加山 雄三。 加山雄三が脳梗塞で入院「早期発見がいかに大事か」

加山雄三×さだまさし、リモート共演で近況報告「頑張っていこう」

加山 雄三

歌手・が司会を務めるBS朝日の音楽番組『歌っていいだろう』(毎週月曜 後11:00〜11:30)。 25日の放送回では、ゲストのとリモート共演した模様をお届け。 親交の深い二人が、お互いの近況報告など、軽快なトークを展開する。 外出自粛の流れが続く中で、視聴者へのメッセージも寄せた。 加山が進行役の()と共に、ミュージシャンのゲストを招いて送るトーク音楽番組。 今だから聞けるその当時のエピソードや名曲が誕生した秘話など、トークと音楽満載の30分。 今回、番組初となるリモート収録を実施。 冒頭でさだは「最近何がうれしいかって、加山さんから電話をいただけるのがうれしいです」と言うと、加山は「それだけどこも行かないで、家にいるってことさ」と、笑顔に。 すかさず、さだは「監視しておきました。 加山さんは家にいました。 確かに(笑)」と、リモートでも相変わらずの掛け合い。 不要不急の外出自粛の中、お互いの明るい近況を報告するなど、オンライン上で終始和やかに収録は行われた。 番組では、緊急事態宣言が発令された3日後に、さだがSNSを通じて披露し、話題となった曲「緊急事態宣言の夜に」を制作した経緯などについても取り上げる。 考えながら何かの境に自分も変わる。 そうすると世の中が変わる。 そして全てがいい方向に変わる。 それを信じてやまないんだよ。 今がチャンス。 ピンチがチャンスだと思って、頑張っていこうよ。 オレもそういう気持ちで頑張っていく。 「親の意見と茄子の花は千に一つも無駄がない」ということわざがあるように、今の時期だからこそ、本を読んだり、昔の人からのメッセージを聞くというのはどうですかね?.

次の

加山雄三がケアハウスに入居 若大将が進める「83歳の終活」

加山 雄三

表札もはずされて、雨戸は閉まりっぱなし。 普段から近所付き合いはなかったですが、引っ越しされるという挨拶も特になくて……」(近所の住民) 東京・世田谷の成城エリア。 言わずと知れた高級住宅街に建てた豪邸から姿を消していたという加山雄三。 「4月上旬に引っ越し業者が来て、荷物を運び出していました。 最近お見かけしたのは昨年11月ごろ。 退院されたばかりだったようで、お手伝いさんの女性に支えられながら、やっと歩いている雰囲気でした」(別の近所の住民) 加山は昨年11月に軽い脳梗塞で緊急入院したが、10日ほどで退院。 「ご近所にお住まいで、昔からの常連さんになっていただいている司葉子さんから料理の注文があって、加山さんのご自宅にお届けしましたよ」(和食料亭の店員) そんな周囲の励ましもあってか、昨年12月にはステージに復帰していた加山だが、住み慣れた街と家を出て、どこへ行ったのか。 かつての加山は週刊女性に船上でこう語っていた。 船の設計士か船乗りになるための資金づくりのために歌手になったんだ」 ひょっとして新たな船を手に入れて、再び西伊豆の港にいるかもと思ったが……。 「加山さんは船が焼失してからは見かけていないよ」 といった声しか地元住民からは聞こえてこない。 かつて『光進丸』を管理し、加山と親しいはずの造船会社も訪れて聞いてみたが「加山さんが引っ越した? 知らないなあ」とのことだった。 本来ならば4月11日の83歳になった誕生日にコンサートを開き、デビュー60周年の始まりだった加山。 しかし、コロナウイルスの影響で中止に。 加山はどこにいるのか? そこで彼の個人事務所に聞いてみると、意外な答えが返ってきた。 これは脳梗塞になる前から決めていたことです」 自立型ケアハウスとは、食事や掃除や洗濯などの生活支援サービス付きの高齢者向け住宅のこと。 介護サービスを受けるには別途となっている。 「ケアハウスは奥さんも一緒ですよ」(事務所の担当者) ちなみにコロナがおさまればコンサートは再開する気だとも。

次の

加山雄三がケアハウスに入居、コロナ禍で進める若大将「83歳の終活」

加山 雄三

「50年近く住んでいた自宅を出ていったようです。 表札もはずされて、雨戸は閉まりっぱなし。 普段から近所付き合いはなかったですが、引っ越しされるという挨拶も特になくて……」(近所の住民) 東京・世田谷の成城エリア。 言わずと知れた高級住宅街に建てた豪邸から姿を消していたという加山雄三。 「4月上旬に引っ越し業者が来て、荷物を運び出していました。 最近お見かけしたのは昨年11月ごろ。 退院されたばかりだったようで、お手伝いさんの女性に支えられながら、やっと歩いている雰囲気でした」(別の近所の住民) 加山は昨年11月に軽い脳梗塞で緊急入院したが、10日ほどで退院。 「ご近所にお住まいで、昔からの常連さんになっていただいている司葉子さんから料理の注文があって、加山さんのご自宅にお届けしましたよ」(和食料亭の店員) そんな周囲の励ましもあってか、昨年12月にはステージに復帰していた加山だが、住み慣れた街と家を出て、どこへ行ったのか。 かつての加山は週刊女性に船上でこう語っていた。 船の設計士か船乗りになるための資金づくりのために歌手になったんだ」 ひょっとして新たな船を手に入れて、再び西伊豆の港にいるかもと思ったが……。 「加山さんは船が焼失してからは見かけていないよ」 といった声しか地元住民からは聞こえてこない。 かつて『光進丸』を管理し、加山と親しいはずの造船会社も訪れて聞いてみたが「加山さんが引っ越した? 知らないなあ」とのことだった。 本来ならば4月11日の83歳になった誕生日にコンサートを開き、デビュー60周年の始まりだった加山。 しかし、コロナウイルスの影響で中止に。 加山はどこにいるのか? そこで彼の個人事務所に聞いてみると、意外な答えが返ってきた。 これは脳梗塞になる前から決めていたことです」 自立型ケアハウスとは、食事や掃除や洗濯などの生活支援サービス付きの高齢者向け住宅のこと。 介護サービスを受けるには別途となっている。 「ケアハウスは奥さんも一緒ですよ」(事務所の担当者) ちなみにコロナがおさまればコンサートは再開する気だとも。

次の