パンダ エクスプレス メニュー。 【ラゾーナ川崎】日本再上陸のパンダエクスプレスのレポート【本場との比較あり】

パンダエクスプレス~グアムのフードコートでおすすめの中華メニュー

パンダ エクスプレス メニュー

この記事の目次• 家族のご飯からデートまで!パンダエクスプレスはアメリカ人に大人気 私が一番気に入っているのが パンダエクスプレス Panda Express です。 みんなPandex パンデックス って呼んだりしていますね。 10ドル以下でお腹いっぱいになるし、味もなかなか良いと思います。 アメリカに留学していた日本人学生ならほぼ全員お世話になっているんじゃないでしょうか?(笑) アメリカの中華料理特有の、 「中華料理なのに全部甘い」という悲劇はありません。 アメリカ全土に(グアムやハワイも!)ありますが、大抵郊外にあったり、 ショッピングセンターの中に入っています。 あまりダウンタウンとかでは見かけないですね。 お店の雰囲気もカジュアルで、こんな感じの格好の人が多い。 家族連れもいれば、若者カップルもランチを食べに来たりしています。 パンダエクスプレスの注文の仕方:自分で組み合わせて楽しもう Panda Expressの注文方法をご説明します。 まず、注文の流れはスタバやメキシカンのChipotle チポレ などと同じで、店員と会話をしながら順番に選んでいくタイプです。 日本の学生食堂とか社員食堂をイメージしてもらえば良いと思います!• レジでお金を払う• フードを持って席を探す というスタイルです。 フードは、まず主食を決めて、次におかずを決めるルールです。 その後に、主食 なぜかSideと言います をチャーハン、白米、焼きそば、ミックス野菜から選びましょう。 パンダエクスプレスのSideは量がものすごく多いので、日本人だと飽きるかも。。 太るし。。 ハーフ&ハーフもできるので、私は チャーハン+焼きそばか、 チャーハン+野菜にしています。 おかず Entree を2種類決める:オレンジチキンおすすめです! カウンターに並んでいる料理の中から美味しそうなおかずを選んで店員さんに伝えます。 おすすめは絶対に オレンジチキン Orange Chicken !! Panda Expressの一番人気メニューで、めちゃめちゃうまいです。 甘辛のオレンジソースがたっぷりかかっているんですが、衣が ザクッとしていて中のチキンはしっかり柔らかい。 ご飯がどんどん進む感じの味付けで、アメリカ人も大抵これを頼んで、ライスをバクバク食べています。 オレンジチキンwithベーコンとかもあるんですが、パンダエクスプレスなら普通のオレンジチキンのがおすすめ! オレンジチキンが重めなので、あともうひとつは野菜多めのおかずを選んで注文終了。 この日は しいたけの炒め物をオーダーしました。 しいたけ(Shiitake mushroom)はアメリカでも定番になってきてます。 このおかず2つプレートで、約7ドルです。 安いしうまい! どうです?これぞパンダエクスプレス!・・不健康そうでしょ?(笑) ちなみに、最後にフォーチュンクッキーももらえるのが、アメリカの中華の良い所。 ご多分にもれず、パンダエクスプレスでも小さいクッキーをもらえますよ。 全部食べきれない?Panda Expressは満腹になったら残りも持ち帰れます そんなパンダエクスプレス。 味は絶対に日本人好みなので、気に入ってもらえると思うのですが、特に女性だと 「パンダエクスプレスは量が多い!食べきれない!」と思うかもしれません。 そんなときは、Pandexもアメリカの他のレストランと同じく持ち帰りもできます。 余ったオレンジチキンを次の日にちょこっと食べたりしてもいいと思います。 まあ、私の場合は食べきれなかったことが無いくらい旨いと思うのですが・・。 留学生とだと、パンダエクスプレスの話で盛り上がれるんですが、駐在員はあまりパンダエクスプレスって食べないんですかね 笑 日本人が良く行く旅行先だと、ハワイやラスベガスのフードコートにもパンダエクスプレスは出店しているので、一度は行ってみてください。 このソースがあれば、日本の家でも手軽にオレンジチキン再現できます!.

次の

パンダエクスプレス【沖縄パルコシティ店】メニューと注文方法を解説。

パンダ エクスプレス メニュー

こんにちはmasaです。 PANDA EXPRESS(パンダエクスプレス)が沖縄初上陸!ということで、早速パルコシティまで行ってきました。 パンダエクスプレスは、1983年にアメリカのカリフォルニアからスタートした、現在世界に2200店舗以上を展開するアメリカンチャイニーズレストランです。 アメリカでもっとも多い中華料理店の1つで、アメリカ人の中では定番中の定番。 ですが日本では数店舗しか出店しておらず、10年以上も東京で暮らしていたわたしや東京出身の嫁さんでさえも行ったことがない、ちょーレアなお店。 ということで、わたしも嫁さんもワクワクが隠しきれずに、行く前にリサーチをして万全の態勢で臨もうと「パンダエクスプレス 沖縄」と検索をして情報を仕入れようと試みました。 ですが・・・ホームページを見ても金額が書いてあるメニューや詳しいシステムが記載されておらず、「いったいどんな店なんだ?」と謎は深まるばかり。。 実際にお店に行っちゃえばすぐわかることなんですが、事前情報を仕入れてから行きたい派にとっては、けっこう歯がゆかったりします。 ということで、これから「パンダエクスプレスに行きたいけど、情報がなくて心配・・・よくわかんねぇや」という方たちのために、 メニューや金額、システムやお店の雰囲気などなど、パンダエクスプレスがどんなお店かということを紹介していきたいと思います。 最初に言っておきますが、パンダエクスプレス、まじでオススメですよ!! 目次• お店の雰囲気と混み具合 さぁ、待ちに待ったパンダエクスプレスの店舗前でございます。 パルコシティがめちゃめちゃ広くて迷わないかと心配でしたが、 3階の飲食店がまとまったコーナの一角にあり、スターバックスの斜め向かいにあるので、わかりやすくてスムーズに辿り着けました。 新装開店ということで、お花がたくさん並べられて豪華な装い。 ・・・・・・ ・・・・ ・・ ・ てゆうか、すごい行列! 人!人!人! 並ぶのが苦手な人は、「もう無理」なんて叫びながら違うお店を探すパターンですね、これは。 ちなみに、わたしたち夫婦は気合が半端なかったので、平日の開店30分前に並んだということもあり、渋滞に巻き込まれずにすみました。 この人たちはいったいいつから並んでいたのだろうか・・・? ちなみに、開店11時になった時点でかなり大行列になっていたので、遅くとも10分前にはお店に着いていた方がストレスなく食べられますよ。 あとは、時間帯は15時〜16時あたりも比較的空いていたので、狙い目でしょう。 その場合はテイクアウトして、フードコートに移動して食べれるのでご安心を。 中途半端な時間帯ということもあり、席に座っている人はまばらでした。 やはり狙い目の時間帯ですね。 テイクアウトもできるので、大行列に心折られた人も、帰る前についで買いしちゃってもいいかもしれません。 メニューとオーダー方法 では肝心のメニューとオーダー方法を紹介していきます。 パンダエクスプレスは、店内で食べるかテイクアウトするかを選ぶことができ、ベース 主食 とメイン おかず を組み合わせて注文します。 今回行った時はお店が混雑していたからか、テイクアウトを選ぶお客さんが多かったです。 1 サイズを選ぶ 最初にサイズを選びます。 STEP. 2 ベースを選ぶ ベースは、米・麺・野菜から選べるので、ダイエット中で糖質を制限している人でも、遠慮なく食べることができます。 ・フライドライス チャーハン 」 ・「チャオメン 焼きそば 」 ・「玄米」 ・「白米」 ・「ミックスベジタブル 野菜つめ合わせ 」 ・「ハーフ&ハーフ」 オススメ ベースメニューから2種類を半分ずつ選べます わたし達夫婦は、「ダイエットなんて知らねーし」という美味しさファーストの人種なので、ハーフ&ハーフでフライドライスとチャオメンというガッツリ炭水化物を選択。 STEP. 3 メインを選ぶ メインは種類が豊富すぎて、マジで悩みます。 とりあえず、人気No. 1メニューの「オレンジチキン」を頼んでおけば間違いないかと。 ・「オレンジチキン」 人気No. 1 ・「モンゴリアンポーク」 人気No. ここで、ズバッと「これにしようよ」と出しゃばると不機嫌になってしまうので、温かく見守るわたし。 しかし、いよいよ順番が迫ってきて、このままだと後ろのお客さんに迷惑がかかりそうだったので、 「とりあえず、人気No1とNo2を頼んどけば間違いないんじゃないかな?」とさりげなく進言。 「確かに、そうしよう!」と嫁さん。 反応が良かったのですかさず、「もう一品はせっかくだからプレミアムから選ぼうよ。 ブロッコリー体に良いから、ブロッコリービーフはどう?」と一気にたたみこむわたし。 鶏肉、豚肉、牛肉と、3種類食べられたということで、終始嫁さんは上機嫌でした。 オススメプレート ちなみに、パンダエクスプレスが推奨するおすすめプレートというメニューもあり、 どうしてもメニュー選びに迷ってしまう・・・という方は、参考にしてみてはどうでしょうか。 わたしもこのメニューを参考にして嫁さんを納得させたので、使えますよw キッズミールというお子様用のメニューもあるので、子供と一緒に楽しめますね。 オーダーしてからお会計までの流れ パンダエクスプレスはカウンターで注文をした後に、店員さんが盛り付けをしてくれて、最後にレジでお金を払うというシステムになっています。 目の前でベースとメインメニューの実物が見れるので、メニュー選びの参考にできてありがたいです。 手前に盛られた人気No. 1のオレンジチキンを目の前にして、よだれが出そうになるわたし。 それを見て嫁さんが「落ち着けよ」と一言。 サイドメニューと注意点 レジでお会計を行う時に、飲み物などのサイドメニューが頼めるのですが、飲み物ははセルフ形式になっていて、飲み物を注文すると、店員さんから紙コップがもらえます。 飲み物を注文しなくても水用の紙コップがもらえますが、店内が混み合っていたせいか、紙コップをもらい損ねてしまい、席についてから「そういえば紙コップないね」と気づいてしまいました。 店員さんに声を掛けようにもバタバタと忙しく動き回っていたので、なかなかタイミングがつかめず・・・紙コップをもらうまで時間がかかってしまいました。 お会計の時に、「紙コップがないな」と気づいたら、すぐに店員さんに言って、もらうようにした方が後々になって慌てなくてもすみますよ。 人気メニューを食レポ レジで支払いを済ませて、いよいよ待ちに待ったお食事タイム! 想像以上にボリュームたっぷりでございます。 実際にわたしが食べてみた感想をお伝えしていくので、参考にしてみてください。 具材も白米に卵、グリンピース、ニンジン、ネギというシンプルなもので、 誤解を恐れずにいうと、「無味無臭」と言った表現があうのかな? ただそれが悪いということではなくて、チャーハンだけど白米と同じような出しゃばらない存在感でいてくれるというか、オカズとの相性がいいんです。 これがフライライス単体だけで食べろと言われたら、ちょっときついですが、オカズと一緒に食べるという点では、わたし的にはとてもバランスが良かったなという風に感じました。 まぁ、味の好みは人それぞれあるので、「チャーハンは味が濃くないと嫌だ!」という方にとっては、「味がしねーじゃん!なんだこれ」となってしまうかもしれません。 オカズのお供としてという観点から考えると、きっちりとバランスを考えられたとても秀逸な味付けだなーとわたしは感じました。 わたしは濃い焼きそばが苦手なので、食べた習慣ホッとしました。 キャベツとセロリがシャキシャキとしていて、イメージとしては、食感が良い白米?といったところでしょうか。 ごめんなさい、わかりづらいですよねw ただ、これもオカズの味を邪魔せずに、良い感じで主食の役割を果たしてくれているので、わたしと嫁さん的には大ヒットでした。 きっとパンダエクスプレスは、ベースは目立たせずに、あくまでもメインを引き立たせる名脇役的な位置付けにしているのかな?と個人的には思います。 そこは評価が分かれるところでしょうが、油っぽいもの嫌い・濃いもの苦手、という方であれば、わたしと同じように美味しいと感じてくれるはずです。 1の人気メニューでございます。 わたしと嫁さんの目的はオレンジチキンを食べるという事だ、と言っても過言ではありません。 食べる前はなんとなーく、揚げ物ということと形的に、酢豚のような味付けかな?というイメージをしていました。 ですが実際に食べてみると、酢豚ほど酸っぱくなくて、オレンジの風味がほのかに香る甘酸っぱい味付けでした。 甘酸っぱいオレンジソースと、衣はカリッと、中みはジューシー。 「こりゃ人気出るわ」と無言で頷く2人。 本当にアメリカの食べ物かい?というくらい、油っぽさがなくて何個でもパクパクいけます。 アメリカの皆さん、ゴメンなさい わたし達夫婦は、次回パルコシティに来た時はオレンジチキンを絶対にテイクアウトで持ち帰ろうと固く誓いました。 モンゴリアンポークは当初は日本限定での販売でしたが、あまりにも評判が良かったせいで、世界でも販売が決まったという伝説的なメニュー。 オレンジチキンに続いて、人気No. 2のメニューでもあります。 味付けはしょうゆベースで、少しガーリックの風味もしました。 具材は、パプリカ、玉ねぎ、青ねぎ、と野菜たっぷりで、アメリカンテイストには欠かせないマッシュルームがこれまた効いていました。 そして何と言ってもポークが美味しい!! 味もさることながら、「歯がなくても噛み切れるんちゃう?」というくらいの柔らか具合。 大袈裟ですが本当に柔らかいw わたし達夫婦2人とも食べた瞬間、「柔らかっっ!」と声に出したくらいです。 個人的には、オレンジチキンを超える美味しさだったなと。 このメニューはぜひ食べてもらいたいですね。 ブロッコリービーフは、牛肉とブロッコリーをジンジャーソイソースで炒めたというシンプルなメニュー。 少し固めの新鮮なブロッコリーは、マリネされた牛肉と良く合います。 ブロッコリーは食感が良くてわたし的には良かったですが、固めが苦手な人は食べづらいかもしれません。 まぁ、悪くはないんですが、次回からのリピートは多分ないと思います。 どっちか選べと言われたら迷わずモンゴリアンを選ぶので。 ブロッコリー愛に溢れた方であれば気に入るかもしれないので、一度食べてみてもいいかもしれません。 テイクアウトこそ PANDA EXPRESS パンダエクスプレスは、海外ドラマや映画などの食事シーンで頻繁に登場する、あの「スタイリッシュな紙容器に入った中華料理」の第一人者で、 「アメリカンな日常」を演出してくれる、海外メディア好きにとっては憧れの食べ物だったりします。 あの「スタイリッシュな紙容器に入った中華料理」をテイクアウトして、スタバのコーヒーをお供に公園で食べると、気分はすっかりアメリカン!てな感じで。 サイズは、メインがS・M・Lの3種類、ベースがM・Lの2種類となっており、今度訪れた時は、オレンジチキンLサイズをテイクアウトしてやろうと密かに狙っています。 特に電子マネーは一瞬で支払いができるので便利ですよね! わたし達と同じように、パンダエクスプレスで使える電子マネーを知りたい!というキャッシュレス派の方は多いと思います。 ということで、 PANDA EXPRESS沖縄パルコシティ店で、使用可能なクレジットカードと電子マネーを一覧で紹介するので、参考にしてみてくださいね。 使用可能なクレジットカード 使用可能な電子マネー ・楽天Edy まとめ パンダエクスプレスで並んでいて思ったのが、店員さんがまだ不慣れで提供スピードが遅いなーというのが所々見られたという事です。 ですが、新店舗ではどうしても新人さんが多くなってしまい、しょうがない事なので、「頑張っているな」という風に温かい目で見守りましょう。 わたしはヨダレが出そうになるのをこらえながら、オレンジチキンをガン見していたので、もしも無言の圧力をかけてしまっていたとしたら、店員さんゴメンなさいw 最後に、 パンダエクスプレスに行った感想と注意点をまとめてみたいと思います。 ・お昼時に行くと行列がすごいので、遅くとも開店10分前 〜10時50分 にはお店で並んでおいたほうが良い 土日・休日はもうちょっと早めがよいかと ・15時〜16時も空いていて狙い目 ・席数は58席あるが、家族連れが多いのですぐ埋まる ・店内で座れなくても、テイクアウトしてフードコートで食べられる ・フライライスとチャオメンはかなり薄めの味なので、好き嫌いが別れる わたしと嫁さんはヒット ・人気No. 1「オレンジチキン」と人気No. 2「モンゴリアンポーク」は頼んだ方が良い わたしもそうですが、他の方の書き込みをみてもこの2つが美味しいという意見が多かったです ・優柔不断の方は、オススメプレートメニューを参考にすると決まりやすい ・飲み物とお水はセルフで入れる ・サイドメニューと飲み物の注文はレジで会計時にする ・お水を入れるコップはレジでもらえるので、店員さんが忘れた場合は声をかけた方がいい 今回食べたもの以外でも、美味しそうなメニューはたくさんあり、特に気になったのが「杏仁プレミアムソフトクリーム」。 杏仁のソフトクリームは珍しいし、BOBA タピオカ や果実ソース キウイ、白桃 をトッピングできるみたいなので 追加料金はかかる 、買ってみたいと思います。 以上、まとめでした!参考になれれば幸いです。 こんにちは夏大好き男のmasa55です。 私は沖縄で生まれ育ちましたが、高校を卒業後、東京の学校に進学しました。 そのまま就職をして10年以上、東京に住んでおりましたが、現在は東京出身の嫁さんと一緒に沖縄に戻って暮らしています。 沖縄と東京という対照的な土地で暮らした私の経験を活かし、それぞれのメリットデメリット等のお役立て情報を発信していければと思っております。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。 何かご質問やご意見があれば、お気軽にご連絡くださいね。 最近の投稿• 最近のコメント• に masa55 より• に あふそかよこ より• に masa55 より• に あいこ より• に masa55 より カテゴリー• メタ情報•

次の

アメリカ中華料理『パンダエクスプレス』人気メニューは!?現地で調査してみた。

パンダ エクスプレス メニュー

日本再上陸の、パンダエクスプレスって? 1983年にカリフォルニア州でアメリカンチャイニーズであるCherng 一家によって誕生したパンダエクスプレス。 また、創設者であり、共同会長兼最高経営責任者の Andrew Cherngは日本の横浜で過ごした経験もあり日本にも親和性があります。 本国はもちろん、ドバイやプエルトリコ、香港や韓国など 全世界1900店以上あるアメリカンチャイニーズのファミリーレストランです。 新鮮な野菜を使った色とりどりのメニューは子どもから大人まで食べられる親しみやすい味。 中でも本国やハワイなど現地で大人気NO. 1なのは唐揚げに甘いオレンジソースがかかった「オレンジチキン」。 パンダがトレードマークのアメリカ発、チャイニーズがパンダエクスプレスなのです。 また、ハリウッド映画や海外ドラマのシーンで見かけるほど、ポピュラー。 休日にソファでテイクアウトしたチャイニーズフードを食べれば海外にいるような気分が味わえるかも? パンダエクスプレスは全米で大人気のアメリカン・チャイニーズ パンダのマークがいかにも中華な雰囲気を醸し出していますが本格的な中華とは少し違います。 アメリカ発の中華料理ということで 量が多くて、味もジャンキー!なところがポイント。 多くのメニューはアメリカ人好みに作られています。 しかし、多くの欧米料理は日本でも受けられていますよね。 そのジャンキーな中華にハマってしまうという人も続出。 日本人の中でもパンダエクスプレスの味が好き!というファンも多いようです。 パンダエクスプレスは日本から一度撤退している 実は過去に一度、日本に上陸していたパンダエクスプレス。 その時は、橋本サティと神戸ハーバーランド、京都北山の3店舗の展開でしたが残念ながら閉店してしまいました。 2016年に 川崎に再上陸を果たし現在は順調に営業中です。 パンダエクスプレスのファンのためにも今度は長く日本で愛されることを祈ります。 2016年に日本第1号店がラゾーナ川崎にオープンしました。 ラゾーナ川崎プラザというショッピングモール内にあるフードコートにあります。 お昼時には混雑するフードコートですが、パンダエクスプレスも人気のため列ができることもしばしば。 しかし、 フードコートは回転が早いので列の見た目よりも早く食事にありつけるはず。 そして、場所がフードコートということもあり注文をしやすい雰囲気。 「パンダエクスプレスでの注文が初めて」という人でも気軽に料理を楽しむことができます。 キッズメニューもあるので子連れでも安心して食べることができるのも嬉しいポイント。 運がよければパンダのキャラクターに会えることもあるようです。 三井アウトレットパーク木更津店はフードコートではなく 1つのレストランとして店舗を構えています。 そのため、イスやテーブルなども広々。 ゆったりと食事を楽しむことができる空間になっています。 お買い物の合間にサクッと食事ができるのはファーストフードのいいところですね。 また、三井アウトレットパーク木更津店はハイボールなどのアルコール類やタピオカミルクティーなどが用意されています。 カフェ感覚や、ちょい飲みにも気軽に入ることができる店舗です。 子連れのファミリーやカップルの人などで、いつも賑わっています。 PANDA EXPRESS三井アウトレットパーク木更津 住所: 電話番号:0438-40-0777 営業時間:11:00 AM - 8:30 PM URL: 日本再上陸のパンダエクスプレス、人気の理由と魅力 満を辞して日本に再上陸したパンダエクスプレス。 では、どういった人たちに人気なのでしょうか? アメリカ本国やハワイなどでも人気のあるパンダエクスプレス。 「旅行や留学先でパンダエクスプレスを食べてハマった!」という人が 懐かしさや、ジャンキーな味を求めてついつい食べてしまうようです。 また、魅力は何と言ってもオリジナリティ溢れる味にあります。 特に人気のオレンジチキンは家庭では再現するのは不可能に近い味! パンダエクスプレスならではの味は一度、食べたら病みつきになってしまうので注意が必要なほどです。 パンダエクスプレスの料理はいつでも出来たてあつあつ! パンダエクスプレスで提供されている料理は 常に出来立てあつあつの美味しい状態で提供されています。 それもそのはず、あつあつの出来立てを提供するために厨房のスタッフは常に料理をし続けています。 その様子を注文を待っている時に見ることができるので余計に食欲がそそられます。 味はあくまでアメリカン・チャイニーズ パンダエクスプレスは本来の中華の味とは、少し違う味です。 アメリカスタイルになっている中華とでもいうべきでしょうか。 多くの人種の人がいるアメリカで進化していった中華の最終形態がアメリカン・チャイニーズなのかもしれません。 本格的な中華も美味しいですが、オリジナリティ溢れるアメリカン・チャイニーズもれっきとした アメリカ料理として定着しています。 アメリカ人に愛され続けるアメリカンチャイニーズを味わってみてはいかがでしょうか? オーダーはアメリカ式のデリスタイル パンダエクスプレスは たくさん並べられた料理の中から、自分の好みのものを選ぶデリスタイル。 どれも美味しそうに見えてしまうので選ぶのが大変! しかし、どれがどの料理か分からない場合は指差しでメニューをスタッフに伝えてもオッケーです。 フレンドリーなスタッフが優しく料理を取り分けてくれるはずです。 場合によっては試食させてくれる時もあるようなので、あまりにも決めかねる時には試食をお願いしてみましょう。 アメリカ映画で見るような四角いBOX アメリカ映画の中で、中華をテイクアウトして食べているシーンを見たことがある人も多いのではないのでしょうか? テイクアウト用の独特な四角いBOXは日本では珍しい、 海外を思わせるTHEアメリカンなもですよね。 パンダエクスプレスではテイクアウトの時と、プレートに入りきらなかった時などに四角いBOXに入れてくれます。 食べきれなかった場合には残りを持って帰りたい旨を伝えると四角いBOXをもらえることも。 日本にいながらちょっとアメリカン気分にさせてくれるのは、四角いBOXのせいかもしれません。 パンダエクスプレスのフォーチュンクッキー フォーチュンクッキーはおみくじ入りのクッキーでアメリカやカナダのチャイニーズレストランでは定番のスイーツです。 フォーチュンクッキーの占いは 食後のちょっとした楽しみにもなっています。 映画やドラマで見かけたことがある人も多いのではないでしょうか? パンダエクスプレスでは料理を購入するとフォーチュンクッキーをもらうことができます。 クッキーの中に入っている、おみくじで運試しをしてみてもいいですね。 メインメニューというと日本ではご飯や麺と思いがちですが、パンダエクスプレスではチキンやポークなどのおかずのこと。 事前に選んだ プレートに合わせて、メインを選びます。 いろんな種類を食べたいという人はビッグプレートを選ぶとメインを3つ選ぶことが可能。 選びきれない場合にもビッグプレートがおすすめ。 ちなみに、ビックプレートの1品はプレートに乗り切らないのでテイクアウト用の四角いBOXに入れてもらえます。 メインには以下のメニューがあります。 オレンジチキン• モンゴリアンポーク• ストリングビーンチキン• クンパオチキン• グリルドマンダリンチキン• ブロッコリービーフ• シャンハイステーキ• どの料理もパンダエクスプレスオリジナルの味で、家庭で再現することは不可能に近いものばかり。 日本になかった頃は、無性にオレンジチキンが食べたくても海外にいった時にしか食べることはできませんでした。 しかし、現在は川崎と木更津の2店舗ですが本場の味を楽しむことができます。 海外で洋食に飽きた人が中華を食べてみてパンダエクスプレスにハマったという人も多くいます。 アメリカンチャイニーズはアメリカンでもチャイニーズでもない不思議な食べ物かもしれません。 もはや一つのジャンルとして確立しているアメリカンチャイニーズはオイリーでジャンキーですが、何故かまた食べたくなる味。 再上陸を機に、アメリカンチャイニーズを一度味わってみてはいかがでしょう?.

次の