ハイキュー可愛い。 【ハイキュー】 マネージャー名前一覧!可愛いマネージャーたちをまとめてみた!

【印刷可能!】 可愛い ハイキュー Iphone 壁紙 ~ 無料のHD壁紙画像

ハイキュー可愛い

烏野高校や他校からも注目を浴びるマドンナ的存在、容姿端麗で知的さも兼ね備えている、いわゆる「出来る女子」です。 口数はそれほど多くなく、おちゃらけた男子には無視してしまうほどのクールな一面も。 もともとは自身も体育会系で、陸上(ハードル)をしており、スポーツの苦労が分かったりマネージャーとしても役割も確実こなせるのが特徴です。 子役時から事務所には一切所属せず、フリーで活躍されていることでも有名な実力派。 甘い声や清水さんのようにクールで色気のある声など、幅広い役柄を演じます。 ハイキュー!! 烏野高校:谷地仁花 A post shared by kokoro. 050502 on May 27, 2020 at 10:56pm PDT 烏野高校1年5組、谷地仁花。 おっちょこちょいで、低身長、まるで小動物のような可愛らしさが特徴的です。 もともと自分に自信がなかったものの、バレーボールや部員との交流を通して徐々にマネージャーとしての役割をより意識していきます。 頭は良く、勉強ができない日向や影山のフォローなども行っており、バレーボール以外の面からも支えてくれる描写が描かれています。 子役から活躍されており、7歳で声優デビューを果たすなど声優好きさんなら知らない人はいない有名な方です。 甘い、あどけなさを感じさせる声質が特徴ですが、演技力があるため、どんな役でも演じてしまいます。 ハイキュー!! 伊達工業高校:滑津舞 ハイキューキャラのイイとこ勝手に言っていくコーナー 今日は「滑津舞」ちゃん 伊達工のマネちゃんだよ 男子バレーってだけでむさくるしいのに それに加えて工業高校だよ、女子少ないだろうね 数少ない女子がこんな可愛いなんて 伊達工羨ましい — 塩キャラメル 記憶力gm以下 shiokyarameru0 伊達工業2年生のマネージャー、滑津舞。 抜群のプロポーションを誇るマネージャーの一人で、登場シーンは他のマネージャーに比べるとかなり少なめなので情報量もあまりありません。 2年生とは思えない見た目の大人っぽさが人気。 大沢事務所に所属しており、声優になるもののそれほど知られることなく、一度は引退。 その後声優の夢を諦められず、再度デビューを果たした苦労人で、高い声や低い声を使い分けることで知られています。 ハイキュー!! 梟谷学園高校:白福雪絵 白福雪絵ちゃんが好きなんだ! — 梁介 harisukes 梟谷学園高校のマネージャーを務める白福雪絵。 学年などは明らかになっていませんが、おっとり・のほほんとした出で立ちは高学年のような気もします。 見た目によらず大食いであることでも有名で、夏の合宿ではバレー部男子顔負けの食べっぷりを披露。 全国大会常連校である梟谷学園でありますが、過酷な練習をも癒してくれそうなのんびりボイスはキャラクターにぴったりです。 アニメはもちろん、洋画の吹替なども行うなど役の幅は広いのです。 1年生ということもあって部員に対しても控えめなマネージャーで初々しさが特徴的です。 声優さんはまだついていないキャラクターですが、これからが期待のマネージャーでもあります。 ハイキュー!! そばかすと高めに結われたポニーテールが印象的で、学年などは公開されていませんが、3年生部員とも親し気に話すことからおそらく三年生のように思えます。 同じマネージャーである大食い女子・白福雪絵の食べっぷりに呆れる様子も描かれています。 プロダクションエースやスチールウッドガーデン、フリーランスを挟みながら声優活動をし、現在は賢プロダクションに所属。 別番組では男性役で主演を務めたこともあるなど実力派です。 ハイキュー!! 学校ごとにプレイヤーに個性があるのと同じで、マネージャーも個性があふれています。 どのマネージャーも様々な愛情で部を見守っている姿は感動もの、試合と一緒にマネージャーの想いも乗せて見てみてくださいね!•

次の

ハイキューのカラフルでかわいい高画質な壁紙アニメ画像まとめ

ハイキュー可愛い

| | |赤葦が可愛がってる、幼なじみとのじれ甘な恋 _______________________ ってつもりで書きました! 会話進行です。 1日1話アップ! を目標に頑張ります!!! しかし亀更新になる可能性をはらんでいる… 幼馴染み設定の甘々で行きます。 とか言ったけど当社比なんで、ぶっちゃけ切甘です。 プロットはあるのでいつか完結します。 大丈夫。 ハピエン予定だから大丈夫。 精神障害を少しだけ絡めています。 そこ違うのでは?と思っても勝手な解釈としてストーリーとして捉えてください。 雰囲気です。 下手したら途中から消えそうなそんな半端な設定。 重いものを雰囲気で使うな、 そんな曖昧に使うな、等の苦情は受け付けません。 以上がOKな方、楽しんで頂けたら幸いです。 コメ、評価、お気に入り登録お待ちしてます。

次の

「ハイキュー」ハロウィンイラストが可愛い! 期間限定イベントでオリジナルグッズGET

ハイキュー可愛い

今にも落っこちてしまいそうな、くりっくりのビー玉のようなつり目が俺を射るように見つめ、目が、逸らせない。 真っ直ぐで、無垢で、穢れを一切知らないようなこいつの瞳がどうにも苦手で。 同時に羨ましくて、でもどこか憎めなくて、眩しいと、思った。 「菅原さん、」と少しだけ掠れた声で俺を呼ぶ。 ん?と笑ってそちらを向けば、照れたように唇を尖らせる無意識の彼の癖に口許が緩んだ。 何だ何だその唇思いっきり指で挟んでやろうか可愛いな。 彼の理想の先輩像を壊さない為にもちろんそんなことはしない、が、結局我慢出来ずにくしゃくしゃ頭を撫で回す俺は、影山にとって本当の意味でそれほどいい先輩ではないのだろう。 「影山」 「…、うす」 「影山ってさ、餌付けとか簡単に出来そうだよな」 「なんすか、それ。 俺犬猫じゃないっす」 「ねこ…猫かー猫っぽいかも」 「聞いてますか菅原さん」 うん、と言いながらぼんやり考える。 いやいや、犬や猫の方がよっぽど警戒心持って生活してる気がするのは気のせいだろうか。 影山の前にずいっと手を翳せば自ら撫でられに動くちっちゃな頭。 ほれみろ言わんこっちゃない。 目付きが悪く近寄りがたいオーラを発している影山は神経質なイメージを持たれやすく酷く勘違いされやすい。 確かに全く間違っていない訳ではないが、そうなるのもバレーに関する事のみである。 繊細で緻密な技術を要するセッターのポジションは、多少神経質でないとやっていけないと俺は思う。 まぁそれはあくまでバレーに関する事だけであり、もし誰かに影山飛雄自身はどうかと問われた時俺は多分こう応えるに違いない。 「ほんと影山可愛いな」 「…んな事言うの、菅原さんだけっすよ」 「口に出せないだけでみんな思ってるよ。 多分」 「…よくわかんねぇ」 中学のトラウマからか、他人との距離感を上手くコントロール出来ない影山は踏み込まれる事に酷く躊躇する。 近寄っても近寄ってもなかなかなついてはくれないし、可愛い後輩だと告げても困った顔して本当の意味で信じてはくれていない。 ズボラで、自分に対して攻撃的な人には容赦なく突っ掛かっていくくせに、自分に優しい人には即座に間合いをとってしまう。 おそらく俺は、後者。 同じポジション、後輩にレギュラーとられた先輩。 そんなもの背負ってんだ、只でさえ過去に色々あって尚且つコミュ障だってのにそう易々となついてくれるはずがないだろう。 見た目ほど神経質で難しい性格ではない、でもちょびっとだけ繊細な作りで影山は構成されている。 まるで独りで生きていけると勘違いしている野良猫のよう。 そんなとこも含めて、ひっくるめて可愛いっていってんのに絶対こいつ信じてないんだもんな。 サラサラと指の隙間を滑る影山の髪を堪能しながら、軽く息を吐いた。 つまりさ、何が言いたいかっていうと俺は影山の先輩らしく影山に頼られたい訳で。 同じポジションで、ライバルで、負けたくないって思うけれどそれでも俺にとっては可愛い可愛い後輩な訳で。 独りでそうやって唇尖らせて悩む姿をただ黙って見ているだけなんて俺には出来ないんだよな。 「影山。 何かあんなら言ってみ?」 「……、」 「何か話あったら部活終わった後、俺の事待ってたんだべ?」 「…すみません。 菅原さん、勉強だってしないといけないのに」 「あー違う違うそうじゃなくて」 まったくこちらの気持ちを汲み取ろうとしない目の前の後輩のまろい頬に指先を添える。 きゅっと瞳を閉じる姿がますます猫みたいでひたすら可愛いと思ってしまう俺はもう、きっと手遅れに違いない。 「…何か悩み事?」 「え?」 「最近、元気ないからさ」 「…特に、何があったとかじゃ、ないんすけど」 「うん」 「最近、菅原さんに」 「うん?俺?」 「す…菅原さんに、き、嫌いだって、」 「は!?俺んな事言ってないぞ!」 「ちちちちち違います違います!夢で!」 「夢ぇ?」 「お、及川さんに、菅原さん俺の事嫌いだって…い、言われた夢…」 「…はぁ?」 つまり中学の時の先輩である及川徹に俺が影山の事嫌いだと言われた夢を見て大変不安になり、その真意を確かめるべく練習後呼び止めてそわそわしながら訊ねてみた、と。 しどろもどろになって上手く話をまとめられない影山の代わりにこういう事?と首を傾げれば、少しだけ泣きそうな顔で影山はゆっくりと頷いた。 普段は勝ち気で大きな黒の瞳が不安げに揺れる。 そんな殊勝な姿に堪らなく胸が締め付けられ、今、目の前で大きな身体を丸めるこの可愛い過ぎる後輩の頭を思いっきり撫で回したい衝動に駆られた。 本当にこいつは馬鹿だ、大馬鹿だ。 「影山さぁ」 「…す」 「夢の中の及川の言葉なんか簡単に信じんなよな」 「……」 「及川はお前にとって尊敬出来るプレイヤーだから、ある意味特別なのかもしれないけど、」 「お、いかわさんに憧れてたのはあくまで技術的な事であって、及川さん自身を信じるとかそんなことでもなくて、菅原さんは技術もそうだけど…」 「うん」 「す…菅原さんには俺にとって神様みたいた人なんです」 「……」 「コートで独りだった俺に居場所をくれた。 プレーよりももっと大切な事を教えてくれた」 「俺、そんな大層な人間じゃないけど…」 「……大好き、なんです」 大好き。 震える声でそう俺に告げた影山の小さな耳が真っ赤に染まりながらピクピクと震えている。 無垢な瞳に溜まる涙を舐めとりたいと、そんなことをぼんやりと考えた。 あわよくば、そのまま、抱き締めて。 強く強く抱き締めて、キス、してやりたい。 「くやしーな」 「…ぇ」 「俺が、お前の中学の先輩だったらなって、思うよ」 「…何で」 「中学の時傷付いたお前を絶対独りになんかさせないのに」 「俺は…」 あ、また唇尖った。 今度は指で挟みたいとか思わない。 ていうかそれよりたち悪い。 その唇にキスしたい、なんて。 影山はさっきより真っ赤になりながら「菅原さんが、中学の先輩もいいすけど…」と視線をキョロキョロ泳がせながらしどろもどろに応える。 「やっぱり、高校で一緒にバレーしたいから、」 「…うん。 だよな。 俺も、やっぱそう思うよ」 「菅原さん、」 「ん?」 「俺…菅原さんには絶対嫌われたくないです」 「…だからほんと、お前は馬鹿だ」 もう我慢出来ない、と。 半ば強引に影山の腕を引っ張って、思い切り抱き締めてやる。 身長はあるくせにやたら華奢な身体つき。 その事実に自然と口許がに緩んでしまう。 ピクリと小さく震えた肩と、そのまま俺に身体を預けるその幼い仕草にどうしようもなく胸を打たれた。 「俺結構お前のこと特別ひいきしてんだけど何で気付かないかなー」 「ひいき…してんすか」 「してんよ。 確かに俺ら同じポジションでライバルだけど、それ以前に仲間であって、さらに可愛いくて世話の焼ける後輩だしな」 「…っ、あ、あざす…」 「好きだよ影山。 好きだよ」 「…俺も、ですけど。 こ、こうやって誰かにそんな事言われるの初めてで、」 「うん」 「けど、菅原さんといると、俺も、すげぇ好かれたい好かれたいって思います」 「あはっ」 可愛い可愛い後輩の頭を抱き抱えながら、ここにはいない元北川第一中学、現青城のバレー部員及川含めた奴等に思い切り自慢してやりたいと思った。 だってきっと、あいつらは知らないだろう。 影山をコートで孤独にさせ、独裁者だと嘲笑い、それでも大好きなバレーを手放せずひた向きにボールを追うこの影山の姿を。 孤独は嫌だと、好かれたいと願っては俺達に歩み寄ろうとする不器用で純真な影山を。 「ざまぁみろ」 絶対渡すつもりはない。 もちろんそんな愛しい姿を誰かに見せつけるつもりもない。 影山が可愛いことなんて、俺だけが知っていればいい。 つか、自慢なら俺も」 「ん?」 「俺も自慢します。 俺の先輩はこんなかっこいいんだって。 今、ここにいて凄い幸せだって…」 「……なんでほんとお前、」 とうとうツンといじらしく尖った口先にキスをしてしまった。 それなのに影山は、真っ赤な顔で本当に小さな小さな声で「…もっかい」だなんて言うもんだから、もう! ようは、影山飛雄が可愛くて可愛くて本当に困るっていうはなし。

次の