第 4 次 スーパー ロボット 大戦 チート。 第4次スーパーロボット大戦のチート

第4次ティターンズ大戦攻略 Wiki

第 4 次 スーパー ロボット 大戦 チート

概要 [ ] 初出は『』。 マップ内の敵全ユニットに10~1000のランダムダメージを与える。 やによる回避効果をキャンセルし、あらゆる敵に最低でも10のダメージを与えることが可能。 『』『()』では後の 「」の効果が付随する ため、通常動かないまま一定ターンで撤退するタイプの敵を撃墜するのには必要不可欠。 『第4次 S 』のあるステージでを仕留められる、ほぼ唯一の手段とされる。 本コマンドが習得できるゲーム中盤以降には敵HPも5~6000を超えており、ダメージ量自体が低いというのもさる事ながら、本コマンドのダメージでユニットを撃墜してた場合・が一切得られない点が最大のネック。 挑発効果のある作品ではそちらの方が重要であるため、むしろ撃墜しないように使用する必要がある。 挑発効果についてはゲーム上では隠し扱いとなっており 、 「コストが重い割にはダメージが少なく役立たずな精神コマンド」という扱いで、実際に使ってみたプレイヤー以外はその真価に気付かないというある意味不遇のコマンドだった。 一方で全敵ユニットが対象という効果上、動いてほしくないユニットまで活動させてしまうため、一斉に行動してくる敵ユニットに自軍が袋叩きにされる危険性も孕む。 そのような使い勝手の難しさもあってか『』以降(含む)は削除されたのだが、上記の理由から使えなさ過ぎるせいで削除されたのだと勘違いするプレイヤーが多かった。 登場作品 [ ] (FC版) 消費SP150。 全ての敵ユニットに、1~255のダメージを与える効果。 (SFC版) 消費SP200。 効果は概要通り。 消費SP70。 効果は概要通り。 消費は前作に比べグンと下がったが、その分か挑発の効果は無い。 消費SP70。 効果は概要通りだが、と、にはまったく効かない。 また、シナリオ「あしゅら男爵の最期」のと、「老兵の挽歌」のには、ダメージは与えられるが誘き出す事はできない。 味方で使えるのは・・の3人と(牡羊座B型)・副主人公のみで、しかも忍と大作のどちらかは終盤仲間から外さなければならなくなる。 書籍『』では「今回もやっぱり、利用度はいまいち」と紹介されており、筆者は(『第3次』のも含めて)挑発効果に気付いていない模様。 誕生日の設定変更で主人公とリンは覚えられなくなった。 忍と大作の択一はなくなったが、使用者は3人とも終盤の部隊分けでBチームに所属してしまう。 効果は『第4次』に準じているが、誘き出せる敵と誘き出せない敵がいる。 久々に復活。 効果は「一定時間、攻撃力小アップ、クリティカル率アップ、命中率中アップ」という複合系のものになった。 対象は自分1機。 本作での所持者は悪役に偏っている。 『』と『』で所持。 「激怒」が削除されたでは、『第3次』の方では似た効果の「挑発」に置き換わったが、『EX』では何故か「」になった。 字面は似ているが……。 『第4次』での修得者のうち彼女のみ『第4次S』で何故か没収された。 それだけ彼女の気性の荒さは凄まじいという評価なのだろうか。 パイロットパーツを装備した時のみ使用出来る。 脚注 [ ].

次の

激怒

第 4 次 スーパー ロボット 大戦 チート

概要 [ ] 初出は『』。 マップ内の敵全ユニットに10~1000のランダムダメージを与える。 やによる回避効果をキャンセルし、あらゆる敵に最低でも10のダメージを与えることが可能。 『』『()』では後の 「」の効果が付随する ため、通常動かないまま一定ターンで撤退するタイプの敵を撃墜するのには必要不可欠。 『第4次 S 』のあるステージでを仕留められる、ほぼ唯一の手段とされる。 本コマンドが習得できるゲーム中盤以降には敵HPも5~6000を超えており、ダメージ量自体が低いというのもさる事ながら、本コマンドのダメージでユニットを撃墜してた場合・が一切得られない点が最大のネック。 挑発効果のある作品ではそちらの方が重要であるため、むしろ撃墜しないように使用する必要がある。 挑発効果についてはゲーム上では隠し扱いとなっており 、 「コストが重い割にはダメージが少なく役立たずな精神コマンド」という扱いで、実際に使ってみたプレイヤー以外はその真価に気付かないというある意味不遇のコマンドだった。 一方で全敵ユニットが対象という効果上、動いてほしくないユニットまで活動させてしまうため、一斉に行動してくる敵ユニットに自軍が袋叩きにされる危険性も孕む。 そのような使い勝手の難しさもあってか『』以降(含む)は削除されたのだが、上記の理由から使えなさ過ぎるせいで削除されたのだと勘違いするプレイヤーが多かった。 登場作品 [ ] (FC版) 消費SP150。 全ての敵ユニットに、1~255のダメージを与える効果。 (SFC版) 消費SP200。 効果は概要通り。 消費SP70。 効果は概要通り。 消費は前作に比べグンと下がったが、その分か挑発の効果は無い。 消費SP70。 効果は概要通りだが、と、にはまったく効かない。 また、シナリオ「あしゅら男爵の最期」のと、「老兵の挽歌」のには、ダメージは与えられるが誘き出す事はできない。 味方で使えるのは・・の3人と(牡羊座B型)・副主人公のみで、しかも忍と大作のどちらかは終盤仲間から外さなければならなくなる。 書籍『』では「今回もやっぱり、利用度はいまいち」と紹介されており、筆者は(『第3次』のも含めて)挑発効果に気付いていない模様。 誕生日の設定変更で主人公とリンは覚えられなくなった。 忍と大作の択一はなくなったが、使用者は3人とも終盤の部隊分けでBチームに所属してしまう。 効果は『第4次』に準じているが、誘き出せる敵と誘き出せない敵がいる。 久々に復活。 効果は「一定時間、攻撃力小アップ、クリティカル率アップ、命中率中アップ」という複合系のものになった。 対象は自分1機。 本作での所持者は悪役に偏っている。 『』と『』で所持。 「激怒」が削除されたでは、『第3次』の方では似た効果の「挑発」に置き換わったが、『EX』では何故か「」になった。 字面は似ているが……。 『第4次』での修得者のうち彼女のみ『第4次S』で何故か没収された。 それだけ彼女の気性の荒さは凄まじいという評価なのだろうか。 パイロットパーツを装備した時のみ使用出来る。 脚注 [ ].

次の

第4次スーパーロボット大戦S

第 4 次 スーパー ロボット 大戦 チート

24『サイド1の激闘』(No. 25『シャングリラ』(No. 7『大気圏突入』(No. 9『大気圏突入』(No. 53『ラビアンローズ』(No. 54『ムーンライト』(No. 29『サイド1の激闘』(No. 55『ルナティック・ ドリーム』(No. 30『シャングリラ』(No. 60『アクシズは燃えて』(No. 57『ラスト・バトル』(No. 56『アクシズは燃えて』(No. 61『ラスト・バトル』(No. 49『ラビアンローズ』 (No. 50『ムーンライト』(No. 51『ルナティック・ ドリーム』(No. 52『ラスト・バトル』(No. 8『大気圏突入』(No. 4『G-3』(No.

次の