ゲイツ 軽井沢。 【特報】富士フイルム、ゲイツ財団などからコロナ治療薬の製造受託

ビル・ゲイツの成功を支えてきた「4つの習慣」とは?

ゲイツ 軽井沢

ビルゲイツ氏といえば、世界中の誰もが知る『お金持ち』ですよね。 世界長者番付でトップ3に名前を見ない時はありません。 それもそのはずで、 1995年以降、23年間で世界ランキング1位を明け渡したのは、たったの6回だけです 笑 そんなビル・ゲイツが、なんと 日本の軽井沢に別荘を建設しているという噂があります。 最初に噂が飛び交ったのは2013年頃でしたが、すでに完成させているようだと判明しています。 すでに京都にも別荘を持っていることは知られており、それに続く別荘ではないかと噂されています。 世界一のお金持ちが日本に別荘を持ってくれるというのは少し誇らしい感じがしますよね(笑) またそれと同時にどのような建物なのか、めちゃくちゃ気になりますよね! では、早速その別荘の詳細を紐解いていきましょう! そもそもビルゲイツってどんな人? そう聞かれて、 「Microsoft社の創業者」以外に答えられる人は、実はそう多くないかも知れません。 ここでちょっとだけビル・ゲイツ氏についておさらいしていきましょう。 意外と長い名前ですよね。 笑 イギリス女王より名誉騎士の称号を与えられているそうですので、「卿」 Sir とお呼びすることもできます。 奥さんは元Microsoft社員の メリンダ・ゲイツさんです。 ワシントンポスト紙の取締役に選出されたり、慈善活動を行うなどをして 『フォーブス』誌の「最もパワフルな女性100人」で数度もランクインしている活動的な女性です。 子供は3人いるそうです。 世界で最も裕福な家で育った彼らは莫大な資産を生まれながらに享受しているのか…と思いますよね! しかし!実は、ビルとメリンダは「お金を子供に残しすぎない」ことを教育モットーとしているそうで、資産のほとんどは慈善団体につぎ込んでいるとのこと。 大切なものは何か、を理解して体現している素敵なご家族ですよね。 そんなビルゲイツの肩書きは以下の通りです。 マイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問• カスケード・インベストメント共同創業者兼CEO兼会長• コービス共同創業者兼CEO兼会長• bgC3共同創業者• マイクロソフトリサーチ共同創業者兼会長• テラパワー会長• ResearchGate共同創業者兼名誉理事長 ・・・多すぎてもうよく分かりませんね。 (笑) そしてなんといっても彼の資産、 910億ドル。 日本円にして 約10兆円だそうです。 しかしそう言われても、規模が大きすぎていまいちピンと来ないという方も多いのではないでしょうか。 ここで、10兆円ってどんな規模なのか考えてみましょう。 東京ディズニーランド52個購入 1つあたり1800億円• 東京スカイツリー146個購入 1つあたり650億円• 宇宙エレベーター建設可能• 世界のゲームコンテンツ市場規模• 東京都の平成28年度の予算は7兆円 などなど、 たった一人の資産でもはや国家レベルですよね。 「ビルゲイツは道に落ちている100ドル紙幣 約1万円 を拾わない。 なぜならば、拾う動作の数秒間でそれ以上稼いでいるからである。 」 そんなフレーズを耳にしたことがあります。 彼は1秒間に11万円を稼ぎ出すと言われています(笑) ちなみに自己資産を2017年3月時点の計算で1年間で1兆円を増やしています。 それを年収と考えると、ざっくり計算して• 時給:4億円• 日収:33億円 月25日間労働換算• 月収:800億円 となります。 年末ジャンボ宝くじで1億円!! ビルゲイツは15分で稼ぎ切るのですね。 そう考えると、途方も無い資産家であることがだんだん腹に落ちてきます。 しかしそんなビル・ゲイツですが、意外にもかなりの倹約家だって知っていましたか? こんなにお金持ちなのに、飛行機の移動は可能な限りファーストクラスではなくエコノミークラス。 その理由も、 ファーストクラスに僕が乗らない理由?エコノミーに乗っても到着時間は同じでしょ。 いや、確かにそうなんですが、ビルゲイツさん…。 笑 Microsoft社の日本法人がビルゲイツを呼んだ際にファーストクラスを手配した時、 「こんな無駄なことに会社のお金を使うのか!!」と激怒したそうです。 どんな地域のどんなホテルを手配しても、「こんなにいい部屋は要らない。 ベッドとネット環境さえあれば良いんだ。 」と仰るとか。 《ケチ》とかではなく、 無駄なものにお金を払うことが嫌いなんだそうです。 本当のお金持ちは、『価値を感じるもの』に対してのみお金を使うのですね。 それにしても、自分がエコノミークラスに座っていたら隣がビルゲイツだったなんてことも無きにしも非ずなんですよね。 なんだか胸アツです。 そしてそんな「価値を感じることにのみお金を使う」ビルゲイツが、 日本の軽井沢に巨大な別荘を完成させたというのです。 なぜ?どんな?規模は?どこに?などなど 気になる別荘の詳細を、わかる限り紐解いていきましょう! 軽井沢に別荘完成?気になるその場所は 2013年ごろからまことしやかに囁かれていた別荘建設説ですが、どうやらもう完成しているとのこと。 人の家をのぞくなんてなんだか無粋な気もしますが(笑)、あまり世に出ていない情報をここでご紹介します。 その別荘地の場所と噂されているのが、日本の代表的な避暑地である 軽井沢。 暑すぎず、寒すぎず、日本の四季もしっかりと感じることができ、食べ物が美味しく静かな場所。 昔から有名人が別荘を構える際に名前があがることが多いですよね。 最近だと、嵐の櫻井翔さんがお父さんの定年をねぎらうために2億円の別荘を軽井沢に購入したことで話題に上がっていました。 そしてビルゲイツが心酔するジョンレノンが愛した土地だとも言われているそうです。 彼がここに別荘を建てた真意は分かりませんが、おそらくそういったところも理由になっていたと思われます。 Google map で検索してみると、緑の多い閑静な別荘邸宅街であることがよく分かります。 空から見ても、他の おそらくふつうに豪邸だと思われる 邸宅と比べても、その敷地の大きさの差は歴然。 規模から見るだけでも、彼の資産力が窺えます。 気になる大豪邸の内装、その資産価値は? この超大豪邸の施設内には、• 露天風呂8つ• 地上2階、地下1階 地上1階、地下2階という説も• 屋上ヘリポート などがあるそうです。 敷地面積は1万9979㎡(約8千坪)と規格外。 この大掛かりな工事ですが、施工は大成建設が請け負っていると言われています。 地下の専用道路から屋内に入れる仕組みもあり、延べ床面積は2000㎡にものぼるとの噂が! 世界一のお金持ちが建てる別荘は、 個人の所有というよりはある種のテーマパークのような雰囲気もありますよね。 こんな大きな別荘、どうやって誰がいつ使うのか気になります、、(笑) ちなみに 総工費は80億円と噂されています。 そして80億は途方もない金額に思えますが、 彼の資産の約1000分の1…。 ビルゲイツにとってはあまり気にならない額なのかもしれませんね(笑) この別荘は個人の私有地であって観光地ではないので、興味本位で現地まで行って見てみるということはあまりオススメできませんが、世界一のお金持ちがこの日本に別荘を建てたということは誇らしい事ですよね。 ビルゲイツさん、ぜひ日本を満喫していってください!(笑) イルミナティの秘密のアジトなのか ビル・ゲイツ氏と言えば、秘密結社のイルミナティの会員だと噂をされています。 もしそうだとすると、今回建設しているのも、イルミナティの会員が集まるためのアジトなのではないか?というのがネット上に出回っている説です。 しかし、これはあくまでも推測の域を出ないと思いますので、真偽のほどは不明です。 番外編:ビル・ゲイツの名言 最後に、番外編としてビルゲイツ氏が残した名言をご紹介します。 「私たちはいつも、今後2年で起こる変化を過大評価し、 今後10年で起こる変化を過小評価してしまう。 無為に過ごしてはいけないんだ。 」 「的を見失わないことだ。 自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、 そこに時間とエネルギーを集中することである。 」 「積極的に考え、 積極的に行動する人ほど、 積極的に遊び、 積極的に心身を癒している。 つまり、仕事が充実している人間ほど 余暇も充実しているということだ。 」 「類史上の進歩のほとんどは、 不可能を受け入れなかった人々によって達成された。 」 如何でしたでしょうか。 彼の言葉はその生き様をそのまま映しているかのようですよね。 ただ『世界一のお金持ち』ということをピックアップすると忘れがちですが、何もない所から、たった一代で努力でのし上がったのだということを考えれば、この大豪邸への見方も少し変わるのではないでしょうか。 ビルゲイツのような豪邸を立ててみたいと思ったそこのあなた。 いきなり軽井沢の豪邸はさすがに無理ですが、私のように月収100万円をコンスタントに稼ぐところから始めてみてはいかがでしょうか。 今ならで、こっそりネットビジネスでまずは月収10万円を稼ぐノウハウを公開していますので、参考にしてみてくださいね! 当サイトの管理人yusukeです。 現在はPC1台でのんびりネットビジネスを行ないつつ、自宅で娘の成長を眺めながら生活しています。 新卒でブラック企業に入社してしまうも、起死回生の転職活動で、外資系経営コンサルティングの会社に転職を果たす。 年収1,000万円を超えた頃から、サラリーマンをこのまま続けてても、良い暮らしとか一生ムリということに気づき、ネットビジネスを開始する。 ウェブ系のビジネスに関しては完全に素人な所からスタートし、開始4ヶ月で月収45万円を達成。 副業で稼げるようになったことで、本業がやらなくてはいけない事から、趣味として楽しむ事に変わる。 現在は、かつての自分と同じように、サラリーマン以外に選択肢が無い方に向けて、ゼロから始められるネットビジネスのノウハウを提供。 時間、場所、人、あらゆる制約条件の無いビジネスをPC1台で実践できるノウハウを本サイトで紹介しています。 当サイトの管理人 yusukeです。 現在はPC1台でのんびりネットビジネスを行ないつつ、自宅で娘の成長を眺めながら生活しています。 年収1,000万円を超えた頃から、サラリーマンをこのまま続けてても、良い暮らしとか一生ムリということに気づき、ネットビジネスを開始する。 ウェブ系のビジネスに関しては完全に素人な所からスタートし、開始 4ヶ月で月収 45万円を達成。 副業で稼げるようになったことで、 本業がやらなくてはいけない事から、趣味として楽しむ事に変わる。 現在は、かつての自分と同じように、サラリーマン以外に選択肢が無い方に向けて、 ゼロから始められるネットビジネスのノウハウを提供。 時間、場所、人、あらゆる制約条件の無いビジネスを PC1台で実践できるノウハウを本サイトで紹介しています。 主な活動:個人向け副業コンサル、ECサイト、音楽業界、士業を対象とした法人メディアコンサル、外資系コンサル業界転職支援など.

次の

軽井沢に「ビル・ゲイツの別荘?」が建設中 竣工は来年7月とのウワサ

ゲイツ 軽井沢

問題の建築物の北側北面図。 敷地面積2万1969. 47平方メートル(約6657坪・テニスコート換算で84面分)、延床面積6238. 63平方メートル(約1890坪)、地上1階、地下3階の超巨大別荘(個人4~5人での使用)。 県に届け出た建築計画書によると、敷地面積2万1969. 47平方メートル(約6657坪・テニスコート換算で84面分)、延床面積6238. 63平方メートル(約1890坪)、地上1階、地下3階。 個人の別荘というにはあまりに大きく、どうしてこれが個人の別荘として認められるのか、という疑問はぬぐえない。 企業の山荘として申請すると近隣への説明会が必要になり反対される可能性もあるが、個人の別荘なら説明会はいらない。 そのために個人と言っているのではないか、という疑問を感じさせるほど巨大な建物なのだ。 噂どおりビル・ゲイツだというなら、このピーエムリゾートの存在は何なのか。 そして代表取締役の黒川正博なる人物とは? 東京新橋にあるピーエムリゾートの設立は2009年で、10年2月に虎ノ門から新橋へ移転している。 会社の業務としては、リゾート開発、不動産業、投資業、金融業などが掲げられている。 新橋のピーエムリゾートに事実関係の確認をしたが、期日までに返事はなかった。 やはり噂どおりペーパーカンパニーなのだろうか。 日本マイクロソフト社に、ビル・ゲイツとの関連を尋ねると、こんな返事が来た。 「ご指摘の土地・建物は、弊社とは一切関係ない。 ビル・ゲイツおよびその家族についてはわからない」 (写真上)2012年1月撮影、約6000坪の丘の木を伐採した。 (写真中)13年4月4日撮影、超巨大な屋根が見えてきた。 (写真下)13年6月23日撮影、コンクリート4階建てのビルが姿を現した。 今でも着々と工事が進む。 12年6月頃から工事現場は巨大な白いテントに覆われて見えなくなった。 テントの中では小山を削っているらしく、土砂を運ぶダンプカーが毎日約100台出入りする。 その通り道となったのは、「ロイヤルプリンス通り」と呼ばれる天皇皇后両陛下にゆかりのある道路も含まれていた。 近隣に住むYさんは朝早くから夜遅くまで続く騒音と揺れに悩まされていた。 「夜9時までミキサー車やダンプが通り、埃もすごくて窓も開けられません」。 1年前に別荘を建てたばかりの住民も「こんなことならここに建てるのではなかった」と嘆く。 計画書どおりなら、これから3階部分を埋めて地下とし、見た目には平屋の建物になる予定だ。 この別荘について、近隣の人たちの声は2つに分かれていた。 噂どおりビル・ゲイツの別荘ならこの辺り一帯の価値も上がると歓迎する人がいる一方、建設のやり方に疑問を持つ人も多かった。 千ヶ滝西区に40年以上暮らしている別荘族の塚田宏さんは「個人の別荘としての届けであっても、これだけ大きな建物はもはや別荘ではないし、ひと山削るというのは自然破壊の問題がある」と指摘する。 塚田さんは別荘ではなく、「シェルター」と呼んでいる。

次の

大富豪ビルゲイツが日本に別荘!?軽井沢に建てた理由は??

ゲイツ 軽井沢

「マイクロソフト」共同創業者で、世界長者番付で過去18回首位に輝いた。 彼が成功を築いてきた背景には、ある4つの習慣があった。 マイクロソフト生みの親、ビル・ゲイツ ビル・ゲイツの本名は、ウィリアム・ヘンリー・ビル・ゲイツ3世。 マイクロソフト共同創業者、「Windows」を開発した人物として知られている。 2008年にはマイクロソフトの一線を退き、会長職へ。 それからは妻のメリンダとともに「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」を通して慈善活動に力を注いでいる。 14年には会長職を辞任し、新任のCEOサティア・ナデラをサポートするための、技術アドバイザーとしてのポストに就いている。 ゲイツは世界長者番付で1995年から合計18回、世界1位となった。 17年以降はアマゾン創業者であるジェフ・ベゾスに次いで世界2位にランクインしている。 19年4月時点のゲイツの資産額は1006億ドルとされている。 ビル・ゲイツとマイクロソフトの歴史 ハーバード大学在学中に、2歳年上のポール・アレンとともにマイクロソフトを設立したゲイツ。 85年には「Windows」、90年に前身から大きく改良した「Windows3. 0」、さらに改良を重ね、95年に「Windows95」を発売した。 当時コンピューター業界で注目されていた「アップル」の「Macintosh」と並び、世界的なヒットを記録した。 また、同時期に導入した「Internet Explorer」も爆発的な人気を博し、マイクロソフトは世界最大のPCソフトウェア企業に成長した。 マイクロソフトの成功を支えた、ビル・ゲイツの習慣 IT革命を起こし、天才と呼ばれたゲイツの成功は、日々の習慣によって導かれたものといっても過言ではない。 多忙な日々の中でも大切にしてきた習慣とは? 1日7時間の睡眠時間を確保 マイクロソフト創業時は睡眠時間を削って血眼になって働いていたが、事業が軌道に乗りはじめる頃には睡眠時間を十分にとるようになった。 クリエイティブな力を発揮するには1日7時間は睡眠時間を確保することが大切だという。 多忙であるからこそ睡眠をしっかりとり、心身の疲れをリセットして日中のパフォーマンスを向上させている。 瞑想をする ゲイツは毎年、1年を通じてのお気に入りの本を自身のブログ「Gates Notes」で公開してきた。 2018年は、瞑想をテーマにした本を紹介。 この本をきっかけに瞑想の知識を深め、実践しているという。 瞑想は比較的最近取り入れた習慣だが、非常に良い効果を実感しているようで、「スポーツをするときに体のエクササイズをするように、心のエクササイズが瞑想なんだと思うようになった」と述べている。 年に2回ほど「考える週」を確保する ゲイツは多忙な日々の中でも年に2回ほど、1週間の「考える週」を設けている。 その期間は仕事をせず、家族との連絡も絶って、じっくり自分の夢や目標を見直し、気持ちをリセットする時間に充てているという。 この習慣は80年代から実践し、会社が急成長してからも継続し続けているという。 読書をする 経営から退いた現在も、分刻みのスケジュールをこなすというゲイツ。 そんな多忙を極める日々の中でも、現役時代から現在に至るまで1日も欠かさないというのが読書だ。 読む本の分野は、IT関連や数学関連などの自身が精通している分野だけでなく、ビジネス書や趣味実用書など多岐にわたる。 ゲイツはもともと理系分野が得意であったが、新聞や雑誌も含め、あらゆるジャンルの書物を読むことでバランスよく知識を身につけていた。

次の