豚 コレラ アフリカ 豚 コレラ 違い。 迫るアフリカ豚コレラ 加工品感染源に農水省が対策急ぐ

アフリカ豚熱

豚 コレラ アフリカ 豚 コレラ 違い

中国のアフリカ豚コレラは今や世界的脅威 2019年12月 7日 マスコミに載らない海外記事 2019年11月30日 F. William Engdahl New Eastern Outlook 過去数カ月にわたる致命的なアフリカ豚コレラの最悪発生が世界最大の豚頭数を誇る中国の群れを破壊した。 今それは隣接する国々に広がり、アメリカの豚の群れさえ脅かしている。 事実上の世界的大流行病状況が広まるにつれ、政治的、人的影響は想像より遥かに深刻になり得る。 農業関連産業のグローバリゼーションは問題の助けになっていない。 2018年8月3日、アフリカ豚コレラが中国遼寧省で確認された。 その時以来、死に至る病気を封じ込める様々な手段にもかかわらず、一年余りの2019年11月時点で、病気を封じ込める真剣な取り組みで、中国の莫大な豚頭数の半分近くが死ぬか、処分された。 それを治す既知の治療法はない。 それは感染した豚や体液や機器や衣類との接触や、特定のダニによってる広まる可能性がある。 8月、中国農水省は中国の生きている豚群の規模が、2018年8月から正に38. とにかくそれは巨大で、過去一年にわたり、政治的に微妙な中国の食料価格インフレの基準に衝撃を与えた。 豚肉は肉タンパク質として、中国食品の頼みの綱であり、国家安全保障と見なされている。 中国の大半の豚が、今破産に直面している小規模農民に育てられている。 中国国内の報告によれば、これが、多くの自暴自棄な小規模農家が、その群れにおけるアフリカ豚コレラの発生を隠そうとして、殺し、売り、財政的破たんを避けようとするように仕向けたのだ。 病気は特に危険だ。 専門家によれば絶滅は困難だ。 ある報道はこう指摘している「それは、糞便には11日間、血には15週間潜んでいる。 塩漬け肉では182日間、乾し肉ではほぼ一年、冷凍肉では3年間生きる。 中国人は旅行する際、肉スナックを持参するのが好きだ。 アジアでは規則はのだ。 」 感染した中国豚の死骸処分が安全ではないという報告は一層警鐘的だ。 感染して死んだ豚を病原体汚染危害として取り扱い、それを農場から遠くに埋めるのではなく、それらを燃やして、現場を石灰で覆い、一年あるいはそれ以上現場を危険廃棄物として扱うのが適切な方法だが、しばしば小規模農家は、焼却せずに、家畜小屋の脇に豚を埋葬していることが証拠書類で立証されている。 それは再燃の危険を招く。 2018年初めには、世界中で推定7億6900万頭の豚に対し、中国には4億4000万頭で世界最多の豚がいた。 今やその半分となり、世界の肉タンパク質供給に対する大きな衝撃となり得る。 中国全土への病気蔓延の速度は、明らかに中国体制に大きな負担となった。 だが保証にもかかわらず、蔓延は中国内では止まらなかった。 世界規模で蔓延 アフリカ豚コレラは中国外でも蔓延している。 ウォール・ストリート・ジャーナルがこう指摘した。 「ここ数カ月で、日本、台湾とオーストラリアの関税官が観光客が持参した他の食品に感染している肉を発見した。 病気は、以来ベトナム、モンゴルとカンボジアの群れで確認された。 」 国連食糧農業機構は、ベトナム全省でのアフリカ豚コレラ発生を報告しており、最初の事例が2月に時から、5,880,000匹以上の豚が処分されたと報告している。 中国のアフリカ豚コレラは、北朝鮮にも広がった。 北朝鮮研究所の所長で元北朝鮮のアン・チャン・イルによれば、そこから感染した豚が緩衝地帯を通って韓国へ渡り、韓国は重大な対策が必要になっている。 国連食糧農業機関によれば、11月21日時点でフィリピン、ラオスと東ティモールの豚で、重大なアフリカ豚コレラの症例が確認されていた。 病気を媒介するイノシシが、ロシアとモンゴルの国境地帯で発見された。 いくつかの例で、中国潘陽からの乗客から韓国ソウルのインチョン空港で没収された豚肉製品から、アフリカ豚コレラのウイルス遺伝子が検出されており、封じ込めがどれほど困難かを示している。 孤立した症例は、ブルガリアやルーマニアやハンガリーを含め蔓延を封じ込めるため迅速に行動しているEU加盟国でも発見された。 モルダビアやベラルーシやウクライナでも確認された。 最近、アフリカ豚コレラの症例がドイツ国境から遠くないポーランドで発見された。 11月初旬、欧州連合の豚生産国ドイツの約80キロ東にあるオーデル川に近いポーランド西部のルブシュ県で、イノシシ20匹でアフリカ豚コレラが発見された。 警鐘的な症例は、ニュージャージー州のニューアーク港で、三月の数週間にわたり、中国船コンテナで発見され、連邦捜査官が、これまでで最大の農産物没収として、中国から密輸された百万ポンドの豚肉を差し押さえた。 豚肉はラーメン容器と衣料用洗剤で隠されていた。 当局は、それがアフリカ豚コレラでどうか判断するために、それをとった。 世界的に蔓延したアフリカ豚コレラについては、現時点で、答えられていない多くの疑問がある。 明確なのは、これが我々がこれまで信じるよう仕向けられているより遥かに危険なことだ。 10月、ヘンリー・カメンズによる新しいよれば、七匹の死んだイノシシが主要豚生産国デンマークで岸に打ち上がり、アフリカ豚コレラに関する検査さえされずに処分された。 William Engdahlは戦略リスク・コンサルタント、講師。 プリンストン大学の政治学位を持つ石油と地政学のベストセラー作家。 オンライン誌独占記事。 記事原文のurl: ----------.

次の

新型コロナ感染にアフリカ豚コレラが関係説、中国人に響く訳

豚 コレラ アフリカ 豚 コレラ 違い

(農林水産省) 岐阜県にある養豚場で、豚コレラ(古典的豚コレラ Classical Swine Fever CSF )が、国内では26年ぶりに発生しました。 また、東欧・ロシアでアフリカ豚コレラ African Swine Fever ASF が猛威をふるい、今年8月から中国でも、6つの省の14ヶ所の農場・屠畜場での発生が発表されています (記事公開時点)。 テレビやラジオのニュースを見聞きすると、「アフリカ豚コレラ」「豚コレラ」は「ぶたコレラ」ではなく「トンコレラ」と呼ばれています。 ツイッター・SNSなどで、「トンコレラ」と呼ぶとはじめて知った、語感が可愛いなどのコメントを見かけます。 なぜ「ぶたこれら」と呼ばないのか考えてみました。 豚コレラ(Classical Swine Fever CSF 、古典的豚コレラ は、1887年に北海道で、アメリカから輸入された豚を起源に発生。 132年前。 その時から名前は「とんこれら」だった。 青木博史: 実は、「ぶたこれら」とか、あるいは「とんこれら」、いろいろ言われる方がいますけれども、もともと、 「とんこれら」が確認されるまえに、 「とんたんどく(豚丹毒)」という病気がありまして、養豚業界の中では、とんだんどくが耳に馴染んでいたというのもあって、それとあわせて「ぶたこれら」ではなく「とんこれら」、というふうに使われた、そう聞いておりますね。 荻上チキ: ということは、最近、メディアが「ぶたこれら」ではなく「とんこれら」と呼びだしたというわけではなく、長い(あいだ使われてきた (管理人による補足))呼び方なのですね。 青木博史: はい、そのとおりです。 (一部を書き出して、カッコや補足説明を付け加え、赤字強調は、管理人による。 」と書きましたように、追記するまでは、管理人が考えてみた理由を書いたものです。 そこで、 「知らなかった」「はじめて知った」というコメントを見かけるたびに、冷や汗をかいています。 😅💦 — ぺりかんめも pelicanmemo 次からは、管理人が考えてみた理由です。 ーー(追記ここまで)ーーーーーーーーーーーーーーーーー 1つは、「豚コレラ菌(ブタコレラ菌)」と混同しないためではないでしょうか。 「 豚コレラ CSF ( トンコレラ)」や「 アフリカ豚コレラ ASF (アフリカトンコレラ)」は"ウィルス"によって豚やいのししが感染する病気で、ヒトには感染しません。 一方、サルモネラのひとつ「 ブタコレラ菌 Salmonella enterica subsp. enterica serovar Choleraesuis 」はヒトとブタの両方に感染性を持つ"菌"で、サルモネラ感染症を起こします。 2つめは、外から入ってきた病気をイメージしているのかもしれません。 漢字の「豚」は、和語(訓読み)で「ぶた」、漢語(音読み)で「トン」と読みます。 漢語は文字通り、中国から入ってきた読み方が元になっています (後に日本国内で作られたものもある)。 言葉のイメージから、外から入ってきたウィルスによる感染症という雰囲気が感じられます。 日本での「豚コレラ(古典的豚コレラ Classical Swine Fever, CSF 」は、1887年(明治20年)に北海道ではじめて発生が記録 (同時期に沖縄でも疑い例があった)され、昭和30〜40年代にかけて全国的に拡大しました。 1969年(昭和44年)に生ワクチンの開発に成功。 100年以上もの対策と撲滅の歴史を経て、1992年(平成4年)2月の熊本県での発生を最後に、2007年(平成19年)に豚コレラ清浄国宣言が行われました。 2018年(平成30年)9月、岐阜県で26年ぶりの発生を確認。 米国や英国でも撲滅を果たし、英国では再侵入がありましたが短期間で制圧したそうです。 我が国は島国であるため,国境防疫に利があったが, 第二次大戦後の多種多様な家畜伝染病の侵入を思うと, 政治経済情勢と交通手段の大きな変化によって国家間障壁が低くなった現状では国家防疫の比重が大きく増している。 米国では撲滅後現在まで34年間侵入を許していない。 英国は45年前に撲滅を果たし, その後3回再侵入を許したが短時日で制圧し, 現在まで13年間発生がない。

次の

コレラって豚コレラとか人コレラがあるそうなのですがそれらの違いっ...

豚 コレラ アフリカ 豚 コレラ 違い

名称 [ ] 豚熱は、以前は 豚コレラ(ぶたコレラ)という病名であったが、これは、1800年代にで初めて発生が確認された際に、同地域において、ヒトのが流行していたことから、関連は判然としないまま hog cholera (豚コレラ)と命名されたことに由来している。 症状はとは異なり、科学的には、ウイルスによって起こる豚熱(旧称:豚コレラ)はで起こるヒトのコレラとは何ら無関係である。 2019年11月11日、のは、「豚コレラ」の呼称を、英語名の「CSF(クラシカル・スワイン・フィーバー)」に変更すると明らかにした。 無関係なヒトのコレラを想起させるとして、名称の見直しを求める声が発生県などから上がっていたという。 のHPでは11月12日付で「豚コレラ及びアフリカ豚コレラの名称変更について 」という発表を掲載した。 12月24日、農林水産省は「豚コレラ」の法律上の名称を「 豚熱(ぶたねつ)」に変更する方針を発表した。 正式な変更は、2020年2月5日に「家畜伝染病予防法の一部を改正する法律(令和2年法律第2号)」が公布・同日施行されたことによる。 なお「法令上の用語としてCSFは、略称であるため、法律用語とすることは難しく、端的に病状を理解ができて、かつ、国際的な名称の日本語訳として適切なものとして日本獣医学会から提言を受けて決定した」と農林水産大臣が発表している。 原因 [ ] やブタコレラ 菌ではなく、により起こる。 ブタ、イノシシに感染し、ヒトには感染しない。 ヒトが、豚熱にかかったブタの肉を食べても感染することはない。 なお、ブタコレラ菌 Salmonella enterica serovar Choleraesuis は、の一種で、ヒト、ブタ、いずれにも感染し、豚コレラではなくを起こす。 ブタコレラ菌については「」を参照 防疫 [ ] 豚熱は、症状として、発熱し食欲減退、急性を起こす。 初期にになったのちに移行する傾向が見られる。 全身や各臓器の充出血、点状出血などが認められる。 、、急性型、、との鑑別が必要である。 豚熱ウイルスがに富む環境下においてはや塩蔵により不活化されることはなく、冷蔵で約3か月・冷凍で4年超にわたり活性を保つことがある。 日本ので発生した豚熱の感染経路について、農林水産省の調査チームは、肉製品を含むを非加熱で給餌したことが原因である可能性を指摘している。 1833年のアメリカ合衆国のでの発生が世界最初の報告とされている(ただし現在、アメリカは豚熱清浄国である)。 なお、1822年にで豚熱に類似した症例が報告されており、これが世界最初の事案という意見もある。 現在はを中心に発生。 日本ではにおいて法定伝染病に指定されており、対象動物はブタ、。 日本では生の使用が限定的に認められていたが、2006年3月にワクチン接種を完全に中止して、摘発淘汰を基本とした防疫体制となり、2007年4月1日より(OIE)の規約に基づき、日本は豚熱清浄国となった。 しかし9月以降は、からの疑似患畜により、ワクチン接種の再開と感染国に戻っている(後述参照)。 2018年9月以降の日本における感染拡大 [ ] (4年)、で日本の感染例以後は確認されていなかったが、2018年(平成30年)9月に岐阜県岐阜市ので発生が確認され 、豚熱(当時の報道の名称は「非アフリカ豚コレラ」)と判明している。 同月末、は直接・間接を問わず、日本からのブタ・イノシシの輸入を禁止するを出し即日実施した。 (元年)9月14日時点では、・・・・・の養豚場に感染範囲を拡大しており、養豚場を消毒の上に検査において陽性豚については殺処分が行われている。 後述の通り、野生イノシシでの感染が継続して報告されており、農林水産省は2019年(平成31年)2月22日の報道発表資料で、野生イノシシに対して餌ワクチンを設置する方針を発表した。 また、・の養豚場でも防疫処置がなされている。 ただし、飼育豚に対してワクチンを使用すると、「清浄国」への復帰に時間がかかるため、農林水産省は慎重な姿勢を示している。 また、の調査チームは、岐阜県で全養豚場に対して飼養衛生管理基準順守の指導を進めており、愛知県でも実施する意向を示している。 同月26日には岐阜県・愛知県以外の7府県37農場対しても発生予防および蔓延防止策が出され、経営再建支援が制限区域外の農家にも出ている。 2020年6月5日時点で感染が確認された陽性の野生イノシシは岐阜県内で1200頭、愛知県内で132頭、三重県内で116頭、内で64頭、長野県内で213頭、内で56頭、内で31頭、滋賀県内で191頭、埼玉県内で86頭、内で27頭、内で106頭、山梨県内で21頭、内で1頭、内で2頭、内で2頭に及んでいる。 愛知県においては、陽性の野生イノシシが内で2018年12月22日付の発表で初めて確認され 、2019年3月5日現在では陽性の野生イノシシが犬山市・で継続して確認されている。 2019年2月6日にはの養豚場でも陽性の患畜と認められた上に、同養豚場から出荷された子豚から上記の1府4県に拡散されたことも確認された。 愛知県内でも2019年2月6日以降は殺処分(防疫)および消毒を随時行っている。 ただ、2019年2月4日に豊田市の養豚場で早期流産増加の異常があったのにも関わらず、出荷自粛を求めなかった愛知県の初動に疑問があるという報道もされている。 2019年3月24日から経口ワクチンが愛知県内でも実施のために同月15日に研修会が行われた。 陽性イノシシの範囲拡大につれて、該当県に経口ワクチン設置が進んでいる。 岐阜県内では、発見された2018年9月以降において野生イノシシのPCR検査および・が継続している。 2019年2月15日の時点でも野生イノシシの感染が継続しているため、山域での消毒強化やイベントの自粛を県内市町村に要請している。 また、職員が防疫・消毒措置により、・が過剰になっていることも報道されている。 2019年3月7日、岐阜県庁では野生イノシシに対する経口ワクチン投与・追加対策だけでなく、豚コレラ発生農家等に対する経営支援強化を実施する計画を立てた。 岐阜県内での経口ワクチンについては2019年3月25日からの実施となった。 2019年3月28日には、岐阜県で野生イノシシのPCR()陽性が確認された。 今後のイノシシの捕獲数にも影響があり、またに対しても関係者に疑問の声が挙がっている。 2019年4月16日には感染拡大が収まらない背景で、家畜伝染病対策本部では飼育豚ワクチン接種要請書を岐阜県知事に提出した。 同日に岐阜市の食肉処理場に搬出した豚に異常があったとして、陽性反応の確認から豚63頭が処分されている。 養豚場経営の農家の中ではいつ終わるか分からない心境で常時消毒をしており、千頭単位の殺処分が行われ1農家だけでも損害額が1億円超は計上する。 養豚再開の繋ぎとしてはの飼育を検討しており、子豚の市場出荷に関しても岐阜県内を理由として敬遠されると、傾向にあると報道されている。 また、農林水産省は2019年5月28日、岐阜県と隣接する長野県・滋賀県・三重県にも野生イノシシへのワクチン入りの餌投与をする検討と報道された。 2019年6月14日には、三重県でも陽性の野生イノシシが発見された岐阜県から近い養豚農家1箇所において監視体制が敷かれていた中で 、同月26日に三重県で陽性の野生イノシシが発見されている。 2019年7月8日には、福井県で感染した野生イノシシが発見され、死亡イノシシの消毒やワクチン入り餌を検討している。 2019年7月12日には長野県内でもで陽性の野生イノシシが発見された。 2019年7月30日には富山県でも(葛原地内(旧))で同月27日に死亡で発見した野生イノシシが陽性と判明した。 2019年9月18日には滋賀県内でも多賀町で陽性の野生イノシシが発見されている。 国内58例目として2020年3月12日に沖縄県の農場で患畜を確認している。 動物衛生研究部門での検査の結果による遺伝子系統図(2018~2020株)は、2020年1月17日時点で「岐阜・愛知・長野・大阪・三重・福井・富山・石川・山梨・埼玉・群馬・滋賀・静岡・沖縄」のイノシシや養豚場 に及んでいる。 2019年9月13日、国内41例目として埼玉県の養豚場で、豚コレラ が発生したと発表した。 感染地域の拡大を受けて、2019年9月28日にブタへの感染を防ぐ豚コレラワクチン接種を決めたため、停止されていた「清浄国」の認定が取り消しとなる方向。 2019年10月17日、静岡県野田沢(との市境付近)にて、道路上で死亡していた野生イノシシが発見され、死骸の検査の結果、翌18日に豚コレラの陽性を確認。 静岡県内にも感染が拡大した。 その後、11月20日時点までに藤枝市岡部町野田沢の最初の発見位置より10km圏内を中心に狩猟により捕獲された個体や、死骸が発見された個体などから13例の豚コレラの陽性例が確認されている(2020年1月17日時点では24例に増えたが、静岡県内養豚場での発生はない)。 2019年11月11日、農林水産省は人間のコレラとの混同やそれに伴う風評被害の抑制のため、公式発表における豚コレラの表記を CSFへと統一する方針を発表した。 国の発表を受けて、都道府県におけるプレスリリースにおける表記も「CSF 豚コレラ 」への変更が進められている。 狩猟への影響 [ ] 豚熱の感染拡大は、例年11月15日から翌2月15日(イノシシ、シカなどの大型獣は11月1日-3月15日まで)の期間に実施される、日本におけるにも大きな影響を及ぼした。 国内で最初に豚熱が確認された岐阜県では、2019年11月1日から2020年3月15日まで県内全域で猟銃 、、 及びを用いた狩猟を全面禁止する事となった。 愛知県では、豚熱が確認された自治体を「感染エリア」として指定し、感染エリア内で狩猟を実施したハンターには、移動の都度自身やの手足、乗り入れ車両のなどの消毒や、捕獲したイノシシの肉はエリア外に持ち出さず自家消費をすること。 その後は感染エリア外での狩猟は自粛することなどを含めた「防疫措置」を徹底することで狩猟を従来どおり実施することとした。 愛知県と同様の対応は、三重県 、長野県 でも実施された。 福井県では、豚熱の感染個体の発見場所から半径10km圏内を「感染エリア」として指定し、エリア内では愛知県と同様の措置を行うこととした。 福井県と同様の対応は、埼玉県 、富山県 、石川県 、山梨県 、静岡県 、滋賀県 でも実施された。 野生イノシシの感染のみが確認されている群馬県では、感染地域か否かに関わらず防疫処置を徹底することで狩猟を従来どおり行うこととした。 大阪府では、発生農場から10km圏内で発見された野生イノシシの検査を実施したが 、2019年11月時点野生イノシシへの感染拡大は確認されていない。 アフリカ豚熱 [ ]• 『』 2018年9月9日. 2018年9月9日閲覧。 板倉吉延、室田賢 2018年9月14日. 朝日新聞社. 2020年1月24日閲覧。 , 2019年2月7日閲覧。 2019年11月17日. 日本語 プレスリリース , 農林水産省, 2019年11月12日 , 2019年11月19日閲覧。 2019年12月24日. 2019年12月24日閲覧。 インターネット官報. 4 2020年2月5日. 2020年2月13日閲覧。 日本語 プレスリリース , 農林水産省, 2020年2月4日 , 2020年3月18日閲覧。 The Center for Food Security and Public Health 2015年10月. 2019年2月8日時点のよりアーカイブ。 2019年2月8日閲覧。 動物衛生研究部門. 2019年2月8日閲覧。 『』2020年1月24日(1面)同日閲覧• 小倉弘明「わが国における豚コレラの清浄化」『畜産技術』627号(社団法人畜産技術協会、2007年)30-33頁• 岐阜県 2018年9月18日. 2018年9月18日時点のよりアーカイブ。 2019年2月8日閲覧。 ただし、岐阜市では2018年8月20日に初期症状が確認されたもののと誤認しており、同年9月7日までは岐阜県での対応が遅れた。 NNA ASIA. 2018年10月11日. の2018年10月15日時点におけるアーカイブ。 2019年2月7日閲覧。 日本語 プレスリリース , 農林水産省, 2019年2月6日 , の2019年2月6日時点におけるアーカイブ。 , 2019年2月7日閲覧。 2019年2月7日. の2019年2月6日時点におけるアーカイブ。 2019年2月7日閲覧。 『日本経済新聞』. 2019年2月6日. の2019年2月6日時点におけるアーカイブ。 2019年2月7日閲覧。 日本語 プレスリリース , 農林水産省, 2019年2月22日 , の2019年2月23日時点におけるアーカイブ。 , 2019年2月23日閲覧。 農林水産省 2020年3月12日. 2020年3月19日時点のよりアーカイブ。 2020年3月19日閲覧。 Web 岐阜新聞社. 2019年2月20日. の2019年2月19日時点におけるアーカイブ。 2019年2月20日閲覧。 『中日新聞』 中日新聞社. 2019年2月19日. の2019年2月19日時点におけるアーカイブ。 2019年2月20日閲覧。 日本語 プレスリリース , 農林水産省, 2019年2月26日 , の2019年2月27日時点におけるアーカイブ。 , 2019年2月27日閲覧。 農林水産省 2020年6月5日. 2020年6月11日時点のよりアーカイブ。 2020年6月12日閲覧。 愛知県 2018年12月22日. 2019年2月7日時点のよりアーカイブ。 2019年2月7日閲覧。 愛知県 2019年3月5日. 2019年3月8日時点のよりアーカイブ。 2019年3月11日閲覧。 農林水産省 2019年2月7日. 2019年2月12日時点のよりアーカイブ。 2019年2月13日閲覧。 愛知県畜産課家畜衛生グループ(2020年1月24日閲覧)• 朝日新聞デジタル. 2019年2月21日. の2019年2月22日時点におけるアーカイブ。 2019年2月22日閲覧。 日本語 プレスリリース , 農林水産省, 2019年3月12日 , の2019年3月16日時点におけるアーカイブ。 , 2019年3月16日閲覧。 『日本経済新聞』 日本経済新聞社. 2019年3月15日. の2019年3月16日時点におけるアーカイブ。 2020年1月24日閲覧。 、岐阜県。 畜産課. 岐阜県 2019年2月15日. 2019年2月18日時点のよりアーカイブ。 2019年2月19日閲覧。 岐阜県 2019年2月15日. 2019年2月18日時点のよりアーカイブ。 2019年2月19日閲覧。 Web 岐阜新聞社. 2019年1月11日. の2019年2月22日時点におけるアーカイブ。 2019年2月22日閲覧。 日本語 プレスリリース , 岐阜県, 2019年3月7日 , の2019年3月7日時点におけるアーカイブ。 , 2019年3月7日閲覧。 岐阜県 2019年3月7日. 2019年3月7日時点のよりアーカイブ。 2019年3月7日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 岐阜県, 2019年3月28日 , の2019年3月30日時点におけるアーカイブ。 , 2019年3月31日閲覧。 中山道雄 2019年3月30日. 『中日新聞』 中日新聞社. の2019年3月30日時点におけるアーカイブ。 2019年3月31日閲覧。 稲田雅文 2019年4月16日. 『中日新聞』 中日新聞社. の2019年4月16日時点におけるアーカイブ。 2019年4月17日閲覧。 2019年4月17日. の2019年4月18日時点におけるアーカイブ。 2019年4月19日閲覧。 岐阜新聞Web 岐阜新聞社. 2019年4月23日. の2019年4月23日時点におけるアーカイブ。 2019年4月25日閲覧。 2019年5月28日. の2019年5月30日時点におけるアーカイブ。 2019年5月30日閲覧。 2019年6月14日. の2019年6月14日時点におけるアーカイブ。 2019年6月14日閲覧。 『中日新聞』 中日新聞社. 2019年6月27日. の2019年6月27日時点におけるアーカイブ。 2019年6月27日閲覧。 日本経済新聞ニュースサイト 日本経済新聞社. 2019年7月8日. の2020年1月24日時点におけるアーカイブ。 2019年7月11日閲覧。 (信毎Web). 2019年7月13日. の2019年7月13日時点におけるアーカイブ。 2019年7月13日閲覧。 農林水産部. 富山県 2019年8月9日. 2019年8月10日時点のよりアーカイブ。 2019年8月11日閲覧。 2019年9月18日. の2019年9月19日時点におけるアーカイブ。 2019年10月10日閲覧。 変異は「岐阜7例目、岐阜イノシシNo. 60、福井イノシシNo. 5および 静岡イノシシには、それぞれ異なる位置に1塩基の変異有。 埼玉2例目には2塩基の変異有(うち1塩基は岐阜7例目と同位置、 もう1塩基は上記とは異なる位置)。 石川イノシシは福井イノシシNo. 5と同位置に1塩基の変異有。 他は同一である。 」と明記。 また、富山・石川・群馬・静岡はイノシシのみであり、沖縄は養豚場のみである。 沖縄県. 農研機構 2020年1月17日. 2020年3月19日時点のよりアーカイブ。 2020年3月19日閲覧。 この記述は、当時の発表に従い「豚コレラ」のままとします。 日本経済新聞. 2019年9月14日. 日本語 プレスリリース , 農林水産省, 2019年9月13日 , の2019年9月19日時点におけるアーカイブ。 , 2019年9月19日閲覧。 NHK NEWSWEB. 2019年9月28日. の2019年9月28日時点におけるアーカイブ。 2019年10月10日閲覧。 - 静岡県• (2019年11月11日)2020年1月24日閲覧。 岐阜県環境生活部環境企画課(2020年1月24日閲覧)• 愛知県環境局環境政策部自然環境課野生生物・鳥獣グループ/農業水産局農政部農業振興課野生イノシシ対策室および畜産課家畜防疫対策室(2020年1月24日閲覧)• 三重県農林水産部獣害対策課捕獲管理班(2020年1月24日閲覧)• 長野県林務部森林づくり推進課鳥獣対策・ジビエ振興室(2020年1月24日閲覧)• 福井県自然環境課(2020年1月24日閲覧)• 埼玉県環境部みどり自然課野生生物担当(2020年1月24日閲覧)• 富山県生活環境文化部自然保護課(2020年1月24日閲覧)• 石川県生活環境部自然環境課(2020年1月24日閲覧)• (2019年11月15日)2020年1月24日閲覧• 静岡県くらし・環境部環境局自然保護課(2020年1月24日閲覧)• 滋賀県農政水産部畜産課(2020年1月24日閲覧)• 産経ニュース(2019年10月31日)2020年1月24日閲覧• 大阪府環境農林水産部動物愛護畜産課畜産衛生グループ(2020年1月24日閲覧)• 大阪府環境農林水産部動物愛護畜産課畜産衛生グループ(2020年1月24日閲覧) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 疾病図鑑Web「」 - 農業・食品産業技術総合研究機構()動物衛生研究所• 動物衛生研究部門「」臨床症状と病変 - 同上.

次の