乳がん あっさん。 抗 が ん 剤 Ts 1 費用

乳がんを経験した私が書いてみたブログ

乳がん あっさん

では本題 2018年10月29日 乳腺外科の主治医のもとへ訪ねた。 子宮筋腫(子宮全摘)手術の際、卵巣を切除するかしないかの相談だ。 まずはじめに主治医に確認したのは 卵巣を切除することによって、乳がん再発リスクを減らすことができるのか? 主治医の答えは、 新たにできる乳がんを減らすことはできない。 ただ卵巣を切除することによって、現在服用しているタモキシフェンをアロマターゼ阻害剤に確実に変更できる。 閉経の判断というのは実は難しく、生理が止まってもまだ閉経していない場合もある。 60代になれば閉経とみなして閉経後の薬にスイッチするが、 50代はなかなか判断が難しい。 タモキシフェンよりアロマターゼ阻害剤のほうが薬の効果としては再発リスクを減らせるのでそういう意味では メリットがある。 また心配なのが副作用(更年期障害など)であるが、40代でこれをやるよりは50代だとすでに身体が閉経に向かっている。 卵巣を切除すると、通常の閉経だとだんだん閉経していくものがバツンとなくなるので身体の負担も大きいが、 50代の場合はすでに減りつつあるので40代と比較するとまだマシかもしれない。 もうひとつメリットを考えるとすると、 両側同時乳がんであること。 これは遺伝的要素も考えられること。 遺伝子検査は行っていないが、遺伝的要素が考えられると卵巣がんになる可能性も低くはない。 そういう意味では子宮、卵巣とも切除すれば子宮がん卵巣がんの心配はなくなる。 とまあ、こんな話をして下さった。 主治医の意見としては切除したほうがメリットはあるね。 私もこの話を聞いて、決意できた。 卵巣切除によるデメリット(全死亡率が高くなる)や更年期障害も承知の上でだ。 もし私が予防的にこれをやるとしたら、やらないと思う。 というかそれは推奨されていない。 (遺伝子検査もしていない) だけれども、ひょんなことから卵巣切除のチャンスが訪れた。 私はいつも生きているうえで信じていることがひとつだけある。 それは流れにのること。 だいたいが自分で決めたことはうまくいかない。 流れにのるとうまくいくのだ。 とにかく運がいいのだ。 今回も流れに乗ろう。 そう決めた。 2018年5月 ずいぶんとご無沙汰してしまった。 実は特に変化もないので書くことがない。 いや、心の中ではあれこれ思うことはあるのだが、 文章にするまでもないかな、どうやって文章にするかな?と考えているうちに月日が過ぎた。 まずは現状を記しておく。 冬はおさまっているのだが今年は早かった。 最近起き始めた。 これも最近ではじめた。 機能性ディスペプシア これまた今月5月のはじめころから徐々にはじまった。 しくしく胃が痛む。 夜中に激痛から下痢になるのが今月2回あったので胃腸科へ行く。 便秘 最近便秘気味だ。 実は子宮筋腫のせいではないかと疑っている。 子宮筋腫 5月の定期検査で今まで8cmだったのが10cmと言われる。 気持ち的に違うのは、初めのころは症状がなにかでると、 「え?なに?これ?」 「なんか具合悪い大丈夫?」 という動揺があったが、最近はまあ、いつものこと。 という感じになれたことだ。 具合の悪さはそう大して変わらない気がする。 よく慣れてくるよと聞くが、 具合がよくなるわけではなくて、動揺しなくなるという意味なのねとものすごくフラットに思う。 慣れてきても具合の悪さは変わらねーんだよっ と悪態ついても仕方ない。。。 とほほ。 まあ、普通に暮らしてるし、治療ったって3か月に1度の診察と毎日1錠の薬のみだし、仕事だってしてるし、 食べられないものもないだし、とくに癌になる前とそう変わらない生活のはず。 だけどね、、、 告知されて動揺して検査や手術や放射線やずうーっといろんな動揺があって、 タモキシフェン飲み始めて今度は違ういろんな症状で動揺して、、3年経って、、 なんか動揺はほぼしなくなったし、変な不安とかも(再発の不安)なくなったんだけど こうして書いてみると 心が乾いている そうなんか乾いて、、淡々と生きている。 あれ?まるでなんか楽しいことをしてはいけない気になっている。 ん?なんだこれ? 現在進行形にて・・・.

次の

あけぼの会

乳がん あっさん

Contents• トリプルネガティブとは? 小林麻央さん乳がんについて言われているトリプルネガティブではないかといった推測ですが、トリプルネガティブとはどんな状態の乳がんのことなのでしょうか? トリプルネガティブとは、乳がんに関係している女性ホルモン 「エストロゲン」「プロゲステロン」と細胞の表面にあるたんぱく質「HER2」 に 対する受容体がない乳がんのことを言います。 受容体とは、刺激を感知する物質です。 この受容体がないと 「ハーセプチン」という分子標的薬の効果がありません。 そのため、通常は、 手術と化学療法での治療が一般的な方法となっています。 トリプルネガティブだと通常の乳がんより何が問題なのか? 乳がんの治療はホルモン受容体とHER2受容体が有るか無いかによって選択されます。 普通のがんはどちらかの受容体に反応がみられるため、 有効な治療法が確立されてきます。 しかし、 トリプルネガティブには、この治療法が使えません。 特徴は、 細胞分裂が早いため、進行しやすいがことあります。 乳がんに効果的な ホルモン療法や分子標的薬が使えないので治療方法が限定されるといったことで、一般的なのがんよりも 再発しやすく予後不良になりやすいといわれています。 スポンサードリンク トリプルネガティブの生存率 早期乳がんで発見されれば通常の乳がんと大きな経過の差はないのです。 腫瘍が1cm以下なら完治もできます。 しかし、 トリプルネガティブは進行が速いため、ステージが進んだ状態で発見されることが多いようです。 麻央さんの場合も 1年8カ月もの間、抗がん剤治療が続けられていることからみてかなりステージが進んだ状態での発見だったと考えられます。 腫瘍が大きい場合は 「術前化学療法」を行います。 これは先に化学療法で腫瘍を小さくしてから、切除範囲を狭くできるようにする方法です。 小林麻央さんもこれを行っている途中などだということだと思います。 トリプルネガティブは原因がはっきりしていないため、すべての患者さんに効果がある方法はまだ確立されていません。 そのため、患者さんに効果がある薬剤を手探りで探さなければならないです。 中には 抗がん剤が効きにくい人もいます。 トリプルネガティブとは治療ができない病気といわれていました。 しかし、現在は世界規模で研究が行われており、実際に効果が表れている薬剤も開発されてきています。 あくまで完治後になりますが、生存率は、トリプルネガティブの 完治後5年の生存確率は6割とありました。 これは、完治後に治療をつづけた場合と続けなかった場合が一緒になった生存率です。 治療を受けなければ再発する可能性は50%ともいわれます。 生存確率は半分ということです。 しかし、治療を受ければ再発の可能性は20%まで下がる可能性もあります 効果的な治療がみつかれば、治療を受ければ 5年の生存率は80%まで上がるということです。 抗がん剤治療を続けつといったことデメリットも多くあります。 それに耐えうる体力も残っていなくてはいけません。 スポンサードリンク 抗がん剤の副作用 長く引き続く抗がん剤の副作用は辛く厳しいものです。 抗がん剤の多くは、正常な細胞に比べて細胞分裂を活発に繰り返しているがん細胞を主に攻撃をして細胞自体あるいは細胞の中にある DNAに致命的な障害を及ぼすように作られています。 しかし、 さかんに分裂・増殖をするのは、がん細胞だけではありません。 正常な細胞に対しても攻撃してしまうことがあり、それにより細胞が傷ついて副作用の症状が現れてしまうのです。 正常細胞でも、血液をつくる骨髄の造血細胞や口腔粘膜、消化管粘膜、毛根細胞などは頻繁に細胞分裂をしているため、抗がん剤の作用を受けやすくなります。 造血細胞が傷ついて充分に分裂・増殖できなくなると、赤血球や白血球、血小板などが作られなくなり、 貧血や深刻な感染症、出血などを引き起こしやすくなります。 また、傷ついた正常細胞が毛根細胞であることもあります。 副作用の症状は、 脱毛、・手足のしびれ・しみ・皮膚が硬くなる・膀胱炎・爪の変形や変色・味覚障害 口腔粘膜なら口内炎、 消化管粘膜なら吐き気や下痢・食欲不振・全身倦怠感 感染症・肺炎・腎機能障害、アレルギー反応・発熱・血圧の低下 といったさまざまな症状がでてきます。 特に起こりやすい副作用は 吐き気、脱毛、白血球の減少などです。 副作用の起こりやすさは抗がん剤の種類によって違い、個人差もあります。 小林麻央さんは、すでに抗がん剤治療としては、異例の1年8カ月も続けておられます。 そのことから考えてもかなりの副作用のが出ておられるのではないかと思います。 ま と め トリプルネガティブ乳がんは、若い女性に多いとされています。 日本の患者さんは、トリプルネガティブ乳がんは、 乳がん全体の約10~15%といわれています。 小林麻央さんがそうであるといったとは公表されていませんが、お若いことと抗がん剤がを手探りで探さなければならないといった主旨のことを海老蔵さんがいっておられるので、状況が当てはまるのではないかと思います。 研究が進んでいるのはアメリカですが、日本でも臨床試験が行われている薬剤もあります。 小林麻央さんに効果があるお薬がはやく見つかりますようにお祈り申し上げます。

次の

乳がんブログ11選 / 乳癌闘病記を読む

乳がん あっさん

乳癌検診で要精密検査となり乳癌と分かった私。 乳癌と診断される前も診断された後も、 「なんで?わたしが?」 「私なにか悪いことでもしたの?」 「もう、死ぬからいいや!私は、もういなくなるから」 と悲しい日々が続いた。 とはいえ、 乳癌の腫瘍を取り除けば完治するものだ とばかり思っていた。 でも、それは違っていた。 私の場合は ステージ1でリンパ節への転移はなかったものの 腫瘍を取り除いても完治とは言えないと主治医から言われた。 寛解という症状が落ち着いている状態なようだ。 手術前にそれを聞かされた私は、とてもショックを受けたのを 覚えている・・・ 手術してもガンは治らないんだ・・・ 手術後は、1ヶ月程度、通院で治療を行う放射線治療 1日1回投薬のホルモン治療を行う。 よく、早期発見すれば完治すると言われている乳癌だけど、 ホルモン治療の 5年を経て再発していない時に初めて 完治と言うのだそうです。 ガンの治療法として、抗がん剤治療があります。 乳がん初期では、抗がん剤治療までは行わないことが 多い。 でもこの抗がん剤治療というのは、 癌細胞を攻撃して癌細胞が 増殖するのを抑え、転移や再発を防ぐ薬です。 副作用も強く、毛髪が抜け落ちたり、嘔吐など体力的にも つらいものでもあります。 このほど、 癌の新しい薬が開発され、ノーベル賞をとりましたよね。 この薬は、癌細胞を攻撃するのではなく、自分自身の体にもともと 備わっている ガン細胞と戦う免疫力を助ける薬です。 身体の弱っている時は、誰でも免疫力が低下してしまう。 弱っているところにガン細胞が入り込んでガンを発症してしまう。 でも、 常に免疫力を高めることが出来ていれば、 免疫力の低下を防ぐことが出来るってわけです。 では、どうすればいいのか・・・ 腸なんです。 関連ページ 乳癌検診が再検査となり、もしも自分が乳がんだったら・・・どのくらいの費用がかかるのか?とても気になりますよね。 乳がん初期の私が支払った費用をお教えします。 乳癌にも『非浸潤がん』『浸潤がん』があり、『浸潤がん』は、もさらに特徴に応じた組織診断名に分けられる。 特徴に応じた組織診断名とは・・・ 乳癌の腫瘍を摘出したとはいえ、消えないのが再発、転移の可能性・・・乳癌はほかの癌と比べると『予後がよい』とされている癌です。 他の臓器に転移した時の症状とは・・・ 一度乳がんと診断されるともう保険には入れないんじゃないか?と思っていませんか?実は、手術後の経過時期やその後の治療経緯に応じて入れる保険があります。 万が一の再発・転移に備えて治療の選択肢を広めませんか? 乳癌のしこり摘出手術・放射線治療を終えてホルモン治療を行いながら経過観察している場合、3ヶ月ペースで診察へ行きます。 その時必ず行うのが血液検査。 実は、この血液検査で乳がんの再発や転移がわかる。 乳癌治療をしているにも関わらず腫瘍摘出した部分に痛みを感じる・・・もしかして再発?と思って不安で頭がいっぱいになってしまうこともある。 楽しい時間を過ごしていてもふとした時に「あ!私乳癌だった」と思いだして、再発を恐れる日々が続き・・・ 乳癌の治療が少し落ちつくと、襲ってくるのが『乳癌再発・転移』への恐怖。 定期検診は行っているもののその恐怖と不安は計り知れない。 再発を乗り越えて元気に頑張っている芸能人の方に勇気をもらおう!! 乳癌の手術数が多い病院をランキング形式で詳しくご紹介します。 病院選びの参考にしてくださいね。

次の