バンジー ブランコ。 【ウソだろ】店主自作の絶叫マシンがある沖縄そば屋に行ってきた → 「バンジーそば」は恐怖の味! 恩納村『山田水車屋』

リアルハイジになれる絶景ブランコ!バリ島ウブド「Bali Swing」

バンジー ブランコ

住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1309-1 電話: 098-965-4757 お店は一見して非常に派手。 手作りの看板は赤と黄色で書かれ、観光地によくある顔出しパネルまで手作りというこだわりよう。 (なぜか結婚式のパネル) お蕎麦を売っているだけなのかと思いきや、別荘の土地を売り出していたり、納屋でせとものや靴が売られていたりと、なるほど、これはただのそば屋ではなさそうですね。 その山田水車屋で最も迫力があるのがバンジーブランコなのですが、まずは山田水車屋がどんなお店なのかご紹介します。 1-1,山田水車屋のお蕎麦 とにかく、おそば屋さんというからにはそばの味を確かめてみなければ…!と食券の券売機を見ると、ほとんどのおそばが500円~で食べられるというリーズナブルさ。 麺はのどごしが良く、だしは濃い目で、そばもそば以外の料理もボリューム満点でコストパフォーマンスは最強です。 ちなみにヨモギやレタスのトッピングは自由。 1-2,おそばに関係のないサービスもたくさん ・「ゴルフパチンコやりたいお客様は伝えてください、貸してあげます」という看板 ちなみにお客様以外は200円、だそうです。 パチンコは店長が手作りしたもので、小石を飛ばします。 私たちが知っている、座ってジャラジャラするあれではありません。 ・島トウガラシがセルフサービス 店の「右側」に実っているそうです。 沖縄そばにコーレーグースではなく島トウガラシを直接入れるというのは珍しいです。 ・「タタミ間はクーラー付き、冷えてまーす」という看板 客席にもいくつか種類があるようようで、冷えてることが売りの畳の間や、広めの半野外席などがあります。 ・客席に、三味線、囲碁セット、マッサージチェア お客さんを退屈させない工夫がたくさんありますね。 ・ありがたいお釈迦様 なぜか別荘土地販売の看板の隣にお釈迦様がいるのですが、「買う前に願い事をどうぞ。 もし」で看板が途切れています。 続きが気になりますね。 どんなご利益があるのでしょうか…。 ・やぎの「あずかり」サービス 1日100円でやぎを預かってくれるそうですが、ニッチですね。 しかしながら、沖縄ではよくあることなのだそう。 2,手作りバンジーブランコ ここまで見てきて十分にこのお店の魅力が伝わったかと思いますが、本題はここからです。 色んなサービスがあるこのお店最大のアトラクション、それが「手作りバンジーブランコ」です! 2-1,ご飯の後に ご自分で挑戦したい方はぜひ直接店長さんに「バンジーがしたい」とおっしゃってみてください。 もし言わなくても、食べ終わった頃に店長さんが「バンジーしていかない?」と尋ねて来てくれます。 腹ごなしにバンジーブランコをしてみてはいかがですか?別の場所ではなかなか経験できることではありません。 2-2,スリリング「すぎる」? このバンジーブランコ、店長がいうには「重機で手作りした」とのことです。 一見安全性に問題がありそうなビジュアルをしていますが、もちろんのことけが人は出ていませんのでご安心ください。 高さは10メートルを超え、そこから籠のようなシートが下がっているだけというシンプルなつくりをしています。 それでもそのビジュアルなのにもかかわらず、背後には深めのお堀があるためスリル満点の仕上がりです。 ブランコに乗り込むと体をベルトで固定され、モーター駆動でワイヤーがまかれることで、上に引き上げられます。 話したとたんに轟音が響き、皆さんが思っているよりもはるかに速い速度でブランコが落ちます。 背面にブランコが振れる度にみえる深い堀、このブランコホントに壊れないのか、というスリルがたまりません。 実際にバンジーに乗った方は後でお金を払おうとすると、店長さんにいらないよと言われたそうです。 むしろ油みそが乗ったご飯をサービスしてもらえた、サービスで何回も乗ることができた、なんてレポートもあります。 遊び心にあふれ、非常に気さくな店長さんです。 山田水車屋に来たら、バンジーブランコで是非遊んでみてください!きっと忘れられない体験ができますよ。 山田水車屋の魅力、もう十分にお分かりいただけたと思います。 それでは最後に、山田水車屋と合わせて楽しめる、恩納村のおすすめスポットをご紹介して終わりにいたしましょう。 次ページ:恩納村おすすめスポット 3,恩納村おすすめスポット 3-1,真栄田岬(まえだみさき) 真栄田岬は「青の洞窟」に行けるという、ダイビングのエントリースポットとして有名です。 サンゴ礁が透けるほど透き通った海に飛び込んでみませんか? 青の洞窟(沖縄県恩納村真栄田岬) 【交通アクセス】 (国道58号線使用時) 那覇空港から車で約1時間 万座毛から車で約25分程 (バス使用時) 那覇空港から120番 那覇バスターミナルから20番 久良波(くらは)バス停で下車。 左方向(県道6号線)に曲がり徒歩にて 約20分程 3-2,万座毛(まんざもう) 隆起サンゴ礁でできた崖の上は一面の天然芝。 万座毛の名前は「万人が座れる毛(もう、野原の意味)」という意味からつけられており、県の天然記念物に指定された植物たちに囲まれながら、爽快な風を感じることができます。 那覇空港から一般道を利用する場合: 約1時間15分。 那覇空港から国道331号線を北向けに進み、国道58号線に左折したら、ひたすら北向けに走る。 沖縄の道路は渋滞すると場合によっては1時間くらい多くかかることもあります。 3-3,恩納海浜公園ナビービーチ 万座毛近くにあるビーチで、砂浜と海がとてもきれいです。 バーベキューの器材レンタルも出来ます。 【恩納海浜ナビービーチ】 恩納海浜公園ナビービーチではバーベーキューもできるそうです。 所在地 沖縄県国頭郡恩納村山田1130 ・那覇空港からお越しの場合 那覇空港から国道58号線を北へ30キロ、貸切バス、タクシー・レンタカーで約60分。 ・バスからお越しの場合 那覇から沖縄バス・琉球バス路線の名護行きで約60分、琉球村前で下車。 まとめ いかがでしたか。 沖縄によく行かれる方も、そうでない方もきっと沖縄に遊びに行きたくなってきたと思います。 今回お勧めしました山田水車屋は沖縄旅行には必須のスポットですので、是非足を運んでスリル満点なバンジーブランコを満喫してください。 おいしいおそばと、遊び心満点な店長さんの温かさできっと、お腹も心が満たされるはずです。 合わせて紹介したおすすめスポットも素晴らしいところばかりですので、行ったことがないという方ぜひ足を運んでみてください! 沖縄の魅力がより一層感じられますよ。 スポンサーリンク.

次の

バリ島のジャングルに向かって絶景ブランコ!「Bali Swing」を体験してきました(*゚∀゚)

バンジー ブランコ

2017-07-08 | , , , , | 6月の下旬に(実は)初めて訪れたインドネシア・バリ島。 サイクリングツアーをやっている「WHEEL BALI」という会社さんがやっているアクティビティ施設。 日本の公園にあるような誰でも自由に使えるブランコではなく、ちゃんと商業的な施設として、料金も支払い、安全面も考慮されている、立派なアクティビティとしてのブランコなのです。 スタッフさんに聞いてみたところ、営業を始めたのは、2017年始とのこと!始まったばっかりだ〜〜! さて、タクシーの運転手さんでも知らなかった場所なので、看板を探しつつ、向かいます。 すると、見つけた! この看板を目印に、この駐車場に入っていきます。 スタッフさんがいるので、案内してもらいましょう。 そして、ここでエントランスフィーとして、25,000ルピアを支払います。 駐車料金的な・・・? そして、道を挟んだ向かい側、ジャングルの中へ。 ここが入り口です 笑 中を入るとこんな感じに。 意外としっかりしてる? ブランコは、全部で3台。 すべてヤシの木にくくりつけた形で設置されています。 まず始めに、同意書へのサインと料金の支払いを。 私がいったときはUSD20$もしくは、現地通貨26,000ルピアだったのだけど、今HPみたら30$になってるwww 最新情報は現地で確認ください! バリ島のお手伝いさんの月給が2万円程度なので、めっちゃ稼いでる模様ですw この日は私達より前に待っている人がいたので、ジュースを飲みながらしばらく待機。 そして、左右のブランコが空いたのでどうぞ、と言われたのですが、中央のブランコが最も高さがあって写真映えしそうだったので、中央のブランコを待ちました。 中央のブランコは1番高さがあって危険なので、通常だと赤いハーネスを身に着けないといけません。 ただあまりにも目立って可愛くないハーネスだったので「危険じゃないくらいの小さい揺れでいいから、ハーネスはつけたくない!」と交渉したら、すんなり受け入れていただけました。 そして、スタッフさんのお手伝いのもと、ブランコへ。 足元は緩やかな崖になっているのですが、めっちゃ怖い! そして、背中を押してもらって、いざ、スイ〜〜〜ング!!! 爽やかに楽しんでいる風の写真を載せたところで、一言いいですか? めっっっっっっちゃ、怖い!!! 実はわたし、ジェットコースターも乗ったことがないほどの高所恐怖症。 「ぎゃー!止めてぇぇぇ〜〜〜」 と騒ぐ私を面白がりながら、スタッフのお兄ちゃんたちが笑いながらどんどん背中を押すので、むしろ揺れが大きくなっていきます。 ただずっと怖がってても仕方ないので、目の前に広がるウブド渓谷の大自然を眺めながら、鳥になった気分になるよう、頑張って恐怖心を拭う努力をしました。 1分くらいでしょうか・・・やっと慣れてきたかな、というころにブランコが止められ、わたしの絶景ブランコ体験が終わりました。 その後も、ポツポツとではありますが、途切れることなく観光客が訪れていました。 ブランコの全体像はこんな感じになっていました。 度胸のある人は、こんなチャレンジも!ひぃぃぃ〜〜〜 この日は日本人はわたしたちのグループだけで、その他は外国人の方がパラパラ。 (追記)…と思って公式Facebookをみたら、今は長蛇の列ができる日もあるみたい… 絵になる人はいいなぁ〜〜〜。 私が発見してきた、バリ島の絶景ブランコ「Bali Swing」。 カードも使えました。 営業時間:08. 00 AM — 17. Category• 260• 110• 154• 148• 582• 151• 107•

次の

リアルハイジになれる絶景ブランコ!バリ島ウブド「Bali Swing」

バンジー ブランコ

店主仲宗根さん手作りのバンジー!! そうです、こんなところにあるんですよ。 恩納村山田の国道58号線から直ぐ見える所です。 沢山の芸能人が、このバンジーに挑戦したみたいですよ。 店内にも写真とサイン飾れれていました。 人を楽しませるのが大好きな店主仲宗根さんが作ったペンチの持ち手にゴムをつけたパチンコに小石挟んで飛ばす的当てゲームもありました。 1000回まで無料だそうです 笑 現在、新しいマシーン?を制作中で、「僕がが試にスパイダーマンの衣装着て乗っているけど、スピードがすごくて・・・体重がもっと軽かったらゆっくり動くはずだけど、あんた体重何キロね~?ためしに乗ってみる?」と言われました 笑 そう!そう!実はそば屋さんがメインです。 ちぢれ麺にかつおダシのスープ、程よく味付けされたソーキ、美味しかったです。 水車そば500円。 替え玉麺は100円で、お腹いっぱいになるよ~と勧められましたが・・・ 壁には落書き?メッセージが天井まで書かれていました。 どうやって書いたんでしょう? ぜ~んぶテイクアウトもOKだそうです。 水車そば500円が一番安くて、他チャンプルーなども700円くらい。 バンジーとそばのセットで1000円。

次の