退職挨拶 返信。 退職の挨拶メールが取引先・社外から来た時|返信の書き方と例文

【例文あり】退職のあいさつメールのマナー

退職挨拶 返信

退職する際の挨拶メールの書き方の基本 退社が決まってから退職する日までにこれまでのお礼の気持ちを込めた退職メールを送りましょう。 そのときは、どのような点を意識すればいいのでしょうか。 お礼の気持ちと社員の活躍を願う内容をメインにする 退職の挨拶メールは、これまでのお礼と今まで一緒に仕事をしてきた、同僚などの活躍を願う内容にします。 退職理由については多くを語る必要はありません。 簡単に一言で済ますか、退職理由を書きたくなければ、一身上の都合と書いておけば問題ありません。 退社するとなると、これまでの思い出なども浮かぶでしょう。 そういった共感を呼ぶエピソードなども込めながら、これまでのお礼の気持ちを伝えると、温かみのある退職メールとなります。 メールの件名はわかりやすいものにする 退職の挨拶メールを送るときは件名で退社を知らせるものだとわかるようにしましょう。 シンプルに「退職のご挨拶」といった感じが良いでしょう。 これまでの社内メールのように、「お疲れ様です」とすると、メールチェックを先延ばしにしてしまい、知っていれば返事をしたかったのに、気づいた時には手遅れだったとなってしまう同僚もいるかもしれません。 退職の挨拶メールを送るのは退職日当日が基本 退社が決まってもすぐに退職を知らせる、挨拶メールを送っていいわけではありません。 退職における挨拶メールは、自分の退職が開示された日から退職日当日までに送ります。 そして多くの方が、退職の挨拶メールは、退職日当日に送っているようです。 また、退職当日のなかでも、定時に近い時間に退職の挨拶メールを送る場合が多いようです。 返事をくれたのに未読になってしまうと申し訳ないですからね。 ただし、中には退職の挨拶メールは業務ではなく、私用に近いものと感じる方もおり、勤務時間内にメールをされるのを嫌だと感じるケースもあるようです。 以前の退職者の前例を参考にしたり、気になるようなら上司や先輩にそれとなく確認するといいでしょう。 取引先への退職挨拶のメールはできるだけ早く送る 社内に向けた退職の挨拶メールは退職日当日に送信する方が多いようですが、自分が担当する取引先への挨拶は社内で開示されたあと、できるだけ早めに送信するようにしましょう。 取引先への退職メールには退職日と後任を明記します。 本来であれば、仕事での付き合いですから、引き継ぎをスムーズにするためにも、後任とともに直接出向いて退職と引き継ぎの挨拶をしたいところです。 しかし、諸事情でできないケースもあるでしょうから、在籍中に必要に応じて連絡ができるように、退職日を明記しましょう。 もし後任が決まっていない場合は、担当部署などの連絡先を明記します。 なお、取引先に転職理由や転職先、個人の連絡先などはコンプライアンスの問題がありますので、メールにのせてはいけません。 例文を参考に、自分なりの要素を加えてメールを作成しましょう。 社内向けの退職挨拶 件名:退職のご挨拶 本文: 各位 お疲れ様です。 このたび、一身上の都合により7月末で退社することになり、 本日が最終出社日となりました。 本来なら直接皆様にご挨拶をすべきところ、 メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中は大変お世話になりました。 仕事で失敗したり悩んだりするたび、皆様から愛情のこもった 叱咤激励のお言葉をかけていただき、本当に感謝しています。 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 私事ですが、一身上の都合により、9月30日をもって退社することとなりました。 在職中はお世話になり、心より御礼申し上げます。 後日改めて神林がご挨拶に伺いますので、変わらぬご指導の程 よろしくお願い申し上げます。 本来であれば、直接ご挨拶すべきところですが メールでのご連絡となりますことをお詫びいたします。 退職挨拶メール作成と同じくらい転職活動に不安がある 退社する退職者への挨拶メールの返信は、書き慣れることはありません。 退職者への返信は、気をつかったり難しく感じたりと、悩むところが多いもの。 退職者からの挨拶メールの返信をするにあたって絶対に盛り込むべき内容とはなんでしょうか。 退職者の挨拶メールの返信で書きたい内容と、退職挨拶への返信メールを書く場合の注意点を見ていきましょう。 例文を参考に、気持ち良い退職者への返信挨拶を作成し、元気に送り出してあげたいものです。 仕事やプライベートを含め、いろいろな形でお世話になってきたのですから、まずはお礼の気持ちは伝えておくべきでしょう。 そして会う機会が極端に減ってしまうのが残念であること、退職者が気持よく退社できるようなエールを盛り込みましょう。 退職者が退職に罪悪感をもたせないような内容を心がける! 退職は悪いことでもネガティブなことでもありません。 退職者からの挨拶メールに対する返信には、暗い内容にならないようにポジティブな事を書き、返事には今後の健闘を祈る言葉をかならずいれるようにしましょう。 退職の挨拶メールへの返信は必須ではない 退職者の挨拶メールの返信に何を書こうか、そもそも退職者に返信すべきなのか迷う人もいるのではないでしょうか それほど親しくない相手からの退職の挨拶メールには、「必ずしも返信する必要はない」はありません。 退職する人は、おそらく大勢の人方に挨拶メールを出していますから、全員から返信が返ってきたら、かえって処理に困るかもしれません。 退社する方と親しかった場合や、個人的に伝えたいことがある場合だけ返信すれば、ビジネスマナー的にもOKです。 退職者からの挨拶メールへの返信例 定年退職編 退社する理由は様々です。 退職者へのメールの返事は、退職の理由によって内容も変えないといけません。 ここでは定年退職による退職の挨拶メールへの返信例をみていきます。 定年退職の場合は、返事の中で長年の労をねぎらう気持ちと、お世話になったことへのお礼を述べるようにしましょう。 定年で退職されるというお話は、以前よりお伺いしておりました。 最初に話を聞いた時は、大変寂しくなりました。 その寂しさは今も変わりませんし、挨拶を頂戴した今、なんとも切ない気持ちです。 本当に長い間、お疲れ様でした。 充実した第二の人生を送られますことを、心よりお祈り申し上げます。 定年退職されても場所を変えこれまでと同じように活躍され セカンドライフを楽しまれるよう心よりお祈り致しております。 退職されてもお身体には十分お気を付け下さい。 これまで本当にありがどうございました。 退職者からの挨拶メールへの返信例 転職編 転職のために退社する退職者への返事はとくにポジティブな内容をこころがけましょう。 ここでは転職による退職者への返信メールを紹介します。 返事で新天地での活躍を祈願する意を述べましょう。 寂しい気持ちでいっぱいです。 そのご恩返しもできていないまま、お見送りしなければならないのは、心苦しい限りです。 本当にありがとうございました。 退職の挨拶メールとその返信どちらもお礼の気持を伝えるのが大事! 以上が、退職するときの挨拶メールの基本と例文、そして退職者から退社の挨拶メールを受け取った側が返信をする際のポイントと例文でした。 返事の内容などに迷った際には、ここで紹介した事を参考にしてください。 退職者されたあとも取引先、社内共に新天地でも仕事をご一緒するケースもありますので暖かみのあるメールを意識しましょう。 あわせてコチラも読みたい.

次の

退職メールへの返信例文!取引先の方へ送る時は?

退職挨拶 返信

退職メールが来たときどうするべき?「退職メール」へのギモン まずは「退職の挨拶メール」が来たときに「ここはどうすればいい?」と悩むポイントについて、疑問を解決していきましょう。 ポイントを知っておけば、メールの返信での失敗もぐっと減らせるはずです! 「退職メールは必ず返信すべき?」相手によってはしなくて問題ないことも 大きな会社であればあるほど、「ほとんど知らない」という人からも退職の挨拶メールが届くことがあり、返信すべきか悩むこともありますよね。 退職の挨拶メールには、必ずしも返信しなければならない、というわけではありません。 しかし、次のいずれかの場合は返信しておきましょう。 自分個人あてにメールが届いた場合• 同じ部署や同僚など、自分と親しい人の場合• 取引先など、退職者の退職後も自社と関係が続く人が退職した場合 もちろん、自分が返信したいと思えば相手が誰でも返信してあげてくださいね。 取引先や同じ会社など、関わりのある人なら間接的でも何らかの世話にはなっているものです。 「お世話になりました」を使うのは不自然ではありません。 退職メールに返信するタイミングって? メールの返信そのものは「メールを読んだらできるだけ早く」しましょう。 これは一般的なメールと同じマナーです。 特に「退職」というデリケートな内容なので、早ければ早いほど、感謝やねぎらい、残念な気持ちも伝わりますし、相手の印象もよくなります。 送った本人も、誰からも返信がなかなか届かないと居心地の悪さや不安を感じてしまうでしょう。 また、送られてきたのが退職日当日の場合、早く返信しないと時間的に間に合わず、せっかく返信したメールを読んでもらえない可能性も高いです。 退職メールに書くべきことは、「ねぎらい」や「感謝の気持ち」です。 凝った文章や模範的な文章でなくても、「お世話になりました、ありがとうございました」という気持ちが伝われば十分です。 逆に、特別親しい間柄ではない場合、次のような話題は避けましょう。 退職理由について• 転職先について• その他プライベートなことについて 退職理由にはデリケートな事情もあり得るので「なぜ退職されてしまうんですか?」などダイレクトに聞いてしまうのはNGです。 理由を伝えたければ、その返信にでも相手が入れてくれるはず。 自分からは聞かないのがマナーです。 退職するという事実に対して残念な気持ちを書くだけにとどめておきましょう。 また、転職が理由で退職するとわかっている場合でも、転職先の企業名などを尋ねるのはNGです。 デリカシーのない人、失礼な人だと思われかねません。 プライベートなことについては、相手との関わり方にもよりますが、退職事情を根掘り葉掘り聞いたり、相手が人に知られたくないようなことを書くのは避けるべし。 それに会社のメールは、社内のPC管理担当者などに見られるおそれもあるのです。 プライベートの深い話は、社内アドレスを使わずプライベートでやりとりするのが無難です。 また、いきなり知らされたとしても「驚きました」くらいにとどめ、「水くさい」「なぜ教えてくれなかったのか」などと書くのもやめましょう。 では、実際にどう書けばいいのか、次の章から例文を紹介していきます。 取引先など「社外の人が退職する場合」の返信メールはこう書こう! もっとも難しいのは、社外の人に対するメールですよね。 何より礼儀やマナーをわきまえた内容でなくてはなりません。 取引先など社外の人から退職メールが届いた場合の返信メールの例文を、ポイントとともに見ていきましょう。 「定年退職する人」への例文と、「それ以外(一般的)の人」の2パターンを用意しました。 まずは一般的な例から。 社外向け:転職など自己都合の退職でオールマイティに使える例文 目上の人や取引先の人には、次のような文面にするのがおすすめです。 〇〇株式会社 〇〇様 平素より大変お世話になっております。 このたびは、お忙しい中ご丁寧なご挨拶をいただき、誠にありがとうございました。 ご退職なされるとのこと、はじめてお伺いし、大変驚いている次第です。 〇〇様にはこれまで本当にお世話になりました。 トラブルが起きたときにはいつも助けていただきましたし、ご無理を聞いてくださったことも多く、感謝の言葉もありません。 ご一緒にお仕事ができなくなるのは誠に残念ではございますが、 〇〇様の今後のさらなるご活躍を、心よりお祈り申し上げます。 またお目にかかる機会がありましたらうれしく存じます。 寒い日が続きますが、どうぞご自愛ください。 ———————— 署名 ———————— 仕事上の具体的なエピソードを加えると、より親しみが出て喜んでもらえますが、相手のところには多数の返信メールが届く可能性が高いです。 長くなりすぎないように気をつけてください。 退職理由を聞いている場合は、「新天地でもきっとご活躍されると確信しています(転職の場合)」「しばらくはゆっくりご静養なさってください(体調不良の場合)」など、軽く触れてもよいでしょう。 〇〇株式会社 〇〇様 平素より大変お世話になっております。 この度は無事ご定年の日を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。 お忙しい中、私にまでご挨拶を頂きありがとうございました。 〇〇様には仕事に対する考え方や人との接し方など沢山の事を教えていただきました。 他社の人間である私にまでご厚情を賜りましたこと、 いくら感謝してもしきれない程でございます。 ご退職は大変寂しくもございますが、今後も充実した日々をお過ごしになることと存じます。 ますますのご健勝をお祈りいたしております。 まだ寒い日が続きそうですので、くれぐれもご自愛くださいませ。 ありがとうございました。 ———————— 署名 ———————— こちらも「この知識が役立った」「勉強になった」「お世話になった」などの具体的なエピソードがあれば加えていきましょう。 退職後の健康を気づかう文章を入れることは大切なポイントですが、「年寄り扱い」と受け取られることのないように気をつけてください。 「ご苦労さまでした」「頑張ってください」なども、年下や目下からでは失礼に受け取られますので避けましょう。 定年を迎える年齢の人には、これまでの功績を称えるような内容と感謝の気持ちを伝えるのがおすすめ。 プライドを傷つけるような文言は厳禁です。 同僚など「社内の人が退職する場合」の返信メールはこう書こう! 続いて、社内での退職メールへの返信の例文を見ていきましょう。 基本的には社外の方への返信と大きく変わる部分はありませんが、同じ会社の人間ということで、やや「身内」のような感覚もあるでしょう。 ですから、社外向けよりは少しくだけた文章でも問題ありません。 退職理由が転職・結婚など一般的に使える返信メール例文 社内で上司から部下に退職挨拶メールを送るケースはあまりないと思うので、ここではより具体的に、離れた部署にいる先輩社員に返すメールの例文を載せておきます。 退職理由は転職と仮定します。 以前から伺ってはいましたが、今日でご退職とのこと、なんだかあっという間だった気がします。 これまで本当におつかれさまでした。 直接お会いする機会はなくて残念でしたが、電話ではいつもお世話になりました。 お忙しいときでも丁寧に対応してくださって、とてもありがたかったです。 新しい会社に行かれても、どうかお元気で、ますますご活躍ください。 本当にありがとうございました。 ———————— 署名 ———————— 仲のよかった人なら、「とうとうこの日が来てしまったんですね」「寂しいです」「残念です」となどの言葉を盛り込んでもOKです。 退職を知らされていなかった場合は、「退職されるなんて今日まで知らなくて、正直まだ実感が湧きません・・・。 」など正直に書いてもかまいません。 ただ「責める」ことにならないよう気をつけましょう。 ただし、結婚や出産を控えている人へのメールには、言葉を選ぶ必要があります。 結婚する女性がすべて出産を望んでいる、または可能なわけではありませんし、妊婦さんでも出産への不安などから神経質になってしまう人がいるからです。 結婚で退職する人に「早く赤ちゃんを」と言うのは、言われる本人にとって精神的な苦痛や大きなプレッシャーとなることも。 妊娠中の人にも「健康な赤ちゃんを」ではなく「元気な赤ちゃんを」としたり、「がんばって」を避けたりといった配慮をしてください。 退職理由が定年退職の人に送る返信メール例文 続いては、社内で定年退職となった人に送るメールの例文です。 目上の人なので敬語など丁寧に書くことは必須ですが、「お仲間」としての親しみも込めるのがおすすめ。 相手によっては、馴れ馴れしい=失礼と感じる人もいるので、普段の関係性に合わせた文面にしましょう。 ここでは、より親しみのある相手への例を挙げておきます。 〇〇さん 〇〇さん、この度ご定年を迎えられたこと、心よりお祝い申し上げます。 長い間、本当におつかれさまでした。 〇〇さんが今年で定年退職されるということは知ってはいたものの、 いざその日が来てしまうと、やはり寂しい気持ちでいっぱいです。 いつもご親切にしていただき、またご指導をいただき、誠にありがとうございました。 飲みの席にもよく連れて行ってくださって、楽しかったですし、いろいろと勉強にもなりました。 ご退職後は趣味のご旅行を満喫されるのでしょうか? 〇〇さんのことですから、新たなご活躍の場もいくらでもありそうです。 よろしければ、またオフィスへも遊びにいらしてください。 寒い日が続きますが、お身体にはくれぐれもお気をつけくださいね。 ありがとうございました。 ———————— 署名 ———————— 親しい間柄なら、プライベートな話題を出したり、退職後の付き合いについて触れたりするのもよいでしょう。 気をつけるべき言い回しや、退職する人に贈るメッセージについては、こちらの記事もせひ参考にしてください。

次の

転職する方からの挨拶メールへ返信|例文を活用して快く送り出してあげよう

退職挨拶 返信

相手のことを気遣って、退職の挨拶メールにはできるだけ早く返信しましょう。 社内の人からの退職の挨拶メールは、知らない人からも一斉メールで届くことがあります。 このような場合は、返信した方がよいのか悩むところです。 基本的には、 社内の人から個人宛に退職の挨拶メールが届いた場合は必ず返信します。 そのほか、 個人的に親しくしている人や、お世話になった人には返信するのがよいでしょう。 取引先の人から個人宛に届いた場合も、必ず返信します。 また、今後も企業間の関係が続く場合は、返信した方がよいでしょう。 退職の挨拶メール2:出来るだけ早く返信する 社内の人の場合は、退職する日に挨拶メールを送ることも多いため、退職後に届いたメールは当然読まれない恐れがあります。 退職の挨拶メールが届いたら、すぐに返信するよう心がけましょう。 社外の人からは、多少の余裕を持って挨拶メールを送ってくる場合が多いですが、引継ぎなどで忙しくしている可能性もあります。 相手のことを気遣って、退職の挨拶メールにはできるだけ早く返信しましょう。 退職の挨拶メール3:「退職理由」「転職先」はむやみに聞かない 人によって退職理由には、聞かれたくないことや詮索されたくないことがあります。 差出人が、退職の理由や次の所属先を記載していなかった場合は、むやみに聞き出すことは控えた方が無難です。 退職理由が気になる場合でも、相手のプライベートなことには触れず今後を気遣う言葉で気持ちを伝えましょう。 このたびはご丁寧に退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 長きにわたり弊社にご尽力いただいたこと、感謝申し上げます。 くれぐれもお体に気をつけてください。 退職の挨拶メールが届いたら、返信のポイントと文例を参考に、これまでお世話になったことへの感謝の気持ちを伝えてみてください。 【関連記事】•

次の