グローバル ハイ クオリティ。 ハイクオリティ成長株式ファンド「未来の世界」、ESGを加味した新ファンドの魅力を聞く

投資信託 グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)/マネックス証券

グローバル ハイ クオリティ

グローバルAIファンドの基本情報 投資対象は? まずグローバルAIファンドの投資対象は、AI 人口知能 の 進化、応用により高い成長が期待される企業の株式です。 もう少し具体的な分野で見てみると、ロボティクス、IoT、 フィンテックの各分野でAIとの連携により大きな発展が 見込まれています。 注意しておいてほしいのは、AIが銘柄選定や運用を行う わけではなく、AI関連銘柄に投資をしていくファンドで あるという点です。 現在は65銘柄に投資をしており、1位のロクはTVストリーミング・ プラットフォームを運営しています。 2位のスラック・テクノロジーズはビジネスチャットのSlackが 有名な企業です。 3位のクラウドストライク・ホールディングスはクラウドベース のエンドポイント保護プラットフォームを提供するサイバー セキュリティ企業です。 純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた 資金の総額だと思ってください。 ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄 を入れ替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少 していると、ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬ マイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき ポイントの1つです。 グローバルAIファンドの純資産総額は現在、約1,600億円 となっており、2018年以降、資金が流出していますが、 未だ1000億円以上の巨大ファンドとなっています。 そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より 高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資 判断をしなければなりません。 グローバルAIファンドの実質コストは2. 購入時手数料 3. 参考にしてください。 このあたりはさすが米国株といった ところでしょうか。 ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか? もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。 標準偏差は? 標準偏差は基準価額の変動幅の大きさを比較するときに 役立ちます。 グローバルAIファンドの標準偏差は平常時で20くらいなの で、コロナショックの影響で少し上昇した程度にとどまって います。 RIETなどは2倍くらいに跳ね上がっていたりするので、 標準偏差をみれば、急落相場に強いか弱いか一目でわかりますね。 標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか? まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。 標準偏差 %ランク 1年 25. テーマ型ファンドは息が短いものも多いですが、グローバル AIファンドはしっかりプラスを出しています。 パフォーマンスで拮抗している時期もありますが、直近 ではグローバルAIファンドがパフォーマンスで大きな 差をつけています。 直近のパフォーマンスを見ると、為替リスクをとったほう が有利に働いていたので、大きく差をつけて為替ヘッジ無 がパフォーマンスで勝っています。 しかし、将来的に為替がどうなるのかを予測することは 非常に難しく、どちらがおすすめというのは正直難しい です。 ですので、為替の変動の影響を受けるのがどうしても嫌 という人は為替ヘッジ有を選択し、わからないという人は 為替ヘッジ無しを選んでおけばよいでしょう。 最大下落率は? グローバルAIファンドへの投資を検討するのであれば、 どの程度下落する可能性があるのかは知っておきたい ところです。 標準偏差からある程度の変動範囲は予測できますが、過去に実際に どの程度下落したのかを確認しておいたほうがよいでしょう。 39%となっています。 こう見ると、コロナショックよりも2018年末のほうがダメージが 大きかったことがわかります。 最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。 しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を 限りなく低くすることが可能です。 資金が流入しているということは、それだけグローバルAIファンドを 購入している人が多いということなので、評判がいいということです。 グローバルAIファンドは2016年10月の新規設定から4カ月で2500億円 ほど資金が流入しました。 2019年に入ってからはパフォーマンスがそこまで優れないこともあり、 資金の流出額が大きくなってきています。 もちろん直接ファンドマネージャーにお会いして話が聞ける人は いいですが、そうでない人が大半です。 そのようなときに、どういった点を見るべきかというと、長期の 運用実績があるファンドについては、長期の運用実績が参考に なります。 (ファンドマネジャーが変わっていない場合) 一方で、そこまで長期の運用実績がない場合は別の方法で 確認できます。 それは相場が大きく下落したときに、下落幅を抑えられているかと、 そのあとどれくらい早く下落前の水準まで戻せているかです。 そういう点で見ると、コロナショックでは大きく下落しましたが、 低コストのインデックスファンドよりも戻しが早く、うまく 運用ができていると言えます。 これは、銘柄選定がうまく行っている証拠であり、今後似た ような相場が来たときでも、また同じように数か月で回復 できる可能性が高いということです。 そのファンドのパフォーマンスを上回っているグローバルAIファンド は十分に投資する価値があると思います。

次の

投資信託のモーニングスター|スナップショット[G・ハイクオリティ成長株式F(H無)]

グローバル ハイ クオリティ

グローバルAIファンドの基本情報 投資対象は? まずグローバルAIファンドの投資対象は、AI 人口知能 の 進化、応用により高い成長が期待される企業の株式です。 もう少し具体的な分野で見てみると、ロボティクス、IoT、 フィンテックの各分野でAIとの連携により大きな発展が 見込まれています。 注意しておいてほしいのは、AIが銘柄選定や運用を行う わけではなく、AI関連銘柄に投資をしていくファンドで あるという点です。 現在は65銘柄に投資をしており、1位のロクはTVストリーミング・ プラットフォームを運営しています。 2位のスラック・テクノロジーズはビジネスチャットのSlackが 有名な企業です。 3位のクラウドストライク・ホールディングスはクラウドベース のエンドポイント保護プラットフォームを提供するサイバー セキュリティ企業です。 純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた 資金の総額だと思ってください。 ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄 を入れ替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少 していると、ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬ マイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき ポイントの1つです。 グローバルAIファンドの純資産総額は現在、約1,600億円 となっており、2018年以降、資金が流出していますが、 未だ1000億円以上の巨大ファンドとなっています。 そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より 高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資 判断をしなければなりません。 グローバルAIファンドの実質コストは2. 購入時手数料 3. 参考にしてください。 このあたりはさすが米国株といった ところでしょうか。 ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか? もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。 標準偏差は? 標準偏差は基準価額の変動幅の大きさを比較するときに 役立ちます。 グローバルAIファンドの標準偏差は平常時で20くらいなの で、コロナショックの影響で少し上昇した程度にとどまって います。 RIETなどは2倍くらいに跳ね上がっていたりするので、 標準偏差をみれば、急落相場に強いか弱いか一目でわかりますね。 標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか? まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。 標準偏差 %ランク 1年 25. テーマ型ファンドは息が短いものも多いですが、グローバル AIファンドはしっかりプラスを出しています。 パフォーマンスで拮抗している時期もありますが、直近 ではグローバルAIファンドがパフォーマンスで大きな 差をつけています。 直近のパフォーマンスを見ると、為替リスクをとったほう が有利に働いていたので、大きく差をつけて為替ヘッジ無 がパフォーマンスで勝っています。 しかし、将来的に為替がどうなるのかを予測することは 非常に難しく、どちらがおすすめというのは正直難しい です。 ですので、為替の変動の影響を受けるのがどうしても嫌 という人は為替ヘッジ有を選択し、わからないという人は 為替ヘッジ無しを選んでおけばよいでしょう。 最大下落率は? グローバルAIファンドへの投資を検討するのであれば、 どの程度下落する可能性があるのかは知っておきたい ところです。 標準偏差からある程度の変動範囲は予測できますが、過去に実際に どの程度下落したのかを確認しておいたほうがよいでしょう。 39%となっています。 こう見ると、コロナショックよりも2018年末のほうがダメージが 大きかったことがわかります。 最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。 しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を 限りなく低くすることが可能です。 資金が流入しているということは、それだけグローバルAIファンドを 購入している人が多いということなので、評判がいいということです。 グローバルAIファンドは2016年10月の新規設定から4カ月で2500億円 ほど資金が流入しました。 2019年に入ってからはパフォーマンスがそこまで優れないこともあり、 資金の流出額が大きくなってきています。 もちろん直接ファンドマネージャーにお会いして話が聞ける人は いいですが、そうでない人が大半です。 そのようなときに、どういった点を見るべきかというと、長期の 運用実績があるファンドについては、長期の運用実績が参考に なります。 (ファンドマネジャーが変わっていない場合) 一方で、そこまで長期の運用実績がない場合は別の方法で 確認できます。 それは相場が大きく下落したときに、下落幅を抑えられているかと、 そのあとどれくらい早く下落前の水準まで戻せているかです。 そういう点で見ると、コロナショックでは大きく下落しましたが、 低コストのインデックスファンドよりも戻しが早く、うまく 運用ができていると言えます。 これは、銘柄選定がうまく行っている証拠であり、今後似た ような相場が来たときでも、また同じように数か月で回復 できる可能性が高いということです。 そのファンドのパフォーマンスを上回っているグローバルAIファンド は十分に投資する価値があると思います。

次の

グローバル・ハイクオリティ成長株式F(為替ヘッジなし):投資信託

グローバル ハイ クオリティ

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド『未来の世界』の基本情報 投資対象は? まず未来の世界の投資対象は、持続可能な優位性を有し、 高い利益成長が期待されるハイクオリティ企業です。 現在の組入銘柄は 36銘柄となっており、上位5社は以下のようになっています。 1位のマスターカード、3位のアマゾン、5位のアルファベットは 誰もが知る有名企業ですので、説明は省きます。 2位のTAL EDUCATIONもよく目にする銘柄ですが、中国で 理数系を中心とした教育サービスを提供しています。 4位のDSVはデンマークに本社がある運輸会社でスカンジ ナビア地域において空運・海運で高いシェアを誇っています。 人によっては銘柄を絞り込みすぎて不安に思う方もいるかも しれませんが、私は逆に自信の表れだと思っていますので、 銘柄を絞り込むファンドは好きですね。 モルガン・スタンレー・インベストメントは1975年に設立 され、世界20か国で、株式・債券等の伝統的資産運用を 世界の投資家に提供しています。 純資産総額は? 未来の世界の純資産総額はどうなっているか見てみましょう。 純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた 資金の総額だと思ってください。 ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を 入れ替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少 していると、ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬ マイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき ポイントの1つです。 未来の世界の現在の純資産総額は約4300億円となっており、 着実に純資産総額を伸ばしています。 パフォーマンスも好調なので、当然の結果ですね。 そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より 高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資 判断をしなければなりません。 グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド『未来の世界』の 実質コストは1. 購入時手数料 3. 参考にしてください。 グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド『未来の世界』の評価分析 基準価格をどう見る? グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド『未来の世界』 の現在の基準価額は19,000円程度です。 多くのファンドが2018年10月末に大きく下落して以来、 元の水準まで戻すことができていない中で、未来の世界は あっさりと高値を更新しています。 あとから利回りの評価もしますが、非常に素晴らしい運用が できていると言えますね。 文句のつけようがないパフォーマンス ですね。 ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解して いますか? もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。 平均利回り %ランク 1年 20. 標準偏差は? グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド『未来の世界』の 標準偏差はカテゴリー内で平均的な水準です。 標準偏差自体は先進国株式や、国内株式とほぼ変わりませんが、 パフォーマンスは圧倒しています。 標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じで しょうか? まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて くださいね。 標準偏差 %ランク 1年 17. 2018年はマイナスのリターンではあるものの、多くの ファンドが2桁の下落を見せる中で、健闘していたと 言えます。 マイナスを小さくし、リターンを大きく大きくという まさにお手本のような運用ができています。 年間利回り 2019年 18. 今回は、グローバル株式ファンドとして人気の高いと比較をしてみました。 結果は『未来の世界』の圧勝です。 これくらい差がつくと、 心置きなく、未来の世界を選択できますね。 そこで過去の最大下落率を見てみましょう。 確かに大きな下落幅ではありますが、上述のとおり、長期で 保有していれば、圧倒的なパフォーマンスが期待できます。 事前にどの程度下落するかを把握しておけば、大きな下落相場が 来ても、すぐに売却してしまわずに保有を続けることができる はずです。 最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかも しれません。 しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの 可能性を限りなく低くすることが可能です。 資金が流入しているということは、それだけこのファンドを購入 している人が多いということなので、評判がいいということです。 グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド『未来の世界』は 2016年10月の新規設定以来、毎月資金が流入していました。 しかし、2019年に入り、資金の流出が起きる月もあります。 これだけのパフォーマンスなので、保有を続けるべきだと 思いますが、もったいないですね。 もちろん直接ファンドマネージャーにお会いして話が聞ける人は いいですが、そうでない人が大半です。 そのようなときに、どういった点を見るべきかというと、 長期の運用実績があるファンドについては、長期の運用 実績が参考になります。 (ファンドマネジャーが変わっていない場合) 一方で、そこまで長期の運用実績がない場合は別の方法で 確認できます。 それは相場が大きく下落したときに、下落幅を抑えられているかと そのあとどれくらい早く下落前の水準まで戻せているかです。 2018年10月末の暴落は多くのファンドに大ダメージを与え ましたが、未来の世界は数カ月で基準価額をもとの水準まで 戻しました。 これはかなり評価できるポイントだと思います。 インデックスファンドと比較しても、十分なパフォーマンスと なっていますので、投資対象として十分に候補になるでしょう。

次の