数字 おもちゃ。 時計の知育玩具とは?数字やパズルのおもちゃおすすめ商品10選|cozre[コズレ]子育てマガジン

【楽天市場】送料無料 知育玩具 数 数字 布 おもちゃ 3歳 4歳 5歳 子供 誕生日プレゼント 誕生日 男の子 男 女の子 女 スマイルキッズ カウンティングタペストリー 知育玩具3才 子ども オモチャ ギフト 玩具

数字 おもちゃ

0歳の赤ちゃんも遊べる!手作りビーズ棒 ビーズ棒とは、大きめのプラスチックビーズやウッドビーズをゴムでつないで作る棒です。 0歳の赤ちゃんも使える知育玩具で、材料は100均で揃えられます。 100均で揃う!ビーズ棒の材料• 直径1cm前後の大きめのビーズ• クラフト用の細いゴム紐• ハサミ ビーズ棒の作り方• ビーズ1個にゴム紐を通して、 解けないようにしっかり結びます。 残りのビーズを通し終わったら、また紐の端を結んで完成です。 ゴムが解けると誤飲事故につながりますので、引っ張りながらしっかりと結びましょう。 今回は大きめのウッドビーズを使ったため5個にしましたが、10個つなげて長いタイプを作っても良いですし、5個タイプの場合も「1と4」や「2と3」など色を変えて作っても良いです。 ビーズ棒の使い方と効果 手作りしたビーズ棒は、引っ張ったり、ミルク缶などに入れて棒落としをしたり、おままごとの具に使ったりと色々な遊びに使えます。 まずはこういった遊びから、ビーズ棒を使うことに慣らしていきましょう。 ビーズ10個で1個のビーズ棒を作る場合、ビーズの色を変えて「1と9」「2と8」「3と7」「4と6」「5と5」の組み合わせを作りましょう。 2個ずつ色を変えれば「2、4、6、8」と2個飛びで数の概念を学べます。 赤ちゃんや幼児がビーズ棒を引っ張って遊ぶと、指先でつまむのが上手になり手先を器用に動かす訓練になります。 またママが声を出しながら数えることによって、 視覚と聴覚の両方で数字を感じられるので知育の効果が高まります。 4~5歳から遊べる!100玉そろばん 数を学べる知育玩具の定番とも言えるのが「100玉そろばん」です。 100玉そろばんとは、玉が一段に10個、それが10段ついていて、全部で100個の玉を使って 子供が数字を視覚的に覚えられる知育玩具です。 4~5歳から、小学校入学後も使えます。 お手軽!100玉そろばんの材料• ダンボール• 手芸用ワイヤー(サイズ#31)• ビーズ(直径約0. 布ガムテープとマスキングテープ• ハサミとカッター• 鉛筆と消しゴム• ビーズは100均のものを使いました。 100玉そろばんの作り方• ダンボールの左側に穴を開ける位置を下書きします。 今回は横幅18cmで作ります。 端を少し開けてから写真のように縦1. 3cm間隔で10個ずつ印をつけたら、目打ちで穴を開けましょう。 ダンボールの裏からワイヤーを通し、2色のビーズを5個ずつ計10個通します。 今回は太めのものを使いましたが、真っすぐ張るのが難しいのでビーズ用の細いワイヤーをおすすめします。 2段通したら、裏側でワイヤーをできるだけピンと張るようによくねじって留めます。 5段目まで通したら、ビーズの色の順番を反対にして10段全てにワイヤーとビーズを通します。 裏のワイヤーを隠すようにダンボールの左右を裏側にたたみ、ガムテープで留めたらマスキングテープで飾って完成!緩んできたワイヤーを調整するために、裏は開閉が楽になるように留めましょう。 100玉そろばんを赤ちゃん用にアレンジ 赤ちゃん用の100玉そろばんを手作りする場合は、花や星型など様々な形や色のビーズを使うものもおすすめです。 ビーズの形を変えると動かすのが少し難しくなることもありますが、 指先の良いトレーニングになります。 赤ちゃん用なので、段数は5段くらいと少なめでも問題ありません。 写真のように空き容器に穴を開け、ゴム紐を通して作ってみましょう。 手作り100玉そろばんの使い方 手作りの100玉そろばんが完成したら、上手に使って知育に活かしましょう。 幼児と小学生の場合の上手な使い方を見ていくことにしましょう。 幼児の場合 最初は自由に触らせながら遊ばせます。 慣れてきたら、少しずつ数を教えていきましょう。 玉を全て右に寄せ、1個ずつ玉を左に移動させながら1から10まで子供と一緒に数えましょう。 10までいったら1個ずつ減らして1まで数えます。 次は2個ずつ玉を動かします。 2、4、6と20まで数えます。 それができたら、次は5個ずつ50まで、10個ずつ100まで数えます。 さらにステップアップして、写真のように上の段から1、2、3と玉を階段状にして『数字の階段』を作ります。 その後は9、8、7と逆の数字の階段を作ります。 『数字の階段』が分かったら、5の数の合成と分解にチャレンジ!5段まで階段を作り、「1と4で5」「2と3で5」と言いながら、写真のように5個の玉を真ん中に集めていきます。 5段目(5と0で5)までいったら、今度は分解です。 「5は1と4」と言いながら最初の階段の形に戻していきます。 5の数の合成・分解に慣れたら、10の合成・分解をしてみましょう。 算数クイズで遊ぼう! 数字が分かってきたところで、「12は?」「36は?」などの問題を出し、クイズ形式で楽しみましょう。 親が言った数字を子供に100玉そろばんを使って示してもらったり、100玉そろばんで示した数字を子供に当ててもらったり、飽きないように工夫しながら遊んでみてください。 子供が興味を持ちながら楽しめそうであれば、簡単な足し算や引き算を出題してみるのも良いでしょう。 小学生の場合 入学後に算数の授業で計算問題を解くようになると、100玉そろばんはますます活躍します。 小学生で初めて100玉そろばんを使う場合は、最初に玉を動かしながら数えたり、 足し算や引き算の繰り上がり・繰り下がりの基本になる数字の合成・分解したりすることをおすすめします。 大きな数を覚える時にも、100玉そろばんが役立ちます。 千の数の理解には、玉1個を10として使います。 すると1段が100になり、10段で1000になります。 万なら玉1個を100として使いましょう。 小学2年生になると学校で九九を習いますので、1段ずつ玉を動かして暗唱してもらいましょう。 例えば3の段なら一番上の段から一番下の段まで、3個ずつ写真のように玉を左に動かしながら暗唱していきます。 すると、九九の数字と一緒に数の大きさもイメージできます。 リズミカルにやるのがコツ! 100玉そろばんを使った九九遊びは、算数の授業で九九を習い始めたけれど、なかなか覚えられない時におすすめです。 九九の暗唱はしっかりと声に出して、リズムよくやるとスムーズに覚えられます。 算数が得意になる!100玉そろばんの効果 よく「子供の頃にそろばんを習った人は、頭の中にそろばんがあって計算も素早くできる」といいます。 習い事として根強い人気を誇るそろばんですが、習い始める前から遊び感覚でできる100玉そろばんに触れておくと、数の概念を理解しやすくなります。 また小さい頃から手作りおもちゃのそろばんで数字に慣れていると、就学後の算数学習にも役立ちます。 100玉そろばんには、主に以下のような効果があると言われています。 市販のおすすめ100玉そろばん 手作りの数字おもちゃで試してもっと本格的なものを使いたくなった場合は、丈夫な市販品を購入するのもおすすめです。 100玉そろばんには大きく分けると、玉の色が5個ずつ変わっているタイプと1段ずつ色が変わっているタイプがあります。 手作りより丈夫ですし、テキストが付いているなど色々工夫されています。 ただし選ぶ際に気をつけなければいけないのは、 横のバーの長さ。 玉を左右に分けた時に真ん中で玉が重なってしまうと分かりにくくなるため、 しっかり幅を取ってあるものを選びましょう。 赤と黄色の玉が5個ずつ5段並び、6段目からは色が逆になり黄色と赤の玉が5段並んでいます。 5段で色を切り替えることにより5のかたまりを意識できるように作られています。 練習帳も付いています。 木製100だまそろばん 学研 4,000円+税 赤や青、黄色など1段ずつ色が変わっているカラフルな100玉そろばんです。 おけいこシートやドリル、数字・イラストカード、カードホルダー、ガイドブックと付属品が充実しているのが特徴です。 背板のシートを差し替えれば、足し算・引き算の操作がひと目でわかります。 七田式百玉そろばん しちだ・教育研究所 3,600円+税 幼児教育で有名な七田式のそろばんです。 10個ずつ1段ごとにカラフルな玉が並んでいます。 背板にはイラストと数が書いてあります。 他の商品は対象年齢が3歳からとされているものが多いですが、こちらは対象年齢1歳~となっています。 手作り数字おもちゃで遊ばせる際の注意点 今回紹介した手作りの数字おもちゃは、プラスチックビーズやウッドビーズ、ゴム紐などを使っています。 これらは、乳幼児の 誤飲事故などが起こる恐れがある材料。 乳幼児に遊ばせる際は、側にいる大人の注意が必要です。

次の

数字・計算系のおすすめ知育玩具まとめ

数字 おもちゃ

0歳の赤ちゃんも遊べる!手作りビーズ棒 ビーズ棒とは、大きめのプラスチックビーズやウッドビーズをゴムでつないで作る棒です。 0歳の赤ちゃんも使える知育玩具で、材料は100均で揃えられます。 100均で揃う!ビーズ棒の材料• 直径1cm前後の大きめのビーズ• クラフト用の細いゴム紐• ハサミ ビーズ棒の作り方• ビーズ1個にゴム紐を通して、 解けないようにしっかり結びます。 残りのビーズを通し終わったら、また紐の端を結んで完成です。 ゴムが解けると誤飲事故につながりますので、引っ張りながらしっかりと結びましょう。 今回は大きめのウッドビーズを使ったため5個にしましたが、10個つなげて長いタイプを作っても良いですし、5個タイプの場合も「1と4」や「2と3」など色を変えて作っても良いです。 ビーズ棒の使い方と効果 手作りしたビーズ棒は、引っ張ったり、ミルク缶などに入れて棒落としをしたり、おままごとの具に使ったりと色々な遊びに使えます。 まずはこういった遊びから、ビーズ棒を使うことに慣らしていきましょう。 ビーズ10個で1個のビーズ棒を作る場合、ビーズの色を変えて「1と9」「2と8」「3と7」「4と6」「5と5」の組み合わせを作りましょう。 2個ずつ色を変えれば「2、4、6、8」と2個飛びで数の概念を学べます。 赤ちゃんや幼児がビーズ棒を引っ張って遊ぶと、指先でつまむのが上手になり手先を器用に動かす訓練になります。 またママが声を出しながら数えることによって、 視覚と聴覚の両方で数字を感じられるので知育の効果が高まります。 4~5歳から遊べる!100玉そろばん 数を学べる知育玩具の定番とも言えるのが「100玉そろばん」です。 100玉そろばんとは、玉が一段に10個、それが10段ついていて、全部で100個の玉を使って 子供が数字を視覚的に覚えられる知育玩具です。 4~5歳から、小学校入学後も使えます。 お手軽!100玉そろばんの材料• ダンボール• 手芸用ワイヤー(サイズ#31)• ビーズ(直径約0. 布ガムテープとマスキングテープ• ハサミとカッター• 鉛筆と消しゴム• ビーズは100均のものを使いました。 100玉そろばんの作り方• ダンボールの左側に穴を開ける位置を下書きします。 今回は横幅18cmで作ります。 端を少し開けてから写真のように縦1. 3cm間隔で10個ずつ印をつけたら、目打ちで穴を開けましょう。 ダンボールの裏からワイヤーを通し、2色のビーズを5個ずつ計10個通します。 今回は太めのものを使いましたが、真っすぐ張るのが難しいのでビーズ用の細いワイヤーをおすすめします。 2段通したら、裏側でワイヤーをできるだけピンと張るようによくねじって留めます。 5段目まで通したら、ビーズの色の順番を反対にして10段全てにワイヤーとビーズを通します。 裏のワイヤーを隠すようにダンボールの左右を裏側にたたみ、ガムテープで留めたらマスキングテープで飾って完成!緩んできたワイヤーを調整するために、裏は開閉が楽になるように留めましょう。 100玉そろばんを赤ちゃん用にアレンジ 赤ちゃん用の100玉そろばんを手作りする場合は、花や星型など様々な形や色のビーズを使うものもおすすめです。 ビーズの形を変えると動かすのが少し難しくなることもありますが、 指先の良いトレーニングになります。 赤ちゃん用なので、段数は5段くらいと少なめでも問題ありません。 写真のように空き容器に穴を開け、ゴム紐を通して作ってみましょう。 手作り100玉そろばんの使い方 手作りの100玉そろばんが完成したら、上手に使って知育に活かしましょう。 幼児と小学生の場合の上手な使い方を見ていくことにしましょう。 幼児の場合 最初は自由に触らせながら遊ばせます。 慣れてきたら、少しずつ数を教えていきましょう。 玉を全て右に寄せ、1個ずつ玉を左に移動させながら1から10まで子供と一緒に数えましょう。 10までいったら1個ずつ減らして1まで数えます。 次は2個ずつ玉を動かします。 2、4、6と20まで数えます。 それができたら、次は5個ずつ50まで、10個ずつ100まで数えます。 さらにステップアップして、写真のように上の段から1、2、3と玉を階段状にして『数字の階段』を作ります。 その後は9、8、7と逆の数字の階段を作ります。 『数字の階段』が分かったら、5の数の合成と分解にチャレンジ!5段まで階段を作り、「1と4で5」「2と3で5」と言いながら、写真のように5個の玉を真ん中に集めていきます。 5段目(5と0で5)までいったら、今度は分解です。 「5は1と4」と言いながら最初の階段の形に戻していきます。 5の数の合成・分解に慣れたら、10の合成・分解をしてみましょう。 算数クイズで遊ぼう! 数字が分かってきたところで、「12は?」「36は?」などの問題を出し、クイズ形式で楽しみましょう。 親が言った数字を子供に100玉そろばんを使って示してもらったり、100玉そろばんで示した数字を子供に当ててもらったり、飽きないように工夫しながら遊んでみてください。 子供が興味を持ちながら楽しめそうであれば、簡単な足し算や引き算を出題してみるのも良いでしょう。 小学生の場合 入学後に算数の授業で計算問題を解くようになると、100玉そろばんはますます活躍します。 小学生で初めて100玉そろばんを使う場合は、最初に玉を動かしながら数えたり、 足し算や引き算の繰り上がり・繰り下がりの基本になる数字の合成・分解したりすることをおすすめします。 大きな数を覚える時にも、100玉そろばんが役立ちます。 千の数の理解には、玉1個を10として使います。 すると1段が100になり、10段で1000になります。 万なら玉1個を100として使いましょう。 小学2年生になると学校で九九を習いますので、1段ずつ玉を動かして暗唱してもらいましょう。 例えば3の段なら一番上の段から一番下の段まで、3個ずつ写真のように玉を左に動かしながら暗唱していきます。 すると、九九の数字と一緒に数の大きさもイメージできます。 リズミカルにやるのがコツ! 100玉そろばんを使った九九遊びは、算数の授業で九九を習い始めたけれど、なかなか覚えられない時におすすめです。 九九の暗唱はしっかりと声に出して、リズムよくやるとスムーズに覚えられます。 算数が得意になる!100玉そろばんの効果 よく「子供の頃にそろばんを習った人は、頭の中にそろばんがあって計算も素早くできる」といいます。 習い事として根強い人気を誇るそろばんですが、習い始める前から遊び感覚でできる100玉そろばんに触れておくと、数の概念を理解しやすくなります。 また小さい頃から手作りおもちゃのそろばんで数字に慣れていると、就学後の算数学習にも役立ちます。 100玉そろばんには、主に以下のような効果があると言われています。 市販のおすすめ100玉そろばん 手作りの数字おもちゃで試してもっと本格的なものを使いたくなった場合は、丈夫な市販品を購入するのもおすすめです。 100玉そろばんには大きく分けると、玉の色が5個ずつ変わっているタイプと1段ずつ色が変わっているタイプがあります。 手作りより丈夫ですし、テキストが付いているなど色々工夫されています。 ただし選ぶ際に気をつけなければいけないのは、 横のバーの長さ。 玉を左右に分けた時に真ん中で玉が重なってしまうと分かりにくくなるため、 しっかり幅を取ってあるものを選びましょう。 赤と黄色の玉が5個ずつ5段並び、6段目からは色が逆になり黄色と赤の玉が5段並んでいます。 5段で色を切り替えることにより5のかたまりを意識できるように作られています。 練習帳も付いています。 木製100だまそろばん 学研 4,000円+税 赤や青、黄色など1段ずつ色が変わっているカラフルな100玉そろばんです。 おけいこシートやドリル、数字・イラストカード、カードホルダー、ガイドブックと付属品が充実しているのが特徴です。 背板のシートを差し替えれば、足し算・引き算の操作がひと目でわかります。 七田式百玉そろばん しちだ・教育研究所 3,600円+税 幼児教育で有名な七田式のそろばんです。 10個ずつ1段ごとにカラフルな玉が並んでいます。 背板にはイラストと数が書いてあります。 他の商品は対象年齢が3歳からとされているものが多いですが、こちらは対象年齢1歳~となっています。 手作り数字おもちゃで遊ばせる際の注意点 今回紹介した手作りの数字おもちゃは、プラスチックビーズやウッドビーズ、ゴム紐などを使っています。 これらは、乳幼児の 誤飲事故などが起こる恐れがある材料。 乳幼児に遊ばせる際は、側にいる大人の注意が必要です。

次の

時計の知育玩具とは?数字やパズルのおもちゃおすすめ商品10選|cozre[コズレ]子育てマガジン

数字 おもちゃ

子どもに高価なおもちゃを買い与えても、すぐに飽きてしまい無駄になってしまった経験はありませんか? 子どもは、身近なものほど興味を持ちやすいもの。 そこで今回は、布やフェルト、木材など100均でそろう身近なアイテムを使った「手作りおもちゃ」のアイデアをインスタグラムの写真から紹介します。 材料はすべて100均! 簡単「手作りおもちゃ」 トミカタウン ペンキを塗ったコルクボードに、100円ショップで購入した芝生や小物を接着剤で貼り付けて作った「トミカタウン」。 トミカを走らせて遊べるのはもちろん、これならお片付けも楽しみながらできますね。 トミカ収納&車庫 100円ショップで販売されている木材の収納ケースを利用して作った「トミカ車庫」。 救急車が格納されたスロープ付きの病院や、パトカーが並んだ警察署など、どれも本格的! こちらもお片付けが楽しくなりそうなアイデアですね。 パターンボード こちらは、 100円ショップで販売されている「パンチングボード」と「ダボ」を使って輪ゴムを引っ掛けて遊ぶ「パターンボード」を作るアイデアです。 輪ゴムを引っ掛けるだけのシンプルな遊びですが、さまざまな形を作ることで創造性が養われるほか、図形の理解にも繋がります。 また、弾力性のある輪ゴムを引っ掛けるには力がいるので、指先をたくさん使って遊べそうですね。 パターンボードは、さまざまな材料でアレンジ可能です。 好きな大きさの板やコルクボードに、画びょうや釘を打って作ることもできますね。 遊ぶときはカラフルな輪ゴムを用意すると、子どもの創造力がより広がりそうですね。 タングラム&クーゲルバーン&黒板 100円ショップのコルクボードが3つのおもちゃに変身! 黒板塗料を塗った「ブラックボード」にお絵かきができるほか、木の板を貼り付けて作った「クーゲルバーン」では、ボールやミニカーなどを転がして遊べます。 マグネットシートを三角や四角に切って作った「タングラム」も、ぜひ真似したいですね。 これだけのおもちゃをリーズナブルに揃えられるアイデアに脱帽です! ぽっとん落とし こちらは手作りとは言えませんが、 100均の調味料ボトルにフェルトボールを入れて遊ぶアイデア。 指先をたくさん動かして遊ばせたい赤ちゃんにピッタリですね。 幼児には、同じ道具を使った「お箸の練習」がオススメ。 保育士さんが作ったこちらのおもちゃは、切り込みを入れたタッパーの蓋に札を入れていくといういもの。 札を入れるための隙間は、どの角度でも入れられるものと、札をしっかり縦にしないと入らないものの2パターン用意するなど工夫されているそう。 カラフルな札にはフルーツのシールを貼って、発語やコミュニケーションを促す仕掛けも満載。 おもちゃ一つで何通りもの遊び方ができそうなアイデアは、さすがの一言です! ボタンかけ 人気絵本「はらぺこあおむし」をモチーフに作られたこちらのおもちゃは、ボタンかけの練習ができる知育玩具です。 「ボタンかけ」は入園前に覚えておきたいものの一つ。 遊びながら手軽に練習できるおもちゃがあると便利ですね。 布絵本 100円ショップで販売されているカラフルな「フェルト」を使って、布絵本を作る人が続出中! ファスナーや毛糸、ボタン、ビーズなどを使って、指先をたくさん動かして遊べる仕掛けが満載です。 人形遊びポーチ たくさんの布を縫い合わせて作られたポーチは、開くとまるで家の中のようなつくりに。 布団型のポケットに人形を入れるなどして、「人形遊び」が楽しめます。 ポーチになっているので、外出時に持ち歩けるおもちゃとしても重宝しそうですね。 アニメ玩具 「プリキュア」や「仮面ライダー」など、子どもに人気のアニメ玩具を手作りする人が急増中! こちらは、今年2月まで放送されていた「キラキラ プリキュアアラモード」のプリキュアおもちゃを手作りしたもの。 本物の泡立て器を土台に作った「サウンド泡立て器」をはじめ、プラ板やレジンなどを駆使して、 「パルフェレインボーリボン」や「キャンディロッド」などのプリキュアアイテムを全て100均材料で製作しています。 レジスター こちらも材料を全て100円ショップで揃えて作ったお店屋さんごっこが楽しめる「レジスター」です。 バーコードリーダーの中にキッチンタイマーを仕込んで、商品に当てると「ピッ!」と音が鳴る仕掛けに。 ままごと用の「お金」も100均で購入できますが、 お札を木札で作るという一工夫も。 これなら、ぐしゃぐしゃにしてしまう心配もないですね。 ままごとキッチン 本格的なおままごとが楽しめる「ままごとキッチン」は、段ボールに100均のリメイクシートを貼って作ったもの。 ぜひ記事を参考に、おもちゃの手作りに挑戦してみてくださいね。

次の