東京 あすか 病院。 医療法人華桜会 星陵あすか病院

病院のご紹介

東京 あすか 病院

2020年6月12日• 第22回東京病院地域医療連携交流会(6月18日)は中止になりました 2020年6月12日• 2020年6月4日• 2020年6月1日• 2020年5月29日• 2020年5月12日• 2020年4月17日• 2020年4月17日• インターンシップは中止となりました 2020年4月15日• 2020年3月30日• 令和2年5月28日(木)に予定しておりました在宅酸素の会は中止となりました 2020年3月16日• 2020年3月16日• 2020年3月6日• 2020年3月3日• 2020年3月2日• 2020年2月18日• 2020年2月12日• 2020年2月12日• 2020年2月6日• 2020年1月27日• 2020年1月27日• 2019年12月4日• 2019年12月2日• 2019年11月15日• 2019年10月24日• 2019年10月10日• 2019年10月9日• 2019年10月7日• 2019年9月24日• 2019年7月29日• 2019年5月29日• 2019年4月23日• 2019年4月12日• 2019年3月20日• 2019年3月7日• 2019年2月15日• 2019年2月7日• 2019年2月7日• 2019年1月11日• 2018年12月6日• 2018年10月23日• 2018年10月9日• 2018年8月3日• 2018年4月20日• 2018年3月1日• 2018年1月23日• 2017年10月10日• 2017年10月1日• 2017年9月19日• 2017年7月28日• 2017年7月21日• 2017年4月5日• 2017年4月5日• 2016年9月29日• 2016年6月29日• 2016年6月1日• 2016年3月1日• 2015年12月3日• 関東信越ブロック 、• 2014年10月21日• 2012年9月21日• ホームページを全面リニューアルしました。 2010年10月1日• 2009年10月27日• 病院敷地内は全面禁煙とさせていただきます 2008年1月1日• より関連文書をダウンロードできます 2007年11月19日.

次の

東京都の漢方専門医(日本東洋医学会)のいる病院・クリニック 45件 【病院なび】

東京 あすか 病院

整形外科 一般整形、肩・肘関節外科、スポーツ整形外科、膝関節外科、手の外科、脊椎外科• 麻酔科• 脳外科• 泌尿器科• 乳腺外科• リハビリテーション科• 人間ドック 一般・脳・乳腺・コースあり• 健診 企業・集団・個人・相談可 各診療科より 整形外科より をご参照下さい。 内科より 内科は、一般内科・消化器内科・呼吸器内科・循環器内科を主に診察しています。 消化器内科:1.消化管(食道、胃、十二指腸潰瘍、小腸、大腸)および肝臓、胆嚢、膵臓疾患など消化器全般の診療にあたっています。 2.検査は上部、下部消化管内視鏡検査や腹部エコー、ヘリカルCT、MRIで画像診断を行っています。 呼吸器内科:1.COPD、間質性肺炎、喘息、肺炎、重度の在宅酸素療養者を含む慢性呼吸疾患。 2.結核および非結核性抗酸菌症の診療。 一般内科:代謝疾患(糖尿病、高脂血症)などの慢性疾患。 循環器内科:不整脈や心不全の治療、心臓神経症の診療。 麻酔・ペインクリニックより 手術を受ける患者さんの全身管理やペインクリニック外来で痛みを訴える方の治療を行っています。 麻酔業務…全身麻酔、脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔などを行い、手術による身体への侵襲を極力軽減し、痛みや合併症のない安全な手術を受けてもらうよう努めています、そのため入院前に詳細な術前診察を行います(麻酔についての不安や分からないとはこの際に質問をして下さい)。 ペインクリニック外来…毎週火曜日にペインクリニック外来を開設、様々な痛みを持つ患者さんに対して、トリガーポイントブロックを始めたとした各種ブロック注射、東洋医学的な視点からアプローチする漢方薬による治療など、痛みに苦しむ患者さんの助けになるよう診療を行っています。 受付時間(診療開始は午前9:00、午後13:30からです。 休診日 日曜・祝日 土曜日午後 診療担当表 令和2年5月より 整形外科は午前の一般整形のみ受付順、スポーツ整形・専門外来は全て予約制となります。

次の

病院のご紹介

東京 あすか 病院

病院概要 名称 更生保護法人鶴舞会飛鳥病院 設立 昭和34年7月 診療科目 精神科・診療内科・内科 理事長 吉川 正男 所在地 〒194-0005 東京都町田市南町田三丁目8番1号 TEL 042-795-2080 病床数 261床(4病棟) 職員数 190名 沿革 1959(昭和34)年 7月 財団法人更生保護会 愛慈会 東京愛慈病院 開設 1967(昭和40)年 7月 財団法人更生保護会 日本精神医療センターに名称変更となる (病院名は日精病院) 1996(平成8)年 4月 更生保護法人鶴舞会 法人名称変更となる (更生保護法の法律により、財団法人が廃止となり、新たに更生保護法人となる) 1997(平成9)年 4月 病院名が、飛鳥病院へ変更となる 病院名称の由来 飛鳥病院は、ノーマライゼーションが強く主張されるようになった平成9年に更生保護会財団法人・日精病院から更生保護法人鶴舞会・飛鳥病院と名称を変更しました。 この飛鳥病院という名称には、治療に向けた当院の想いが込められています。 郷土史によると、当院周辺の町田市小川一帯は、かつて沼地で、鶴が渡ってくる土地だったと言い伝えられています。 鶴が安心してとどまり、羽を休めて元気になって飛び立って行ったように、患者さんが安心して治療を受けて元気に退院して行かれることを願って鶴舞会としました。 そして「あすか」という言葉が文化の栄えた飛鳥時代のように、穏やかで安心する所をイメージさせるところから、飛鳥病院と命名したのです。 飛鳥病院は、更生保護法人鶴舞会が収益事業として経営している病院で、同法人が営む更生保護施設に対して経済的な支援をしています。 更生保護施設では、刑の執行を終えた人や保護観察中の少年らを保護して、彼らが社会復帰するのを援助しています。 この援助により再犯や再非行が防がれ、社会全体を守る事業の一端を担っています。 この保護事業は全国的に展開されていて、その数は103か所あります。 しかし、更生保護法人が精神科病院を運営しているのは全国で飛鳥病院1か所だけです。 なお、更生保護施設「鶴舞会」は昭和41年建築で、老朽化がすすみかつ狭隘であったため、鶴舞会敷地の南側に建てなおすこととし、更生保護事業振興財団、財団法人JKA等の補助を受けて収容人員20名の新施設が、平成24年12月に完成いたしました。

次の