仕事 待機。 仕事で勤務時間外の待機を命じられたら~働き方のコツと注意点

作業間の待機時間(手待時間)は労働時間に該当するか?

仕事 待機

新型コロナウイルス感染拡大防止対策や新型コロナウイルスの影響で仕事が減ってしまったことを理由に「在宅勤務」や「自宅待機」を会社から命じられている人も多いと思います。 国から緊急事態宣言が出されたこともありこれらの措置は仕方のないことですが「在宅勤務」ではなく、施設(お店)が休業している、仕事が無くなった・減った、自宅では出来ない仕事であるために 「自宅待機」となった場合の給与はどうなるのでしょうか? 自宅待機であっても給与は満額支払われるのか?減額されてしまうのか?それとも支払われない? ここでは自宅待機となった場合の給与支払いに関して、詳しく解説していきたいと思います。 自宅待機とは 自宅待機とは読んで字の如く自宅で待機することを言い、何らかの理由があり企業の従業員や学校の生徒などが出勤や登校をせずに自宅に居なければいけないことです。 自宅待機が命じられるケースとして考えられることは、• 感染症の蔓延防止のため• 業務減少のため(休業、機械の故障、原材料の不足など)• 規則に違反した従業員の処分が決定されるまでの措置• 天災(台風、地震など)が起こったとき など、様々な理由があります。 自宅待機は自宅に居ることが前提ではありますが、 休暇とは異なるため常識の範囲内での行動を心掛けるとともにいつでも 会社からの連絡が取れる状態にしておくことが望ましいでしょう。 今回の新型コロナウイルス関連の自宅待機命令は「感染症の蔓延防止のため」や「業務減少のため」に当てはまるケースとなるのではないでしょうか。 また、「ANAが客室乗務員約6,400人を一時帰休」「東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドでは約5,400人の一時帰休を実施」「JR西日本が初の一時帰休を実施」などというニュースを目にした人もいると思いますが、 一時帰休には一時的な自宅待機という意味合いがあります。 一時帰休 企業が、不況による業績悪化などの理由で操業短縮を行うにあたり、労働者を在籍のまま一時的に休業させることを「一時帰休」といいます。 労働基準法26条の「使用者の責に帰すべき事由による休業」にあたるため、休業期間中、使用者は労働者に対して、平均賃金の60%以上の手当(休業手当)を保障しなければなりません。 自宅待機中の給与支払いは? 会社から自宅待機を命じられた時にまず気になるのは「給料がもらえるのか?」なのではないでしょうか。 テレワークなど在宅勤務は自宅で出勤時と同じ業務をするため出勤時と同等の給与支払いがありますが、業務をせずに自宅にいなくてはいけない自宅待機ではどうなのか?と心配になると思います。 結論からお話しすると、自宅待機中の給与に関しては一時帰休の説明に 「使用者は労働者に対して、平均賃金の60%以上の手当(休業手当)を保障しなければなりません」とあるように 休業手当が支払われます。 地震や台風など自然災害による休業• 電休による休業• 出勤をすることによる病気悪化が考えられる場合• 感染症に感染した場合の休業(新型コロナウイルス、インフルエンザなど)• ストライキ中など労働の意思がない場合 など 不可抗力的な理由の場合は「使用者の責に帰すべき事由」にあたらないと認められることが多いため 休業手当の対象とならず支払う必要がなくなります。 新型コロナウイルスに関しては、ウイルスに感染して休んだ場合は休業手当対象外ですが傷病手当を受けることが出来ます。 非正規社員に休業手当を支払わず 2020年5月14日付の東京新聞の報道によると、大手スポーツジムコナミスポーツは新型コロナウイルス感染拡大で休館となっている全国のジムで働く非正規社員のインストラクターに休業手当を支払っていないことが明らかとなり問題になりました。 休業手当の支払いを行っていなかった理由として「臨時休館は当社の都合による休業ではなく、政府からの利用自粛要請があり不可抗力によるやむをえない対応のため」と説明しています。 一転し、3月まで遡って支払う方針を表明 緊急事態宣言が発令され、各都道府県知事からの要請があり業務停止をしているため 必ずしも企業の都合とは言えず線引きが曖昧となっていることは国会でも問題となっています。 スポーツジムに限らず、ライブハウスや映画館など緊急事態宣言で業務停止をしている施設は休業手当の対象外と厚生労働省は見解しています。 緊急事態宣言が解除された後でもしばらくの間は今まで通りのように営業できない施設も多いと思うので、今後どのようになっていくのかが気になるところです。 tokyo-np. html? 会社命令で基本自宅待機になった夫。 待機日は給与2割カット。 副業禁止の夫に代わって、夫に子たち見てもらって私が働きに出れたらと思ったけど、夫週何回の出勤日が不確定で前日に決まったりするので、日が決めれない。 市町村の方針で縮小して 自宅待機でも給与満額出ますよね でも非正規の保育士は 無給です。 今年度 委託費は満額支給されているのに 給与を払わないのは 横領に等しい — なり yI7WvroAccQmYSA 首都圏近郊で、休業中の百貨店やSC等で働く現場スタッフ達は、果たして会社の意思も含めて休業延長に「是」なのだろうか。 例えば、三越伊勢丹Gが示した様に「自宅待機」の形で給与は満額払う、と言った様な対応ならば飢えはしないが、そんな事が出来る会社ばかりではない。 現状が知りたい物だ。 そして、休めない仕事に就いている人は「減給でも自宅に居られる方がいいのでは?」と思う人もいるようです。 また、在宅勤務をしている人は出勤時と同等の給与支払いがあると話しましたが、実際には残業代がつかなくなり給料が減った人が多いようです。 テレワークって、本当に良くないです。 ついさっきまで、仕事をしていました。 それでいて、残業代はなし。 証明できないからみたいだけど、この一か月、リアルに残業時間を換算すると、多分60時間は超えると思います。 休業者給付金 2020年5月14日、安倍晋三首相は記者会見で新型コロナウイルス感染拡大の影響により仕事が休みになってしまったのにも関わらず事業主から休業手当を受け取れなかった休業者に対し、 直接給付金を支給する制度を新たに創設する考えを表明しました。 これまでは新型コロナウイルスの影響による休業などで休業手当を支払った企業に特別措置として拡充された雇用調整助成金で支援していましたが、申請に手間が掛かることや休業手当を支払う余裕がない(事業主負担が発生する)など様々な理由から申請をしない事業者が多かったことで新たな制度を設けることで調整しています。 休業手当がもらえず生活に不安を抱えている人にとって、少しでも安心できる制度として活用されることに期待したいです。 今回は感染症の影響によるものですが、またいつこのような有事に見舞われるか分かりません。 その時にテレワークのような在宅勤務が出来ない仕事、休業手当が支給されない会社、経営的に余力の無い会社であるよりは 仕事・給料・生活が保障された仕事に就いていた方が安心であることには違いありません。 転職エージェントのサポート• キャリアカウンセリング• 求人紹介• 応募書類作成サポート• 面接日程調整、面接対策• 雇用条件交渉• アフターフォロー など 転職エージェントでは転職活動を一貫してサポートしてくれるので、不安な状況の中でも安心して進めていくことが出来ます。 そして、転職エージェントのサポートはコロナ禍にも対応した電話やメール、Webツールを使用しているため自宅に居ながら転職活動を進めて行くことが可能です。 自宅待機が続き今後に不安を感じるのであれば転職エージェントに相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。 全てのサービス・サポートは無料で利用出来ます。 自宅待機でも給与は支給される いかがでしたか? 自宅待機中の給与についてご理解いただけましたか? 正社員だけでなく、派遣社員やアルバイト・パートでも休業手当の対象となっています。 正社員ではないからもらえないと言うことでも、仕事をしていないから無給となる訳でもありません。 休業手当は働く人達の最低限の生活を保障するためのものなのです。 とは言え、それぞれの事情や状況もあり休業手当の支払いが困難となっている会社があることも事実です。 そのような場合は、国の支援制度を利用することや転職も視野に今後についてしっかりと考えていく時間にも充ててみましょう。 まだまだ落ち着かない不安な状況が続きますが、今できることを少しずつでも始めてみてはいかがでしょうか。 おすすめ関連記事.

次の

新型コロナウイルスに関するQ&A(水際対策の抜本的強化)|厚生労働省

仕事 待機

もくじ• そもそも「待機児童」って? 「保育施設に入所したいけれど入所できずにいる子ども」がすべて待機児童としてカウントされるわけではありません。 まずは2017年3月に変更された新しい定義を確認するとともに、その定義の陰に隠された「隠れ待機児童」の問題について解説していきます。 待機児童の定義(2017年3月に変更) 待機児童とは、「保育施設に入所申請をしており、入所の条件を満たしているにもかかわらず入所ができない状態にある子ども」のことです。 ただし、例外として以下のようなケースは待機児童としてカウントしなくてもよいとされています。 そのため、実際には保育園に入れなくて困っているのに待機児童にはカウントされない「隠れ待機児童」は、新たな定義のもとでもまだ多く残ると見られています。 全国の待機児童の数はどれくらい? では実際、待機児童としてカウントされる子どもはどれくらいいるのでしょうか。 厚生労働省が発表している「」によれば、2018年4月1日時点での待機児童数は 19,895人。 認定こども園や地域密着型の保育事業を含めた保育所等利用定員が大幅に増加したことから、 前年比6,186人の減少に成功しています。 近年の待機児童数の推移(平成28年以降) 2018年(平成30年)4月1日 19,895人 前年同月比6,186人減 2017年(平成29年)4月1日 26,081人 前年同月比2,528人増 2016年(平成28年)4月1日 23,553人 前年同月比386人増 (2018年4月)待機児童数ワーストランキング 2018年4月1日の時点で、もっとも待機児童の数が多いのは 東京都で5,414人。 これは全体の待機児童数の約3分の1にあたります。 次に多い兵庫県は1,988人、3番目に多い沖縄県は1,870人でした。 【都道府県別】待機児童数ワースト5 1 東京都 5,414人 2 兵庫県 1,988人 3 沖縄県 1,870人 4 埼玉県 1,552人 5 千葉県 1,392人 なお、市区町村別に見るともっとも待機児童が多かったのは 兵庫県明石市の571人。 次いで岡山県岡山市の551人、東京都世田谷区の486人となっています。 【市区町村別】待機児童数ワースト5 1 兵庫県明石市 571人 2 岡山県岡山市 551人 3 東京都世田谷区 486人 4 東京都江戸川区 440人 5 兵庫県西宮市 413人 なぜ待機児童は増え続けているの? 政府が2013年から取り組んできた「待機児童解消加速化プラン」では、2017年度末までの待機児童解消を目指して、保育所の整備やそこで働く保育士さんの確保などに力を注いできました。 しかし実際には、2018年になった今でも待機児童問題は解決していません。。 なぜ待機児童は一向に減らないのか。 そこにはさまざまな原因があります。 保育は保育園を作るだけでは成り立ちません。 保育士不足問題と待機児童問題とは、決して切り離して考えることのできない「表裏一体」のものなのです。 地方でも待機児童問題は深刻! 働くにも住むにも便利な都市部には子育て世帯が集中し、保育ニーズも高まります。 そのことから待機児童問題が深刻になっていますが、地方での待機児童問題においては別の課題があります。 保育園そのものが少ない 地方で待機児童が多い自治体では、子どもの人数は都市部ほど多くはないものの「過疎化で保育園が減った結果、保育園に入園しづらくなっている」というケースがあるようです。 保育士の確保が難しい 若年層が都市部に出てしまい過疎化が進んでいるような場合には、保育士の確保も大きな課題となります。 所得の水準が低い 平均所得が低くなる傾向にある地方では、共働き世帯が増え保育ニーズが高まる傾向にあります。 たとえば平均年収が全国でももっとも低い沖縄県では、待機児童数が東京に次いで2位となっています。 待機児童解消に向けた今後の対策は? もともと「待機児童解消加速化プラン」では、平成29年度末には待機児童をゼロにすることを目標にしていました。 しかしながら現在も待機児童が減らない状況となっていることから、2018年以降は 「子育て安心プラン」という新たなプランに取り組み、2020年(平成32年)末までの3年間で待機児童を解消する方針を立てています。 「子育て安心プラン」とは 「子育て安心プラン」は、2020年(平成32年)までの3年間で全国の待機児童を解消し、5年間で約32万人分の受け皿を整備するという、国の新たな政策です。 子育て安心プランの2つの目標 待機児童の解消 2018年度から2019年度末までの2年間で、待機児童解消に必要な受け皿、約22万人分の予算を確保する。 2020年度末までの3年間で全国の待機児童を解消する。 6つの支援パッケージ 子育て安心プランは主軸として6つの支援パッケージを設定しています。 2019年度末までに待機児童ゼロを目指しており、保育所整備促進や人材確保などの政策に力を注いでいます。 とくに話題を呼んでいるのが保育士の給与補助の引き上げで、平成29年度から保育士1人当たり4万4,000円を上乗せするというもの。 今までに類を見ない大幅な給与上乗せは高く評価されるいっぽうで、「保育士人材が周辺自治体から東京都に流出するのではないか」との懸念も出ています。 編集者より 待機児童問題の解決には保育士が不足している現状を打破する必要があり、そのためにも「保育士資格を持ちながら、現在は保育士として働いていない「潜在保育士」の確保が不可欠です。 保育士有資格者のうち現在現場で働いている人の数は、3割〜4割程度しかいないとも言われており、有資格者のほとんどが現場で働けるようになるだけで、保育能力は現在の2〜3倍程度になるとされています。 ただし、潜在保育士の確保には大幅な処遇の改善や労働環境の改善が必要です。 先に紹介した子育て安心プランの支援パッケージにもあったとおり、保育所の整備といったハード面への支援だけでなく、人材というソフト面への支援を行うことが、待機児童問題の解決への糸口であるといえるでしょう。 参考文献・サイト•

次の

「「仕事が無いから」と、自宅待機。待機中の給与はどうなる?」弁護士Q&A

仕事 待機

もくじ• そもそも「待機児童」って? 「保育施設に入所したいけれど入所できずにいる子ども」がすべて待機児童としてカウントされるわけではありません。 まずは2017年3月に変更された新しい定義を確認するとともに、その定義の陰に隠された「隠れ待機児童」の問題について解説していきます。 待機児童の定義(2017年3月に変更) 待機児童とは、「保育施設に入所申請をしており、入所の条件を満たしているにもかかわらず入所ができない状態にある子ども」のことです。 ただし、例外として以下のようなケースは待機児童としてカウントしなくてもよいとされています。 そのため、実際には保育園に入れなくて困っているのに待機児童にはカウントされない「隠れ待機児童」は、新たな定義のもとでもまだ多く残ると見られています。 全国の待機児童の数はどれくらい? では実際、待機児童としてカウントされる子どもはどれくらいいるのでしょうか。 厚生労働省が発表している「」によれば、2018年4月1日時点での待機児童数は 19,895人。 認定こども園や地域密着型の保育事業を含めた保育所等利用定員が大幅に増加したことから、 前年比6,186人の減少に成功しています。 近年の待機児童数の推移(平成28年以降) 2018年(平成30年)4月1日 19,895人 前年同月比6,186人減 2017年(平成29年)4月1日 26,081人 前年同月比2,528人増 2016年(平成28年)4月1日 23,553人 前年同月比386人増 (2018年4月)待機児童数ワーストランキング 2018年4月1日の時点で、もっとも待機児童の数が多いのは 東京都で5,414人。 これは全体の待機児童数の約3分の1にあたります。 次に多い兵庫県は1,988人、3番目に多い沖縄県は1,870人でした。 【都道府県別】待機児童数ワースト5 1 東京都 5,414人 2 兵庫県 1,988人 3 沖縄県 1,870人 4 埼玉県 1,552人 5 千葉県 1,392人 なお、市区町村別に見るともっとも待機児童が多かったのは 兵庫県明石市の571人。 次いで岡山県岡山市の551人、東京都世田谷区の486人となっています。 【市区町村別】待機児童数ワースト5 1 兵庫県明石市 571人 2 岡山県岡山市 551人 3 東京都世田谷区 486人 4 東京都江戸川区 440人 5 兵庫県西宮市 413人 なぜ待機児童は増え続けているの? 政府が2013年から取り組んできた「待機児童解消加速化プラン」では、2017年度末までの待機児童解消を目指して、保育所の整備やそこで働く保育士さんの確保などに力を注いできました。 しかし実際には、2018年になった今でも待機児童問題は解決していません。。 なぜ待機児童は一向に減らないのか。 そこにはさまざまな原因があります。 保育は保育園を作るだけでは成り立ちません。 保育士不足問題と待機児童問題とは、決して切り離して考えることのできない「表裏一体」のものなのです。 地方でも待機児童問題は深刻! 働くにも住むにも便利な都市部には子育て世帯が集中し、保育ニーズも高まります。 そのことから待機児童問題が深刻になっていますが、地方での待機児童問題においては別の課題があります。 保育園そのものが少ない 地方で待機児童が多い自治体では、子どもの人数は都市部ほど多くはないものの「過疎化で保育園が減った結果、保育園に入園しづらくなっている」というケースがあるようです。 保育士の確保が難しい 若年層が都市部に出てしまい過疎化が進んでいるような場合には、保育士の確保も大きな課題となります。 所得の水準が低い 平均所得が低くなる傾向にある地方では、共働き世帯が増え保育ニーズが高まる傾向にあります。 たとえば平均年収が全国でももっとも低い沖縄県では、待機児童数が東京に次いで2位となっています。 待機児童解消に向けた今後の対策は? もともと「待機児童解消加速化プラン」では、平成29年度末には待機児童をゼロにすることを目標にしていました。 しかしながら現在も待機児童が減らない状況となっていることから、2018年以降は 「子育て安心プラン」という新たなプランに取り組み、2020年(平成32年)末までの3年間で待機児童を解消する方針を立てています。 「子育て安心プラン」とは 「子育て安心プラン」は、2020年(平成32年)までの3年間で全国の待機児童を解消し、5年間で約32万人分の受け皿を整備するという、国の新たな政策です。 子育て安心プランの2つの目標 待機児童の解消 2018年度から2019年度末までの2年間で、待機児童解消に必要な受け皿、約22万人分の予算を確保する。 2020年度末までの3年間で全国の待機児童を解消する。 6つの支援パッケージ 子育て安心プランは主軸として6つの支援パッケージを設定しています。 2019年度末までに待機児童ゼロを目指しており、保育所整備促進や人材確保などの政策に力を注いでいます。 とくに話題を呼んでいるのが保育士の給与補助の引き上げで、平成29年度から保育士1人当たり4万4,000円を上乗せするというもの。 今までに類を見ない大幅な給与上乗せは高く評価されるいっぽうで、「保育士人材が周辺自治体から東京都に流出するのではないか」との懸念も出ています。 編集者より 待機児童問題の解決には保育士が不足している現状を打破する必要があり、そのためにも「保育士資格を持ちながら、現在は保育士として働いていない「潜在保育士」の確保が不可欠です。 保育士有資格者のうち現在現場で働いている人の数は、3割〜4割程度しかいないとも言われており、有資格者のほとんどが現場で働けるようになるだけで、保育能力は現在の2〜3倍程度になるとされています。 ただし、潜在保育士の確保には大幅な処遇の改善や労働環境の改善が必要です。 先に紹介した子育て安心プランの支援パッケージにもあったとおり、保育所の整備といったハード面への支援だけでなく、人材というソフト面への支援を行うことが、待機児童問題の解決への糸口であるといえるでしょう。 参考文献・サイト•

次の