ローション 手作り。 【完全保存版】ローションの作り方は簡単!3ステップのお手軽レシピやメリットを徹底解説

パイナップル豆乳ローション作り方

ローション 手作り

抑毛ローションは、大豆イソフラボンの作用を利用したものが多くなっています。 毎日欠かさず塗り続けることでムダ毛が薄くなり、肌が綺麗になったり毛穴が目立ちにくくなるといわれているんです。 イソフラボンの有効成分が多く含まれているほど効果は出やすいのですが、ドラッグストアなどで販売されているプチプラのローションは安く売るために、有効成分が少ない傾向にあるようです。 効果には個人差があるので、塗り続けていても抑毛効果があまり感じられない人や、塗り始めて数日で薄くなってきたという人もいます。 抑毛ローションは、とにかく 止めてしまうとすぐに元通りになってしまうので、気長に使い続けることが大切なんですよ。 炎症防止のためにアロエベラが配合されているものも多く、荒れた肌を改善してくれます。 副作用はないとされていますが、 使用時は目の周りを避けパッチテストを忘れないことが大切です。 抑毛効果がある成分【酵素・大豆イソフラボン】 抑毛ローションに配合されているのは、 酵素や大豆イソフラボンなど肌に優しい天然由来の成分が大半です。 特に大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするといわれていて、この効果でムダ毛が生えにくくなるんです。 エストロゲンは美肌効果がとても高く、美肌ホルモンとも呼ばれるほどです。 自己処理で黒ずみが気になる方でも、 ローションを使い続けることで黒ずみも気にならなくなっていくはずです。 天然成分なので、敏感肌やデリケートな部分でも使用できるのがうれしいですよね。 イソフラボンだけでなく、パイナップルやパパイヤに含まれる酵素が使われているものも多くなっています。 酵素はたんぱく質を分解してくれるので、 ムダ毛が薄くなる効果を期待できるんです。 毛を溶かすわけではなく、あくまでもたんぱく質を分解して薄くするだけなので、こちらも安心できる成分ですね。 抑毛ローションを手作りする方法 抑毛ローションの効果を高めたいなら、 手作りするのがおすすめです。 雑菌が入らないよう手をしっかり洗ったら、豆乳250mlを小鍋に入れ、弱火でかき混ぜます。 豆乳の塊ができてきたら火を止めて、消毒用のアルコール大さじ5を加えて混ぜます。 ステンレス製のざるに手ぬぐい、キッチンペーパー2枚を順に敷いて流し入れ、冷めたら手ぬぐいで絞りましょう。 ドラッグストアなどで売っているボトル容器に移し替えれば完成です。 注意点は豆乳に膜を張ったりしないようかき混ぜ続けること、湯気が出るほど温めると有効成分が崩れてしまうので熱しすぎないことですね。 全体的に豆乳に白くて細かい塊が増えてきたら、アルコールを加えるようにします。 手作りローションは冷蔵庫で1週間持ちますが、冷凍なら半年程度保存できるので、時間がない方は一気に作って冷凍しておくとよいかもしれませんね。 抑毛ローションは作れるほか市販のもおすすめ!.

次の

豆乳ローションでムダ毛撃退!手作りすれば更に効果アップ

ローション 手作り

ローションを使ったことがある人であれば、その気持ち良さは知っているはずです。 そのため、一度使用すると、ローションを使わないセックスでは物足りなくなってしまうものです。 気分が盛り上がってきて、いざ行為をはじめようとしたときに、ローションがないと困ってしまうでしょう。 また、ローションを使ったセックスに挑戦してみたいけれど、やっぱりローションをお店で購入するのは恥ずかしいという女性も多いのではないでしょうか?ローションは通販でも購入できますが、家族にバレてしまいそうで、心配という人もいるでしょう。 そういった人たちにおすすめなのが、自作ローションを作ることです。 ローションは、簡単に手に入る材料で、しかも超簡単に自作することができるのです。 自作ローションは、たくさんのメリットがあることがわかりましたが、デメリットがあることも知っておきましょう。 自作ローションのデメリットは、一度に大量に作ることができないということです。 片栗粉と水で作る自作ローションは、長期間の保存がきかないため、大量に作って保管しておくことができません。 少量ずつしか作れないというのが、片栗粉ローションのデメリットといえるでしょう。 自作片栗粉ローションは、食品が材料であるため、安全性は高いのですが、人によってはアレルギー反応が出てしまったり、肌がかぶれたり、かゆくなったりしてしまうこともあります。 そのため、自作ローションを初めて使うときは、まずは少量使ってみて、肌に異常が出ないかどうかを確かめてから、全身に使うようにしてくださいね。 片栗粉と水を材料にして自作できるローションですが、市販のローションは、どんな成分で作られているのか気になりませんか?市販のローションは、さまざまな種類があり、使用されている材料・成分もいろいろなものがあります。 市販のローションの成分として、代表的な材料を紹介しておきますね。 ヌルヌル感を満喫できるローションに使用されている主成分は、「ポリアクリル酸ナトリウム」です。 比較的安価で、ヌルヌルを楽しむことができます。 ただし、膣内に入ると雑菌が繁殖してしまうこともあるため、カラダに塗るプレイでのみ楽しんでください。 刺激が低く、ヌルヌル感もあるローションの成分は、「ポリクオタニウム」です。 肌にやさしいローションを探している人にぴったりな成分です。 どうせ自作するのであれば、一度に大量の片栗粉ローションを作っておきたいと思うかもしれませんが、自作のローションは長期保存ができないため、一度に大量に作ることができません。 片栗粉ローションの作り方は、材料を鍋に入れて火にかけて作ります。 そのときに使う鍋は、小さめサイズが使いやすくおすすめです。 大きな鍋に少しの量の材料を入れると、作りにくく、上手に作ることができません。 小さめの片手鍋は、100均にも販売されています。 直接火にかけても大丈夫な小さめの片手鍋を準備してくださいね。 ミルク鍋なども、片栗粉ローションの作り方では最適です。 火にかけた片栗粉ローションが、完全に冷めたら、あらかじめ用意しておいた容器に移しましょう。 片栗粉ローションがまだ熱い状態のまま、保存容器に入れてしまうと、容器が溶けてしまうことがあるので、注意してください。 ペットボトルに片栗粉ローションを入れるときは、必ずしっかり冷ましてから移すようにしてください。 ミネラルウォーターが入っていたペットボトルは、水だから洗わなくても大丈夫だと思っている人もいるようですが、雑菌が繁殖してしまっているケースもあります。 ペットボトルを容器として使用する場合は、ていねいに洗って、しっかり乾かしてから使うようにしてくださいね。 片栗粉ローションは、片栗粉と水だけで作る作り方なので、安全性の高いローションと言えますが、片栗粉に対してアレルギー反応が出る人は、使用できません。 片栗粉は、ジャガイモやサツマイモが原料の食品です。 片栗粉の原料であるジャガイモには、「パタチン」というアレルギー物質が含まれています。 ジャガイモのアレルギーは、あまり知られていないのですが、ジャガイモを食べると、体調が悪くなったり、かゆくなったりする人は、アレルギー症状があると言えます。 ジャガイモを触ると、手がかゆくなるような人も、ジャガイモに対してアレルギーがある可能性が高いです。 ジャガイモでアレルギー反応が出る人は、残念ながら片栗粉ローションは使用することができません。 いつもローションを使っているカップルであれば、片栗粉ローションは、なんの抵抗もなく使うことができるでしょう。 また、初めて片栗粉ローションをカップルで使う場合も、安全性が高いため、安心して使用することができるはずです。 片栗粉と水でできている片栗粉ローションは、匂いもなく、とろみのある感触を満喫することができます。 片栗粉ローションで、ローションを使ったプレイにハマったら、市販のローションを購入して使ってみるのもおすすめです。 いつもとは違うセックスに、お互い興奮するに違いありません。 マンネリ化してしまったカップルにも、片栗粉ローションはおすすめです。

次の

【家にあるアレが?】ローションの代用になるもの16選!使用時の注意点も徹底解説

ローション 手作り

スキンローションの作り方 2 無水エタノールを使う場合• 遮光瓶にエタノール5mlを入れます。 その上からエッセンシャルオイル 精油 を合計3滴落として、振ります。 精製水 またはミネラルウォーター)を45ml入れ、更に良く振ってからご使用下さい。 精製水かミネラルウォーターを使う 水道水の中には、殺菌用の塩素などが入っており、スキンケアには不向きです。 また、保存性の観点からも、様々な物質が含まれている水道水は好ましくありません。 スキンローションを作るときは、精製水かミネラルウォーターを使うようにしてください。 ミネラルウォーターを使う場合は、ミネラル分が少ない(硬度が低い)ものを選んでください。 一般に、ヨーロッパ産のものよりも日本産のミネラルウォーターのほうが硬度が低くなっています。 フローラルウォーター(芳香蒸留水)もおすすめです は、エッセンシャルオイル(精油)を水蒸気蒸留で抽出する際に副産物として得られるものです。 フローラルウォーターの成分のほとんどは蒸留水ですが、植物の水溶性成分とごく微量の精油成分も含まれています。 精製水やミネラルウォーターの代わりに、フローラルウォーター(芳香蒸留水)を使うのもおすすめです。 使用するキャリアオイルの種類 キャリアオイルはどれを使って作っても問題ありませんが、粘性が低く酸化しにくいホホバ、ココナッツ、マカデミアナッツ辺りがおすすめです。 グリセリンを使ってもOKです キャリアオイルの代わりに薬局で売っているグリセリンを使ってスキンローションを作ることもできます。 グリセリンは脂肪や油脂から得られる無色の液体で、保湿効果があります。 注意すること 2週間以内に使い切る 市販されているローションと違って手作りスキンローションには、もちろん防腐剤が入っていません。 防腐剤無添加のローションは、いわば「生もの」ですので、日持ちがしません。 冷蔵庫に保存して、2週間以内を目安に使い切るようにして下さい。 光毒性のあるエッセンシャルオイル(精油)に注意する エッセンシャルオイル(精油)の中には、皮膚についた状態で、紫外線に当たると皮膚に炎症やシミを引き起こす「光毒性」を持ったものがいくつかあります。 こうしたエッセンシャルオイル(精油)をスキンローションで使用した後は、日光やサンペットなどの紫外線には当たらないように注意してください。 光毒性のあるエッセンシャルオイル 精油• 左から順に強い光毒性をもっています。 柑橘系のエッセンシャルオイルでも、オレンジ・スイート、マンダリンには光毒性はありません。 (オレンジ・ビターの果皮より抽出されたものには比較的高い光毒性がありますが、当店では販売していません。 日中にマッサージに使う場合は、ベルガモットFCFを使えば、光毒性の心配はありません。

次の