サバク トビ バッタ 日本 に 来る。 大量発生したバッタは中国から日本に来るのか?影響や被害について考察

サバクトビバッタが日本に向かっている?コロナの次は害虫?対策はある?

サバク トビ バッタ 日本 に 来る

下記サイトの内容より。 ---------------------------------- 6月までに500倍!? バッタの中国への侵入ルートは、3つあるという。 1 インド・パキスタンを経由しチベットに侵入するルート。 2 ミャンマーから雲南省へ侵入するルート。 3 カザフスタンから新疆ウイグル自治区に侵入するルートである。 国連食糧農業機関 FAO は、サバクトビバッタが6月までに、500倍 約200兆匹 まで増えると推計した。 これは中国の国土面積の8分の1。 日本の国土面積の3倍以上だ。 あくまで大雑把なイメージにすぎないが、少なくともとんでもない規模だ。 中国国家林草局は2月26日、サバクトビバッタの侵入を防御するよう緊急通知を発令している。 北京政府の危機感の表れである。 ---------------------------------- この6月の時点で、どこまで進行しているのかが疑問ですよね・・。 日本も5月を超えたら相当熱くなりますからねぇ。。

次の

【閲覧注意】サバクトビバッタ異常発生で日本 食糧危機突入か【蝗害】【タロット予言】

サバク トビ バッタ 日本 に 来る

『聖書』の「ヨハネの黙示録」第9章には、第5の御使い 天使 がラッパを吹くと、さそりの力を持ったイナゴが現れると書かれている。 そして、そのイナゴはすぐには人間を殺さず、5ヶ月間、さそりに刺されるような苦痛を与えるという。 こんな描写を彷彿とさせる現象が起きている。 すでに一部報道されているように、現在、インドやパキスタンは、サバクトビバッタの脅威に晒されている。 その数、およそ4000億匹だという。 1日で3. 5~100万人の食料を奪う サバクトビバッタは、過去、たびたびアフリカ、中東、アジアに被害を与えてきた。 このバッタは普通のバッタと比べて体が大きい。 成虫のオスの体長は4~5センチメートル、メスの体長は5~6センチメートルである。 飛行スピードが速く、移動距離が長い。 1日に約150キロメートルも行軍する。 毎日、自分の体重分の約2グラムを食べるという。 もし、現在の勢力を保てば、1日、最低でも約3. 5万人の食料 約100万人の食料説もある を食い荒らすと言われる。 サバクトビバッタの一部は、すでに東アフリカへ侵入し、ケニア・エチオピア・ソマリアなどに甚大な被害を与えた。 他方、別の一部が、目下、東へ向かって進軍を続けている。 縦60キロメートル、横40キロメートルにもおよぶ大軍団である。 向かう先は……中国だ。 中国共産党にとって、この進軍こそが新たな脅威となってきた。 6月までに500倍!? バッタの中国への侵入ルートは、3つあるという。 1 インド・パキスタンを経由しチベットに侵入するルート。 2 ミャンマーから雲南省へ侵入するルート。 3 カザフスタンから新疆ウイグル自治区に侵入するルートである。 国連食糧農業機関 FAO は、サバクトビバッタが6月までに、500倍まで増えると推計した。 これは中国の国土面積の8分の1。 日本の国土面積の3倍以上だ。 あくまで大雑把なイメージにすぎないが、少なくともとんでもない規模だ。 中国国家林草局は2月26日、サバクトビバッタの侵入を防御するよう緊急通知を発令している。 北京政府の危機感の表れである。 挫折した「鴨軍団」 実は、2月下旬、中国共産党は、友好国パキスタンへ浙江省から10万羽の鴨軍団を送り込もうとした。 鴨はバッタを取って食べる。 しかし現実問題として、沿海部の浙江省からだと中国大陸を横断してパキスタンまで行かねばならない。 その距離は数千キロもある。 また、チベット高原やヒマラヤ山脈を越える必要がある。 中国政府が、鴨軍団をパキスタンまで空輸するのならばともかく、地上を行くのはまず不可能だろう。 さらに、たとえ鴨軍団をパキスタンへ空輸したからと言って、果たして、鴨軍団が数千億のサバクトビバッタを退治できるとも思えない。 逆に、鴨軍団はサバクトビバッタに逆襲される公算が大きい。 結局、北京による鴨軍団派遣という発想はユニークだったが、「絵に描いた餅」に終わっている。 次々に北京政府を襲う天災 まさに満身創痍の北京政府である。 2018年8月以降、習近平政権は「アフリカ豚コレラ」 ASF に悩まされた。 そのためか、食料品全体の値段が高騰した。 中国にとって経済的ブローとなっている。 これが第1の天災である。 次に、2019年12月、武漢市で「新型肺炎」が発症した。 翌年1月から現在に至るまで「新型肺炎」は中国全土に拡大している。 「新型ウイルス」の致死率はそれほど高くはないが、SARSと比べで感染力が強い。 習近平政権は、人の移動を厳しく禁じたので、経済活動は著しく制限された。 そうでなくても中国経済は停滞しているので、「新型肺炎」は景気悪化を招いている。 これが第2の天災である。 そこに、第3弾の天災であるサバクトビバッタが中国へ襲来したら、習政権はもたないだろう。 よく知られているように、習国家主席は、まるで"中国共産党王朝"の皇帝 天子 にように振る舞っている。 しかし、"徳を失った天子"は、天によって滅ぼされる運命 「易姓革命」 にあるのではないだろうか。

次の

動画

サバク トビ バッタ 日本 に 来る

もくじ• 2019年末に第一波が襲いましたが、その第一波が生んだ卵が孵化し、20倍にもなった大二波の大群が農作物を食い荒らし、えさを求めて大陸を移動し続けています。 1キロ四方あたり4000~8000万匹がいるとされ、この1キロ四方あたりでバッタが食べる量は、人間なら3万5000人が食べる量と同じなんだとか。 ということは、(単純に考えると)1キロ四方に住む人間の食事をバッタが全部食い荒らしてしまうということ… 今世界はコロナ問題が大きく取りあげられていますが、実はバッタの大群の被害にあっている地域では、コロナ以上に深刻な問題になっているのです。 バッタの大群の現在位置はどこ?大量発生する動画が怖い! 2020年6月1日現在、インドの広い範囲でバッタの大群による被害が出ているようです。 インド政府は駆除作業に追われていますが、その被害は過去26年間で最悪の規模なんだとか。 インドでは新型コロナウィルスによるロックダウン中にも関わらず、バッタの大群が押し寄せたことで農家に打撃を与えています。 バッタの大群が日本に来る可能性はある? 現在インドやお隣の国・パキスタンあたりにいるバッタの大群ですが、中国大陸を経て日本に到達する可能性はあるのでしょうか? 改めて世界地図を確認して見ると、パキスタンやインドと中国はお隣の国ということが分かります。 一応中国との国境にはヒマラヤ山脈がありますので、高度的に越えることはムリなのではないかと言われていますが… 中国政府も6月中には中国にも到達するのではと睨んでおり、バッタの襲来に備えて大量のアヒルやガチョウを準備しているとのこと。 なかなか衝撃的な映像ですよね… 本当にアヒルがバッタ4000億匹と戦うことができるのでしょうか… その様子も怖いモノ見たさでちょっと気になりますけどね。 仮に進行した場合、その前には大国である中国の食糧を食い荒らしているということなので、 世界中にコロナ以上の甚大な被害を及ぼすのは確実です。 日本も大量の食糧を輸入していますし、中国製品の数々も、中国の方たちが働けなくなったら手に入らなくなってしまいますよね。 おそらく中国東部の大都市にまで到達することはないのではないでしょうか。 コロナの影であんまり目立ってないけど サバクトビバッタの大群4000億匹がインドからヒマラヤ山脈越えて中国へって予想がどうやら中東やアフリカに引き返してるらしい バッタの群れの大きさは神奈川県より大きいみたいヒィィィィィ ゚ロ゚;ノ ノ — KOYOMIX. R KSaikouji 引き返しているという情報もありますよね。 しかし第二派も来ているので、もう中国大陸へ来ないとは安心できなさそうです。 バッタの大群は日本に来るのか…不安の声相次ぐ バッタの大群のニュースが話題になるたびに、ネット上でも日本に来るのか来ないのか、現実的に不安視する声が広がっています。 — 涼火 suzusibi ガラスにバチバチバチーッて当たってて…😢 バッタの大群怖いっすね… — おせきはん。 絶対い一歩も外に出ない 2週間は引き籠もれるように買い溜めする 窓も開けたくない もう世界の終わりのように思えるバッタの大群 日本は島国でよかった 陸続きだったら日本にも来てた可能性がある・・・ — たか 憤怒のリモワSE taka29009 日本でも起こった蝗害はトノサマバッタの大群ですよ。 でも日本では蝗害が起こる数はそこまでだったんで、毎年稲に集って収穫に被害を出すイナゴに蝗の字を当てたんですよ。 元々の蝗はトノサマバッタの漢字だったらしいです。 日本でも【トノサマ】バッタとやっぱり恐れられてましたけど — あけましてお👀でとう aaaiiikkk1010 しかし日本でかつては定期的に蝗害は起きていました。 イナゴを食べる習慣もあったくらいですからね。 (現在も一部地域では食べられています) 近年では2007年に関空近辺で発生しています。 それにしても今回のアフリカから押し寄せる砂漠の大群は、日本では体験したことのないスケールです。 バッタの大群はなぜ巨大化した?大きさはどのくらい? 気候変動とサイクロンの影響により、2019年末に大量の雨が降りました。 ナイル川周辺地域では、雨量が増えたことにより湿度も上がり、バッタが大量発生する好条件を生んでしまったようです。 バッタの大群は普段私たちが日本で目にするバッタとは比べ物にならないほどの大きさです。 その大きさは、1体あたり• オスの成虫は60~75mm• メスの成虫は70~90mm にもなっていると言われています。 5倍になっています… めっちゃ大きくなっていますね(泣) そもそもなぜ巨大化したのかというと、 個体の量が多くなると、どんどん卵を産んでさらに増えていき、 生きていく環境も孤独相から群生相へ変化し、生体も攻撃的になってきます。 大量の仲間たちと一緒に飛ぶと、身体がぶつかり合うので、強靭な身体が必要になってくるのですね。 さらに1日に100kmも移動するようになってくるので、体力も必要になります。 バッタの中でも強いものが残っていくので、世代交代をするたびに強く大きいバッタへと変異していくようです。 (死んだ弱いバッタの死骸を食べることもあるようです…) そうして長さも羽の大きさも、従来ものもとは全く違う姿のバッタに変化していったそう… バッタの大群で飛行機に影響が出るって本当? インドの民間航空省は、バッタの大群は今やあまりに巨大化し、「航空機の運航にとって極めて重要な離着陸の際、機体に脅威を及ぼし得る」と懸念を示し、「個々のバッタは小さいが、無数のバッタがフロントガラスを覆えば、操縦士の視界に影響を与えることは明白だ」と話した。 — AFPBB News afpbbcom さらに、ニュースでもバッタの大群が旅客機の運航に深刻な影響を及ぼす可能性が高いとして、問題視されています。 世界中の航空会社が運営上苦境に立たされている中、なんとか原状復帰していこうとしているのにもかかわらず、 バッタの大群に運航を邪魔されてしまっては、たまったもんじゃないですよね… 中国・インド周辺の上空を飛ぶ飛行機はかなり大きので、 航空業界にも甚大な影響が出そうです。 【バッタの大群が日本に来るのか・現在地】まとめ 現在アフリカからインドにかけて大量発生しているサバクトビバッタの大群。 日本人が一番気になる【バッタの大群は日本に来るのか問題】についてまとめてみました。

次の