人参 冷凍。 人参は冷凍保存するとまずくなる?黒く変色したり食感が悪くなる?

人参(ニンジン)の冷凍保存方法と保存期間【野菜の冷凍保存法】|お料理まとめ

人参 冷凍

武蔵裕子 料理研究家。 両親と息子2人、3世代の食卓を切り盛りしてきた経験から生まれた和食をベースとしたレシピは多くの支持を集めている。 雑誌、書籍、web、企業のメニュー開発などで活躍中。 『フライパンに材料を入れてから火にかけるだけ!レシピ』(学研)、『味つけ冷凍で作りおき』(PHP研究所)、『15分で一汁一菜 毎日のごはんはこれでいい!』(講談社)など著書も多数。 人参の正しい冷凍保存&解凍方法 人参(にんじん)の冷凍保存・解凍方法・保存期間をご紹介。 食感や味を損ねない冷凍保存方法をマスターして、いつでも美味しい人参を食べれるようにしましょう。 人参の冷凍保存方法 人参は複数の切り方で冷凍保存しておくと、色々な料理に使えて便利。 今回は、人参を「千切り」「いちょう切り」にしましたが、お好みの切り方でもOKです。 【人参(にんじん)の冷凍保存方法】• 人参は水で皮をよく洗う。 ピーラーで皮をむいた後、にんじん1本は3~4㎝ほどの千切りに、もう1本は7〜8㎜厚さのいちょう切りにする。 キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取るのもお忘れなく。 それぞれ保存袋に平らに入れ、空気を抜いて冷凍。 保存袋に冷凍した日も記入して。 【保存期間】約3~4週間 人参の解凍方法 冷凍保存した人参は、そのまま調理できます。 また、電子レンジや自然解凍も可。 【こんな人参の冷凍方法もあり!】 人参はゆでてから冷凍保存することもできます。 その場合の保存期間は1ヵ月。 人気料理「人参のしりしり」も、冷凍保存OK! 約2~3週間の保存期間で、食べる際は電子レンジで加熱しましょう。 冷凍人参のレシピ&活用法 カレーなど、ついつい使い方がマンネリになりがちな野菜・人参(にんじん)。 そこで、料理研究家・武蔵裕子さんにとっておきのレシピと活用法を紹介してもらいました。 【冷凍人参のレシピ】人参の豚巻き照り焼き 人参の自然な甘みが豚肉とベストマッチした一品。 彩りもきれいだから、お弁当のおかずにもおすすめですよ。 【作り方】• 冷凍にんじんは、広げた豚ロース薄切り肉にのせて、くるくると巻く。 Aは合わせておく。 フライパンにサラダ油を熱し、肉の巻き終わり部分を下にしてしっかり焼きつけたら、ときどき転がしながら全体を焼く。 その後、ふたをして弱火で1分ほど蒸し焼きにする。 Aを回し入れ、からめるようにし、照りが出てきたら火を止める。 たくさん余った時に!冷凍人参の活用法 冷凍保存した人参(にんじん)の活用方法をご紹介。 参考にして、ムダなく使い切りましょう!• いちょう切りの冷凍人参は豚汁に入れる。 電子レンジで軽く加熱した冷凍人参(千切り)はレモンマヨネーズでさっとあえてつけ合わせに。 人参(にんじん)の冷凍保存方法はいかがでしたか? 切ってある人参が常備されていれば、調理時間も短縮できるはずです。 ぜひ実践してみてください。 撮影/菅井淳子.

次の

プロ直伝!人参(にんじん)の冷凍保存3つの方法と保存期間

人参 冷凍

にんじんをスティック状に切ります。 こちらも冷凍するまで時間がかからない、解凍しやすい量にします。 こちらも冷凍しやすくするには少な目に、解凍も自然解凍ですぐに使えるようにします。 また、カレーや煮物用に荒く乱切りにした物は下茹でしてから冷凍した方が生のまま冷凍するより食感はより良くなります。 ある程度冷めたらバットなどに広げて一気に凍らせます。 下茹の方法は水を張った鍋にニンジンを入れ茹でます。 茹で過ぎないこと。 固めに半茹でして軟らかくなるまで茹でないことがコツです。 爪楊枝が、ちょっと強めに刺してようやく刺さる位の固さまで茹でたらザルに取ります。 冷凍したにんじんを使う時はいずれも凍ったまま調理して大丈夫です。 ただ、炒め物の場合は、大量に凍ったままのニンジンを投入すると一気に温度が下がってしまい、水が出てくるので、量が多い場合は常温解凍かレンジで解凍してから使うようにすると使いやすくなります。 月山高原で循環型農業でにんじんを栽培 にんじんは冷凍保存ができますが、丸のまま冷凍してしまうと使う時とても不便になります。 調理しやすい形に切ってから冷凍することが解決策。 スライスや乱切り、みじん切り等、スティック状に切って、調理することをイメージしてカットした人参を保存袋などに入れて、仕分けして冷凍することが最終的に料理の手間を省くコツです。 予め冷凍する前にカットして余裕があれば固めに下茹でしておくと一層使い勝手はよくなります。 生産者ご紹介。 月山高原にんじんと名付けられたこの人参を生産するのは「ベジパレット」です。 生産者の高田兄弟は、すでにエコファーマー、野菜ソムリエのなどの資格を取得して山形県の月山山麓の月山高原で循環型の農業でにんじん栽培をしています。

次の

ごぼうは冷凍してOK!正しい冷凍保存の方法やおすすめレシピを紹介

人参 冷凍

また脂溶性であるため、 油を使って調理することで吸収されやすくなります。 加熱してもカロテンの量がほとんど減少しません。 ビタミンA(ベータカロテン)の効能 目の健康を保つために欠かせないビタミンです。 皮膚を丈夫にしたり、目だけでなく鼻、喉、内臓の 粘膜の機能を高めて免疫力をアップさせます。 抗酸化作用により、活性酸素を除去して老化予防が期待できます。 カリウム カリウムは体内に余分に摂り込んだ塩分を排泄してくれる大切なミネラルです。 血圧を下げる作用がありますので、高血圧の方は積極的に摂取したい栄養素です。 カリウムの働きについては、もぜひご覧ください。 にんじんの葉 あまり食べる機会は少ないと思いますが、人参よりも、 人参の葉の方が非常に多くの栄養素(カリウム・カルシウム・ビタミンE・C・K)を含んでいます。 葉付き人参があれば、ぜひ無駄なく利用しましょう。 人参の冷凍保存の方法 人参の常温保存の注意点は、表面についた湿気や水分をよく拭き取ってから保存するのが基本(常温保存方法の詳細は後述しています)ですが、冷凍保存も手間無く出来ますので、ぜひ参考にして下さい。 ただ、生の状態でまるごと冷凍してしまうと、使う時にカットしにくいですから、乱切りにしたり、輪切りにしたり、千切りにしておいたりして、調理方法に合わせてあらかじめカットして、容器やジップロックなどに入れて冷凍保存しておくと調理の際にとても便利です。 もちろん加熱後に冷凍保存してもOKですが、 生のまま冷凍保存しておいた方が、栄養素の損失が少ないといわれています。 冷凍保存のコツ 人参が空気に触れる部分を極力小さくすることが大切です。 密封出来る冷凍用ポリ袋や、密閉容器に入れて、ポリ袋や容器内の空気を少なくしておくことがポイントです。 鮮度を落とさないためには、冷凍庫の温度を調節して 急速冷凍出来ればさらにいいですね。 解凍 レンジなどで解凍する必要はありません。 もちろん電子レンジを使って解凍してもいいのですが、レンジの強烈な電磁波マイクロウェーブが、食品の細胞を破壊してしまうことに懸念があるので、個人的な意見ですが、あまりおすすめしません。 レンジで解凍しなくても、調理の1時間くらい前に冷凍庫から出して置き、 自然解凍するだけでOKです。 充分に解凍されていなくてもそのまま、炒めたり、煮たり出来ます。 冷凍保存した人参を解凍しても食感はほとんど変わらず、予めカットしてありますのですぐに使うことが出来てちょっとした時短にもなりますよ。 スポンサーリンク 人参の栄養を効率的に摂取する方法 アスコルビナーゼ 人参にはアスコルビナーゼ(正式名称はアスコルバーゼ)という酵素が含まれているのですが、困ったことにビタミンを含む食材と一緒に食べると、ビタミンCを破壊してしまいますから、食材の組合せには注意しましょう。 サラダにする場合などは、酢やレモン汁を少量使うことで、ビタミンCの破壊を防ぐことが出来ます。 またアスコルビナーゼは、生ですりおろすと、より活性化してしまうので、ジュースにするときなどは、一緒にミックスするフルーツや野菜の栄養素を考慮したほうがいいですね。 一緒に摂るとよい食材• 白菜・キャベツ・トマト:老化防止や疲労回復に、より効果が期待できます。 、もご参照ください。 たまねぎ・セロリ・バター:風邪の予防や、髪を美しく保つ効果、肥満防止。 参考: 玉ねぎのカロリーと栄養効能• ブロッコリー・かぼちゃ・こまつな・チーズ:白内障や緑内障など、目に関する病気の予防になります。 視力低下の予防にも。 おいしい人参の選び方と常温保存の方法• 葉:生き生きとした緑鮮やかなもの。 新鮮なほどハリやツヤがあってピンとはっています。 色:人参本体の色が、きれいな赤み~橙色になっているもの。 葉がついているあたりの人参の首辺りが緑色になっていたり、黒ずんでいるものは避けます。 切り口:葉が切り落とされている場合の切り口をチェックします。 切り口の軸が大きいものは芯も太くなっていて、人参が硬いことが多いので避けたほうがいいでしょう。 皮:人参の表皮を見ます。 凸凹していて乾燥気味に見えるものは避け、表面が滑らかでツヤがあってみずみずしいものを選びます。 常温保存の方法:葉のついた人参は、葉を切り落として、表面の水分をよく拭き取ってから、紙袋に入れて風通しの良い涼しい場所で保存します。 気温の高い夏場は、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。 一旦切ったものは、切り口にラップを密着させて冷蔵庫で保存しますが、早めに使い切るようにしましょう。 まとめ 人参は一年中出回っていますが、大きく分けて、春夏にんじんが4~7月、秋にんじんが8~10月、冬にんじんが11~12月の3つの時期に分けられます。 少量でも非常に多くの栄養分が詰まっているため、緑黄色野菜のチャンピオンと呼ばれるのです。 葉付き人参が売っていればぜひ「葉」もまるごと調理して食べてくださいね。 「根」よりも多い栄養分があるのですから!.

次の