、アメリカ人は、自分たちのスタイルがヨーロッパとの違いを認識し、自分たちのマナーを見なおそうという動きが出てきました。 アメリカン・スタイルのルーツはフランス アメリカン・スタイルは、19世紀の初めにイギリス人がアメリカに伝えたフランスのテーブルマナーが起源。 当時は、利き手であり「聖なる手」である右手でフォークを持って食べるために「フォークの持ち替え」は、必要なことでした。 ところが後にフランスもイギリスも「(フォークの持ち替えは)美しくない」という理由で、コンチネンタル・スタイルを正式のテーブルマナーと制定したので、情報に乏しかったアメリカだけが取り残されてしまいました。 ヨーロッパで却下されてしまったテーブルマナーがアメリカで今も健在なのは、とても興味深いことです。 ((注)フランスでも古い習慣が残っている家庭では「切ったら持ち替える」風習も見られ、アメリカ人の「持ち替え」には、寛容とのこと。 ) アメリカらしいハイブリッド・スタイル 何をするにも「自由に、合理的に、楽しく」がアメリカ流。 ヨーロッパ文化の良い所を取り入れ、自分たち流にアレンジしてきた彼らですから、フォークとナイフの使い方にも工夫を加え始めたのは必然のこと。 古フランス流に習い「フォークを持ち替え」続けて200年のアメリカに、ついに登場したのが「ハイブリッド・スタイル」です。 特に西海岸で普及し始めているこの「ハイブリッド・スタイル」は、フォークを持ち替えません。 ナイフを右手に、フォークを左手に持ち、フォークを鉛筆のように持って、手首の向きを変えることで、左手でフォークの背と腹を自在に使いながら食べます。 つまり、フォークを持ち替えない点ではコンチネンタル・スタイルを、フォークの背と腹を使うという点ではアメリカン・スタイルを取り入れた、合理的なスタイルなのです。 この方法なら、ナイフを置いたりフォークを持ち替える時間的・動作的無駄を省くことができ、コンチネンタル・スタイルのようにフォークの背に食べ物を乗せる必要もありません。 しかも右手のナイフでアシストしながら左手のフォークの腹に乗せられるので、右手のフォークだけでは上手くすくえなかったアメリカン・スタイルの弱点も見事に克服しています。 ハイブリッド・スタイルの今後 典型的なアメリカの家庭では今日も伝統的なアメリカン・スタイルが正しいマナーとして子供たちに教育されています。 今後も「マム(お母さん)に習った」アメリカン・スタイルが維持されていくのか、それとも西海岸生まれのハイブリッド・スタイルが広まっていくのか。 マイペースのアメリカ人ですから、劇的な速さで広がることはなさそうですが、合理化や簡素化を愛するアメリカ人のことですから、見た目のスマートさも手伝って、西海岸のビジネスマンを中心にじわじわと広がっていくかもしれません。 その上、このスタイルならヨーロッパのコンチネンタル・スタイル支持者を不快にせずに済みます。 アメリカ生まれの、オシャレで最先端かつ国際的な「ハイブリッド・スタイル」を、どうぞお試しあれ! 旅に欠かせないマナーを学ぼう 異文化とふれあう時、文化や風習を学ぶことで、その国や地域に伝わる文脈を理解することが大切です。 本日はテーブルマナーから、西洋国家間でも大きく異る考え方をピックアップしました。 確かに、西洋から見ると同じアジアである日本と中国でも、文化は全く異なりますもんね。 文化が交流うする過程で生まれた「ハイブリッド・スタイル」で、格式高い食事も乗り切りましょう。

次の