クリーム コロッケ 献立。 洋食屋さんのカニクリームコロッケ 作り方・レシピ

洋食屋さんのカニクリームコロッケ 作り方・レシピ

クリーム コロッケ 献立

コロッケの歴史 コロッケはフランス料理の「croquette(クロケット)」がルーツと言われています。 クロケットの語源は、【カリカリした物】という意味のフランス語「クロッカー」から付けられたとされています。 フランスのコロッケは日本でいうクリームコロッケで、日本では日本人の好みに合うじゃが芋で作り変えたんじゃないかと言われています。 コロッケの種類 みなさんのご家庭では何コロッケを作られますか?実は色んな種類があるコロッケ。 じゃがいもに牛肉ミンチを加えたもの。 甘くて美味しいです。 コーンの甘味も加わって、子供が大好きなコロッケ。 我が家ではキャベツをたっぷり加えていただきます。 私は蟹が1番好きかな〜(笑) コロッケの栄養価は? コロッケの一個のカロリーは、大きさにもよりますが大体150〜200kcalです。 じゃが芋がほとんどなので、糖質が多くカロリーは高めになります。 いつもはメインにタンパク質が含まれているので、ご飯の糖質とお野菜やきのこ、海藻類を組み合わせていただきますが、今回は副菜にタンパク質を加える工夫が必要となります。 なので組み合わせるものは、タンパク質と野菜、きのこ・海藻類です。 *副菜に冷奴 豆腐でタンパク質をつけます。 *汁物にワカメとしめじのかき玉スープ 海藻、きのこもつけて食物繊維で糖質、脂質の吸収を緩やかにします。 野菜とタンパク質をプラスします。 *冷しゃぶサラダ レタス、胡瓜、トマト、ひじき、しめじ、豆腐、豚肉を使ったサラダでタンパク質と野菜をとります。 *具沢山豚汁 お野菜たっぷり入った豚汁。 豚肉がタンパク質となります。 *わかめと胡瓜の酢の物 もずく酢でも海藻がとれますよ。 酢の物でサッパリ箸休め。

次の

コロッケの献立はこれに決まり!好相性のスープ・サラダ・おかず特集♪

クリーム コロッケ 献立

がおいしい! ゲストさん 15:14• がおいしい! ゲストさん 14:59• がおいしい! ゲストさん 14:56• がおいしい! ゲストさん 14:55• がおいしい! ゲストさん 14:54• がおいしい! ゲストさん 14:52• がおいしい! ゲストさん 14:49• がおいしい! ゲストさん 14:29• がおいしい! ゲストさん 14:29• がおいしい! ゲストさん 14:26• がおいしい! ゲストさん 14:23• がおいしい! ゲストさん 14:17• がおいしい! ゲストさん 14:17• がおいしい! ゲストさん 14:14• がおいしい! ゲストさん 14:13.

次の

コロッケに合うおかずの献立11選!副菜・付け合わせ・もう一品の料理も

クリーム コロッケ 献立

ほくほくのじゃがいもを使って作るコロッケ。 老若男女問わず人気がある好おかずの1つがコロッケです。 少し手間がかかるので家で作らずにスーパーの総菜コーナーなどで買ってくる人も少なくないのではないでしょうか。 1から家で作るのは面倒かもしれませんが家で作ると自分好みの味付けにできます。 自分で作った揚げたてのコロッケは絶品です。 コロッケの基本の作り方をご紹介します。 定番のコロッケ作りの材料(10個分くらい)• じゃがいも 4~5個• ひき肉 130g• 牛乳 大さじ1• 小麦粉 適量• 卵 2個• パン粉 適量 定番のコロッケの作り方• じゃがいもの皮をむいて適当な大きさに切って水にさらします。 玉ねぎをみじん切りにします。 じゃがいもを少し形が崩れるくらい柔らかくなるまで茹でます。 じゃがいもが柔らかくなったらお湯を捨てて、鍋の中でじゃがいもの水分をしっかりと飛ばします。 じゃがいもをボールに移してマッシャーなどでしっかりとつぶします。 フライパンでひき肉を炒めます。 粗熱が取れたつぶしたじゃがいもに炒めたひき肉と玉ねぎ・牛乳を加えて混ぜ合わせます。 コロッケを好きな大きさに成型して、小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけます。 美味しいコロッケのアレンジ方法・種類 コロッケを作る時は多めに作ることが多いので残ることがあります。 次の日のコロッケもとても美味しいです。 食パンにはさんでホットサンドにしたり、次の日の夕食のカレーのトッピングにしてアレンジする方法があります。 その他のおすすめアレンジでコロッケ丼のレシピをご紹介します。 コロッケ丼の材料(1人分)• 残ったコロッケ 1個• 卵 1個• 水 60㏄• 酒 50㏄• みりん 大さじ2• めんつゆ 大さじ1~2• ごはん お好みの量 コロッケ丼の作り方• 玉ねぎを薄切りにします。 小さめの鍋かフライパンに水を入れて火をつけ玉ねぎを入れます。 酒・みりん・砂糖・めんつゆを加えて玉ねぎが透き通るまで中火で煮ます。 コロッケを加えて温めながら煮汁をしみこませます。 ある程度、味がしみこんだら溶いた卵でとじます。 丼ぶりによそったごはんの上にのせたら完成です。 お好みで刻みのりや三つ葉をちらしてくださ。 人参があまり得意でない人にも食べやすいと評判です。 お酢を使ったさっぱり味でついつい食べ過ぎてしまいます、人参を大量消費したいときにもおすすめです。 まとめて作って常備菜として冷蔵庫に入れておくと、あと一品というときに便利です。 キャロットラペの材料• 人参 2本• お酢 大さじ5• オリーブオイル 大さじ2• 塩 少々• 胡椒 少々 キャロットラペの作り方• 人参を薄く細く千切りにします。 スライサーを使うと便利です。 人参に塩(材料の分量外)を少しふり30分くらい置いておきます。 人参の水気をよく絞りボウルにいれます。 材料に記載している調味料を容器の中で全て混ぜ合わせます。 ボウルに入れた人参に調味料を入れてよく混ぜ合わせます。 冷蔵庫で冷やしたら完成です。 お鍋にたっぷりのお野菜とウインナーなどを入れてコンソメースープでことことと煮込むだけでできあがります。 野菜を美味しくたくさん摂れるポトフはコロッケとの相性も良いです。 ポトフの材料(4人分)• じゃがいも 3個• 玉ねぎ 1個• 人参 1本• キャベツ 3枚• ベーコン 100g• ウインナー 5本• コンソメ 大さじ3• 塩こしょう ポトフの作り方• 鍋に油をひきベーコンを軽く炒め、お好みの大きさにカットした野菜を全部入れます。 全体に油がなじんだらかぶるくらいの水を入れます。 コンソメを入れて、野菜が柔らかくなるまで煮込みます。 塩こしょうで味を調整して、ウインナーを入れて温めたら完成です。 具だくさんのトマトスープと説明したらイメージが湧きやすいかもしれません。 ポトフと同様に野菜がたくさん摂れますので野菜不足かなと感じたときのサイドメニューにおすすめです。 また、冷蔵庫のあまり野菜の救済メニューにもなります。 ミネストローネの材料(4人分)• にんにく 1かけ• オリーブオイル 大さじ1• 人参 1本• 玉ねぎ 1個• じゃがいも 1個• ベーコン 4枚(ウインナー5本位でも良いです)• 全ての具材を角切りにします。 お鍋にオリーブオイルとみじんぎりにしたにんにくを入れて香りを出してからベーコンを炒めます。 人参と玉ねぎを入れて炒めます。 次にキャベツを加えて炒めます。 じゃがいもを加えてじゃがいもが柔らかくなるまで煮込みます。 お好みの味に調整したら完成です。 コロッケの献立・サイドメニュー【サラダ編】2つ目は「コールスローサラダ」です。 コロッケの付け合わせの定番のキャベツの千切りよりもたくさんキャベツを摂れますので、たくさんあるキャベツの大量消費にもおすすめです。 キャベツや人参を調味料と混ぜ合わせるだけなので簡単に作れます。 コールスローサラダの材料• きゅうり 2本• マヨネーズ 大さじ4• 塩こしょう 少々 コールスローサラダの作り方• キャベツ、人参、きゅうりを千切りにします。 千切りにした野菜をボウルに入れて塩もみして15分くらい置きます。 野菜から出た水分をしっかりと絞ります。 野菜に砂糖とお酢を入れてよく混ぜ合わせます。 マヨネーズも入れてよく絡めます。 塩こしょうを入れて味を調整したら完成です。 揚げ物を食べた後はさっぱりとした味付けの中華サラダがピッタリで、コロッケの副菜としても相性が抜群です。 きゅうりとささみのサラダは棒棒鶏風が定番という方も、お酢が効いた中華サラダで普段の献立に変化を見せましょう。 きゅうりとささみ中華サラダの材料• きゅうり 2本• ささみ 4本• もやし 1袋• ささみの筋を取って下茹でし、細かくさきます。 もやしをレンジで1分ほどチンします。 きゅうりを細切りにして塩をふりかけ少し置きます。 もやしときゅうりの水分をしっかりときりボウルに入れます。 コロッケに合うサイドメニューを作りましょう コロッケに合う付け合わせや副菜などのサイドメニューをいくつかご紹介しました。 コロッケをメインにした献立作りの参考になりましたでしょうか。 コロッケは、じゃがいもに混ぜ込む材料をコーンや枝豆、チーズなど好きな具材をいれてアレンジできるおかずです。 それだけでもとても美味しくお腹も満足するおかずです。 単品でも満足するおかずのコロッケに野菜やスープ、サラダなどを加えて夕食の献立を考えるとさらにバランスの良い食事が完成します。 毎日の食事を美味しくバランスよく摂るために、相性の良い付け合わせや副菜を組み込んだ献立作りをしてみてください。

次の