よく分かる糖尿病の治療法と症状【糖尿病の教科書】。 てんかんの症状・診断・治療

20年間アメリカに渡米して最先端の予防医療と予防医学を学んだ!スペシャリストの私が、病気と健康の正しい知識を教えます☆誰でも疾病予防・改善できるようになります!生活習慣病の予防も教えます!健康寿命を延ばしましょう。

よく分かる糖尿病の治療法と症状【糖尿病の教科書】

てんかんとは、「てんかん発作」を何回も繰り返す脳の病気です。 脳には非常に多くの神経細胞があります。 これらは通常バランスよく活動しています。 ところが、神経細胞の一部に異常な興奮が発生して、周りの神経細胞に拡大したり、脳全体に広がることがあります。 その結果、てんかん発作が起こります。 てんかん発作があることが、てんかんという病気の大きな特徴です。 てんかんはほうっておくと、次のような危険性があります。 発作から事故につながる• 脳の機能に影響を及ぼす 早期に発見して、適切な治療を受けることが大切です。 以下、このページを読み進めていただくと、てんかんの症状と診断、そして治療について、ざっくりとお分かりいただけると思います。 てんかん患者は全国に100万人 てんかん患者は、全国に100万人いるといわれています。 これは、1型糖尿病や関節リウマチなどとほぼ同じくらい多い病気です。 予想以上の多さに驚かされる人もいると思います。 てんかんはどの年代でも発症しますが、特に多いのが小児と高齢者です。 小児の場合は、胎児の時の「脳の形成異常」、あるいは出生後の細菌やウィルスの感染による「髄膜炎」や「脳炎」などから発症することがあります。 高齢者の場合は、「脳卒中」や「脳腫瘍」などの合併症として、てんかんが起こるケースがあります。 年齢に関係なく、原因がはっきりしないてんかんも多くあります。 てんかんを遺伝する病気と考えている人も多いと思いますが、遺伝と関係のあるてんかんは全体の1割未満です。 てんかん発作 てんかん発作というと、「突然倒れて全身にけいれんを起こす」というイメージがあると人も多いと思います。 しかし実際は、周りの人が気づかないような小さな発作を起こすことも少なくありません。 「泡を吹いて倒れる病気」という考えは昔の話です。 神経細胞の異常な興奮が、脳全体に広がると、けいれんなどの大きな発作が起こりますが、異常な興奮が脳の一部だけで起こっている場合は、その部分が司る機能に関わる症状だけが現れます。 てんかん発作は、同じような発作を繰り返し起こすことが特徴です。 発作のタイプには次のようなものがあります。 てんかん発作の例 興奮した部位が司る機能 症状例 運動 体の一部が連続して動く 感覚 手足がしびれる ない音が聞こえる 光や模様が見える 奇妙な匂いがすると感じる 意識 動作を止めてぼんやりする 記憶 記憶がなくなる 昔の記憶が現れる 感情 恐怖感が出る 寂しくなる てんかんが疑われるケース 体の震えなどが起こるとてんかんを疑う人が多いのですが、他の病気も可能性もあるので早合点しないことです。 また、記憶障害、恐怖感といった感情が繰り返し起こるならば、認知症や精神疾患と間違われることがあります。 てんかんが疑われるのは、同じ症状を何度も繰り返す場合です。 神経内科や脳神経外科、精神科などを受診してください。 小児の場合は、小児科を受診してください。 てんかんの重要な条件は次のとおりです。 慢性の脳疾患であること• 神経細胞の過剰な電気反射(脳波の異常)があること• 反復性の発作があること 「ありません。 発作のことは覚えていませんでした。 」 脳波検査 問診の次に大切なのは、脳波検査です。 頭部に電極を取り付け、脳の神経細胞が出す微弱な電流を捉えて記録します。 脳波で次のことが分かります。 ただ、てんかん患者でも、脳波が正常な場合もあります。 入院して診断することもあります 問診や脳波検査で診断がつかない場合や、薬によると治療で発作が抑えられない場合、入院して数日間連続して脳波を調べる検査が役立ちます。 ビデオで発作の様子を捉える検査も普及してきています。 発作の状態と脳波を見ながら、神経内科、小児科、精神科、脳神経外科など複数の医師が診断を確定し、治療方針を決めるのが理想とされています。 てんかんの治療 抗てんかん薬の服用 治療の基本は「抗てんかん薬」の服用です。 約7割の患者は発作をコントロールできます。 小児の場合は、大人になると発作が出なくなることがありますが、大人の場合は原則として生涯にわたって服用します。 高齢者の場合は、少量の薬でも十分な効果が現れます。 抗てんかん薬の副作用 抗てんかん薬で次のような副作用が現れる場合もあります。 前もって担当医の説明を十分に聞きましょう。 薬の量が増えるにつれて、眠気やふらつきが現れる このような副作用が現れり場合は、担当医と相談して服用の仕方を決めましょう。 自己判断で服用をやめないようにしてください。 手術 抗てんかん薬で抑えられない場合、手術が行われることもあります。 重要な外科手術となりますので、担当医やてんかんの専門医と相談するのが良いでしょう。 てんかんと生活 てんかん発作は抑えられないと考えている人も多いと思いますが、大多数の患者は適切な治療で、健康な人と同じような生活を送ることができます。 一定の基準を満たせば、• 車の運転• 妊娠、出産、搾乳 も可能です。 ただ、小さな発作が大きな事故につながる場合もありますので、受診せずに放っておいたり、治療を諦めたりしないことが大切です。 てんかん発作を持つ人は、薬である程度コントロールできるものの、常に発作が起こるかもしれないという恐れを抱きながら、生活しなければなりません。 また、発作により、学校生活の制限、仕事の制限、運転、結婚、妊娠、出産などの問題を抱えています。 本サイトが、てんかんという病気を知っていただくきっかけになれば幸いです。 てんかんという病気を、社会でどのように支援していくか、社会生活や日常生活の中でどう対処していくか、私も、本サイトの制作を通して、考えていく所存です。

次の

高齢者がかかりやすい病気と、知っておきたい医療ケア|みんなの介護

よく分かる糖尿病の治療法と症状【糖尿病の教科書】

糖尿病が気になるあなたも、糖尿病予備群のあなたも、しっかりと予防をすれば、健康で長生きができ、ワクワク楽しい生活ができますので、ぜひ糖尿病のことを知って、生活習慣を変えていきましょう! 【目次】• 糖尿病とは 糖尿病とは 血糖値が高くなる病気で、わかりやすくいうと、上手くブドウ糖を取り入れられない病気です。 糖尿病になると、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなり、血液の中にあふれてしまいます。 どうしてそのようになるのかといえば、血糖値を下げるホルモンであるが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなるからです。 インスリンは、体の中で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように調節する働きがあります。 また、血液中のブドウ糖を体の細胞に送り込んで、エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンに変えて、エネルギーとして蓄えておくようにする働きがあります。 ブドウ糖をコントロールしているインスリンが不足したりうまく作用しないと、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖が使えなくなってしまいます。 そのため、血糖値が上がってしまい、そして、筋肉や内臓にエネルギーが運ばれないため、全身のエネルギーが足りなくなってしまいます。 つまり、インスリンがすい臓から分泌されない、またはその量が不足している、分泌されているのに十分に作用しないなど様々な原因で慢性的に高血糖になるのが「糖尿病」です。 糖尿病と子供 糖尿病は、40代以上の中高年だけでなく、20代、30代にも発症するため、年齢は関係ありません。 さらにいえば、最近では小学生などの子供の2型糖尿病が増えています。 これは、生活習慣の悪化によるものであると考えられます。 大人と同様、子供も清涼飲料水で必要以上の糖分をとっており、また、甘い食べ物や脂っこい食べ物(ファストフードなど)を多く摂っているためのようです。 それに加えて、近年の子供は運動不足が重なり、糖尿病の子供が増えていると考えられます。 先頭にもどる 糖尿病の種類 糖尿病は4つのタイプに分けられます。 1型糖尿病 膵臓がインスリンをほとんど、あるいは全く作らないために体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる糖尿病です。 若年性糖尿病や小児糖尿病と呼ばれることも多いですが、最近では子供の2型糖尿病も増えてきているので、やはり1型糖尿病と呼ぶ方が適切だと思います。 2型糖尿病 インスリンの量が不十分で起こる糖尿病と、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こる糖尿病があります。 食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多いです。 日本の糖尿病者の95%がこのタイプ。 例えば、アマゾンプライムビデオ「内村さまぁ〜ず」の人間ドック企画2019によれば、さまぁ〜ずの三村マサカズさん(5. 7%)、大竹一樹さん(5. 6%)も2018年からアップし、糖尿病(HbA1c基準値6. 2%以下)一歩手前の境界型糖尿病と診断されていました。 遺伝子の異常やほかの病気が原因となる糖尿病 遺伝子の異常や・の病気、感染症、免疫の異常などの他の病気が原因となって引き起こされる糖尿病があります。 また、薬品が原因となる場合もあります。 妊娠糖尿病 妊娠時に現れる糖尿病。 新生児に合併症が出ることもあります。 先頭にもどる 糖尿病の症状・チェック(見分け方) 糖尿病により、以下のような特徴的な症状がみられることがあります。 ただし、糖尿病の症状ははじめのうち、痛みなどの自覚症状がないため、検査でが高かったり、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま治療を受けない人が多いです。 以下の症状がある場合には、一度医師による診察をおすすめします。 糖尿病の症状・初期症状の例• (視力障害)• 手足のしびれ(・)• 手足の冷え(手先の冷え・)• インポテンツ(性欲減退)• 月経異常 糖尿病の症状に関するギモン• しかし、実は、糖尿病の一番の問題はです。 糖尿病による障害()で人工透析を始める人も多く、また糖尿病が原因の視覚障害()や(手足のしびれ・壊疽など)が発生することもあります。 になると、、、などの目の病気や、・、、にもなる可能性が高いといわれています。 合併症にならないためにも、糖尿病の症状があらわれた場合、しっかりと治療に取り組みましょう。 先頭にもどる 糖尿病の原因 1型糖尿病の原因は、遺伝や環境が原因とも言われていますが、はっきりとはわかっていないというのが現実です。 2型糖尿病の主な原因は、の増加や運動不足によるであるといわれています。 肥満以外にも遺伝や環境、ストレス、加齢、食べすぎ、なども原因といわれています。 進行したら薬物療法が必要になります。 糖尿病食で食べてはいけないものはありませんが、自分にあった分量の食事で、必要とする全ての栄養素をとるように工夫します。 バランスのとれた食事になるので、家族と一緒に食べられます。 なお、医師の指導に従ってください。 糖尿病の場合、急に激しい運動をしてはいけませんし、運動量が足りなすぎても効果がありません。 薬物療法が必要になるのは、1型糖尿病の人です。 1型糖尿病の場合、体内でインスリンを作れないため、必ずインスリン注射が必要になります。 それ以外の型でも、食事療法や運動療法を続けても効果が現れない場合、薬物療法を行います。 どちらも医師に相談せず、勝手にやめたり、多く使ってはいけません。 薬を飲み始めて調子が悪くなったら、必ず医師に相談するようにしてください。 *糖尿病治療の際は、必ず専門医にご相談ください。 初めてのお客様のために初回お試し価格をご用意しております。 まずは一度試してみませんか? ・・などに関係しているのはとであることが研究でわかっているそうです。 タウリン・マグネシウムを含む食品の代表例としては、カキ(牡蠣)です。 その結果、体のエネルギーが不足し、疲れやすくなります。 すい臓でインスリンを作る際には、亜鉛が欠かせません。 亜鉛にはインスリンの働きを持続させる働きもあります。 食事でマグネシウムを摂取している人はの糖尿病になりにくいということが福岡県久山町の住民の健康診断データを21年間にわたって追跡した九州大チームの調査で確認されたそうです。 多目的コホート研究によれば、オメガ3にはインスリン抵抗性の改善作用があることが報告されています。

次の

M2PLUS

よく分かる糖尿病の治療法と症状【糖尿病の教科書】

人は生きていくうえで、何をやるにしても 健康が無くてはなりません。 ただし年齢を重ねたり、色んな事情があって 誰しも病気に悩ませることがあります。 私も幼い頃から、体が弱かったので、 いづれはこういった人たちを救いたいと 思っていました。 その思いが叶い、アメリカへと渡米することが出来 20年最先端の医療と医学に携わってきました。 今では帰国し、主に日本で活動していますが 2ヶ月に一回は違う国に行くという ハードな毎日を送っています。 そんな生活に体の弱かった私が対応できるのは 長年培ってきた予防医学の知恵と対策が 成せるものです。 健康保険の自己負担が少ない日本では、 国民自体があまり病気に対する知識がありません。 対して、医療の自己負担の大きい 外国では、医者並みの知識を国民が持っていたりします。 実は色んな現代病は栄養の問題だけではなく 日ごろ使っている日用品が深く関係しています。 外からのアプローチ、内側のケア、メンタルケア方法をすべて大公開!! お茶の秘密、入れ方、美味しい飲み方教えます!!健康にも良いお茶、必見!!! タバコを禁煙する方法!!簡単に禁煙する謎をご紹介!!さらになぜ止められないかを追求!! 成人病予防の基礎知識から実体験など様々な情報を発信!成人病を甘く見ているそこのあなた!!自分は健康だと思っているあなた!!知らぬ間に近寄る成人病の存在に気付いて下さい。 心の健康と生活習慣病を見直して、あなたも本当の健康を手に入れませんか。 なんとなく体調が悪い人いませんか? 病気の原因は汚れた血液です。 血液の汚れを放っておくと様々な症状が現れ、最悪な結果にもなりかねません。 様々な病気の原因、効果のある予防・改善法を載せています。 高血圧症は初期症状がほとんどないので、この病気の怖さや重大さを知る事はとても大切です。 日常の生活習慣の改善などから出来る予防方法をご紹介するサイトです。 食生活や生活習慣の改善など、日常生活から出来る、認知症の予防方法をご紹介するサイトです。 薬を使わない具体的な療法が満載です! からだのお悩みを手作りのおいしいジュースで解消しましょう。 ダイエットにも効果大です。

次の