ビタミン b1 食材。 ビタミンB1の多い食品とレシピ!野菜や果物、飲み物のランキング

ビタミンB1が多い食品・食材

ビタミン b1 食材

ビタミンB1が多い料理でよく知られているのが、豚肉のしょうが焼きではないでしょうか? 豚肉は、いろいろな食品の中でも、ビタミンB1を一番多く含んでいて、玉ねぎと一緒に調理すると、ビタミンB1を体内で長時間利用できる、メリットがあります。 そもそもビタミンB1は、水に溶けやすい水溶性ビタミンで、余った分はすぐ排出される、仕組みになっています。 しかし、玉ねぎやネギ類、にんにくなどの食品に含まれる物質(アリシン)は、ビタミンB1と結びついて、アリチアミンという物質になります。 このアリチアミンは余分にあっても、ビタミンB1のようにすぐ排出されることはなく、長時間血液中に存在して、少しずつビタミンB1を分離していきます。 このため、ビタミンB1の働きが長続きするのです。 穀物の食品・食材 私達が、普段食べているお米にも、ビタミンB1が多く含まれています。 しかし、含有量が多いのは米ぬかの方で、白米そのものに含まれる含有量は、玄米の約20%しかありません。 最近では、玄米や雑穀米がヘルシーだということで人気がありますが、これらの食品はビタミンB1不足の解消と同時に、ミネラルも摂れるのでおすすめです。 ただ玄米は、少し食べにくいので、お米の胚芽を残して精米する胚芽米や、7〜8分づきにして、食べやすくするとよいでしょう。 これだけで、白米の約2. 5〜3倍のビタミンB1を摂取できます。 ビタミンB1が多い食品・食材 食品の食べられる部分(可食部)100グラムあたりの、ビタミンB1の含有量と、一食で食べる食品、食材の目安を、一覧にしたのが下表です。 <ビタミンB1の含有量と食品の目安> 食品名 ビタミンB1の 含有量 一食の食品、食材の目安 豚ひれ肉 0. 98mg 60gでは0. 59mg 豚もも肉 0. 94mg 60gでは0. 56mg うなぎの蒲焼き 0. 75mg 1串 100gでは0. 75mg 落花生 0. 85mg 25gでは0. 21mg 大豆 0. 83mg 30gでは0. 25mg そら豆 0. 50mg 10粒 50gでは0. 25mg えんどう豆 0. 75mg 30gでは0. 23mg 紅ザケ 0. 26mg 1切れ 80gでは0. 21mg 玄米のご飯 0. 16mg 1杯 120gでは0. 19mg その他、ハム、ナッツ、たらこ、ブリ、枝豆、きな粉なども、ビタミンB1を多く含む食品・食材です。 *文部科学省 五訂日本食品標準成分表より *1mg(ミリグラム)とは、千分の1グラムのことで、 1g=1000mgです。 1日の摂取量 ビタミンB1の1日あたりの、推定平均必要量と推奨量は、次のようになっています。 ・男性の推定平均必要量 18〜49才・・・1. 2mg 50〜69才・・・1. 1mg 70才以上・・・0. 8mg ・男性の推奨量 18〜49才・・・1. 4mg 50〜69才・・・1. 3mg 70才以上・・・1. 0mg ・女性の推定平均必要量 18〜69才・・・0. 9mg 70才以上・・・0. 7mg *妊婦、授乳婦の場合は、プラス0. 1〜0. 2mgになります。 ・女性の推奨量 18〜49才・・・1. 1mg 50〜69才・・・1. 0mg 70才以上・・・0. 8mg *妊婦、授乳婦の場合は、プラス0. 1〜0. 3mgになります。 最近、食の安全が問題になっていますが、あなたも一度は不安を感じたことがあるのではありませんか? そこで、安全でしかもおいしい食品を、扱っているサイトを紹介しています。 Copyrights c 2009.

次の

ビタミンB1の効果、多い食べ物、効果的な食べ方とは?

ビタミン b1 食材

肉類では豚肉に全般にビタミンB1が多く含まれます。 豚肉と比べて牛肉はそれほどビタミンB1の含有量は多くは有りません。 豚肉は大型種と中型種と有りますがここでは大型種のデータを掲載しています。 ちなみに大型種と中型種のデータではビタミンB1の含有量にそれほど大きな差は有りません。 豚肉はビタミンB1の含有量も多く、食品としても量をとりやすいので優れたビタミンB1の摂取先だといえます。 豚肉の中でも特にひれの部分にはビタミンB1が多く含まれます。 ちなみに上の画像場豚ヒレ肉です。 32mg 薄1枚30g 0. 39mg 豚肉の部位ごとのビタミンB1の含有量 豚肉だと豚ヒレ肉がもっとビタミンB1の量が多いですが、その他の部位にもビタミンB1はたくさん含まれます。 豚ヒレ肉についで多いのが豚もも肉で、豚外もも肉、豚ロース、豚ひき肉、豚肩肉、豚肩ロース、豚バラ肉などが続きます。 90mg 薄1枚30g 0. 27mg 豚そともも肉 0. 70mg 薄1枚30g 0. 21mg 豚ロース 0. 69mg 薄1枚30g 0. 20mg 豚ひき肉 0. 69mg 卵大1かたまり50g 0. 34mg 豚かた肉 0. 66mg 薄1枚30g 0. 20mg 豚かたロース 0. 63mg 薄1枚30g 0. 19mg 豚ばら肉 0. 51mg 薄1枚20g 0. 10mg 豚の加工食品は塩分の取りすぎに注意 また豚肉を使った加工品であるハムもビタミンB1がたくさん含まれます。 ただしハムはビタミンB1とともに塩分も多く含まれます。 それぞれ100gあたりの数値でボンレス2. 8g、ロースで2. 5g、生ハムで2. 8g、ベーコンで2. 0gの食塩が含まれます。 このため塩分の取りすぎにも注意が必要です。 焼き豚も100g当たりの食塩の量は2. 4gと多いです。 92mg 薄1枚7g 0. 06mg ボンレスハム 0. 90mg 薄1枚20g 0. 18mg 焼き豚 0. 85mg 1切れ15g 0. 13mg ロースハム 0. 60mg 薄1枚20g 0. 12mg ベーコン 0. 47mg 1枚20g 0. 09mg 豚の加工食品は塩分の取りすぎに注意 魚類は全般にビタミンB1はよく含まれていて、食事としての量もとりやすいのが特徴です。 なかでもうなぎには特にたくさんのビタミンB1が含まれます。 うなぎは蒲焼きと白焼きでは蒲焼きの方がビタミンB1の量は多いです。 ヤツメウナギもうなぎほどではありませんが、ビタミンB1は多く含まれます。 ちなみに名前にうなぎと付いていますが、ヤツメウナギはうなぎとは別の種類の魚です。 75mg 1串100g 0. 75mg うなぎ(白焼き) 0. 55mg 1串100g 0. 55mg やつめうなぎ 0. 25mg 1尾124g(54g) 0. 14mg たらこやイクラ、白子もビタミンB1が豊富 魚類ではこのほか紅鮭やからふとます、あいなめやぶりなどもビタミンB1が多く含まれます。 ズワイガニやしゃこなどもビタミンB1は多いです。 38mg 大さじ2杯1g 0. 004mg べにざけ 0. 26mg 1切れ100g 0. 26mg しゃこ(ゆで) 0. 26mg 1尾30g 0. 08mg からふとます 0. 25mg 1切れ100g 0. 25mg あいなめ 0. 24mg 1尾250g(125g) 0. 30mg くさや 0. 24mg 1枚150g(105g) 0. 25mg ズワイガニ 0. 24mg 1杯300g(90g) 0. 22mg ぶり 0. 23mg 1切れ100g 0. 23mg しらす干し(半乾燥品) 0. 22mg 大さじ1杯5g 0. 01mg 小麦粉は1等よりも2等のほうが含まれるビタミンの量は多いです。 この等級は含まれる灰分の量の割合で決っていて、0. 4%前後なら1等、0. 5%前後なら2等になります。 灰分とは小麦粉に含まれるリン・カリウム・マグネシウム・カルシウム・鉄などのミネラル分のことです。 灰分が多いほど見た目が悪くなるので、灰分の量が少ないものを上質なものとしていますが、栄養価で見れば灰分の量が多いものほど優れています。 含まれるビタミンB1の量も薄力粉の1等は0. 11mgですが、2等には0. 21mg含まれます。 中力粉は1等は0. 10mg、2等は0. 22mg含まれます。 強力粉は1等は0. 09mg、2等は0. 13mg含まれます。 薄力粉、中力粉、強力粉の違いはたんぱく質の多さで強力粉はたんぱく質が多く、粘度も高いです。 11mg カップ1杯110g 0. 12mg 薄力粉2等 0. 21mg カップ1杯110g 0. 23mg 中力粉1等 0. 10mg カップ1杯110g 0. 11mg 中力粉2等 0. 22mg カップ1杯110g 0. 24mg 強力粉1等 0. 09mg カップ1杯110g 0. 10mg 強力粉2等 0. 13mg カップ1杯110g 0. 14mg 即席中華めんは添加物にビタミンB1を使用 即席中華めんにもビタミンB1は多く含まれますが、これは着色や栄養分補強などの目的でビタミンB1が添加物として使用されているからです。 油揚げ味付けは日清のインスタントラーメンなどが有名です。 ビタミンB1の含有量は多いのですが、ナトリウムの量も油揚げが2200mg(食塩相当量5. 6g)。 油揚げ味付けが2500mg(食塩相当量6. 4g)と多いので塩分の取りすぎには注意が必要です。 上記は袋めんタイプの即席中華めんですが、カップ麺タイプの即席中華めんビタミンB1の量は豊富です。 ただしこちらもナトリウムの量が油揚げで2700mg(食塩相当量6. 9g)、油揚げ焼きそばで1500mg(食塩相当量3. 8g)と多いので、取り過ぎには注意が必要です。 46mg 1袋100g 1. 46mg 即席中華めん(油揚げ) 0. 55mg 1袋100g 0. 55mg 中華スタイル即席カップめん(油揚げ) 0. 68mg 1カップ100g 0. 68mg 中華スタイル即席カップめん(油揚げ 焼きそば) 0. 56mg 1カップ100g 0. 56mg 小麦胚芽はビタミンB1が非常に多い 他にも種実類にはごまやピスタチオ、クルミやヘーゼルナッツ、ぎんなん、落花生、マカダミアナッツなどビタミンB1が多く含まれる食品はたくさんあります。 しかしながら食事として1度に取る量がそれほど多くはないので、摂れるビタミンB1の量も限られます。 49mg 大さじ1杯6g 0. 03mg ピスタチオ(いり) 0. 43mg 10粒8g(4g) 0. 02mg くるみ(いり) 0. 26mg 1個4g 0. 01mg ヘーゼルナッツ(フライ) 0. 26mg 10粒15g 0. 04mg ぎんなん(ゆで) 0. 26mg 10粒19g 0. 05mg らっかせい(いり) 0. 23mg 10粒9g 0. 01mg マカダミアナッツ(いり) 0. 21mg 10粒20g 0. 32mg 薄2枚60g 0. 79mg 生ハム 0. 92mg 薄5枚35g 0. 30mg すっぽん 0. 91mg 1匹560g 5. 10mg 豚もも肉 0. 90mg 薄2枚60g 0. 54mg 焼き豚 0. 85mg 3切れ45g 0. 39mg 豚ロース 0. 69mg 薄2枚50g 0. 40mg 豚かた肉 0. 66mg 薄2枚60g 0. 40mg 豚かたロース 0. 63mg 薄2枚30g 0. 38mg 豚ひき肉 0. 69mg 卵大1かたまり50g 0. 34mg 鴨肉 0. 40mg 薄2枚80g 0. 32mg うなぎ(蒲焼き) 0. 75mg 1串100g 0. 75mg ふな 0. 55mg 1尾300g(150g) 0. 83mg こい 0. 46mg 輪1切れ150g(128g) 0. 59mg グリンピース(揚げ豆) 0. 37mg ひまわりの種(フライ) 1. 72mg 大さじ2杯18g 0. 30mg ドリアン 0. 33mg 一袋260g(221g) 0. 73mg.

次の

ビタミンB1の働きと、野菜、果物に含まれるビタミンB1の量<旬の食材百科

ビタミン b1 食材

そんなビタミンB1の効果は? なぜ不足しがちなの? 多く含む食べ物は? 効果的な食べ方は? についてお伝えします。 【目次】• ビタミンB1のはたらきと効果 まずビタミンB1のはたらきと効果を見てみましょう。 ご飯などの糖質をエネルギーに変える・・・疲労を回復するはたらき• 脳の中枢神経、手足の末梢神経の機能の正常化・・・イライラを解消し、精神を安定させるはたらき• 筋肉、頭脳のパワーの持久力効果・・・集中力を維持するはたらき ビタミンB1は、食事からとった糖質をエネルギーとして体内ではたらかせるための必須栄養素。 私たちの主食である ご飯、パン、パスタ、うどん、といった炭水化物(つまり糖質)をエネルギーに変えてくれるのがビタミンB1なのです。 また、脳は糖質だけをエネルギー源としているので、ビタミンB1が脳のエネルギー減として欠かせない存在となっているのです。 つまり・・・• ビタミンB1が十分・・・いつも元気、頭もスッキリ、お肌もキレイなスリムさん• ビタミンB1が不足・・・いつもお疲れ、頭はボーッ、肌荒れのあるポッチャリさん ということです。 不足するとどうなるの? なぜ不足しがち? ビタミンB1は体の中に貯めておくことができないので、食事などから摂る必要があります。 また特に日本人はエネルギーの大半を炭水化物に頼っているので、ビタミンB1は不足させてはいけない栄養素です。 しかし現代人は、慢性的に不足している傾向がとても高いのです。 なぜかというと、• お菓子をよく食べる• お酒を飲む• 運動量が多い とビタミンB1がたくさん消費されてしまうからです。 この人たちは慢性的なビタミンB1不足になりやすいと言われています。 また、スポーツをしたあとに甘い清涼飲料水などを飲んでしまうと、潜在的な欠乏症を引き起こす可能性があります。 これはペットボトル症候群とも言われており、気をつけないと糖尿病を引き起こす原因にも。 代表的なスポーツドリンクの中にも、500mlあたりスティックシュガー10本以上もの砂糖が入っているものも少なくありません。 スポーツ後の水分補給にも、熱中症予防にも、スポーツドリンクを推奨する風潮がありますが、しっかりと選ばないとビタミンB1の欠乏症だけでなく、糖尿病を引き起こすことにも。 気をつけてくださいね。 ビタミンB1が不足すると? 不足すると、次のような症状が起こりやすくなります。 疲れやすくなる• 筋肉痛を起こす• 集中力がなくなる• イライラする• 脚気(かっけ)に似た症状が出る(食欲不振、倦怠感、手足のしびれ) スポンサーリンク ビタミンB1の多い食べ物は? ビタミンB1の多い食べ物は、豚肉(特にヒレ肉、もも肉)、うなぎ、たらこ、いくら、玄米、胚芽精米、米ぬか、大豆、きな粉など。 ビタミンB1の1日の摂取量は、成人男性1. 4mg、成人女性1. 1mg、妊娠中期と授乳婦1. 2mg、妊娠末期1. 4mg。 豚のモモ肉なら約130gで1日のビタミンB1の摂取量となります。 ビタミンB1を効果的に摂るためには? ビタミンB1は水溶性のビタミン。 水に溶けやすくて熱にも弱いので、料理をする過程でどんどん失われていきます。 ですので、水に溶け出してしまっても汁ごといただく豚汁などはとてもおすすめな食べ方です。 また、 ニンニク、たまねぎ、長ねぎ、ニラなどに含まれる「アリシン」という成分はビタミンB1の吸収率を高めてくれます。 豚肉とたまねぎを使った生姜焼き、豚肉のニラ炒め、豚肉のニンニクソテーなどは疲労回復効果が期待できる料理です。 さらに、 レモンなどの柑橘類やトマトに多く含まれるクエン酸も相乗効果が高い栄養素。 ビタミンB1のはたらきを促進させてくれます。 とんかつにレモンが添えられるのも、キャベツにゆずのドレッシングをかけるのも、この相乗効果が理由かもしれません。 豚肉の料理にレモンをしぼる、一緒に食べるサラダに柑橘系のドレッシングをかけたりトマトを添える、豚肉を食べる前に柑橘系のフルーツを食べる、といった工夫ならすぐにできそうですね。 豚肉とトマトソースのパスタなどもおすすめです。 スポンサーリンク 米ぬかもおすすめ 最後におすすめなのが「米ぬか」。 普段食べるお米を玄米に変えるのもいいですが、玄米の食感が苦手な人もいるでしょう。 そこでおすすめなのがお米の「ぬか」。 玄米を精米するときに出るのが「ぬか」です。 (玄米)-(ぬか)=(白いお米) ですね。 玄米の栄養素の95%が「ぬか」にあるという人も。 白米を食べている人は、たったの5%しか栄養を摂れていない、ということです。 お米屋さんなどで精米してもらった時に、ぜひぬかをもらって帰りましょう。 中火で5分ほど煎れば、ほどよく香ばしく美味しくなりますし、保存もききます。 冷蔵庫で1週間、冷凍庫で2週間ほどがいいでしょう。 お味噌汁に入れたり、カレーに入れたり、ヨーグルトに混ぜたり。 食べる時にぬかを入れるだけなので、毎日手軽にビタミンB1をとることができます。 玄米で食べるよりも消化がいいので、ぜひ試してみてくださいね。 無農薬有機栽培で作られたお米のぬかを使いましょう。 栄養をしっかり吸収できる体でいることが大切 さまざまなストレスで体が固くなっている私たち。 いつも肩こり、背中はバリバリ、手足は冷える、足はむくむ。 流れの悪い体では、せっかくの栄養も吸収されません。 さらに、いらないものも出にくいので、疲れがとれない、朝から体が重たい、なんだか調子が悪い毎日に。 流れをよくするためには、かたくなった体をほぐすことが第一。 そこで、 自宅で手軽に効果的に体をほぐす方法をご紹介します。 参考になさってください。 何を試してもダメだった私が1ヶ月でスッキリ! 」 不思議だけどスゴい! ハーブエキスほか 天然由来100%の全身用ジェル『 プアーナ 』。 ただ塗るだけなのに、緊張した体が ふわっとほぐれて軽やかに元気になります。 あなたも、疲れた重たい体から解放されますように。

次の