死に たく なっ たら。 「困って死にたくなったら…」坂口恭平さん、コロナ禍に思うこと(西日本新聞)

【希死念慮】もう生きていくのがしんどいです!死にたくなったらどうするか?

死に たく なっ たら

就活苦で死にたくなったら 『就活 死にたい』 『就職活動 死』 これらの検索ワードによる当ページへの直アクセスは、月あたり最低でも500件以上あります。 それほど、就職活動や転職活動が上手くいかず、気が滅入り、死にたくなっている人が多いということなのかもしれません。 「何社受けても内定がもらえず、就職浪人してもダメだった」 「自分は社会に必要とされていない気がする」 「内定がとれず家族にクズ呼ばわりされ、その通りだと思った」 「自分は負け組であり、人生終わったも同然だ」 度重なる不採用通知を受けていると、「いっそのこと自殺して楽になりたい」と考えるのも理解できます。 実際、絶望感がハンパじゃありませんから。 ところで、「就活苦で死にたい」と思っているとして、それならば結局のところ、どうしたいのでしょうか? 死にたくて、実際に死ぬつもりなら(就職したくない) 人は、いずれ必ず死にますので、いますぐ死ぬことも別に悪いことではないのかもしれません。 生きようが死のうが、大した影響はありませんし。 ただ、人生を投げ出せるくらいなら、生きている内から、あらゆることを投げ出したら良いのではないかと思います。 就職や親への恩返し、社会貢献、多額の収入獲得、信用獲得、社会的な期待に応えることなど、大抵のことは投げ出してみても、大して問題になりません。 また、就活で悩む本人には分かり難いことですが、親だって「 苦労して育てた子に死なれるくらいなら、前向きに別の選択肢を採って欲しい」と考えているものです。 あたりまえですが、生きてさえいれば何らかの希望を持てますが、死んだら何も残りません。 そうなっては、親の立場からすれば『育て損』ですからね。 参考: 就職活動に疲れて「もう活動したくない」と思ったなら、就職以外の選択肢を考え、就職以外の道を歩むことができます。 就職の向き不向きを認め、就職しなくてもいいと割り切り、アルバイトで生きること、ヒモになること、起業など、様々な生き方を考えられるわけです。 そして、案外やってみれば何とでもなるかも知れないし、 何とかならなければ、覚悟した通りに野垂れ死ねば良いだけのことです。 どうせ、いずれ死ぬことは変わらないのですから、死に急ぐ必要などなく、死ぬまで気楽に構えて、とことん生き方にこだわったら良いのではないでしょうか。 当然ながら、就職しなくても稼げるし、信用を得ることもできます。 就活で散々アピールした『社会貢献』とやらもできます。 別段、就職という1つの手段にこだわる必要性などありません。 それは、人生における選択肢の1つでしかないわけですから。 参考: 物事に対し、どのような評価を下すかは、人によって多少異なり、内定獲得できないことを良いこととする人がいれば、最悪の事態とする人もいます。 本来、物事にはプラスもマイナスもありません。 何らかの評価を決めつけているのは、当事者本人が持つ価値観によるものです。 ですから、「死にたい」と思うほどの最悪の事態も、経験や状況の変化によって価値観が変わってしまえば、それほど酷い状況でもなくなり得ます。 実際、「死にたい」と考えていた人が、様々な経験や状況の変化を通じて、後に「何てバカなことを考えたんだろう」と、考えを変えることは現実的によくあることです。 就活苦で本気で死にたくなったのなら、先ずは何でも投げだしてみて、犯罪以外なら何でもやってみたら良いのです。 参考: 死にたいと思ってはいるが、やはり就職したいなら まず、知っておくべきは、世の中には必要以上の労働力が溢れていて、各社で欲しい人物像に違いがあり、採用選考には運が大きく関わっているということです。 しかし、だからこそ、その 『当たり前』で躓かないことが大切だったりします。 企業は、当たり前のことで落ち込んで、『前向きに行動できなくなる』ような人を採りたくありません。 企業は、採用に多額のお金をかけるため、簡単に辞められたり、働けないほど落ち込んで死にそうになられては堪らないのです。 会社で働いていれば、理不尽な顧客や上司に傷つくことがあれば、自らの失敗で辛く苦しい思いをすることも、『当然のように』あります。 その『当然』に耐えられそうにない人に、安心して仕事は任せられないという考え方は合理的といえます。 だからこそ、適性検査や面接でシビアに判断されます。 参考: 真剣に就職を望むのならば、『落ち続けて当たり前』の就職活動で、「死にたい」などと悩み苦しみ、絶望し、嘆き、足踏みするのは無駄なので止めましょう。 そんな暇があるならば、『就活 死にたい』なんて検索して調べるのはやめて、今やるべきことをやった方が良いです。 「どうしたら上手くいくのか?」「何の不足を補う必要があるか?」などをよく考え、行動に移す方が、何倍も有意義であることは間違いありません。 とにかく、なるべく無駄なことに時間を費やすのを止めて、前向きに行動することに時間を使うことが重要です。 頑張らなくても良いですけど、限りある時間と体力は、大切に使っていきましょう。

次の

遺言を書き直したくなったら

死に たく なっ たら

人はなぜ死にたくなるのでしょう。 もちろん人それぞれに違った悩みや苦しみがあります。 同じ理由で人は死にたくなるわけではないでしょう。 だから、一つの答えがあるわけではないことはわかっています。 それでもあえて立ち止まって、考えてみたいのです。 人はなぜ死にたくなるのだろう、と。 一つ言えることは、本当は死にたくなっているのではなくて、生きていることが苦しくなっているということです。 つまり「死にたい」というのは、死に憧れているのではなくて、 「生きたい」のに、生きることがつらく感じている心の叫びなのです。 ちがう考えもあるかもしれませんが、わたしはそう思っています。 せめて、今日を生きることが、苦しく感じられなければ、今日を生き抜くことができるでしょう。 自殺は、自殺未遂が成功してしまった結果だ、と言った人がいます。 つまりだれも本当は死にたくはないのです。 でも、あまりにも生きることが辛いので、楽になりたい一心で、 自殺しようとするけれども、心の底では死にたくないので、未遂を何度も繰り返します。 その自殺行為がうまくいってしまうと、自殺になってしまうのです。 本当は、だれしも死にたくなどはないのです。 むしろ生きたい。 生き抜きたい。 でも、生きることが苦しいのです。 それは病気などで、体が苦しいということもあるでしょう。 でも、今は終末期医療も進んでいますから、終末期の苦しみは軽減されています。 むしろ体の苦しみというよりも、人は心の苦しみに耐えきれずに、死にたくなってしまうのです。 愛する人を失った、心の苦しみ いじめられ続けている、心の苦しみ 生きる意味が分からない、むなしさという、心の苦しみ これからどうなってしまうのかと、恐れによる、心の苦しみ この心の苦しみが、人を生きられなくしてしまうのです。 死ねば楽になれると思い込んでしまうのです。 心が苦しんでいるときは、視野が狭くなり、目の前のことしか見えなくなります。 借金のために、心が苦しんでいる人は、手っ取り早くお金を手に入れることしか、見えなくなります。 それで頭がいっぱいになり、それが不可能だと思ったら、死にたくなってしまうのです。 他にも逃れの道がいくらでもあることが、見えなくなってしまうのです。 資本主義社会において、お金は、物やサービスと交換するための「引換券」です。 その「引換券」が返せなくなったからといって、命と引き換えにすることはないのです。 資本主義におけるゲームにまけただけの話です。 リセットして、また1から始めればいいのです。 自分一人だけで頑張らなければならないとか、責任を負わなければならないと考えなくてもいいのです。 ゲームに勝つ人がいれば、負ける人もいる。 そういう仲間はたくさん世の中にいます。 あなたはひとりではないのです。 また、過去の悲しい出来事に、今も心縛られて、生きることが苦しくなっている人もいるでしょう。 しかし過去は、記憶の中にしかないのです。 人は「今」しか生きられないし、「今」を生きていくのです。 過去という「記憶」にしばられて、自分で自分の首をしめて、苦しめなくてもいいのです。 そんなあなたも、決して一人ではないのです。 仲間はきっといます。 これをここまで読んでくださったことに、感謝いたします。 逃れの道は、きっとあります。 大丈夫です。

次の

【希死念慮】もう生きていくのがしんどいです!死にたくなったらどうするか?

死に たく なっ たら

TV・ドラマ 2015年8月26日に、神奈川県の鎌倉市図書館が「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。 」と公式Twitterでつぶやき反響を集めたことがあります。 この時はわずか数時間で1万以上RTされ、さらにはテレビで紹介されるなど大きな反響を集めました。 今回のポストカードもそれに似た内容となっていますが、発表時期は2015年8月上旬。 たまたま近い時期に他の図書館でも同じ動き、そして同じ考えを持った人たちが動いていたようです。 ポストカードの作者は版画家の大野隆司さん。 大野さんが2013年に制作した「死にたくなったらふる本やにおいで」というメッセージの、図書館バージョンとして制作されました。 新聞などの記事によると、Twitterに投稿した司書の方は、アメリカの図書館でみた「自殺したくなったら図書館へ」というポスターを思い出し投稿したそうです。 また、投稿した理由は18歳以下の子供による自殺が9月1日に多いという報道を聞いてのことと伝えられています。 当時報道では、過去最も自殺した子が多かった日は「9月1日」ということをクローズアップし伝えていましたが、次いで多かったのが実は4月11日。 そしてこのデータを月別に集計すると、月の場合は4月が突出して最も多いことが分かります。 鎌倉市図書館のTwitterが話題になった当時は、2015年版『自殺対策白書』の報道もほぼ同時期に取り扱われていたので9月1日を気にかける人が多くいました。 しかし、それも時がたち少し忘れ去られた頃合い。 柏市立図書館のポストカードをきっかけに、今一度周りの子供達を見渡してみてはいかがでしょうか。 (文:宮崎美和子).

次の