伊勢原 いちご狩り。 料金案内|神奈川県平塚市でいちご狩り【すぎやまいちご園】

料金案内|神奈川県平塚市でいちご狩り【すぎやまいちご園】

伊勢原 いちご狩り

伊勢原の柏木牧場へ 春に伊勢原市へいちご狩りに行ったのですが、そのついでに同じく伊勢原にある柏木牧場に行ってきました。 (いちご狩りは写真を撮っていなかったので割愛) 柏木牧場は大和市からだと車で40分くらい、相模川を越えて少しのところにあります。 電車でのアクセスだと小田急線の愛甲石田駅から2kmと少々苦労しそうな場所です。 牛舎のすぐそばに直売所 柏木牧場は酪農も肉牛生産もやっていて、牛舎の横に肉・乳製品・ベーカリー・地場野菜の直売所、それに店先では牛丼や牛肉コロッケ・ソフトクリームなどが販売されています。 牛舎の中にはもちろん入れませんが、そとから覗くことはでき、初めて牛を見る子供は体格の良さや鳴き声の大きさに驚いていました。 直売所内 精肉にソーセージなどの加工食品、牛乳やヨーグルト、ベーカリーまであります。 テラス席で食事もできます。 直売所の前にテラス席があり、食事をすることができます。 牛メンチ丼と牛丼、牛肉コロッケにソフトクリームをいただきました。 牛丼と牛メンチ丼 牛肉コロッケ ソフトクリーム お値段もかなりリーズナブルで、特選牛丼500円、牛メンチ丼430円、カレーライス450円、牛肉コロッケ90円などなど。 近くまで来た時には子供と一緒に寄りたいスポットでした。 営業案内 営業時間 : 9:00~17:00 〒259-1122 神奈川県伊勢原市小稲葉7.

次の

price

伊勢原 いちご狩り

川島いちご園のおすすめポイントは、有機肥料で育った安全かつ濃厚な旨味の5種類のいちごです。 定番人気の紅ほっぺから、希少な品種のレッドパール、さちのかも生育状況によっては食べ比べできます。 写真のとおりきれいな高設栽培と、自然の栄養たっぷりで育った濃厚な旨味のいちごが食べられる土耕栽培の2種の畑から、その日のお勧めを楽しむことができます。 農園では新鮮な野菜やお米のお土産も購入でき、立ち寄りスポットには動物と触れ合ったり体をのびのびと動かせる公園のほか、このあたりのランドマークとなる江ノ島があり、海鮮グルメに温泉にとなんでもござれなイチゴ狩り農園です。 デートプラン、ファミリープランを立てやすいだけでなく、通路が広いので車椅子をご利用の方でも安心してご利用いただけますので、非常に多くの方に愛されている農園です。 川島いちご園のイチゴ狩り詳細 イチゴ狩り基本情報 川島いちご園は非常に人気で、休みの日ともなればかなり人が並びます。 9時に並んでも20組ほどさきに並んでいる場合もあります。 早めの行動が美味しいいちごに出会えるコツです。 予約:不要• 期間:1月初旬〜5月下旬• 営業:不定休• 練乳:あり/無料• 営業時間:10:00~イチゴがなくなるまで• 高設栽培:あり 江の島 ここまで来たら外せない観光スポットです。 江ノ島を取り囲む広大な「海岸」、絶品のご当地グルメ「生しらす」は必食、ピンク色の恋にご利益のある絵馬がある「江島神社」、デートスポットにも子連れにも向いている「新江ノ島水族館」などなど、さまざまなアミューズメントが揃う観光スポットです。 正直ここまで何でも揃っていると、イチゴ狩りというよりもこちらがメインになってしまうほど、ファミリーにもデートにもおすすめのイチゴ狩りとのセットにピッタリなスポットです。 川島いちご園までいった際には是非足を運びましょう。 藤沢市湘南江の島公式サイトは。 江ノ島アイランドリゾート 「江ノ島アイランドリゾート」は江ノ島の入り口に位置する天然温泉やエステ、リラクゼーションをテーマにしたリゾート施設です。 寒いイチゴ狩りの季節、お腹いっぱい食べた後にはあたたかい天然温泉でゆったり。 心も身体も温まりましょう。 また、海の見えるレストランでの眺望や海辺のテラスに集う個性豊かな移動車など海の幸、地元食材等を使ったフードとともに江の島のグルメを堪能できます。 川島いちご園からは比較的近いので、江ノ島と合わせておとずれたいスポットです。 「江ノ島アイランドリゾート」の公式サイトは。 平塚市総合公園 ヤギ、ヒツジ、犬、ウサギ、モルモット、七面鳥、アヒル、ニワトリ、チャボ、ハムスター、ひよこの動物ふれあいが無料体験できるほか、ポニー乗馬体験が一回100円、ほかにも遊具が設置されているエリアがわんぱく広場、子供広場、トリム広場の3箇所。 そして園内にはレストランなどもあり、ほぼお金を使わずにゆうに半日は時間を潰せるおすすめの周辺スポットです。 川島いちご園でのイチゴ狩りも含め、丸一日動物や自然と触れ合えるセットプランに組み込むのにおすすめのスポットです。 公式サイトは。

次の

price

伊勢原 いちご狩り

冬の子連れお出かけにいちご狩りがおすすめな理由 子連れでの冬場のお出かけでは、 トイレや寒さ対策などいろいろ気になるポイントがありますよね。 その点、 いちご狩りは ビニールハウス内での栽培が主ですから、寒さ対策はばっちり!観光目的の農園が多いだけに、 トイレも使いやすく整備されている場所が多いです。 更に、いちご狩りが子連れにおすすめの最大の理由は 「高設栽培」を取り入れている農園が多いところ。 高設栽培とは、土をポットやプランターに入れていちごを植え、更にそれを高い位置に設置する栽培方式。 ちょうど 子どもの目の高さあたりにいちごがなっている状態で、とても収穫しやすいんです。 加えて、土はプランターの中なので 衛生的ですし、 ベビーカーのままでもハウス内を楽々通れるというのも便利。 また、神奈川県内の観光スポットとして有名な鎌倉や横浜に近い農園や、箱根から東京方面への帰り道に寄りやすい小田原周辺の農園も。 お泊りでの観光なら、午前の帰り道に寄ることもできるのが魅力的ですよね。 いちごはうす西脇(横須賀) 気候が温暖な 三浦半島にあるため、いち早くいちご狩りが楽しめます。 酸味がほとんどなく甘い紅ほっぺ、味が濃いさちのなか、酸味と甘さのバランスが良いとちおとめの 3種類が栽培されています。 ホヤノいちご園(平塚) 2,800㎡もの 大型ハウスでいちごが栽培されています。 女峰と久能早生という品種をかけあわせて作られた 章姫(あきひめ)と、章姫に酸味と糖度を増してメリハリの効いた味の 紅ほっぺ2種類を味わえます。 おおぱぱの苺や(平塚) 完全予約制のいちご農園。 いちごの実り具合によって入園者を制限している為、入園した方は必ず 十分な量を摘み取れるよう配慮されています。 こちらの取り扱い品種は、章姫、紅ほっぺ、幸の香(さちのか)の 3種類。 おでかけの際は、ご予約をお忘れなく! 【住所】 神奈川県平塚市 根坂間124 【電話】 公開なし。 ストロベリーハウス(海老名) 通路が広々としていて、ベビーカーも楽々通れます。 男女別洋式水洗トイレも完備。 いちごの品種は、紅ほっぺ、あきひめおいCベリー、やよいひめと多様。 予約は不要で朝8時半より 先着順で受け付けという方式。 バドミントンセットの貸し出しがあるなど、アットホームな雰囲気です。 AGRI WAYS(小田原) 有機質を使って丹精込めて育てたいちどが自慢。 いちごの種類は、紅ほっぺ、さちのか、おいCベリー、やよいひめとこちらも多彩。 (いちごの種類は、当日の状況によります)。 ミルクのお替りが自由でお子様にも食べやすいことでしょう。 イイジマ農園(三浦) 有機肥料や堆肥を使い、 農薬を最小限に減らして育てた「安心の」いちご。 品種は、章姫、紅ほっぺ。 大粒で甘いあすかルビーです。 いちごの他にも こだわりの健康野菜畑もあり、収穫体験が可能。 新鮮な 野菜の販売も行われています。 全国名水百選に選ばれた秦野の名水を使用した 4種のいちご(章姫、紅ほっぺ、かおりの、おいCベリー)が栽培されています。 ハウスの中では、なんと クラシック音楽が流れています!美しい音楽は、植物に良い影響を与えるのだとか。 どのぐらい効果が現れているのかは、ご自身の舌で確認してみてくださいね。 内海いちご園(厚木) 東名厚木ICから車で3分という アクセスの良さが自慢。 男女別の水洗トイレも完備されています。 甘みの強い実を堪能!標準よりも大粒のいちごをトレイに詰めた お土産用いちごも販売しているので、贈り物はもちろん、ご自宅でもう一度味わうにも最適です。 予約制。 湘南いちご狩りセンター(平塚) 5つのハウスをもつ広大な農園で、その規模は湘南エリアでは最大級。 ハウスそれぞれに農主さんがおり、扱っているいちごの種類や味にも違いがあります。 何度訪れても楽しい農園ですね! 練乳もおかわり自由なので、味に変化をつけながらお腹いっぱいになるまで楽しむことができますよ。 予約必須ではありませんが、入場は予約優先。 徳江いちご農園(横浜) 紅ほっぺ、さちほのか、あきひめ、あすかルビーという4種類のいちごが食べ比べできます。 高設栽培なので、子供の目の高さにイチゴがあり、採りやすいのが特徴です。 減農薬で栽培しているので、子どもでも安心して食べられますよ。 高梨いちご園(平塚) 神奈川県いちご品評会で農林水産大臣賞を受賞したこともある高梨いちご園。 さちのか、べにほっぺのいちご狩りが楽しめます。 2016年には、農園から来るまで10分のところに「ららぽーと湘南平塚」がオープン。 いちごでお腹いっぱいになったあとに、家族みんなでお買い物を楽しむのも良いですね。 すぎやまいちご園(平塚) 紅ほっぺ、よつぼし、とちおとめ、おいCベリー、やよいひめ、桃薫、あまおとめ、レッドパールと豊富な種類のいちごが楽しめる農園です。 1つの品種のみを楽しめる通常のいちご狩りのほか、最大7品種が楽しめる食べ比べコースも!いちごが大好きな子どもには嬉しいですね。 二宮いちご園(横浜) 鶴ヶ峰駅から徒歩10分の場所に位置する、アクセスの良い二宮いちご園。 べにほっぺと章姫のいずれかのいちごが食べ放題です。 こちらの農園も高設栽培。 また、通路も広めにつくられているため、ベビーカーや車椅子でも安心して楽しめます。 わだいちご園(平塚) 神奈川地区で最初にいちごがりを始めた農園のひとつ。 自然に近い栽培方法にこだわっています。 わだいちご園が主に育てているのは豊姫(とよみめ)という品種。 関東ではあまり栽培されていない珍しい品種です。 大塚いちご園(海老名) 相模大野駅から徒歩15分というアクセスの良い農園です。 いちご狩りのほか、直売所でのいちごの購入もできます。 他にも、 美容面でママにとっても最高なんです。 いちごの ビタミンCの含有量は果物の中でもトップクラス!ビタミンCは、 美白やアンチエイジングに効果的と言われています。 そして、いちごの 鮮やかな赤い色と 優しい緑には心も癒されますよ。 美味しくて楽しい、そして 目にも美しいいちご狩り、おすすめです! 家族経営の小さな農園も多く 不定休のことも。 お出かけの際は、 事前のご確認が安心ですよ。

次の