エリート 動画。 『シュタインズ・ゲート エリート』プレイインプレッションーーアニメを操作している感覚で遊べるフルアニメーションアドベンチャー【TGS2017】

エリート塩とは (アセとは) [単語記事]

エリート 動画

の『』にて、12号より24号まで連載された。 単行本は全26巻。 にはテレビドラマ化、には映画化された。 また、続編である『 エリートヤンキー三郎 第2部:風雲野望編』(エリートヤンキーさぶろう だいにぶ ふううんやぼうへん)が『週刊ヤングマガジン』2005年第25号から18号まで連載された。 単行本は全25巻。 本項目では、この続編についても以下に述べる。 因みに2012年には本人のブログに番外編が掲載された。 あらすじ [ ] 私立徳丸学園高等学校は県内屈指の不良校であり、その学校を仕切っているのが県内全域に名を轟かす極悪な大河内一郎と大河内二郎の「大河内兄弟」であった。 2人の悪名や強さは半端ではなく、校内はおろか教師や警察でさえも逆らえないのである。 そしてこの春、彼らのいる徳丸高校に大河内兄弟の末っ子、大河内三郎が入学する事になり、当然周囲は騒然とする。 しかし、三郎は内気で少しオタクな普通の高校生だったのだ。 だが周囲の誤解や運の無さ、そして三郎に秘められた真の力により彼は徳丸学園を仕切るエリートヤンキーとして自身の思いとは裏腹にのし上がって行く。 その設定も第二部九州編以降著しく薄れ、三郎のダメ人間化や徳丸の平和ボケが顕著化してしまい、現在では「エリートヤンキー」の称号すら有名無実化しており、変人ギャグ漫画へと決定的に脱線した状態にあった。 作品解説 [ ] 連載開始まで [ ] 当時売れない新人漫画家だった阿部が晩酌で銘酊していた頃「『』と『』とヤンキーもの」をくっつけたらどうだろう? 」と、手元にあった煙草の箱にアイデアを殴り書いた。 翌朝、「なんじゃい、こんなベタベタな設定は、ボツ! 」とちょっとだけ思ったが、こういう話は大好きなため、気楽にコンテを起こした所、編集からのウケもよく、そのまま新連載となった。 その時のコンテが1部の1話2話になっているという。 また当初、編集に「作中も現実と同じように時間が、進行する感じで卒業まで描けたらいいですね」と言われ、阿部が心の中で感激した直後、「でもまあ10週位くらいで終わるもんだと思ってください」とも言われたという。 話の舞台など [ ] が舞台となっており、作中の地名などは千葉県内の実在する地名をもじったものが多数登場する。 ただし市名ではないが、だけは唯一実名で登場している。 また京葉駅、秋津台駅などといった名前の架空の駅も登場する。 なお、キャラクターのセリフにはが多く使われている。 第一部について [ ] 三郎が高校1年から3年の9月までの話。 番外編として『 銭ゲバアルバイター河井』があった。 第二部について [ ] 前作の続きであり3年9月以降から、卒業までの話となる。 連載時期の時間に沿っていた第一部と異なり、長期に渡り続いた。 構成が異なる点がいくつかある。 エピソードによっては三郎がメインではないものがあり、三郎が絡まないエピソードも存在する。 構成上の変更点は下記の通り。 三郎によるプライベートエピソード(前作と同様に三郎がメイン。 異なる点は河井はあまり登場しない)• 桐山らによる番格エピソード(全国各地の番格がメイン。 三郎・石井も盛ん登場するが、三郎が犠牲になる事が多い。 河井はエピソードにあまり絡まない)• 石井による親衛隊エピソード(三郎・桐山がらみのエピソードあり、河井はエピソードに絡まない)• 河井・チャーンチャイによる商法エピソード(上記のエピソードとの関わり合いが少なく、ほぼ独立化している)• 軍団統一エピソード(三郎軍団がメイン。 三郎・河合・石井が揃って活躍する。 前作と共通エピソード) 登場人物 [ ] 詳細は「」を参照 用語 [ ] 徳丸学園 千葉県にある私立高校で、県内屈指の不良校であり、県内一のバカ高校。 入学願書さえ出せば合格出来るらしく、一郎・二郎に至っては退学後に再受験を認められる等、学校としての建前から大きく外れる。 それでも赤点を取ると留年するといった、わずかに抑制された方針。 主な学校行事に球技大会(選手宣誓は徳丸最強の男がやる)、徳丸祭(殆ど客は集まらず、生徒たちもまるでやる気が無い)、修学旅行などがある。 元はで、三郎在校時に共学化されたが、女子は入学者どころか受験者すら1人もいない。 その一方、「不良の殿堂」としての徳丸や三郎軍団に憧れて志望する受験生もいる。 校風は飲酒・喫煙お咎め無し。 やを働いて逮捕された生徒についても、学校側としては一切不問。 最盛期である三郎2年目のシーズンにおいては、ついに教師から授業に現れなくなり、軍団が好き勝手に活動を行うといった、出席日数の大前提をも超越した強勢を誇るも、流石にそれは一時期だけで、同年度の三学期からはきちんと授業が行われる描写が見られる。 その年度に十数名の留年者が出て以降、学力・出席の状況が無視される状態から脱し始め、生徒同士でも成績不振を意識するシーンが増える。 第一部冒頭でを盗んでばれた後、持ち主の校長をボコボコにした一郎・二郎が退学処分を受けたエピソードは、あくまで前述通りの野放し路線へと転換する契機に過ぎず、早くも二度目のケースからよりひどい問題行為が発生・黙認される。 三郎の同期が4年目の今でも犯罪行為こそ無視されるが、特進クラスが新設された影響か、今年度は凶作の年である。 新入生は不良でもない生徒ばかり集まり、同期の生粋なヤンキーが変人扱いされ、徳丸そのものの評価も「平和ボケではなく、タダのボケ」「学園」と、内外問わず誰一人と栄華の名残りを見出さない。 特に1年生はを単なる金借りと勘違いする等、もはや学力不足の上に常人より温厚。 三郎軍団 私立徳丸学園の生徒達で結成されている不良グループ。 事の発端は河井が三郎の(正確には大河内の)名前を利用するために近づき、河井の仲間を引き込んで結成。 その後、三郎に対する周囲の誤解や不運が重なり、団員は増えていった。 当初は三郎に何かと付きまとって迷惑をかけたり、河井が自分の考えた悪徳商法を三郎の命令と偽ってあくどい事をさせたりしていた。 しかし発足時から最盛期にかけてすら、石井と河井以外が軍団を運営することもなく、主要キャラを除けば一般団員は不良と言うよりマナーの悪い我儘の集団で、熱した時は歯止めの効かない問題行動を起こす反面、冷めると結構適当になるなど団結力が高いとは言い難い。 第二部以降、石井が軍団の実権を握り、全ての実務を行っている反面、河井は軍団に対する興味を全く失った状態である。 石井と3人の新鋭隊員以外が軍団としての交流を持つことがない程に軍団の権威は落ち込んでおり、関・萩原・尾崎などもあくまでも専ら私用で同伴するのみ。 何より現時点では三郎が地元・千葉で凶暴化して活躍した際も徳丸生の関心を引く結果すら得られない有様であり、普段の三郎のどうしようもないダメ人間、へタレ具合及び三郎軍団の開店休業状態がありありと伺える。 大河内一族 三郎の家族や親戚たち。 その歴史は古く、127代までさかのぼる事が出来る。 また、時代時代の政変には必ずといっていいほど裏で関わってきたらしく、「悪魔の一族」としてその悪名は轟いている。 一族には色々仕来りがあり、• 「大河内の男は18歳で結婚する(三郎もこの仕来りによって無理やり結婚させられたことがある)」• 「大河内の嫁は強運の持ち主でなければいけない(大河内家の敷地に五重塔があり、そこで嫁候補は様々な運試しを行う)」• 「身内でトラブルが起こった場合は裁判を行う(有罪になった場合は問答無用で脱出不可能な地下に落とされ、事実上の死刑)」 などがある。 なお、そのような仕来りはなぜか三郎には知らされていないことが多い。 さらに、家系図に三郎の名前は加わっていない(では三郎も大河内一族の人間であることが確認できる)。 財力の強大さが最大の特徴であり(一度破産したことがある)、世界各地に王宮と見まごう程の豪華な別荘を持つ、誕生日プレゼントにダム1つを提供する、キャビア・大トロ・松阪牛などを常食するなど(リクエストひとつでさらにお菓子の家、マグロの解体ショーといった離れ業を、それも平時から行うことが出来る)、常軌を逸した贅沢三昧の有様が現在までに飽きるほど描写されている。 三郎の部屋に用意されている家具・家電も推定100インチのテレビを始めとして、全くの規格外である。 流星会 大河内二郎が県下の暴走族の頭を倒して強引に傘下に入れて統一し、作り上げた県内最強の暴走族。 しかし、麻雀で会長の座を賭けの対象にし、二郎が麻雀で三郎に負けたため、三郎が会長を(不本意ながら)引き継ぐ事になる。 毎週集会が開かれており、年に一回特攻隊長を決める「男だめし」と言う儀式も行われている(特攻隊長は会長の次にメンバーに尊敬されている)。 また、名物として「男汁」という状の食べ物があり、結構美味。 しかし、三郎が2年生(2回目)の時に河井のせいで崩壊。 その後一度復活するが、わずか2時間で再び崩壊した。 三郎軍団と違う点で、自分の生活がある者で形成されているために上下縦横関係がうるさく無く、アットホーム的な人間関係であることが挙げられ、三郎自ら感心している。 荘実館 徳丸学園と敵対している高校。 三郎2年生(2回目)の際は、不良の存在を除いて三郎が憧れるような平和な校風(そのとき三郎は便意を催していたので、不良を気にも留めなかった)であったのに加え、不良校としても校内の不良たち(主に三郎と同い年)はささやかな敵対心を抱いていた。 但し、同期(つまりタメ年)が殆ど卒業した三郎4年目の時点では、荘実館の不良たちは徳丸を見下げ果てており、三郎たち主要メンバーも泳がされている状態。 大阪マッドブルズ 正式名称は「大阪凶牛連合」。 大阪でも一、二を争う暴走族。 元々は走り屋集団だったが、リーダーの代替わりを契機にケンカチームとなった。 現在、桐山秀樹(二代目リーダー)が100人の軍団を束ねており、桐山の留守中であっても呼び出し1つで地方から地方への移動を行うなど、チームワークは高い。 三郎ダム 一郎と二郎が三郎の誕生日プレゼントにあげたダム。 動画撮影や他校の抗争に使われた。 電飾の配置ミスで、「三郎ムダ」と大きく書かれている。 この節のが望まれています。 ゲームアプリ [ ] モバイル向け配信アプリ• エリートヤンキー三郎 成り上がり伝説 配信:講談社、リリース:、ジャンル:格闘。 テレビドラマ [ ] エリートヤンキー三郎 ジャンル 、 出演者 製作 プロデューサー 、 制作 、 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 金曜日24:12 - 24:53 放送枠 ドラマ24 放送分 41分 回数 11 特記事項:。 系列「・」枠にて、 - に放送された。 全11話。 原作との変更点 [ ]• 三郎と春菜は中学時代に塾で知り合った(原作では前田主催の合コンで出会った)。 春菜が聖アーバン学園に通っている(原作での聖アーバン学園は三郎が転入するための学校としか描かれておらず、春菜が通っている学校名は不明)。 福士が最初から「オウヨ」としか喋らない(原作では初期では普通に喋っていたが、河井のスタンガンのショックが原因で「オウヨ」としか喋らなくなる)。 関が三郎の同級生として最初から登場する(原作では三郎が2年生時の文化祭のボクシングトーナメントが初登場)。 田所が吹奏楽部ではなく、部の部長。 関根が三郎とのトラブルの後も学校に残っている。 河井は「を飲むと酔っ払う」という設定に変更されている(原作では「15歳で酒浸り」という設定)。 ほとんどストーリーとは直接関係のない場面でが演ずる人物が胸や下着姿を晒すお色気シーンがある(原作では性的描写は一切無い)。 ドラマではしばしばがネタとして出てくる。 登場人物・キャスト [ ] 劇中ナレーションはが担当。 原作の登場人物の詳細は「」を参照。 大河内三郎:• 河井星矢:()• 浅井春菜:• 石井武:• 前田直也:• 田所雄二:• 関雲竜:• 福士譲:• 白石圭太:• 荒生健介:• 新開洋一:• 校長:• 教師・関根孝三:• 大河内二郎:• 大河内一郎:• 三郎軍団員:• ゲスト出演者• セクシー娘:、• 女医:• みどり(食堂のお姉さん): ドラマ版オリジナルキャラクター [ ] 占い師(うらないし) 演:(映像では判別不可) 三郎行きつけの店の占い師。 顔を半分以上布で隠しており、素顔を見ることは出来ない。 毎回三郎にキーワードとなるお告げを与え、「意味は自ずと分かろうもの」といって料金を取る。 料金は1回5千円から2万円程度。 三郎はこれらのキーワードを自分の都合の良いように曲解し、失敗に終わるのが物語のパターンとなっている。 後半から、三郎は単なる悩み相談で来店している節もあった。 演じているのは仲間由紀恵である。 仲間由紀恵は石黒と同じくの所属であり、放送当時は真相はさだかではないと言われていた。 しかしDVD-BOXの特典映像では、はっきりと顔が映っている。 占い師の助手 演: 三郎行きつけの店の占い師の助手。 占い師と対照的に露出度の高い衣装である。 主に会計と解説(ツッコミ)が仕事であるが、怪しげな踊りで客引きを行ったり、口調が急に変わったり(「うるしゃーい!聞きなしゃい!」等)、マスクを被ったり等かなり変わっている。 桃姫愚連隊(ももひめぐれんたい) 演:(ミカ)、(リナ)、(マキ) ミカ、リナ、マキの3人からなるレディース3人組。 かつて自分たちのチームを壊滅させた大河内一郎・二郎兄弟を憎み、徳丸学園に潜入して三郎を付け狙っている。 登場すると何らかのトラブルで胸を晒している。 基本的に物語に全く関与しなかったが、終盤では春菜を拉致し、三郎を3人で袋叩きにした。 だが逆上した春菜により、返り討ちに遭う。 山下翔一(やました しょういち) 演: 春菜と同じく聖アーバン高校の生徒。 15歳。 バスケットボール部所属。 とても爽やかで、頼まれると嫌とはいえない性格。 常に笑顔。 三郎と同じく春菜に好意を持ち、恋のライバルとしてバスケ勝負の約束をするが、成り行きで河井により軍団の抗争(バスケ)に覆面を被らされて参加させられ、結果相手チームから袋叩きに遭った。 スタッフ [ ]• 脚本:、、、• 監督:、、• プロデューサー:・、• 制作:テレビ東京、• では2007年4月19日から放送開始。 では2007年4月29日から放送開始(同局で初めてドラマ24枠の作品が放送されている)。 では2007年5月1日から放送開始。 では2007年6月1日から放送開始。 映画 [ ] 激情版 エリートヤンキー三郎 監督 脚本 木田紀生 出演者 (友情出演) 他 音楽 松石ゲル 主題歌 「」 撮影 編集 佐藤連 製作会社 配給 公開 上映時間 106分 製作国 言語 『 激情版 エリートヤンキー三郎』というタイトルで、公開。 PG-12指定。 上映時間106分。 『エリートヤンキー三郎』と『』はどちらも、『週刊ヤングマガジン』掲載の漫画作品であり、かつ石黒が主演している。 撮影時期は『彼岸島』の方が先だったが公開時期は本作の方が約1年ほど早かった(『彼岸島』の公開は)。 ドラマとの変更点 [ ]• 映画のみに登場したキャラクターを除けば、主要キャラはほぼドラマ版と同様のキャストだが、ドラマ版の続編というわけではなく、ドラマ版のエピソードは全てリセットされて、再び三郎が徳丸に入学するところから始まる、いわば的な内容である。 入学時、番長の座を狙い三郎に立ちはだかる役が石井となっている。 桃姫愚連隊が登場しない。 仲間は役で登場。 映画のみに登場するオリジナルキャラ [ ] 如月聖之 演: エリート警察官僚。 幼い頃、ある理由でヤンキーの撲滅に命をかけることを決意する。 春菜の兄。 如月春菜 演: ゲーム好きの女子高生で、聖之の妹。 三郎と仲良くなるが、ヤンキーを極度に嫌っている。 トックリ 演: 聖之の部下で幼なじみ。 常にの服を着ている。 無口で無表情。 会話は耳打ちで行なう。 久能徳次郎 演: 日本刀を常に持ち歩いている、少年課の鬼刑事。 原作の川上惣一郎に当たるキャラ。 黄泉山豪 演: 九州のヤンキー。 今回の如月の陰謀により徳丸へ来た。 語尾は「〜でごわす」。 頭にハンマーが付いており、手を使わずに数々のヤンキーを倒してきた。 常に「阿蘇山」と書かれた板を背に架けている、金さん銀さん(演:、)という舎弟がいる。 リキ 演: 北海道のヤンキー。 今回の如月の陰謀により徳丸へ来た。 黄泉山のライバルであり、「北のリキ、南の黄泉山」と謳われている実力者。 シスター 演:仲間由紀恵() 教会で孤児や老人(演:)の世話をしている。 ムービーコミック [ ] 2014年3月31日より「」にて、原作漫画をコマごとに分け、セリフや効果音を加えたムービーコミック『UULAマンガ』が配信されている。 全25話。 キャスト 大河内三郎: 大河内一郎: 大河内二郎: 河井星矢: 主題歌 『Buzz Boy』 脚注 [ ].

次の

エリート塩とは (アセとは) [単語記事]

エリート 動画

そのパフォーマンスは日本での発売以来伝説となり、今もなおプレッシャーの高くなった日本のフィールドでも、ここ1番の切り札としてルアーケースに忍ばせるベテランも少なくない。 では、なぜカウントダウンは釣れるのか?一つは、シンキング仕様であることがあげられる。 シンキングとはルアー本体の比重が水より重いため、水に投入すると沈む。 すなわち、その特性を活かし放置することでルアーが到達する水深をコントロールできる。 リップの推進力でも泳層をコントロールできるが、シンキングルアーはフォールの時点であらかじめスイミングアクションをスタートできる地点を調整できるのだ。 シンキングであるという特性、これは今では当たり前のように思うが、これこそが「カウントダウン」という名前の由来であり、後世、多くのミノーに影響を与えたコンセプトと言っても過言ではないだろう。 そして、もうひとつ注目したいのがアクションである。 創業者のラウリ・ラパラが実際のフィールドで試行錯誤を繰り返し導き出されたアクション。 通常のミノーと一線を画するロールの効いたウォブリングアクションは多くのルアービルダーがお手本にしたほど完成度が高く、シンキングミノーの元祖と言える。 フィンランドでの発表以来、カウントダウンがヨーロッパ全土にその名を轟かせた背景には、流れのある河川やトローリングでの使用において、非常に安定した泳ぎを実現したことも、現在までこのルアーが販売を続けている理由の一つだ。 急流域のダウンストリームでのスイミング、トローリングでは超スローからハイスピードまで柔軟に対応し、決して水面に飛び出さない安定性は、多くの釣り人が信頼をおいている理由の一つである。 しかしながら、年々プレッシャーが高まる日本のフィールドでは、人の手が届く範囲では魚に出逢える確率も急激に降下し、ピンポイントにルアーを投下しないと魚が反応しないという傾向も強くなり、より遠くに、より正確にルアーをアプローチできることが、ルアーのアクションと同様の重要なテーマになっていることも事実である。 そのリクエストに応えるべく、ソリッドな天然素材で構成されるバルサボディはそのままに、カウントダウンの特性、伝説のアクションを継承しつつ、飛距離と飛行姿勢の安定化、さらには現代のハイプレッシャーなフィールドにおいて有効なアプローチ手段となっている「ドリフトテクニック」に対応するフォール時の水平姿勢、ドリフトの有効時間を長く継続できる適切なシンキングスピードに注目し、21世紀のフィールドにシフトした「新たなるカウントダウン」を誕生させることがカウントダウン エリート開発の使命であり、それを見事に実現させた。

次の

【エリートヤンキー三郎】本当に恐いヤンキーは普通の格好をしている

エリート 動画

緊迫感がすごい。 変な汗かいた。 プレイを終えて最初に出てきた感想だ。 東京ゲームショウ2017のセガブースにて展開されている『シュタインズ・ゲート エリート』の試遊台。 会場に着いたときには、すでに行列ができており、30分ほど列に並んでプレイすることになった。 会場全体を見れば、もっと行列ができている作品は多いだろうが、ことアドベンチャーゲームというジャンルに関しては、注目度が高いといえるだろう。 遊んでみての感想は、アニメを操作している、という感覚。 ボタンを押すごとに画面が切り換わり、キャラクターたちが動き、しゃべる。 まさにアニメなのだが、ボタンを押さない限りは物語が進行しない。 ひたすらにアニメを観るというよりは、自分がアニメを動かしている感覚だ。 ただし、これまでのアドベンチャーゲームとは異なり、立ち絵や背景などは一切なく、全編がアニメのシーンで構成されているのが特徴。 逆にアニメとは異なり、キャラクターの心情が随所に挟み込まれるのはゲーム的と言える。 記者は、ゲームもプレイして、アニメも観ているが、非常に新鮮な気持ちで遊ぶことができた。 ちなみに、会場ではラウンダーの襲撃シーンをプレイできた。 ヒロインのひとり、椎名まゆりの死の運命に抗うべく、まゆりを秋葉原から脱出させるというシナリオだ。 主人公の岡部倫太郎の心情がテキストで描かれ、宮野真守さんの迫真の演技がそれに乗っかり、アニメのカットで物語が進行していくので、緊迫感がゲームやアニメ以上にある。 ゲーム的な作りになっているからこその物語への没入感も、緊迫感に拍車をかけているように思えた。 誰に連絡を取るかがポイントになると思われるのだが、何度もタイムリープをしている『』ファンならば、きっと正解のルートを見つけ出せるに違いないだろう。 まゆりを助けることができず、試遊台を後にすることになった。 思わず「まゆりいいいいいいいい!」と叫びたくなったのは言うまでもない。 このように、初代『シュタインズ・ゲート』にはなかった分岐が、『シュタインズ・ゲート エリート』では用意されている模様。 一度プレイした人も、テレビアニメを観たという人も新鮮な気持ちで遊べるので、ぜひぜひ東京ゲームショウ2017の会場でプレイしてみてほしい。

次の