更年期 生理がこない。 更年期?生理周期2週間とカラダの仕組み

更年期に生理(出血)量が少なくなる原因は?病気の可能性も?

更年期 生理がこない

更年期に入ると、生理なのか生理じゃないのかわからない不正出血以外に 生理が終わらない、止まらない という症状がよくみられます。 私も経験者の1人です。 生理は来なければ来ないで気になりますが、それが10日も2週間も続けば逆に 「私の体どうしちゃったの???」 「この生理いつ終わるの???」 と非常に不安になります。 どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。 更年期に入って生理がいつまでも止まらない 今まで順調に定期的にきていた生理に更年期に入ると突然生理不順が起きたり、生理以外の不正出血などいろいろな生理を経て閉経に向かってゆきます。 更年期の生理は稀発生理になったり、頻発生理になったり長引くこともありますが、ほかの病気ではないとは言い切れません。 そこが厄介なところですよね。 一番の原因として考えられるのはやはり更年期によるホルモンの分泌バランスが崩れていることです。 更年期に生理が何日も続く場合には、排卵がないことが考えられます。 いわゆる無排卵月経です。 何日も生理が続けばそれだけ体内から血液が失われている、ということでもあり 貧血を起こしてしまうこともあるので、生理が10日以上続いたなら 婦人科に受診することが一番です。 更年期に生理の出血が止まらない場合に考えられる婦人病 更年期に生理の出血が止まらない、生理が終わらない場合に考えられるのは 【 子宮筋腫】です。 ただ、これも個人差があるようで、私の母が子宮筋腫でしたが 生理が長引く、出血が止まらないのではなく 生理の経血量が異常に多い日が3日くらい続き、生理は1週間程度で終わるというものでした。 が、1か月半に1度生理が来るという頻発月経になっていたようです。 次に考えられるのが 【 ポリープ】です。 ポリープは大きさや発症箇所・種類にもよりますが 軽度の場合には経過観察、ということで特に治療をせず様子を診ることとなります。 最近では内視鏡を使いポリープを切除する方法もあります。 内視鏡での切除は身体の負担も少なく入院も不必要なことから比較的、医師と相談し内視鏡手術でポリープを切除する女性も多いようです。 更年期の期間に生理による出血が止まらない、ということで医師に相談する場合 現状の生理がいつ来たのか、ここ数か月はどうであったか といったことが必要となります。 毎月、いつ生理が来ているのか、程度は把握しておきましょう。 できれば基礎体温をつけておくとなおよいですね。 生理が止まらない・終わらない 私の経験 つい先月、私も生理が2週間以上続くという経験をしました。 それまで生理はきちんと月に1度。 若干、生理周期が短くなってきたかな~??という程度でしたが それは突然きました。 生理予定日よりも5日ほど早かったので 以前、1度だけあった不正出血かな?と思ったんですね。 その時は不正出血がちょっとだけあって、以後出血はなく1週間後生理がきました。 なので、またそれかな~?と思っていたのですが 違いました。 最初は不正出血程度のものが10日ほど続きました。 その間に生理予定日があったので、ん~、、、、これは生理なのかな、、、、 悩みながらも経血量はその10日は本当に少ないものでした。 が、10日過ぎたころから、生理特有の腰の重さ、下腹部痛が起きてきて 経血量も生理と同じくらいになりました。 そしたらそれはそれで不安ですね~・・・ 「これ生理なのかな?この出血量がいつまで続くんだろう・・・」 と。 さすがにのんきな私も不安になったのですが、結局16日くらい出血があって終わりました。 こうなるとですね、基礎体温も何もあったものではないですね。 終わったはいいけど、次の生理はあるのか? いつくるのか? と思っていたら、生理が終わったちょうど1ケ月後にまたきました。 こうして更年期にはさまざまな生理が起こるものなのだな~と実感しています。 本当だったら婦人科に行くべきだったんだと思うのですが ついつい日数だけ過ぎてしまいました。 次にこのようなことが起きたら婦人科に行こうと思います。

次の

閉経へのカウントダウン!?更年期と生理の関係性と体の変化

更年期 生理がこない

出典: 更年期による生理不順や不正出血の原因は、卵巣機能の低下によるものです。 上の図のように、卵巣から分泌される女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量は卵巣機能の低下により40歳前後から徐々に減少していきます。 そして、更年期に差し掛かるとその量は急激に減少します。 このホルモンのバランス崩れが生理不順などを引き起こしていくのです。 生理周期が短い、生理が長い…閉経までの変化のパターン 更年期の卵巣機能の低下により閉経していくパターンとしては下の図のように、基本的にまず 生理周期が短くなる 頻発 ( ひんぱつ )月経から始まります。 さらに卵巣機能が低下していくと、 月経が8日以上続く 過長月経になることもあります。 このときの月経は、排卵のない無排卵性出血(機能性出血)のことが多いです。 そして 月経周期が39日以上と長くなる 稀発 ( きはつ )月経になり 閉経していきます。 生理の変化には個人差があり、 頻発 ( ひんぱつ )月経や過長月経や 稀発 ( きはつ )月経の順が変わったり、 頻発 ( ひんぱつ )月経からいきなり閉経になる人もいますが、 1年以上生理がこなくなったら閉経とみなします。 また、 閉経が近づき排卵が起こらなくなると機能性出血といい、月経とは違う不正出血が起こることがあります。 個人差はありますが、 量が減らずにダラダラと出血が続く場合は器質性出血といい、子宮がんや子宮筋腫の可能性があるので、婦人科を受診するようにしましょう。 閉経とは?閉経になる年齢は何歳くらい? 下の表によると、月経が乱れ始めた平均年齢は48. 1歳、50歲から53歲までの間に閉経する人が多いです。 しかし、最近ではストレスやダイエットなどの影響で30代で早期閉経を迎える人もいます。 更年期に生理が来ない!これって妊娠?閉経? 近年は平均出産年齢も上がっている傾向にありますが、40代にもなってくると妊娠の確率はぐっと減ってきてしまいます。 それは 卵巣の中の卵子の元になる卵胞の数が減ってくるからです。 生理はきていても排卵していないと妊娠はできません。 そんな中、閉経に近づき生理が不順になってくると妊娠なのかな?と思ってしまう方もいるかもしれません。 排卵しているかを調べるには基礎体温をつけるとわかります。 高温期が来なければ排卵していないということになります。 しかし、確実に知るためには病院に行けば、ホルモン数値で閉経かどうかを判断することもできます。 1年以上生理が来なくてホルモン数値が基準よりも低ければ閉経したと言えるでしょう。 閉経後はおりものの量も減る? おりものは個人差もありますが、 通常は排卵の時と生理前に増えることが多いです。 しかし、 閉経に向けておりものの量は減っていき、閉経後のおりものの量はさらに減ります。 更年期になっておりものの量が増えた、色がいつもと違う(茶色、黄色、黄緑色など)ときは病気の可能性もあるので婦人科の診察を受けましょう。 これって不正出血?生理との見分け方 更年期の生理周期は長かったり短かったりと乱れます。 でも、まだ閉経を迎えておらず終わったかな?と思ったらまた出血があったり、不順なときは生理なのか不正出血なのか自分ではなかなか判断ができませんよね。 不正出血の場合、膣炎や子宮がん、子宮筋腫の可能性があります。 また、閉経後の出血もほとんどが不正出血です。 病気の可能性があるので症状がある場合は病院を受診しましょう。 基礎体温や排卵検査薬でチェック 閉経すると排卵もなくなります。 排卵の有無を調べることで閉経したかどうか見当をつけることができます。 基礎体温を測り、高温期があると排卵していることになります。 また妊娠しやすい日を調べるための排卵チェッカーも、排卵が起こっているかを調べることができます。 確実に調べたい方は病院で検査してもらうことをおすすめします。 病院では女性ホルモンの元になるエストラジオールの濃度を調べる検査や、卵巣に刺激を与える卵胞刺激ホルモンの濃度を調べる検査、卵巣の状態や卵子がどれくらい残っているかなどを調べることができます。 機能性出血は自然に治まることが多い 機能性出血は更年期にある症状で、ホルモンによる月経のコントロールが変化することにより起こる不規則な出血です。 更年期だけではなく若い世代にもストレスなどで起こることもあり、自然に治まることが多いです。 器質性出血は病気の可能性があるので病院へ 閉経に近づくにつれて生理周期は不定期になってきますが、 ダラダラと長く続く出血は原因となる病気などが存在する器質性出血の可能性があります。 器質性出血は子宮筋腫や子宮がんの症状の可能性があるので症状に気づいた場合はすぐに病院を受診しましょう。 出血が長引いたり腹痛がある場合は子宮内膜症や子宮がんの恐れも 前に紹介したようにダラダラと長引くような出血は子宮筋腫や子宮がんの症状の可能性があります。 また生理の経血の量が増えたり下腹部痛や貧血などの症状も子宮がんや子宮筋腫の症状なので、月経痛がひどいな、貧血気味だな、など普段と違う症状がある時は注意しましょう。 更年期の生理不順、不正出血を乗り切る7つの対策法 規則正しい生活で自律神経を整える 睡眠不足や食生活の乱れもホルモンバランスを崩し生理不順や更年期症状を悪化させることがあります。 規則正しい生活習慣を身につけ、自律神経を整えましょう。 適度な運動を行う 有酸素運動が更年期症状の緩和に効果があることも分かってきています。 また、運動不足になると低体温になり、代謝不良や血行不良になりやすくなります。 低体温の主な原因は極端な食事制限と筋肉量不足なので、適度な運動をして筋肉量を増加していきましょう。 バランスのとれた食生活を 更年期障害の症状には、疲労回復の効果があるビタミンB群や大豆製品などを摂取すると良いでしょう。 特に大豆製品に含まれるイソフラボンという成分は、植物エストロゲンと呼ばれ、更年期や生理の症状を軽くしてくれるので積極的にとると良いでしょう。 更年期の生理不順を楽にする方法については、こちらの記事も読んでください。 旅行など生理を避けたい日はホルモン剤で調整することも 更年期の生理は不順なので生理日の予測がなかなか難しいですよね。 旅行などのイベントで生理になるのをどうしても避けたい日は、女性ホルモン剤や低容量ピルなどを服用することによって生理の日にちを調整することができます。 他にも、更年期障害により不足してきたホルモンを補充するホルモン補充療法(HRT)というものがあります。 基本的にはエストロゲンと黄体ホルモンの2種類を使う更年期障害の症状の根本治療であり、飲み薬、塗り薬、貼り薬があります。 体の状態により使用法が違いますので、自分の体に合った治療法で役立てましょう。 布ナプキンが更年期の人にもおすすめ 布ナプキンとは、聞いたことはあっても使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。 実は何度も使い回せて着け心地も良く、冷え性にも効果的と、良いことがたくさんあると最近人気です。 使い捨ての紙ナプキンだとそのまま捨てられて楽ですが、 布ナプキンは肌のかゆみ・かぶれが軽減されたり匂いが少ないというメリットもあります。 更年期のダラダラ続く生理や、いつ起こるかわからない不正出血対策に利用している人も多いそう。 また、いぼ痔などに悩む人も布ナプキンは使いやすいという口コミもあります。 布ナプキンについて詳しくはこちらの記事を読んでください。 漢方薬や命の母などの市販薬を摂り入れる 病院で受ける更年期治療には、よく漢方薬が使用されます。 ドラッグストアでも買える更年期対策として摂り入れられる市販薬を紹介します。 更年期治療に用いる漢方薬 加味逍遙散 ( かみしょうようさん ) 月経異常や更年期障害など女性特有の症状によく用いられる産婦人科の3大漢方薬の一つです。 体力が普通か、あまりない人ののぼせ、肩こり、めまい、足冷えなどの不定愁訴と呼ばれるさまざまな症状に効果があります。 桂枝茯苓丸 ( けいしぶくりょうかん ) 血の滞りからくる不調、 瘀血 ( おけつ )を改善することでよく用いられる産婦人科の3大漢方薬の一つ。 体力が比較的ある方で、のぼせやすいのに足が冷える、月経異常、肩こり、頭痛、めまいなどの更年期症状に効果があります。 桃核承気湯 ( とうかくじょうきとう ) 体力が比較的ある方で便秘がちの方の処方にも使われる漢方薬。 月経痛、月経不順のぼせ、肩こり、頭痛、めまい、冷え、不安、不眠などの症状に効果があります。 当帰芍薬散 ( とうきしゃくやくさん ) 体力があまりない方に、冷え、貧血、頭痛、むくみ、疲労感、月経不順などに効果があります。 血行を良くし、水分代謝を整え体の余分な水分を排出してくれます。 温清飲 ( うんせいいん ) 体力が普通で、皮膚がカサカサし色艶が良くない方やのぼせる方に使用されます。 月経不順、イライラ、不眠などに効果があります。 更年期障害の症状改善薬 命の母A 更年期治療薬としてCMでもお馴染みの命の母。 漢方医学の「気」「血」「水」のバランスを整える13種類の生薬が配合されています。 また、新陳代謝、疲労回復の効果があるビタミンB群や抗酸化作用のあるビタミンE群、骨の材料になるカルシウム、代謝を助けてくれるタウリンなどがバランスが良く配合。 更年期障害特有のイライラや急な汗、倦怠感、肩こり、ホットフラッシュや頭痛などの諸症状に対して効果が期待できます。 エクオールサプリで更年期症状を緩和する エクオールとは、大豆イソフラボンが腸内細菌によって変化して体内で作られる成分。 スーパーイソフラボンとも呼ばれ、女性ホルモンととてもよく似た働きをしてくれ、更年期症状の軽減に効果が期待できるとして注目の成分です。 しかし、近年の研究結果では2人に1人しか体内でエクオールを作れないことが分かってきました。 また腸内環境が悪かったり、生活習慣が乱れているとエクオールがうまく作られないこともあります。 誰でも効果的にエクオール効果を得ることができるのがエクオールのサプリメントになります。 おすすめのエクオールのサプリメントについて詳しくはこちらの記事を読んでください。

次の

40代で生理が長引くのは更年期の証拠?ホルモンバランスを整えるための対策

更年期 生理がこない

はい、本当です! 更年期障害にならない方もいらっしゃいます。 「更年期(約45歳~55歳)になったら、必ず更年期障害になる」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、更年期になったからといって、 必ずしも全員が更年期障害になる訳ではありません。 「更年期障害」とは、更年期に入ってエストロゲンという女性ホルモンの一種が急激に減ってしまうことで、さまざまな不定愁訴がおきることを指します。 エストロゲンの減少に加えて、心理的な負担(ストレス)や生活環境の変化なども、更年期女性の体や心に不調をきたす原因の一つです。 私たち更年期女性は、全ての人がエストロゲンの減少を経験します。 ですが、エストロゲンが減ることによって体に大きな影響を与えるか、与えないかは、人によって異なります。 何らかの原因でエストロゲンの変化を大きく受けてしまった人が、更年期障害の症状を発症するということです。 大豆イソフラボンを摂る 大豆イソフラボンはエストロゲンと似たような作用をするため、大豆イソフラボンを積極的に摂っている人は更年期障害になりにくいと言われています。 大豆イソフラボンがエストロゲンと同じような働きをすることは、農林水産省も認めていることです。 また、日本や海外のさまざまな研究で、「大豆イソフラボンを摂ると更年期障害を予防・軽減できる」ことが報告されています。 できるだけ更年期障害になりたくない、しっかり予防したい、という方は、日々の食事で大豆製品を取り入れるようにしてくださいね。 大豆製品はカロリーも低いため、ダイエットや肥満予防にもピッタリの食材ですよ。 「大豆イソフラボンは一日にどれくらい摂ればいいの?」「副作用はないの?」など、詳しいことについてはでご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。 運動をする 更年期に入る前や更年期に入ってから、 定期的に運動をしていた人は、更年期障害になりにくいことがあります。 というのも、運動が「睡眠トラブルの改善」「血行改善」「ストレス解消」になり、更年期障害を予防する効果が期待できるからです。 ウォーキングやジョギングなどの運動をしていると、更年期に働きにくくなる自律神経が活発になります。 「活動の神経」である交感神経が働くだけでなく、「リラックスの神経」である副交感神経もしっかり働くようになるので、 「朝から夕方まではしっかり活動して、夜になったらリラックスモードに入って就寝する」という切り替えがうまくいきやすくなるのです。 更年期は、ホルモンバランスの変化や自律神経が乱れやすい時期のため、眠りについての悩みを抱えやすくなります。 「朝早く目が覚めてしまう」「夜中なかなか寝付けない」など、あなたにも思い当たることはありませんか? 適度に運動をしていると自律神経をしっかり働かせることができるため、「朝はシャキッと起きて、夜中はぐっすり寝る」ことがしやすくなります。 夜中にしっかり眠れると、免疫力の低下、ストレスなどを予防することができ、更年期障害の予防にもつながるのです。 また、運動による血行改善は、更年期障害でおきやすい「肩こり」「腰痛」「首の痛み」など全身の痛みやコリの予防に役立ちます。 特に女性は、更年期障害を発症していなくても肩こりになりやすいもの。 肩のこりや痛みが気になる方は、運動がおすすめですよ。 ストレスを解消する 更年期障害は、ホルモンバランスの変化だけでなく、ストレスによっても発症しやすくなることがあります。 ですので、 積極的にストレスを解消することは、更年期障害の予防につながります。 「ストレスを解消するといっても、具体的に何をしたらいいか分からない」という方もいらっしゃると思います。 長年の生活習慣の中で仕事や家事、子育てなどに忙しく、自分の趣味や楽しいと思えることに励む時間がほとんどないという方もいらっしゃるでしょう。 ですが、これを機に、「自分が少しでもしたいと思えること」「自分が少しでも楽しいと思えること」を思い出してみてください。 有名実業家の堀江貴文さんも、「したいことがない人なんていない」と仰っています。 これは正しいと、私も思います。 本当はしたいことがあったのに、「時間もお金もないしいつか・・・」と後回しにすると、それをしたいという気持ちがどんどん薄れていきます。 そうすると、最後には「したいことがない状態」になってしまうのです。 若い頃にしたかったことはありませんか?お金と時間があったら何をしたいですか?今すぐに思いつかなくても、もちろんかまいません。 大それたことでなくても「お買い物をする」「いつもは食べられないようなちょっと高級な食べ物を食べる」とかでもOKです。 ストレスがたまったときには溜め込まず、少しずつ解消していくことで、更年期障害を予防することができますよ。 更年期のストレスについてはもご覧ください。 頑張りすぎない 更年期障害は、「優しい人、頑張りすぎる人、くよくよと悩みやすい人」がなりやすいと言われています。 ですので、更年期障害を予防するために 頑張りすぎないように気を付けましょう。 更年期障害は、「ホットフラッシュ(多汗)」「めまい」「疲れやすい」などの体の不調だけでなく、「不安感」「落ち込みやすい」「イライラする」などの心の不調もできやすくなります。 なぜなら、更年期に激減してしまう「エストロゲン」には、抗不安作用があるからです。 例えば精神的に負担になるような出来事や、悩みごとができたときに、一人で頑張り過ぎてしまう方がいます。 頑張ることは良いことなのですが、あまりに頑張りすぎると自律神経に影響を及ぼしてしまいます。 自律神経は心だけでなく体の調子も司っているため、自律神経がうまく働かなくなることは、体の不調にもつながってしまいます。 つまり、 心の不調は体の不調もひき起こしてしまう、ということです。 更年期は、さまざまなことが起きる時期です。 夫婦関係、子育て、家事、家計、仕事、友人・知人との人間関係、両親の介護、自分の老後のこと・・・などなど。 考えなければならないことがたくさん出てきますし、すぐには解決できない難問も出てくることでしょう。 すでに抱えておられる方も多いかと思います。 ですが、「一人で頑張りすぎない」ことを覚えておいてください。 頼れる人は頼って、できるだけ協力を得て、あなたの負担を少なくするようにしてください。

次の