確定拠出年金 野村。 iDeCo(個人型確定拠出年金)

知らなきゃ損する!確定拠出年金の仕組みとおすすめの商品選び

確定拠出年金 野村

個人型や企業型の「確定拠出年金」で利益が出ている人の運用方針やポートフォリオとは? ザイ読者の確定拠出年金の活用術を大公開! 確定拠出年金には、勤務先が用意してくれる「企業型」と、主婦や公務員も入れるようになった「個人型(iDeCo)」があるが、いずれも運用益が非課税などメリットがたくさん。 とはいえ、まだ始めていない人や、定期預金のみで運用しているのも多い、というのが実情のようだ。 そこで、ダイヤモンド・ザイでは、特集「確定拠出年金 ザイ読者12人の損益セキララ白書」で、積極的に確定拠出年金を活用している読者のポートフォリオや運用方針を紹介! 確定拠出年金はなぜ始めたほうがいいのか、という基本のポイントもまとめているので、これから確定拠出年金を始めたい人、運用をきちんと考えてみたい人にもぴったりだ。 今回は特集内から、確定拠出年金の基本的なルール解説と、読者2人の活用術を抜粋して紹介する。 また、2017年1月から 「個人型の確定拠出年金(iDeCo)」が拡大され、企業型の確定拠出年金がない会社員のほか、専業主婦や公務員も利用できるようになった。 企業型の確定拠出年金は、会社が月々の掛け金を拠出し、従業員が自分で投資先を選んで運用。 これに対し個人型の確定拠出年金は、自分で掛け金を出して運用する。 最大のメリットは、 企業型も個人型も掛け金全額が税金の控除対象となること。 ただし、企業型に関しては、拠出金を運用せずに「給料で受け取る」という選択をすると、非課税メリットがなくなって税金や社会保険が引かれることになるので要注意だ。 もう一つのメリットは、 運用でどんなに儲けが出てもすべて非課税になること。 普通の証券口座で投資を行なった場合、利益には20%の税金がかかるが、確定拠出年金では税金がかからない。 老後資産の積み立てを目的とした制度なので、基本的に60歳までは引き出せないが、その間は何度でも売買できる点はNISAと比べると大きなメリットだ。 積み立てできる商品は、企業型だと会社によって異なり、個人型だと確定拠出年金用の口座を開いた金融機関によって異なる。 とはいえ、基本的には定期預金や保険といった元本確保型の商品か、リスク商品(国内外の株や債券などに投資する投資信託)の中から選ぶ。 確定拠出年金は、 将来の支給額が勝手に減らされることがなくなる反面、どのように運用するかで老後の受け取り額に大きく差が出ることになる。 運用利回りが低い元本確保型の金融商品でも、積み立てるだけで節税メリットが得られるのは、たしかに大きな利点だ。 しかし、多少のリスクを取って投資信託を月1万円ずつ積み立て、仮に年率3%で運用することができれば、定期預金のみで運用した場合と比べると、資金はグンと大きく増える。 もし、30歳の人が、60歳までの30年にわたって確定拠出年金に加入し、平均で年3%の運用をしたとしよう。 その場合、資金は複利で増えていくので、元本は360万円だが、30年後までに積み立てられる資金は約580万円となる。 一方、都銀の確定拠出年金専用定期預金の金利は、2017年8月時点で年0. 01%程度なので、30年積み立てても元本から5000円ほどしか増えない。 年3%で運用する場合と比較すると、 220万円ほども差が出るのだ。 運用方針は「とにかくリターンを追求したい」という人から、「ある程度の安定感が大事」と考える人まで多種多様だろう。 ダイヤモンド・ザイでは、12人の読者の運用方針やポートフォリオを紹介している。 今回は、その中から「イケイケ運用派」の2人(File01尾川さん・File04山下さん)をピックアップする。 【File01 尾川悠太さん(仮名・東京都・43歳)】 まずは、企業型の確定拠出年金に2004年5月から加入しており、毎月2万3000円を投資信託で積み立てて、約445万円(元本は約243万円)の資産を築いている尾川さんに話を聞いた。 「2004年の開始当初の月額掛け金は約6000円でしたが、拠出割合の上限引き上げや給与水準に応じて今は約2万3000円。 仮に運用成績が悪くても節税効果が大きいので、日本株型の『 』100%で開始しました」(尾川さん) その後、 2008年のリーマン・ショック時には評価損益が40%ほどマイナスになったというが、尾川さんは気にせずに継続したという。 「その後、円高が進んだので、『今後はいずれ円安に反転するのでは』と考え、2009年7月に外国株型も組み入れ、日本株型50%、外国株型50%に変更。 2011年2月からは外国株型の割合を70%に増加しています。 日本株は為替リスクがないから、アクティブ型の『 』で運用リスクを取っていますが、外国株は為替リスクがあるので、運用リスクは取らずにインデックス型の『三菱UFJ外国株式インデックス』を積み立てています。 インフレをヘッジできるのは株式なのかなと思い、利回りの低い債券への投資は考えていません」(尾川さん) なお、損益のチェックは、半年に1回郵送される取引状況と、年度末の家計の棚卸しのときだけだという。 それほど大きな手間をかけることなく、運用で大いに成功しているのだ。 【File04 山下恭司さん(東京都・47歳)】 続いては、個人型の確定拠出年金に加入している山下さん。 野村證券に確定拠出年金の口座を開設し、毎月2万3000円拠出している。 2年前に始めたばかりで掛け金の総額はまだ49万円だが、評価損益は約7万円のプラスだという。 「確定拠出年金は、2年前に制度の有利さに気付いて慌てて口座を開設。 当時、信託報酬が最も安い外国株型の投資信託を扱っていたのと、60歳まで引き出せないので破綻する確率が低そうな野村證券を選びました」(山下さん) 確定拠出年金だけでなく、不動産も含めた資産全体のバランスを見て資産を配分しているのが山下さんの特徴。 「外貨と円の割合が半々になるように、確定拠出年金とNISA口座では外国株型の積み立て、ひふみ投信や鎌倉投信の直販投信では、日本株型の積み立てをしています。 確定拠出年金は運用期間が長いため、日本株より長期の成長が期待できる外国株のほうが有利と考えた結果です。 確定拠出年金は自動で積み立ててくれるので、下がったときにたくさん買えるのはうれしいこと。

次の

野村のiDeCo|商品・サービス|野村證券

確定拠出年金 野村

確定拠出年金 ideco のおすすめの金融機関と運用商品 確定拠出年金って何? 確定拠出年金は、 企業や加入者が掛金を拠出し、加入者が運用します。 将来の運用結果は自分の選択で決まります。 確定拠出年金の 掛金を自分で支払った場合は、所得控除として所得税・住民税などが軽減されます。 確定拠出年金は、金融機関ごとに特徴があります。 また、運用商品も異なりますので、 金融機関選びと運用商品の選び方などを中心に解説します。 確定拠出年金の企業型と個人型の違いについて 確定拠出年金の企業型とは? 確定拠出年金の 企業型とは、 会社の福利厚生のひとつで会社主導で行う確定拠出年金のことです。 企業型idecoと個人型ideco違いについて 企業型idecoと個人型idecoの違いについてまとめました。 企業型であれば、 企業から投資教育が提供されますので、投資初心者の方はその通りに運用することをおすすめします。 マッチング拠出か個人型idecoで確定拠出年金(企業型)を上乗せ活用しよう! 企業型に加入している場合は、 ほとんどの人は掛金の上限まで利用できていません。 上限金額まで利用したい人は、 マッチング拠出か 個人型DCを利用することで 掛金の上乗せができます。 掛金の マッチング拠出とは、 企業型の加入者が自分で掛金を上乗せして支払うことができる制度です。 ただし、マッチング拠出は 会社の制度として認められていることが条件です。 確定拠出年金の金融機関を選ぶポイントは? 手数料が安い ここでは、個人型で金融機関を選ぶポイントを解説します。 証券会社などで証券口座を開設した場合は、通常 初期費用や口座管理手数料はかかりません。 しかし、 個人型の場合は加入時の初期手数料(2777円)と、毎月数百円程度の「口座管理手数料など」がかかります。 口座管理手数料は個人型の残高に関わらず一定の金融機関がほとんどです。 良い運用商品があるかどうかか 確定拠出年金における良い運用商品とは、下記に当てはまるものを言います。 さまざまなカテゴリー(国内株式など)別に商品が用意されているか• 信託報酬は安いか• 信託報酬が安いインデックスファンドは充実しているか インデックスファンドとは、 日経平均株価などの指数に連動することを目標にした投資信託です。 一方、 指数を上回る成績を目指す投資信託をアクティブファンドと言います。 アクティブファンドは、企業業績などを分析するファンドマネージャーなどのコストがかかる分、 信託報酬が高くなっています。 信託報酬とは、 投資信託を持っていると毎日かかる金融機関への報酬です。 個人型確定拠出年金(iDeCo)人気のおすすめ金融機関と理由 SBI証券が一番人気 SBI証券は 運営管理手数料が無料です。 これは個人型で現時点で考えられる 最も維持コストが低い設定ですので、とてもおすすめな証券会社です。 ただし、 商品が2017年10月時点で 67個もあるため、初心者の方はしっかり勉強してからでないと、商品を選ぶときに困惑するかもしれません。 楽天証券も人気 楽天証券もSBI証券と同じく、 運営管理手数料が無料です。 商品が2017年10月時点で 28個とほどよい数のため、 初心者の方でも方針さえ決めれば商品選択は簡単に判断できるためおすすめです。 確定拠出年金を運用するときのおすすめの資金配分は? 確定拠出年金は複利効果活かそう 確定拠出年金は 長期で運用することが前提です。 そして、 運用益にかかる税金は非課税となっています。 このことから、 複利効果を活かさない手はありません。 複利効果とは、 運用で得た収益をふたたび投資することで、利息が利息を生んでふくらんでいく効果のことです。 これが福利効果です。 23 132. 82 139. 79 147. 18 154. 99 15 194. 21 209. 76 226. 80 245. 46 265. 90 20 265. 66 294. 72 327. 66 365. 03 407. 46 25 340. 75 388. 51 444. 59 510. 51 588. 12 30 419. 68 492. 07 580. 14 687. 51 818. 70 複利を活かす意味では定期預金はあまり向かない さきほどの表を見ていただければわかると思いますが、 複利を活かすためにはある程度の利回りが必要です。 現在の定期預金では、ほぼ0%の金利です。 これでは複利効果を享受できません。 どんな物に掛金を配分するよいのか? 確定拠出年金の配分は、 定期預金・保険・投資信託の中から選びます。 複利効果のためには 定期預金や保険はNGとしました。 よって、選択肢は 投資信託のみになります。 投資信託は短期的には値上がりもあれば、値下がりもあります。 これまでの実績では、 長期の運用であれば価格の変動幅が小さくなりプラスになる場合が多くなることが知られています。 また、長期の積立投資は 「ドルコスト平均法」という投資手法になります。 ドルコスト平均法とは、下記の図のように 同じ金額で積立てていきますので、値下がりをしたときに投資信託が多く買えます。 その結果、平均取得価格を引き下げやすくなり、最終的に少しでも値上がりをすれば利益が出せる投資手法です。 投資信託は沢山あるけどどれがいい? 運用商品には 「国内株式」、 「国内債券」、「外国株式」、 「外国債券」、 「不動産投信(REIT)」、 「定期預金」などがあります。 どれを選べばいいのかは個人のリスク許容度で決まりますが、 手数料で判断する方法を紹介します。 投資信託は保有していると 「信託報酬」という手数料が 毎日かかります。 信託報酬は 「インデックスファンド」が安くなっています。 それとは対照的に 「アクティブファンド」は手数料が高くなっていますので、選ばないようにしましょう。 確定拠出年金におけるアセットアロケーション(資産配分)とは? アセットアロケーションとは、 資産を異なる値動きのする運用商品に分散させ、リスクを低く抑えて安定した資産形成を目指す資産配分です。 投資の世界では 何を購入するかよりも、アセットアロケーションの方が最終的な利回りを決めると言われています。 自分が理想とするアセットアロケーションを作るためには、 運用商品が豊富な金融機関を選ぶことが重要です。 アセットアロケーション(例:ハイリスクハイリターン) 【タイプ別】確定拠出年金のおすすめの運用商品 確定拠出年金で運用できる金融商品は3種類 確定拠出年金は、下記の3つの商品を運用できます。 定期預金• 投資信託 どんな商品を運用すればいいのか? 運用商品を選ぶときは、 「自分がどの程度リスクを取れるのか」を事前に把握しておく必要があります。 具体的な例を下記に挙げます。 損するのが嫌な人 定期預金などの元本保証商品を中心に運用するとよいです。 損するリスクを取っても、大きな利益を出したい人 全額を株式にするとリスクが高くなりますが、利益も出しやすくなります。 2019年おすすめの運用商品(投資信託)ランキング 日本で投資するおすすめの投資信託とは? 日本に投資している投資信託を選ぶ場合は、 「株式」・「債券」のどちらかです。 信託報酬が低いのがおすすめです。 国内株式投資信託 ファンド名 特徴 信託報酬 三井住友ー三井住友・DC日本株式インデックスファンドS インデックス(TOPIX) 0. 6524% ポートフォリアーみのり投信 アクティブ型 1. 4320% 野村ー日本債券ファンド 確定拠出年金向け) アクティブ型(日本債券対象) 0. 5940% 海外に投資するおすすめの投資信託とは? 海外に投資している投資信託を選ぶ場合は、 「株式」・「債券」のどちらかです。 信託報酬が低いのがおすすめです。 海外株式投資信託 ファンド名 特徴 信託報酬 ニッセイーDCニッセイ外国株式インデックス インデックス(MSCIコクサイ・インデックス) 0. 4580% キャピタル・インターナショナルーキャピタル世界株式ファンド アクティブ型 1. 5406% SBI-ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド アクティブ型 2. 2268% 三菱UFJ国際ー三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド インデックス(JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド) 0. REITの投資エリアは 「国内」・「海外」のどちらかです。 信託報酬が低いのがおすすめです。 国内REIT ファンド名 特徴 信託報酬 ニッセイーDCニッセイJ-REITインデックスファンドA インデックス(東証REIT指数) 0. 5940% 野村J-REITファンド(確定拠出年金向け) アクティブ型 1. 0260% One-MHAM JーREITアクティブファンド(DC年金) インデックス(東証REIT指数) 1. 3624% 野村ー野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け) インデックス(S&P先進国REITインデックス) 0. コモディティ ファンド名 特徴 信託報酬 三菱UFJ国際ー三菱UFJ純金ファンド(愛称:ファインゴールド) 純金上場信託が投資対象 0. 9720% 大和ーダイワ/RICIコモディティ・ファンド ロジャーズ国際コモディティ指数(RICI)に連動 1. 9049% 2019年おすすめのファンドランキング 個人型確定拠出年金の商品と信託報酬を比較 ここでは運用商品の中で代表的な「国内株式」、「国内債券」、「先進国株式」、「先進国債券」、「新興国株式」の中で、 信託報酬が優れているインデックスファンドを紹介します。 おすすめの国内株式インデックスファンド 国内株式インデックスファンド ファンド名 ベンチマーク 信託報酬 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS TOPIX 0. まずは、それぞれの世代の保有している金融商品の割合を見てみましょう。 まずは20代の資産運用方法を考えてみましょう。 20代は老後までかなりの時間があり、子育てをしていない人も多いです。 もし資産運用で資産が減っても、目先の生活には困りません。 よって、 リスクの高い資産運用ができます。 30代におすすめの資産運用方法とは? 30代は人によっては結婚したり、子育てを始めた世代です。 有価証券の割合も増えていることから、 30代から資産運用を始める人が多いようです。 投資の経験がある方であれば、株式などの運用も可能ですが、 初心者の方ははじめやすい投資信託の運用から始めることをおすすめします。 40代におすすめの資産運用方法とは? 40代は子供がいる場合は、大学の費用などがかかってきて支出が増えてくる世代です。 また、 保険の保有割合が増えてきていることが分かります。 40代は30代よりも老後が近いため、 30代の時よりもリスクを抑えた運用がおすすめです。 具体的には、 海外よりは国内、株式よりは債券の方がリスクが低くなります。 確定拠出年金を始める際は自分に合った物を選ぼう! 確定拠出年金の金融機関選びも運用商品選びも、 最も大切なのは 「手数料(コスト)が低いこと」というのが理解していただけたのではないでしょうか? ただし、コストが低いからと言って、利益が出せるわけではありません。 自分が取れるリスクと適切なアセットアロケーションを考えながら運用をしていきましょう! 関連する記事•

次の

企業型確定拠出年金の商品選び、ベスト4はコレだ。

確定拠出年金 野村

投資信託• バランス型 ・三菱UFJプライムバランス 安定型 確定拠出年金 ・三菱UFJプライムバランス 安定成長型 確定拠出年金• 国内債権 ・三菱UFJ国内債券インデックスファンド 確定拠出年金• 国内株式 ・三菱UFJDC国内株式インデックスファンド ・リサーチ・アクティブ・オープン 確定拠出年金向け• 外国債権 ・野村DC外国債券インデックスファンド ・日興インデックスファンド外国債券ヘッジあり DC専用• 外国株式 ・三菱UFJ DC海外株式インデックスファンド ・日興インデックスファンド海外株式ヘッジあり DC専用 ・野村新興国株式インデックスファンド 確定拠出年金向け 元本確保型• 預金 ・三菱UFJ銀行確定拠出年金専用1年定期預金 ・みずほDC定期預金 5年• しかし、この場合は、 三菱UFJ DC海外株式インデックスファンド を私なら選択します。 13 年利:1. それでは、他の運用先はどうでしょう? 日本株式 上記のグラフは、 三菱UFJ DC国内株式インデックスファンド の結果になります。 最初の86. 年利計算:約5. 上手は実際の 三菱UFJ DC海外株式インデックスファンド になります。 最初の基準価格より91. 年利計算:6. 株式にするのはわかったものの、なぜ海外株式の方が良いの?国内株式ではダメなの?という理由について答えていきます。 その大きな理由は、 日本がこれから伸びる見込みがあるのか? 世界全体では経済は伸びているものの、日本に目を向けると停滞もしくは、ほんの少しだけ伸びている。 そして、これから団塊の世代が一気に高齢化し、少子高齢化が進む中、日本はこれから経済は伸びるのか?という問題が起こります。 人口動態やGDPなど見てみると、日本の経済にはそんなに期待できないのでは?と思っております。 円安になる傾向を見越してヘッジなし ここから、外国株式が良いということが分かりました。 しかし、外国株式に関しても種類があり、ヘッジ有無です。 簡単に言うと、為替の影響を受けるかどうか? ということで認識してもらって大丈夫です。 円高に動くのであれば、ヘッジあり• 円安に動くのであれば、ヘッジなし 日本で投資する場合は、このくらいの認識で大丈夫です。 これから、私は円安に動いていくと思うので、ヘッジはなしで良いのではと考えています。 新興国株は中身次第 新興国株に関しては「中身次第」というのが結論です。 どこの株が一番中身の比率が多いのか? そこから、国ごとをチェックしてください。 しかし、作業がめんどくさいのであれば、外国株式で良いと思います。 「何もしない」はダメ 一番ダメなのは、「何もしない」ということです。 基本的に何もしなかったら預金に当てられます。 つまり、運用していないということです。 今の時代、年金が確保されない、退職金ももらえる額も少ないなどで、老後資金が不足されることは容易に想像できます。 また、インフレによって、お金の価値が下がってきています。 「貯金」だけしていると、お金は増えません。 種類を理解しておくこと ここでは、簡単にリスクリターンについては、下記の簡単なグラフの部分だけ理解しておけば大丈夫です。 国内 海外 債券 低 中 株式 高 高• 元本が保証されている。 元本は保証されていない。 国内債券が一番リスクが低く、海外株式が一番リスクが高いということだけ理解しておければ大丈夫です。 しかし、全章から、時間をかければ、海外株式のリスクもかなり低減できて、リターンもそれなりに撮ることができます。 それは、 「短期間しか運用しない人」です。 いわゆる就職先に長くいるつもりがない人 次も就職を考えていて、同じ確定拠出年金が使える先なら問題ないが 、もう直ぐ定年の人の2パターンです。 グラフの通り、 数年ではマイナスになる可能性が高い投資になっています。 もちろんプラスもきい代わりに、マイナスになる額も大きいです。 基本的に積立系は、長期間運用することで、このマイナスになるリスクを小さくしています。 そして、利益を最大限に出しています。 しかし、たった3年や5年などしか運用しない場合は、大きく負ける可能性も高く、安定定期に運用したいのであれば、債券を交えて、お金が減らない方向へシフトしましょう。 ただ、新人に関しては、長期間運用するということで、リスクをとって、時間でマイナスになるリスクを緩和し、外国株式で運用することをおすすめします。

次の