人間には215本も骨があるのよ 215本くらい何よ。 第50号『ターミネーター:ニュー・フェイトの話をしよう』|シチュー|note

『ターミネーター』サラ・コナー戦いの歴史!

人間には215本も骨があるのよ 215本くらい何よ

映画では精神病院へ入院していた。 サラは病室を抜け出し、職員との会話中に急襲。 その際に連絡しようとしたシルバーマン医師の腕とついでに足を警棒で殴打。 この時に発したシルバーマン医師のセリフが「腕の骨が折れた」である。 なおサラは人間には215本のがあることを理由に全く意に介さず、シルバーマンを人質に逃走を図った。 ちなみに成人の骨は少なくとも200本はあるとされている。 生まれたての赤ちゃんは300本以上あるとされ、成長するに従って小さな骨同士がくっつくために大人になる頃には200本程度に落ち着く。 だから215本という数字もあながち間違いではない。 …もちろんのでバイオレンスも程々に。 関連タグ :腕or首の骨以外の物が折れた時にどうぞ 関連記事 親記事.

次の

図鑑世界童話全集「ねずの木」

人間には215本も骨があるのよ 215本くらい何よ

インスト• 透過・合成用• 打ち込み• ゲームミュージック• ゲーム• キャラクター• ポップ• 3D・CG• テクスチャ• VOCALOID• MIDI• ロック• 乗り物• カラオケ• 手描き• エレクトロニカ• オーケストラ• 生演奏• テクノ• オリジナルキャラクター• モノクロ• アンビエント• ジングル• クラシック• ボーカル• テキスト• バラード• 食べ物• ジャズ• アニメ調• アニソン• J-POP• ドット絵• アイキャッチ• トランス• メタル• ヒップポップ• オルゴール• フォーク• カントリー• アイドル• 吹奏楽• 水彩画• AOR• ぬりえ•

次の

第50号『ターミネーター:ニュー・フェイトの話をしよう』|シチュー|note

人間には215本も骨があるのよ 215本くらい何よ

昔、とても寒い雪の日に、ある美しい若妻が自宅の庭でリンゴの皮をむいていました。 すると、彼女は誤ってナイフで自分の指を傷つけてしまい、真っ白な雪の上に真っ赤な血が落ちました。 それを見た若妻はこう呟きました。 「この血のように赤く、この雪のように白い子供が欲しいわ」 次の年、その庭に生えている1本の大きな杜松の木が立派な実を付けました。 若妻はその実を食べ、2ヶ月後にかわいらしい娘を産みましたが、彼女は産後の肥立ちが悪く日に日に衰えていきました。 「私が死んだら庭にある杜松の木の根元に埋めてください。 私はそこから娘の成長を見守りたいと思います」 そう言い残し、若妻は息を引き取りました。 夫は亡くなった若妻の遺言に従い、彼女の遺骨を杜松の木の下に埋めました。 彼はそれから何年もの間嘆き悲しんでいましたが、やがて新しい妻を迎えました。 後妻は程なくして男の子を出産し、息子にマルコと名付けました。 しかし、マルコが大きく成長すると、母親は彼女の夫である父がマルコよりも彼の異母姉の方に大きな愛情をかけているように思えてきました。 彼女にとって継娘に当たるこの女の子は美しいだけでなく学校の成績もよく、異国の言葉を流ちょうに話すこともでき、周囲から一目置かれていたからです。 母は継娘に冷たく当たるようになり、最初は夫の目を盗んで暴言を吐くだけだったのが、次第に言葉だけでなく殴る蹴るといった暴力にも訴えるようになりました。 父はそれに気づかなかったので、母を止めに入るのは大抵マルコの役目でしたが、彼女はある時異母姉を守ろうとする息子の目に、弟としてだけでなく男としての情熱が混じっているように感じました。 母はますます継娘への嫌悪感を強く覚え、その暴力も苛烈さを増していき、娘は継母の姿を見るたびに酷く怯えるようになりました。 ある日、母は知り合いの農家からリンゴのお裾分けを貰いました。 マルコがそのリンゴを1つ食べたいとねだった時、ふと母の頭に恐ろしい考えが浮かびました。 「お姉ちゃんが学校から帰ってきてからにしなさい」 そう言って母はマルコを外に遊びに行かせると、リンゴを大きく重い蓋が付いた鉄の箱の中に入れました。 娘が学校から帰ってくると、母は猫なで声で娘に言いました。 「おかえり。 台所に美味しいリンゴがあるわよ。 1つお食べ」 いつものように暴言や暴力が飛んでくると覚悟していた娘は面食らいましたが、言われた通り台所に行ってリンゴを1つ取ろうと鉄の箱に屈みこみます。 その時、母は素早く鉄の箱の蓋を閉じ、首を挟まれた娘はそのまま首がちぎれて死んでしまいました。 これで邪魔者はいなくなった。 最初はそう思った母でしたが、ふと我に返ると「これが自分の仕業だとばれないように誤魔化さなければ」と慌てて考えました。 母は娘の死体を食卓の椅子に座らせると、首の上に頭を乗せ、白い絹のハンカチで縛って固定します。 その時、マルコが帰ってくる物音がしたので母は急いで姿を隠しました。 マルコは椅子に座った異母姉に気づくと、母が見ているとは知らない彼はまるで恋人に対してするように姉を後ろから抱きしめました。 すると、姉の頭がゴトリとテーブルの上に落ちます。 何が起きたのか解らずにマルコが狼狽えていると、タイミングを見計らった母がやってきてこう言いました。 「この事をお父さんが知ったら、お父さんは怒って私達を殺そうとするでしょうね。 お姉ちゃんの死体だと解らないように、鍋に入れてスープの具にしてしまいましょう」 こうして母は息子を共犯者に仕立て上げると、まるで豚や牛を捌くように手際よく継娘の死体を解体し、その肉を鍋に放り込みました。 マルコは母を手伝いながら大粒の涙を鍋にこぼしていったので、味付けの塩を加える必要がないくらいでした。 やがて父が仕事から帰ってくると、彼は娘の姿が見えない事にすぐに気づきました。 「おい。 俺の娘はどこだ?」 すると、母はこう言い繕いました。 「今日になって親戚のおばさんの家に遊びに行くっていきなり言い出したわ。 しばらく帰ってこないって」 「そういう時は事前に言ってくれないと困るんだけどなあ」 そう言いながら、父はスープを口に運びました。 「おや、今日のスープはいつにも増してうまいな。 特に具の肉が柔らかい」 マルコは父が上機嫌な様子でスープを平らげていくのを真っ青な顔でぶるぶる震えながら見守っていました。 それから、彼は姉の骨を両親に見つからないようにテーブルの下にこっそりかき集めました。 翌日、マルコはひとかけらも残さず集めた姉の骨を白い絹のハンカチで丁寧に包むと、庭にある杜松の木の根元に埋めました。 それは奇しくも、マルコの父が姉の母に当たる前妻を亡くした時と同じ行動でした。 すると、風もないのに突然杜松の木が大きく揺れ始め、よく晴れて空気がからからに乾いているにも関わらず木の周囲にだけとても濃い霧が立ち込めて木をすっぽりと覆ってしまいました。 それを見たマルコはどういうわけか姉が礼を言っているように感じ、晴れやかな気持ちになって家の中へと戻っていきました。 その日の夕方、鍛冶の仕事を終えたドワーフが帰り支度をしていると、顔を白い絹のハンカチで覆った女がドワーフの前に突然現れ、異国の言葉で歌い始めました。 お父さんは私の肉を食べました。 弟のマルコは私の骨を残らず拾い、絹のハンカチで包み、杜松の木の下に埋めてくれました。 「あんた面白い歌を歌うね。 これから仲間と酒盛りを開くんだが、さっきの歌をその席で皆に聞かせてくれないかい?」 すると、女は答えました。 「ただでというわけには参りません。 男の人が喜びそうな装飾品をくださったら仰る通りに致しましょう」 ドワーフは喜んで金の鎖を女に差し出し、女は酒盛りの席で仲間のドワーフ達にも歌を披露しました。 お父さんは私の肉を食べました。 弟のマルコは私の骨を残らず拾い、絹のハンカチで包み、杜松の木の下に埋めてくれました。 お父さんは私の肉を食べました。 弟のマルコは私の骨を残らず拾い、絹のハンカチで包み、杜松の木の下に埋めてくれました。 「あんた面白い歌を歌うね。 これから仲間と酒盛りを開くんだが、さっきの歌をその席で皆に聞かせてくれないかい?」 すると、女は答えました。 「ただでというわけには参りません。 男の子が喜びそうな装飾品をくださったら仰る通りに致しましょう」 アマゾネスは獣の皮で作った立派な靴を喜んで女に差し出し、女は酒盛りの席で仲間のアマゾネス達にも歌を披露しました。 お父さんは私の肉を食べました。 弟のマルコは私の骨を残らず拾い、絹のハンカチで包み、杜松の木の下に埋めてくれました。 お父さんは私の肉を食べました。 弟のマルコは私の骨を残らず拾い、絹のハンカチで包み、杜松の木の下に埋めてくれました。 「あんた面白い歌を歌うね。 これから仲間と酒盛りを開くんだが、さっきの歌をその席で皆に聞かせてくれないかい?」 すると、女は答えました。 「ただでというわけには参りません。 貴女が今使っている石臼をくださったら仰る通りに致しましょう」 ドワーフは喜んで石臼を女に差し出し、女は酒盛りの席で仲間のオーガやジパングの魔物娘達にも歌を披露しました。 お父さんは私の肉を食べました。 弟のマルコは私の骨を残らず拾い、絹のハンカチで包み、杜松の木の下に埋めてくれました。 お父さんは私の肉を食べました。 弟のマルコは私の骨を残らず拾い、絹のハンカチで包み、杜松の木の下に埋めてくれました。 「面白い歌が聞こえるな。 何年も顔を見ていない大切な人と再会したような気分だ」 「僕もだよお父さん。 まるで日当たりのいい場所で日向ぼっこしているみたいだ」 しかし、母だけは真っ青な顔をして耳を塞ぎながらガタガタ震え出しました。 「私は家じゅうが真っ赤に燃えているような気分だよ」 父は母の制止を聞かず、家の外に飛び出します。 すると、顔を白い絹のハンカチで覆った女が立っていました。 お父さんは私の肉を食べました。 弟のマルコは私の骨を残らず拾い、絹のハンカチで包み、杜松の木の下に埋めてくれました。 父は家に引き返し、母とマルコに言いました。 「おい、きれいな白い肌をした人がうちの庭に立っていたぞ。 しかもこんな立派な金の鎖までくれたんだ。 2人も行ってみろよ」 しかし母は恐ろしく怖がり、慌てて床に伏せたので頭から帽子が落ちました。 「出ていくなんてとんでもない! 私はこの歌が聞こえないように、地の底まで穴を掘って潜りたい気分だよ」 そんな母の様子をよそに、マルコは父と同じように家の外に飛び出します。 すると、ハンカチの女が再び歌い始めました。 お父さんは私の肉を食べました。 弟のマルコは私の骨を残らず拾い、絹のハンカチで包み、杜松の木の下に埋めてくれました。 マルコは家に引き返し、両親に言いました。 「お父さんの言った通りだったよ。 しかもこんなかっこいい靴までくれたんだ。 お母さんも行ってみなよ」 母はそれでもガタガタ震えながらなかなか動こうとしませんでしたが、夫と息子があまりにも急かすので渋々庭に出ていきました。 彼女はまるで雪山にいきなり放り出されたように青白い顔をしています。 その時、母の所に何かが物凄い勢いで飛んでいきました。 石臼です。 それは母の足に直撃し、彼女は苦しそうなうめき声を上げながら地面の上を転げまわりました。 「足の骨が折れた……」 「人間には215本も骨があるのよ。 1本くらい何よ。 それに、私がお母様に首の骨を折られた時の痛みはそんなものじゃなかったわ」 ハンカチの女はそう言うと、ゆっくりと顔のハンカチを外しました。 それを見た母は「あっ」と叫びます。 ハンカチの下からは、血のように赤い瞳と雪のように真っ白な肌をしたワイトの顔が現れました。 しかし、大事なのはそこではありません。 その顔はあの日確かにスープにして食べてしまったはずの、義理の娘の顔だったのです。 「や、やっぱりあんただったのね」 母は苦しそうに自分の足を抱えながらも精いっぱいの力を込めて言いました。 彼女だけはハンカチの女が歌う異国の言葉を理解できたのです。 ワイトになった娘は歩けない母の頭を掴み、再び歌い始めます。 そんな娘に頭を掴まれた母の顔からは、花がしおれていくようにあっという間に生気が失われていきました。 助けて……」 母は絞り出すようなか細い声で必死に命乞いをしますが、娘は全く気にしていない様子で歌い続けます。 すると、完全に力を失った母が糸の切れたマリオネットのようにばったりと倒れます。 そして程なくして、母はゾンビになって起き上がりました。 不穏な物音に気付いた父とマルコが家から出てくると、2人はハンカチの女性がいなくなった娘であったことにようやく気付き、3人でかたく抱き合って再会を喜びました。 それから4人は家に戻り、ゾンビになった母は父と、ワイトになった娘は弟のマルコと朝まで激しく交わっていたそうです。 ・編者あとがき ワイトはゾンビの上位種であることはよく知られていますが、反魔物領の中でも魔物娘の生態についてよく知られていない地域の一部では、ワイトがゾンビではなくスケルトンの上位種であるという迷信が広まっています。 そうした地域では魔力が強い人間の遺骨を何人も同じ墓に埋めると強力なワイトの王が誕生するという伝説も語られており、骨になって杜松の木に埋められた娘がワイトになって甦るというのはその伝説を下敷きにしたと考えられます。

次の