宅 建 業法 試験。 宅建業法の勉強方法とコツ

宅建業法のポイントと勉強方法

宅 建 業法 試験

スポンサーリンク 宅建業法は勉強しやすく得点しやすい科目 宅建業法の科目は、勉強したらした分だけ確実に点数を伸ばすことができる科目で、宅建試験の科目の中でも一番勉強しやすい科目となります。 宅建業法は、とても理解しやすい法律なのです。 宅建試験の勉強において、一番真剣に力を入れて勉強すべき科目が、この宅建業法の科目となります。 また、宅建業法は最も出題数が多い科目でもあり、例年20問前後が出題されます。 8割から9割以上の正解率で、高得点を目指すべき科目です。 宅建業法自体は、読めば理解しやすく、勉強したら勉強した分だけ得点を伸ばしていくことができます。 ただし、注意点としては、暗記すべき数字等の知識が多いので、それについては直前に再復習して暗記を強化しておく必要があります。 法律の定め自体は読めば理解できるものばかりですので、そこはテキストを繰り返し読んで身に付けるようにします。 そして、数字等の暗記事項については、試験前の9月後半〜10月に集中して再復習を行い、暗記の強化に努めるようにします。 宅建業法では、少なくとも8割、可能であれば9割以上の得点を目指しましょう。 すなわち、20問宅建業法から出題されていたら、最低でも16点、できれば17,18点以上の得点を目標とします。 宅建業法はしっかりと勉強しさえすれば得点しやすい科目ですので、そのくらいの正解率の得点を目指すことが可能です。 宅建業法の目的とは ではここで、宅建業法という法律が、どのような目的で定められている法律なのかを少し確認してみます。 宅建業法というのは、宅地建物取引業法を省略したものです。 すなわち宅地や建物など、不動産の取引のルールについて定めた法律となります。 宅建業法の目的は、一言で言うと、不動産の取引において一般の消費者を保護することです。 例えばマンションや一戸建ての販売等では、売買契約によって高額の金銭が動きます。 この高額な金銭のやり取りが行われる不動産の取引で、何もルールが定められていないと、売り手側がやりたい放題となり、トラブルが発生しやすくなるでしょう。 一般消費者が思わぬ損害を被ることもあるかもしれません。 このようなトラブルや思わぬ損害から、一般の消費者を守るために存在するのが宅建業法です。 宅建業法を勉強する上でのポイント 簡単にまとめますと、宅建業法は以下のような内容のルールを定めています。 ・不動産にかかわる取引の業務、すなわち宅建業を営むためには宅建業者の免許を受ける必要がある。 ・宅建業者が業務を行う際には、宅建業法に定められたルールに従う必要がある。 ・不動産取引の重要事項の説明においては、宅地建物取引士が重要事項の説明を行う必要がある。 ・宅建業者が宅建業法のルールを破った場合には、監督処分や罰則が課される場合がある。 宅建業法は、上記の代表的な定めのように、読めばすっと理解できる、とてもわかりやすい法律ではあります。 ただし攻略する上で、1点だけ難しいポイントがあります。 それは宅建業法特有の、暗記すべき数字の知識がたくさん出てくる点です。 例えば宅建業法では、宅建業者が受け取れる報酬額の上限や、手付金の上限などがいくらかということを定めています。 それらの金額については丸暗記していくしかありません。 逆に言うと、数字を丸暗記さえしておけば、確実に得点に結びつけられるということです。 これが、宅建業法はしっかりと勉強しさえすれば、得点しやすい科目であると言われる所以です。 宅建業法を勉強する際には、数字の暗記というポイントに着目して学習を進めていきましょう。 3ヶ月の短期集中独学で宅建資格試験に一発合格しました。 宅建資格を取得するための効率よい学習方法、独学による勉強のコツを公開しています。 宅建合格に必要な知識をまとめた教材テキスト、10年分以上の過去問とその解答、解き方の解説も掲載中です。 おすすめコンテンツ• 宅建資格について• 宅建試験の概要• 宅建の勉強方法を決めよう• 宅建攻略の計画を立てる• 宅建試験勉強を乗り切るノウハウ• 宅建の科目分野別の学習法• カテゴリー• 宅建過去問•

次の

宅建業法のポイントと勉強方法

宅 建 業法 試験

独学で取り組むのか スクールに通うのか• 初学者なのかある程度の 知識を持っているのか• 不動産関連の業務の経験があるのかないのか 前年度の学習時間によるものの、経験者であれば平均して 100時間~150時間で宅建の試験に合格できます。 合格率は決して高くはないものの、宅建の資格は最難関というわけでもありません。 しっかりとスケジュールを組んで正しい方法で勉強していれば、数ヵ月間でも宅地建物取引士(宅建士)を目指すことができますよ。 未経験者の宅建試験の勉強時間は平均300時間! 経験者とは違い、未経験者は宅建試験の勉強時間も長くなります。 独学なのかスクールに通学するのかで変わりますが、宅建試験の平均勉強時間は大よそ 300時間です。 大手予備校のホームページを見てみると、次のように記載されていました。 宅建業法・・・・・・・・20点• 法令上の制限・・・・・・8点• 権利関係(民法等)・・・14点• 税・その他・・・・・・・8点 以上のように、宅建試験においては 宅建業法と権利関係(民法等)の配点が高く、この2つが主要科目となります。 全体の勉強時間を300時間とした場合、科目ごとの勉強時間は以下のようになります。 宅建業法 100時間 法令上の制限 50時間 権利関係(民法等) 100時間 税・その他 50時間 ただし、時間数が少ない科目は手を抜いていいという訳ではありません。 宅建の試験はどの科目からもバランス良く問題が出題されますので、抜け漏れなく勉強しなければなりません。 つまり、メリハリの効いた勉強が必要だということです。 「宅建業法と権利関係・民法等に力を入れすぎて、他の科目の勉強時間が足りなかった・・・」という失敗に陥らないように注意してください。 宅建の試験科目を勉強する順番 宅建の試験に合格して宅地建物取引士(宅建士)になるには、勉強する順番もきちんと心得ておかないといけません。 なぜこの順番で宅建試験の勉強に取り組むべきなのか、いくつかの理由を見ていきましょう。 宅建業法は初学者でもとっつきやすい科目で、暗記をするだけで高得点を取れる• 宅建業法は 50問中20問と 出題数が多く、 抜け漏れなく勉強しておきたい科目• 権利関係・民法等は法律の基礎を成す科目で、民法の知識を入れておくと他の難易度の高い法令の内容も頭に入りやすい• 法令上の制限は出題数が比較的少なく得点を稼げる項目ではないため、宅建業法や権利関係の後に勉強するほうが良い• 税その他は問題数が少ない割には出題範囲が広い厄介な科目なので、ポイントを押さえて勉強する 前述のとおり、宅建の試験の主要科目は、「宅建業法」「権利関係・民法等」の2つです。 もちろん、「法令上の制限」「税その他」もきちんと勉強する必要がありますが、メリハリをつけ、効率よく勉強に取り組みましょう。 宅建の試験に合格するには1日の勉強時間を見積もるのが大事! 宅建の試験に合格するには、最初に1日の勉強時間を見積もることから始めましょう。 そこで、宅建の試験勉強の時間を確保するコツをいくつか挙げてみました。 夜の仕事終わりは疲れていて身が入らないため、 朝の時間帯を利用して勉強する• モチベーションを維持するために、 休日は無理をして学習しないようにする• スマホやテキストを持ち歩き、 平日のスキマ時間を利用してコツコツ勉強する 「休日を丸一日使って勉強しよう」という取り組み方はあまりおすすめできません。 宅建の試験に合格するのが一番の目標でも、時にはリフレッシュやリラックスが大事です。 平日の空いている時間を使って1日の勉強時間の見積もりを行い、数ヵ月間に渡って長く継続するクセをつけてみてください。 宅建の試験勉強の開始時期はいつ? あまりにも早くから宅建の試験勉強をしていると、「最初に習った内容を忘れてしまう」「やる気が続かない」といった弊害があります。 そのため、短い期間でも集中して勉強できるように、試験勉強の開始時期を考えるのも重要ですよ。 宅建の試験日は、毎年10月の第3日曜日に実施されます。 つまり、10月の本番の試験に合わせて、勉強の開始時期を決めるべきです。 以下では、250時間の勉強で宅建の試験に臨むと仮定し、1日の勉強時間別の取り組み期間や勉強開始時期の目安をまとめてみました。 5ヵ月の勉強期間( 9月上旬から学習スタート) 平日に働いている人が1日に4時間も5時間も宅建の勉強をするのはハードルが高いので、自分のライフスタイルに合わせて無理のない学習スケジュールを組むべきです。 宅建に独学で合格できる? 宅建は、初学者の場合、合格まで300時間ほど必要な難易度の高い試験です。 ただし、他の士業の資格は1,000時間以上必要なものも多く、士業の資格の中では、宅建試験は比較的取りやすい資格とも言えます(あくまで、士業の資格の中での話ですが) 実際にテキストや問題集だけを使って独学合格された方も多くいます。 ただし、独学で合格した人の中には、不動産関連の企業に勤務しているなど、業務上宅建の知識を持っていた方も多くいます。 不動産に関する知識がゼロから始める場合、かなり骨の折れる試験には間違いありませんので、それなりの覚悟と勉強量が必要になると考えて間違いないでしょう。 宅建の試験勉強は通学がベストなの? 「宅建の試験勉強を独学でこなすのは難しいから通学がベストだよね?」とイメージしている方はいませんか? 確かに、専門のスクールに通って宅地建物取引士(宅建士)を目指している方はいますが、通学には次のデメリットがあります。 独学や通信講座と比較すると 高額な費用がかかる (初学者コースは10万円以上)• 毎週決まった時間に通学する必要があるため、学習を継続するのが大変• 通える範囲にスクールがない方は、行きたくても行くことができない 通学型のスクールはサボることが許されない環境ですので、「独学でモチベーションを維持するのが難しい」という方に向いています。 その代わりに高額な費用や毎週決まった時間の通学が負担になります。 そうしたデメリットを避けたい方は、別の方法で宅建の試験合格を目指す必要があります。 宅建の試験勉強はスマホ対応通信講座がおすすめ! 宅建の試験勉強は通学型のスクールではなく、スマホ対応通信講座がおすすめです。 スマホ対応通信講座を利用すれば、「金銭的な負担が大きい」「毎週決まった時間に通うのが面倒」といった問題を解決できます。 宅建の合格を目指すスマホ対応通信講座はいくつもありますので、「どのサービスを選べば良いの?」と悩んでいる方は少なくありません。 そこで、管理人がおすすめしたいのが、KIYOラーニングの「」です。 スタディングをおすすめする理由は、管理人が宅建試験に一発合格した時に使用していた通信講座だからです。 他にも、スタディングには次のような魅力やメリットがあります。 通勤時間や休憩時間など、 スキマ時間にスマホを使って勉強できる仕組みが出来上がっている• 過去問を中心としたアウトプット重視の勉強で宅建試験の合格率を高められる• 「宅建業法は全範囲を集中」「権利関係は頻出事項を押さえる」など、 メリハリのある学習ができる• 充分な品質のうえ、業界最低価格の 18,500円(税別)で利用できる 管理人の他にも、実際に利用した人の口コミや評判も良いので、「スタディング宅建講座」で宅地建物取引士(宅建士)を目指してみてはいかがでしょうか。 「スタディング宅建講座」の詳しい評価や評判・口コミは、下記の記事を参考にしてください。 まとめ 宅建の試験の勉強時間は人によって変わりますが、未経験者や初学者であれば平均300時間です。 勉強する時間や学習する順番を押さえておけば、効率良く宅建の試験に臨むことができます。 現在ではスマホやパソコンを使った通信講座で宅地建物取引士(宅建士)を目指すことができますので、今から学習をスタートしてみてください。

次の

宅建業法 用語の定義 1.宅建 宅地建物取引士 試験対策 パーフェクト宅建

宅 建 業法 試験

年度別の宅建試験問題です。 50問の通し問題のため難問も混ざっていますので気をつけてください。 中級者用です。 年度別の宅建試験問題と解説 宅建業法で個数問題、細かい肢が増え合格点を下げてきました。 受験者数も多く、宅建試験史上最高の合格点を更新=37点。 受験者数が久しぶりに20万人を超えました。 難問もサービス問題も少なく、バランスの良い年でした。 この年から「宅建士」試験となりました。 士業試験となる前、最後の「宅建」試験。 宅建業法等は易しく、権利関係に難問が増えてきました。 宅建業法に正確な知識を要する個数問題が増えてきました。 2択までは絞れるやらしい問題、ひっかけが増えてきました。 全体的にかなり簡単で、落とせない問題が多めでした。 宅建業法が20問になるなど 現在と同じ出題形式になりました。 この年まで、現在の宅建試験と出題割合が少し異なります。 易しめですが、受験者数20万人を超えて合格点も高い年でした。 各予備校で解答が割れる問題があった波乱を呼んだ年でした。 5点免除制度が緩和され、不動産業者の合格率が上がりました。 この年まで、法令上の制限が10問も出題されていました。 宅建インプリの販売を開始して合格者を多数輩出! この年から、宅建試験の申込みが郵送でも可能となりました。 合格点が上がり、この頃から宅建難易度が上がった気がします。 合格率15%前後の30点で合格が続いた宅建試験安定期。 問題文も短く、単純知識で解ける問題が多かった時代。 難問=単にマイナー知識で、ひっかけ問題はまだ少ない時代。 5点免除制度スタート。 以下、 宅建業法のみ公開中です。 この年まで、現在の宅建試験と出題順等が大きく異なります。 この年まで、宅建受験に高校卒業などの資格制限がありました。 宅建豆知識:昭和63年までマークシートではなく手書き解答。 宅建豆知識:宅建試験開始当初の受験料は500円。 宅建豆知識:過去最高の合格率は昭和34年の 98. 50問の出題で過去最低の合格点= 26点を記録している年。 宅建豆知識:昭和40年までは 宅地建物取引員と呼ばれていた。

次の