山本太郎信者。 吹き始めた解散風と反安倍側の内紛

吹き始めた解散風と反安倍側の内紛

山本太郎信者

アホばかりじゃないことを期待。 ウツケンより実績があるのか? ウツケンより知名度(芸能人だったという)はあると思うけど。 パフォーマンスはたしかに凄いけど。 masterlow 山本太郎を評するとしたら、 一塁線を抜けて三塁打になるかと思うようなファウルや、外野フェンス直撃のライナーのファウルを連発して粘ったうえで、 結局最後は三振、というものになるのではないか。 rainy0101 山本太郎、無能な織田信長って感じがする。 90 ID:d7hATkXQ0 大袈裟太郎 = 猪股東吾 oogesatarou 山本太郎さんの会見見ました。 がっかりでした。 東京駅で寝てるホームレスのおじいさんの心配しながら、れいわ新選組は赤坂の一等地に事務所構えてますし、 2016年の三宅洋平の選挙で集めたお金の行方も曖昧です。 山本さんには説明責任があると思います。 れいわ支持者ってまともなやつひとりもおらんのか? まっとうに会話ができるやつ。 最低限ググって情報取れるやつ。 そういう人がいるなら話したいから、 リプライにコメント書き込んでほしい。 コンペしよう。 アホだと判断したら即ブロするね。 れいわ支持者の共通点に気づいた! 彼らは対人論証以外できない、、、 有田芳生 aritayoshifu 赤坂にある事務所の家賃は月280万円だと聞きました。 銀座一等地の某飲食店(30人規模)は60万円。 もちろん良心的な大家さんです。 edeityan バリアフリーにも必要だからだそうです。 93 ID:KFWgITnH0 活動家止まり。 政治家としては微妙だろ。 国政のゴールを見失って。 事前調整出来ず勝てない都知事選に出るのだから。 戦うことが目的になっちゃってる。 35 ID:7Q62GlFz0 密.

次の

吹き始めた解散風と反安倍側の内紛

山本太郎信者

は、一時期者だの維新支持者(信者)だのヤマシン(「信者」)だのに持ち上げられていい気になっていたようだが、結局その間を通じて国民のは全く上向きにならなかった。 しかし、この党の内部には相変わらず「右バネ」が強く働いているようだ。 野党政治家の中でも屈指の右翼であるが国民に入党したのも体質が合うからだろう。 馬淵はもともと公認候補だったから元の鞘に収まっただけといえばそれまでだが。 民民では、例によってが維新に接近した。 「ジンジンジン」の(無所属)も参加するらしい。 まあ前原だの松原だの、既ににおん出ただの、今は何をしているかもわからないだのが・を掻き回していた頃と比較すれば、彼らの影響力も小さくなった。 民民で存在感が急速を失っている右派の政治家といえば、の名前も忘れてはならない。 しかし、極右のアカウント・黒瀬深(旧:RAIE)をしているらしいは、自身も右翼やに親和性が強いらしく、選でを支援することなど到底できないらしい。 上記リンクのニュースの末尾に、 で、国民は宇都宮氏を支援しない方針で、、国民、、の野党4党が目指してきた統一候補の擁立は実現に至りませんでした。 とある。 あと、なんとかにも動きがない。 一部の報道では、一時立民や民民の一部からを擁立する動きがあったものの、勝ち目がないと判断されて沙汰止みになったとのこと。 なぜかが報じた。 あたりの配信だろうか。 以下引用する。 引用文中に弊ブログのが含まれるが仕方ない。 れいわ山本氏擁立が幻に 選・立憲独自候補 は選(18日告示、7月5日投開票)への独自候補擁立を断念した。 国政での反転攻勢につなげようと、れいわの代表のサプライズ出馬へ水面下の調整を続けたが、現職の氏には勝てないと判断。 構想は幻に終わった。 1月、立憲関係者はこう語った。 「幹事長を知事候補に、元文部科学を副知事候補として戦う手もある」 選は国政選挙に次ぐ影響力があるとして、立憲は重視していた。 当初は安倍政権に批判的で、一定のがある前川氏に打診。 固辞されると、東京を地盤とする氏の名前が挙がる。 当時は小池氏との不仲による保守分裂が念頭にあった。 コロナで小池氏に注目 の感染拡大で状況は変わる。 ロックダウン(都市封鎖)に言及し、休業協力金を打ち出すなど、小池氏が注目を浴び続けた。 党幹部の氏がして挑むのはリスクが大きい。 待望論が浮上したのが、昨年ので99万票を得ながら落選した山本氏だ。 東京選挙区で当選経験があり、共産、と政策が近い。 小池氏が仕掛けた出身者が多い国民の中でも、氏は山本氏と政党を率いた経緯があり、橋渡し役の期待があった。 「山本氏も乗り気だった」(れいわ関係者)。 自民が小池氏支援へかじを切る中、野党一丸で破れば、象徴的な出来事となる。 だが5月27日、2012、14年の選挙で共産などの支援を受け次点だった氏が立候補を表明。 山本氏も埋没気味とされるれいわの再建へ、党公認での挑戦にこだわった。 月末、立憲幹部は独自の調査で小池氏が山本氏らを引き離す結果を見て「幕引きの方向だ」と漏らした。 今月2日には立憲の代表ら幹部が協議。 小沢氏も国民の幹事長から「山本氏は無理だ」と伝えられた。 立憲は4日、宇都宮氏支援を決める方向だ。 (文基祐、佐藤陽介) ( 2020年6月4日) 出典: この記事によると、擁立工作にはやはりが一枚噛んでいたようだ。 以前からが選出馬に意欲を燃やしていたことは周知だが、が大問題になった頃に「さっさと休校やー」というツイートを発したのを最後に、山本の存在感がなくなっていった。 法改正案の問題が騒がれたことにも、多忙を理由にネット番組の出演依頼を断るなど、自ら存在感を消す方向の動きを取った。 一方のは、の延期が決まるまではコロナ対策に消極的で、その責任は極めて重いのだが、五輪延期が決まるや否や東京の「ロックダウン」を言い出すなど態度を豹変させて以来、露出度が増えて支持率を爆上げさせた。 JX通信が都民を対象に行った調査では、小池の支持率はなんと約20ポイントも上がったという。 立民も、との比較なら、本人が「立民主要打撃論」を振りかざしてきた山本よりは、支援者の一部が立民攻撃でうるさいだけのをとるのは当たり前だ。 しかし民民は、「保守ど真ん中」を自認する山本なら担げても(もいることだし)、左寄りのは担げないといったところだろうか。 また民民と立民の合流話があるようだが、とはもう切り捨てるべきだろう。 この2人を切れば、風見鶏のもおとなしくなるに違いない。

次の

吹き始めた解散風と反安倍側の内紛

山本太郎信者

は、頭の良い人で、他人の良いところから学び、悪い影響は排除する。 やの政策でも、間違っていると思えば、躊躇なく捨て去る。 結果として、彼はほぼ正しい選択をしている。 反緊縮の積極財政を主張し、困っている人たちの味方であり、反グローバリストであり続け、それが変わることは全く考えられない。 この点に関しては非常に頑固で一貫している。 いや、との接点があるだけでアウトですよ。 新党の経済政策を立案したのは、氏らだという。 それは前から指摘されていたが、支持者のなかには、氏がブレーンだと植草氏の関与を否定したがる人もいた。 植草氏は以前、選投票日直前の台風について、「人為的な気象操作」といっていた。 彼らもがブレーンなら希望は持てるけど、植草は勘弁してほしいと思っているわけです。 植草は2000年代前半まではテレビにもよく出演していた売れっ子の「」であり、からも著書を出し、の受賞歴などもありますが、2004年と2006年の二度にわたって痴漢で逮捕され、2009年には有罪が確定して収監されました。 そこから再起する際に、植草は一派を熱烈に応援するとともに、に手を染めたわけです。 植草はもともと小泉構造カクには批判的ではありましたが、のシンパでした。 それは、彼が二度の逮捕後した『知られざる真実 - 勾留地にて』を読めば、まともな読解力のある人間なら誰でも読み取れます。 彼は元来、右翼系の人なのです。 同系列の人としてがいます。 孫崎の『戦後史の正体』(2012)は、をわずか7頁の「押しつけ論」で退け、やを「敢然とカに対峙した『自主独立派』の政治家」と称揚するです。 私は、政権再交代前の2012年の段階では、孫崎は当時内で不遇をかこっていたを一派と共闘させたかったのではないかと推測しています。 孫崎は本心からを信じている可能性がかなり強いと思います。 植草の場合は、孫崎とは違って、おそらく本心からなど信じていなかったと思いますが、ブログにを書いたら簡単に「信者」が賛同してきたので、それに味をしめて、多数のブログ読者を獲得したのを足がかりとして、出版業界や、あわよくばアカデミズムの世界でもを果たしたかったのでしょう。 実際、2007年に『知られざる真実 - 勾留地にて』をするまでに追い込まれていた植草は、へのに一定の貢献をしたと認められたのか、2013年にはから本を出すまでにしました。 しかしその頃には既にが政権に返り咲いていて、が長い低迷期に入ったことから、植草のは中途半端に終わり、彼の野望は成就しませんでした。 私が植草を全く信用ならないと思うのは、おそらく当人も全く信じていないであろうを、読者を騙すために平然と利用する彼のにあります。 いかにも東大(経済学部)卒の人間にありがちな大衆蔑視だよな、と前々から苦々しく思っていました。 本業はスリーリサーチという、投資会社の経営者である植草が、「本当に困っている人たちの味方」であろうはずはありませんし、こんな人士とつるんでいるだけでも政治家として信用されないのは当たり前です。 実際、2009年の期から2012年までの時代から既に、植草はとは本当につるんでいたものの、とは単なる「おつきあい」の間柄に過ぎませんでした。 リアルの権力闘争に命懸けだった小沢にとっても、植草はまともに相手にする存在ではなかったということです。 今回の斎藤まさしのインタビューがどこまで真実を語っているかは明らかではありませんが、植草やとつるんでいると見られるだけでも、には大きなダメージとなります。 本当に政界で生きていこうと思うのであれば、は鳩山や植草とは絶縁しなければならないと思う次第です。 同じ記事のコメント欄からもう一件。 私も某人の経由で「平和と共生」の「運営委員会」が「れいわの政策を作った」なる話を見たばかりでした(同じ流れのソースかもしれませんね。 私が見たツイートには、この「運営委員会」へのリンクと簡単な一部人物解説がありました。 そのリンクが次のものです。 さゆふらっとまうんどとは、N国党から千葉で立候補した平塚正幸とのことです。 こちらのブログで名前が登場したことがあるのは、植草、斎藤以外には、黒川敦彦とでしょうか。 黒川はの仲間として、山田は小沢一味としてですかね。 おえおえっですね。 壺井須美子の名前もありますね。 この日記で取り上げたことはなかったかもしれませんが、に「極オ(極端なオザシン)」と呼ばれたエキセントリックな「小沢信者」として、その悪名は存じ上げています(笑) kojitaken.

次の