コロナ 禍 意味。 コロナ禍に学ぶ、新しい社会『New Normal』

「コロナ禍」ってなんて読む?意味は?なべ・うず?読み間違え多数

コロナ 禍 意味

新型コロナウイルスの感染が各国で拡大し、人々の生活に深刻な影響が出ています。 訓読みの方をチェックすると、こちらの漢字に含まれる意味が、ストレートに理解できますよね。 つまり端的に言ってしまえば、かなりネガティブな意味を持った漢字というわけです。 それでは続いて、「禍」を含む表現について見ていきましょう。 特に馴染みが深いのは、 「禍福は糾える縄の如し」ということわざでしょうか。 これは中国の史記・南越列伝に由来するもので、「かふくはあざなえるなわのごとし」と読み、「災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のように代わるがわるやって来るものだ(=不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする)」との意味合いで用いられます。 ちなみに私個人はコロナ禍という表現を初めて耳にしたとき、一番に「武韋の禍」という言葉を連想しました。 スポンサーリンク? 「コロナ禍」の読み方や意味をチェック! 以上のような点を押さえておけば理解しやすいかと思いますが、コロナ禍は 「ころなか」とよみ、 「新型コロナウイルスによってもたらされた、様々な災いや社会的混乱」のことを意味しています。 これだけ影響が大きく多方面にわたっているので、「禍」という表現がピッタリと判断されたのでしょうし、また一言で一連の混乱を端的に表現できるワードとして、重宝されるに至ったのでしょう。 といっても「禍」が近年のニュースに登場するのはこれが初めてではなく、「インフルエンザ禍(いんふるえんざか)」等の言い回しが見受けられるケースもありますね。 コロナの専売特許ではなく、割と汎用性の高い表現ということです。 もう少し分かりやすい表現を使ってほしい」といったコメントが幾つも寄せられています。 説明を聞けばなるほどという感じですが、当然のように使われると、少々戸惑ってしまいますね^^; スポンサーリンク?

次の

「コロナ禍」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

コロナ 禍 意味

カタカナで表記。 中国の発音を元にした読み方。 意味がわからない場合が多い。 熟語で使用)例えば、美人(ビジン)の美(ビ)など 訓読みで使われる熟語としては、 「戦禍(センカ)」や 「禍福(カフク)」などは漢字変換でも出てきます。 戦禍(センカ)戦争によるわざわい・被害• 禍福(カフク)ざわいとしあわせ• 禍根(カコン)災いの起こる大本・原因• 輪禍(リンカ)車などの交通災害による災難• 大禍(タイカ)大きな災いのこと• 水禍(スイカ)洪水など水による災害• 災禍(サイカ)天災や事故によって受けるわざわい• 奇禍(キカ)思いもよらない災難• 惨禍(サンカ)悲惨な災難• 筆禍(ヒッカ)自分が書いことが原因で災難をこうむること• 舌禍(ゼッカ)自分が発した言葉が元で生じる災い。 禍の訓読み(くんよみ) 読み方としては2つ• わざわい• 日本語の意味を含んだ読み方。 意味がわかる。 漢字の後に「ひらがな」が続く 「送り仮名」で多く使われる。 例えば、美しい(うつくしい) 使用される例としては• 禍を招いた(わざわいをまねいた)不幸な出来事を自らがよびこんだこと• 禍々しいできごと(まがまがしいできごと)不吉でおぞましいさま のように使用されますが一般的ではないですね。 同じ読み方として使われる単語としては「災いを招いた。 」で使われる「災害」の「災」ですね。 コロナ鍋の間違いの原因は現代人の文化の変化 現代人は 鉛筆やシャーペンで文章を書くという文化が無くなってしまいました。 文章は書く漢字は、いまやスマホやパソコンで漢字変換という作業に成り代わってしまいました。 ノートに文を書いていた時代には書く字や漢字をよく見て観察して書いていたものです。 しかし、現代では見た目で変換してしまうので 「禍」を「鍋」と勘違いして漢字変換して意味も分からずにTwitterなどで拡散していまい。 間違いを指摘されたのが話題になっていたのですね。 中には「禍」を「渦」(うず)と勘違いして「 コロナ渦」(ころなうず)と変換していた人もいたようです。 「コロナ禍」は 必ず収束(しゅうそく)して終息(しゅうそく)します。 信じて頑張ってみんなで拡散防止に努めていきましょう。

次の

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナ 禍 意味

読み方:か コロナ禍とは、コロナ禍の意味 禍とは、(COVID-19)によるのこと。 禍の「」は、にでされ、にした「」(SARS-CoV-2)を指す。 「禍」は、、といった意味をもち、、、のようにを表す用いられる語である。 コロナ禍における世界各国の対策 禍における、にした人はで約で、国別ではがで最も、(51. 5)、(40. 6)と続く。 者は人にのぼる。 () では、禍のにを講じている。 や、などでは、()によってをすることでのを図っている。 、やでは、をせずにのによるを図っている。 のでは、のはできるが、者によるを招くをている。 では、のをによるをするというで禍のを図っている。 コロナ禍における主な出来事• でによるがてされる。 内初の者がされる。 内初のがされる。 WHOがによるをする。 が7をにをする(まで)。 におけるの者数が人にる(からまでの)。 をにする。 におけるの者数が人にる(からまでの)。 のを(まで)。 県についてをする。 、、についてをする。 、、、、についてをする。 読み方:か 別名:禍 (COVID-19)が招いた・的なのこと。 ・・な、・不安・などをした。 はにのでてされ、から急速ににをし、春現在まさにながもている。 ので、の者数は約に上っている。 数はすでに35を上回っているという。 のアナドル()がこれをている。 (:) だけでなくにもがもている。 、、をの市においてがされており、のためにの(主に)をする「」()のが取られたも。 やはができておらず立ち行かなくなっている。 もの自由がされ、不満と不安を募らせているがになりつつある。 ではがを買うためににをなし、ではやのが、ではがしをするまで生じている。 末のでは、この禍にいつが差すのか。 をたりになったりせず、「は夫」のようなや「は」のようなを自らいさめ、冷静に的に事のをことが。

次の