ご連絡いただけると幸いです。 「いただけると幸いです」の意味と使い方|ビジネスメールでの例文

「幸いです」という書き方。

ご連絡いただけると幸いです

ビジネスシーンでは、良好な人間関係を築くために「ご連絡いただければ幸いです」の表現は欠かせません。 一般的にビジネスシーンでは頻繁に使われる表現です。 上司、同僚、取引先などあらゆる関係性の間で重宝される表現ですが、どういった表現方法があるのか紹介します。 ビジネスでの一般的な例文とは? ビジネスではよく使われる表現として、「ご連絡いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします」「ご連絡いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします」などが一般的です。 連絡をする際に相手に確認作業が発生して返事が必要な場合に使われる表現です。 相手が気持ちよく返事ができるように、急かさないソフトな表現として「ご連絡いただければ幸いです」はビジネスで重宝されています。 メールで「ご連絡いただければ幸いです」とは? 社内で社員からの返事を催促する際に、「ご連絡いただければ幸いです」といった表現はとても役立ちます。 年下、目上関係なく催促する場合に、どの人も不快にならない便利な表現です。 どういった使い方があるのか紹介します。 どうぞよろしくお願いいたします」が一般的です。 「ご連絡いただければ幸いです」の敬語とは? 相手に威圧感を与えないようお願いする方法として「ご連絡いただければ幸いです」といった表現はとても重宝されますが、ときに表現がソフトすぎて相手に緊急度が伝わりづらい場合があります。 せっかく相手を配慮する表現を使っているのに、本当は急ぎで返事が必要な場合でもなかなか返事をもらえずに困った経験がある人もいるでしょう。 返事の緊急度が高い場合にはどういった表現が適切なのか紹介しましょう。 相手によってはソフトな表現では伝わらない場合があるので、送る相手や状況に応じて使い分けるといいでしょう。 「幸いです」を含めた他の表現方法は? 立て続けにおなじ相手に確認依頼をする際に、「ご連絡いただければ幸いです」と伝えると少しおなじ表現を使いすぎと気にする人も多いでしょう。 おなじ表現を重複すると、人によってはソフトな表現を使っていても威圧感として受け止める場合があります。 「ご連絡いただければ幸いです」とおなじ意味として他にどんな表現方法があるのか紹介します。 「ご連絡いただければ助かります」 「幸いです」の代わりに「助かります」を使う「ご連絡いただければ助かります」といった表現があります。 意味合いはおなじで、「助かります」を使うことで相手に「返事をしてあげたいな」というサポートしたくなる表現として重宝されています。 「ご連絡いただければ幸甚です」 「幸いです」の代わりに「幸甚です」を使う「ご連絡いただければ幸甚です」といった表現があります。 「幸甚」とは「こうじん」と読みます。 「非常に幸いなこと」を意味するもので、一般にいう幸せよりはるかに幸せ度合が高いことを示します。 「幸甚」を含めた表現は、口頭よりかはメールや手紙で使われるのが一般的です。 やや堅い表現なので、ビジネスシーンで活用することをおすすめします。 「ご連絡いただければ幸いです」を英語でいうと?.

次の

「幸いです」という書き方。

ご連絡いただけると幸いです

「連絡すること」の基本的な意味は、「別々の場所にある人同士が、共有する事柄について意思疎通し合うこと」や「必要な情報を受け合うこと」を言い、これは主にビジネス上でもプライベート(日常生活)でも普通に見られる行動です。 よく「連絡交換」という言葉を聞きますが、この場合でも別々の場所にいる人同士が「必要な情報や方法を受け合うこと」を念頭に置き、その「必要な情報」をコミュニケーションのメインに置く形でいろいろな場面で会話されます。 「必要な情報の受け取り合い」がメインになるのが「連絡」ですから、特にビジネス上ではこの連絡交換がどれだけ大切かということをまず、その念頭に置くことが重要になります。 敬語「お電話ください」の意味 ビジネス上でよく「ご連絡をいただけますか」という表現がされますが、この表現はそもそも敬語表現で、「お電話ください」という語形がそのまま敬語として表現されていることになります。 ビジネス上でも「お電話ください」という表現がそのまま使われることも普通にあり、「ご連絡ください」という言葉と併用される形で「お電話ください」という表現は敬語表現として認識されます。 しかし原則的に言うと「お電話ください」という言い方よりも、「ご連絡ください」という表現の方がベターです。 「ご連絡をいただけますか」や「ご連絡をいただければ幸いです」という言い方の方が相手に対とって好印象を与えやすく、主にビジネス上では敬語表現がメインになりますので、「さらにベターな敬語表現を使うこと」が義務づけられます。 敬語「お電話ください」の使い方 日本語の敬語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類の敬語表現があり、それぞれの敬語表現は場面や状況によって使い分けられます。 尊敬語というのは「相手が目上の人や、立場が上位にある上司に対し、敬意を表して言う敬語表現」を意味します。 謙譲語は「相手と自分の関係性や立場を問わず、話者が自発的に自分の姿勢や立場を低めて敬意を示す敬語表現」を言い、多くの場面で使用されます。 丁寧語というのは「不特定多数の人々に向けて敬意を示す敬語表現」を意味し、主に「です・ます口調」によって表現される、ポピュラーな敬語表現になります。 「お電話ください」という言葉の使い方 先にご紹介しました尊敬語、謙譲語、丁寧語などの敬語表現例を踏まえた上で、この「お電話ください」という表現もさまざまな場面において使い分けられます。 ・先日に承りました案件につきまして、再度、ご連絡いただければ幸いです。 ・早急のご連絡をいただくことができ、誠にありがとうございます。 ・折り返しのお電話を差し上げますので、もうしばらくお待ちください。 ・事業計画の起案書作成につきまして、ご連絡をいただける幸いです。 このように、いろいろな場面において「お電話ください」という表現が使い分けられ、どの場合でも「そのときに必要な情報の受け渡し」がメインになります。 「お電話ください」という言葉が直接的に使用される場合は、主に丁寧語で言われる場合や、謙譲語の表現において見られ、特に上司と部下の関係にない状況が認められます。 敬語「お電話ください」の例文 「お電話ください」という言葉の敬語表現を考える場合、この「お電話ください」という言葉そのものがすでに敬語表現のように認められます。 実際にビジネス上でも、多くの場面においてこの「お電話ください」という言葉・表現がそのまま使われており、さして相手にとって印象を損ねることも少ないです。 ・早急に対処するべき事情がございますので、折り返し、お電話ください。 ・Aプランの事業計画の起案書作成につきまして、ご質問事項がございますのでお電話いただければ幸いです。 ・先日にいただきましたご企画につきまして、もう一度お電話いただければ幸いです。 ・こちらから折り返しお電話致しますので、ご都合のよい日をお電話ください。 「お電話ください」の別の敬語表現例 先方会社とのやり取りや、個別で会社とやり取りする場面においても、「お電話ください」という表現がそのまま使われる場合があります。 ただしその場合には、ただ「お電話ください」と伝えるのではなく、「幸いです」や「いただければ」などの別の敬語表現を添えておくことが大切です。 先述でいくつかお伝えしましたように、「お電話ください」という言葉の別の表現では、「ご連絡をください」や「お知らせください」などの言葉が代用されます。 ・先日にご連絡いただきました案件につきまして、ただいまご検討させていただいております。 ・Aプランの事業計画につきまして、再度ご連絡いただけましたら幸いです。 ・もしも特別にお変わりがございましたら、早急にお知らせください。 ・こちらからご報告致しますので、しばらくお待ちください。 ご連絡ください 「ご連絡ください」という言い方は、「お電話ください」という連絡交換について言う場合は多く使われる表現になるでしょう。 ビジネス上では連絡のやり取りが重要となるため、特に先方会社やお得意先とのやり取りでは、連絡交換用の言葉は統一されています。 その場合にこの「ご連絡ください」という表現はポピュラーな敬語表現となり、なおかつ相手に対して印象も損ねることのない便利な敬語表現となります。 ・折り返しご連絡ください。 ・その案件につきましてのプランをご連絡ください。 ・先日におきましてご連絡いただきました内容を、再度ご検討致します。 ・今後の事業計画につきまして、ご都合のよい日にご連絡ください。 「ご連絡ください」という言い方はどの場面でも印象がよく、また当たり障りのない便利な言葉として認められます。 ご連絡お待ちしております ビジネス上用語ではほとんど敬語表現がメインになり、「お電話ください」という表現も確かに敬語として認められる場合が多いですが、さらに当たり障りのない敬語表現が求められます。 その場合は「ご連絡ください」という表現が印象のよい言葉となり、また「お待ちしております」という言葉を語尾に付け加えることにより、「ご連絡ください」という表現にさらに好印象を持たせることができます。 ・その案件につきまして、ご都合のつく日にご連絡お待ちしております。 ・折り返しのご連絡をお待ちしております。 ・その件につきましてのご質問を含め、後日にご連絡お待ちしております。 ・ご連絡をお待ちしていただければ幸いです。 さまざまな場面で「ご連絡お待ちしております」という表現が聞かれますが、どの場合も「お電話ください」という表現より印象のよい敬語表現として認められます。 ご連絡いただき誠に感謝申し上げます 先にご紹介しました「ご連絡お待ちしております」よりもさらに敬意を示す敬語表現が、この「ご連絡いただき誠に感謝申し上げます」という形容になります。 これは主に公式のビジネスメールなどで散見される表現ですが、「お電話ください」の敬語の中でも、より丁寧な敬語表現となるでしょう。 「申し上げます」というのは「言う」という言葉の敬語となり、この場合は「お電話ください」の敬語表現としては二重の敬語表現となります。 ・先日はご連絡いただき誠に感謝申し上げます。 ・A事業計画へのアイデアにつきまして、ご連絡いただき誠に感謝申し上げます。 ・非常にご貴重なご連絡をいただき、誠に感謝申し上げます。 特に上司に対する場合や、プライベートでも尊敬する人に対する場合には、この「ご連絡いただき誠に感謝申し上げます」という表現によって「お電話くださりありがとうございます」という感謝の意を相手へ伝えます。 「お電話ください」の英語表現と意味 「お電話ください」という言葉を英語に直すと、「please call me」や「please give me your telephone」、または「please to call」や「please give me a ring」などの言葉で表現されます。 ・Please call me anytime. 「いつでもお電話ください。 」 ・May I help you by our telephone? 「お電話いたしましょうか」 ・Please give me a ring on arriving at the station. 「駅に到着次第、お電話ください。 」 ・Please give me your telephone at night. 「どうぞ夜間にお電話ください。 」 「お電話ください」の正確な敬語表現と用例を把握しましょう いかがでしたか。 今回は「お電話ください」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現と題して、「お電話ください」という表現の正しい使い方や正確な意味、またあらゆる場面での敬語表現について多角的な視点からご紹介しました。 「お電話ください」という表現はそのままビジネス上でも使われていますが、その正確な敬語表現を考える場合は、「ご連絡ください」や「ご報告ください」という言葉に置き換えられ、その文脈に「幸いです」や「いだだければ」などの補語をつけて敬語表現とします。 会社などで交わされる連絡交換用の敬語表現では、特に先方会社やお得意先との連絡のやり取りが一般的に行なわれるため、それぞれの場面で「正しい敬語表現」を身につけておくことは必須のマナーとして認められます。

次の

「幸いです」の意味ビジネスメールで使える言い回しは?

ご連絡いただけると幸いです

ご連絡いただければ幸いですの意味は 「ご連絡いただければ幸いです」は「ご連絡もらえると嬉しいです」の意味 ご連絡いただければ幸いですは、簡単な言葉に直すと「連絡をもらえると嬉しいです」という意味になります。 「~してもらえると嬉しいです」という形になっているため、相手に丁寧に何かをお願いする際に用いるフレーズとなっています。 メールでも良く見かける表現ですよね。 ご連絡いただければ幸いですは敬語表現 「ご連絡いただければ幸いです」が持つ意味のうち、もう一つ重要なものがこの表現が敬語表現だということです。 具体的にどのような構造で敬語表現となっているのか、以下から一つずつ見ていきましょう。 まず、「ご連絡」の「ご」は連絡という言葉を丁寧な形にするためについている言葉です。 次に、「いただければ」の部分は「もらう」の謙譲語である「いただく」が変化して仮定の意味を表す「れば」とくっついています。 最後の部分の「幸いです」は「嬉しいです」を表す丁寧な表現です。 こうやって部分部分、分解しながら見ていくと、このフレーズはかなり丁寧な敬語表現だということが見えてきます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 」です。 これは、「ご連絡いただければ幸いです」に「どうかよろしくお願いします」という意味の敬語表現を重ねたものです。 ビジネスメールや文書の途中で使うこともありますが、多くの場合、文章の締めくくりの言葉として使われます。 何卒を省略して、「よろしくお願い申し上げます」や「よろしくお願いします」ともう少しカジュアルな響きにすることもできますよ。 よろしくお願い致します。 」です。 この例文も1つ目と同じく、「ご連絡いただければ幸いです。 」に「よろしくお願いします」の丁寧な表現である「よろしくお願い致します」を重ねた形となっています。 この表現も主にビジネスメールや文書の結びの文章として使用され、文章の途中で使用されることもありますがそのケースはまれです。 「よろしくお願い致します」の部分を「何卒」という言葉を付け加えて「何卒よろしくお願い致します」の形にすることもできます。 ちなみに「何卒」とは「どうか」という意味です。 」です。 前半部分の「誠に恐縮ですが」は「申し訳ないんですが」という意味を表す丁寧表現です。 それに「ご連絡いただければ幸いです。 」を重ねて使用します。 このフレーズを簡単な言葉に直すと、「忙しいところ本当に申し訳ないんですが、連絡いただけると嬉しいです。 」という意味になります。 この「誠に恐縮ですが」はビジネスメールでもかなり使える敬語表現の一つなので、ぜひこのタイミングでこのフレーズも覚えてしまいましょう。 ビジネスメールで使う敬語表現には、まだまだ活用できるものが沢山あります。 ここまでの内容では特に「ご連絡いただければ幸いです」の意味や使い方、類語表現に絞ってお伝えしてきましたが、以下の関連記事では「お手数ですが」という表現について徹底解説しています。 」です。 この表現は相手にかなり丁寧な印象を与え、少し堅いイメージです。 口語ではほぼ使われることはなく、ビジネスメールや公式文書など書き言葉でほとんどが使用されるものです。 「幸いに存じます」の「幸いに存じます」は「嬉しく思う」の謙譲語です。 したがって、この部分は簡単な言葉に直すと「(私は)嬉しく思います」という意味です。 目上の人に対して自分がへりくだって敬意を表す言葉の形になっていますね。 まだあまり関係性の深くない上司や取引先の人向けに使いましょう。 この「幸いに存じます」という表現は、「教えて頂ければ幸いに存じます」や「お電話頂ければ幸いに存じます」などの形で使うこともできますよ。 この表現は「ご連絡いただければ幸いです」の「幸いです」部分を簡単な言葉に直したもので、先のフレーズより少しカジュアルな表現となります。 しかし、フレーズとしては丁寧なので相手に失礼になることはありません。 ただ、相手が目上の人である場合、この表現はすでにある程度関係性が気付けている人にのみ使うようにしましょう。 まだ数回しか会ったことのない人に対してこの表現を使ってしまうと少し失礼な印象を与えかねません。 それぞれのフレーズを相手との関係性によって使い分けることがポイントですね。 簡単な日本語に直すと、「 私に 教えてもらえると嬉しいです」という表現になります。 この表現は「ご連絡いただければ幸いです」の「ご連絡いただければ」部分を「教えて頂ければ」に変えて使用する表現ですね。 この表現は、ビジネスメール内でも例えば目上の人にどうしても教えを頂ければと言いたい場合、「お忙しいところ恐縮ですが、教えて頂ければ幸いです」などの形で使用できます。 相手の都合に配慮しながらもぜひ教えてもらいたい、という気持ちが丁寧にしっかり伝わりますよ。 例えば「メールアドレスを教えて頂ければ幸いです。 」「このツールの使い方について教えて頂ければ幸いです。 」などの形で活用できますね。 ご連絡いただければ幸いですの英語は? ご連絡いただければ幸いですの意味の英語例文lookforward ご連絡いただければ幸いですの意味の英語例文の1つ目は、「I look forward to hearing from you soon. 」です。 直訳すると、「私はあなたからもうすぐお返事が聞けるのを楽しみにしています。 」という意味になります。 英語メールの中でも一番良く使われる表現です。 自分個人としてではなく、自分のチームや会社全体が相手からの返事を望んでいる、という意味を伝えたい場合は主語を変えて「We look forward to hearing from you soon. 」という形にもできます。 かなり便利な表現なので両方覚えておくとよいですよ。 」です。 直訳すると、「私はあなたの返事を受け取れると嬉しいなと思います」です。 これが転じて「ご連絡いただければ幸いです、幸いに存じます」という意味で使われます。 英語例文1つ目の理由と同様、主語を変えて「We would appreciate to receive your answer. 」としても使えます。 ただし、answerと使うと「答え」となって場合によっては相手に早急な答えをもらえるようせかしているような響きになるので、使いすぎには注意が必要です。 」です。 これを日本語に直訳すると、「あなたができるだけ早くお返事をくれると助かります」という意味になります。 ただ、この表現も「as soon as possible」の「できるだけ早く」という意味がついていますので、状況によっては相手の都合を無視して相手をせかしているように聞こえます。 この表現を使うのは本当に緊急で急ぎの要件についての返事が欲しい時のみにとどめるようにしましょう。 」です。 この表現も、提出期限がついていることから場合によっては相手をせかす表現になりかねません。 何かの提出を催促するメールはできるだけ早めにするように心掛け、この表現をメールなどの文末に添えましょう。 ご連絡いただければ幸いですの正しい意味と使い方を理解して活用しよう! この記事では、「ご連絡いただければ幸いです」という表現や類語表現である「幸いに存じます」「教えて頂ければ幸いです」など、数多くの敬語の正しい意味や使い方について解説してきましたが、いかがでしたか?英語例文などにまで目を向けると、興味深い表現がいくつかありより一層、学びが深まりましたね。 特にビジネスで使われる敬語表現は、ビジネスの現場で実際に使っていくことが上達の早道です。 習うより、慣れろ、ですね。 特にメールでのやりとりでは相手のメールボックスにもその内容が記録として残ってしまうので注意が必要な場合もありますが、失敗を恐れずに少しずつ敬語を活用してその使い方に慣れていきましょう。 以下の関連記事では、ビジネスの世界では定番の「今後ともどうぞよろしくお願いします」というフレーズについて詳しく解説をしています。 当記事と同様、その意味と使い方、ビジネスメールでの実際の返信例文、英語表現まで幅広い内容をカバーしています。 もっと敬語をマスターしたい!という人はチェックしてみて下さいね。

次の