鳳凰戦 a1。 2カ月遅れの開幕戦 沢崎誠が卓内トップ「今期も頑張ります」/麻雀・鳳凰戦A1リーグ

Mリーガー佐々木寿人が卓内トップ 初のA1でも圧巻のファイティングスタイル/麻雀・鳳凰戦A1リーグ(ABEMA TIMES)

鳳凰戦 a1

0の快勝で卓内トップを取った。 0と最悪の出だしになっていた伊藤だが、今節は一転して絶好調。 全4回戦でトップ3回を含むオールプラスで、大きなマイナス分のほとんどを1節で取り返してしまった。 「今日はエンジンの調子が最高だったね。 やっと開幕した感じだね。 」と意気揚々だった。 【試合結果】 1位 伊藤優孝 +95. 0 2位 沢崎誠 +2. A~Eまで計11のリーグに分かれている。 A1は12人で行われ、上位3人が前年度の鳳凰位と半荘16回戦でタイトルを争う。 森山茂和会長。 ベテラン・中堅・若手と各大会・メディアで活躍するプロが多数所属する。 現在の所属プロは業界最大規模となる600人以上。 2016年に行われた「麻雀プロ団体日本一決定戦」でも優勝した。 主なタイトル戦は鳳凰位、十段位、麻雀グランプリMAX、王位戦、麻雀マスターズ、女流桜花、プロクイーンなど。

次の

【日本プロ麻雀連盟】(配信)第37期鳳凰戦~A1リーグ第3節A卓~ 2020/06/26(金) 17:00開始 予定 [ABEMA]連盟チャンネル【AmebaFRESH!】、ニコニコ生放送 [雀サクッ]

鳳凰戦 a1

日本プロ麻雀連盟の最高峰タイトル「鳳凰位」への挑戦権を争う、鳳凰戦A1リーグの第4節A卓が7月13日に行われ、吉田直が+30. 9で卓内トップを取った。 前節、120ポイントを超える大量のプラスを稼ぎ出した吉田だが、今節は瀬戸熊直樹(TEAM雷電)、沢崎誠(KADOKAWAサクラナイツ)、勝又健志(EX風林火山)というMリーガー3人に対して接戦を展開。 前半2回戦は横並びの展開だったが、3回戦で抜け出した吉田が、そのまま逃げ切り勝ち。 「調子が良ければ前節みたいに行きたかったが、相手がなかなかそうさせてくれなかった。 ひたすらポイントを積み重ねていきたい」と、さらに上を見ていた。 【試合結果】 1位 吉田直 +30. 9 2位 瀬戸熊直樹 +15. A〜Eまで計11のリーグに分かれている。 A1は12人で行われ、上位3人が前年度の鳳凰位と半荘16回戦でタイトルを争う。 森山茂和会長。 ベテラン・中堅・若手と各大会・メディアで活躍するプロが多数所属する。 現在の所属プロは業界最大規模となる600人以上。 2016年に行われた「麻雀プロ団体日本一決定戦」でも優勝した。 主なタイトル戦は鳳凰位、十段位、麻雀グランプリMAX、王位戦、麻雀マスターズ、女流桜花、プロクイーンなど。 (ABEMA/麻雀チャンネルより) 外部サイト.

次の

第36期 鳳凰戦

鳳凰戦 a1

日本プロ麻雀連盟の最高峰タイトル「鳳凰位」への挑戦権を争う、鳳凰戦A1リーグの第1節A卓が6月1日に行われ、プロ麻雀リーグ・MリーグのKADOKAWAサクラナイツでも活躍する沢崎誠が、開幕戦で卓内トップを取った。 黒沢咲が産休、古川孝次が欠場。 今期は10人で13節を戦う。 ベテラン沢崎は、初戦こそ一人沈みのラスを引くスタートとなったが、その後は巻き返し終わってみれば卓内トップ。 対局後は「1回戦目の一人沈みからは厳しかったが、2回戦目のトップで今日はプラスに出来るかなと思えた。 1節目の目標がプラスだったので達成できたので今期も頑張ります」と、手応えを感じていた。 【試合結果】 1位 沢崎誠 +33. 6 2位 西川淳 +25. A〜Eまで計11のリーグに分かれている。 A1は12人で行われ、上位3人が前年度の鳳凰位と半荘16回戦でタイトルを争う。 森山茂和会長。 ベテラン・中堅・若手と各大会・メディアで活躍するプロが多数所属する。 現在の所属プロは業界最大規模となる600人以上。 2016年に行われた「麻雀プロ団体日本一決定戦」でも優勝した。 主なタイトル戦は鳳凰位、十段位、麻雀グランプリMAX、王位戦、麻雀マスターズ、女流桜花、プロクイーンなど。 (ABEMA/麻雀チャンネルより) 外部サイト.

次の