手のひら 痛み。 手のひらの痛みの原因は?小指側が痛む時は要注意!

手のひらの痛みの原因は病気?真ん中、小指の下がズキズキ痛い理由は?

手のひら 痛み

ばね指(腱鞘炎)の症状• 指の付け根が痛む• 指が曲げづらい• 指を伸ばそうとすると、引っかかる感じがする• 指を曲げたり伸ばすときに痛みがある• 指を動かすとき音が出る 指をスムーズに動かすことができるのは、指に通っている屈筋腱がトンネル状の腱鞘(けんしょう)の中を移動しているからです。 画像引用: しかし、屈筋腱と腱鞘の間で炎症が起こると、指の曲げ伸ばしをするときに痛みや引っかかりを感じるようになります。 無理に指を伸ばそうと力を加えたときに、バネが弾けるように伸びることから「 ばね指(腱鞘炎)」と言われています。 ばね指はどの指にも起こりますが、最も多く発生するのは親指の付け根です。 次に、中指や薬指の付け根に起きやすい傾向があります。 ばね指になる一番の原因は、指を使いすぎること。 例えば、パソコン、楽器の演奏、家事、指をよく動かす仕事など、手指を酷使していると発症しやすくなります。 最近増えているのが、スマホやタブレットを使う人のばね指です。 親指で長時間スマホを操作しているうちに腱鞘炎を起こしてしまうわけです。 また、妊娠中や出産直後、更年期など30~50代の女性に多く発症する傾向があります。 もし、指を動かすときに痛みだけでなく動かしづらさがあるなら、バネ指(腱鞘炎)の可能性があります。 2.変形性手関節症 変形性手関節症の症状• 手指の関節にこわばりがある• 手指の関節に痛みや腫れがある• 物をつかんだり、つまむときに関節が痛む• 指の関節が変形している 変形性手関節症とは、指関節の軟骨がすり減って、手指に痛みや変形が起きる病気です。 親指から小指までの第一関節、第二関節に起きやすいことが特徴です。 画像引用: 変形性手関節症を発症するのは、長時間の手作業など手を使いすぎることが直接的な原因ですが、40歳以上の女性に発症しやすい傾向があります。 また、更年期以降の女性に多く見られる症状のため、加齢や女性ホルモンの変動と関連があることも指摘されています。 指を動かしていないときは痛みがないのに、物をつまんだり持ったりすると手指の関節が痛む場合は、変形性手関節症の可能性があります。 3.ガングリオン ガングリオンの症状• 指の付け根に米粒大の瘤(こぶ)がある• 押したり触ったりすると痛む• 触らなければ痛みはない• 手を動かすときに痛みや違和感がある ガングリオンとは、ゼリー状の液体が瘤(こぶ)になって固まったものです。 手首の関節にできることが一般的ですが、手のひらの関節近くにできることもあります。 画像引用: 手のひらにできやすい場所は、指の付け根など腱鞘がある部分です。 ばね指で痛みが出る場所と同じですね。 近くに神経が通っていると、ガングリオンに圧迫されて痛みが出ることがあります。 また、物を掴んだ時に、神経にガングリオンが当って痛むことも。 ガングリオンができる原因ははっきりしていませんが、手を使いすぎることがきっかけになることが多いようです。 4.手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん) 手根管症候群の症状• 親指・人差し指・中指に痛みやしびれがある• 薬指の親指側の半分に痛みやしびれがある• 小指に痛みやしびれはない• 手がこわばる感じがする• 夜中や朝になるとしびれが強くなる 手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは、手のひらの付け根部分を通る正中神経が圧迫されることで、指に麻痺が生じる疾患です。 画像引用: 痛みやしびれが生じる場所は、正中神経が司る領域です。 つまり、親指から中指までと、薬指の親指側半分になります。 症状は中指のしびれから始まり、少しずつ親指や人差し指に広がっていきますが、薬指のしびれは親指側の半分だけに限定されることが特徴です。 手根管症候群になる原因の1つは、手や手首を酷使すること。 仕事やスポーツで手を使いすぎたり、骨折や怪我によるむくみがあるときに症状が現れます。 親指から中指にしびれや痛みがあり、特に朝方に症状が強くなる場合、手根管症候群の可能性があります。 5.肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん) 肘部管症候群の症状• 薬指と小指に痛みやしびれがある• 薬指と小指がまっすぐ伸びづらい• 肘を深く曲げると痛みやしびれが強くなる• 小指が動かしづらい• 握力が低下する 肘の内側を通る肘部管には、薬指と小指の感覚を司る尺骨神経が通っています。 この神経が引き伸ばされたり圧迫されたりすることで、薬指と小指にしびれや痛みが出る疾患を 肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)と言います。 画像引用: 発症しやすいのは、仕事やスポーツで肘を酷使している人です。 また、過去に肘の怪我や骨折をした経験がある人も多く経験します。 もし、肘の内側部分を叩いたときに小指に痛みやしびれが出るなら、肘部管症候群の可能性があるので、確認してみてください。 対処法はどうすればいい? 様子を見ても問題ない症状 まず、ガングリオンの症状に当てはまる場合、特に痛みや障害がないのであれば、様子を見るのも一つの選択肢です。 時間が経つことで、ガングリオンが消える場合もあるからです。 また、腱鞘炎で発症する「ばね指」も、症状が軽いのであれば、湿布を貼って安静にすることで良くなることがあります。 軽い腱鞘炎で症状が強くないなら、まず自分で対処してみましょう。 ただし、ガングリオン・ばね指ともに、少し様子を見て症状が治らないときは、整形外科に行く必要があるでしょう。 すぐに整形外科に行った方がいい症状 変形性手関節症の症状に当てはまるなら、すぐに整形外科に行くべきです。 症状が進行すると、軟骨がすり減って関節の変形してしまうからです。 似たような症状の「関節リウマチ」や「膠原病」の可能性もあるため、早めに受診して対処することをおすすめします。 また、手根管症候群と肘部管症候群の場合、放置してしまうと筋肉がやせて、手の機能が落ちてしまうことがあります。 症状が悪化してしまうと、手術が必要になって後遺症に悩まされることも。 手根管症候群と肘部管症候群の症状に当てはまる場合も、早めに整形外科を受診しましょう。

次の

手のひらの真ん中が痛いのですが。。。原因が知りたいです!|ヘルモア

手のひら 痛み

もくじ• 形成外科の先生による触診の結果 「お、歯の矯正とうとう付けたんだね。 キラリンでいい感じだね!」 せんせい、今日はそんな事を聞きに来たわけじゃありません(笑) とても名医であるのにお茶目な先生に手のひらを見せて、触診をしていただきました。 「あ、これはガングリオンの可能性がとっても高いね。 」 え、先生なにそれ? エバンゲリオンはわかりますが、ガングリオンなんて初めて聞く言葉です。 初めて聞く言葉に、ただただポカーンとなってしまったのでした。 ガングリオンって何?どんな症状なの? ガングリオンというのは、ゼリーのようなどろっとした液体が、手のひらや手首の中の袋にたまってくることで膨らんでくるこぶのことです。 腫れてくると硬くなってしまって、骨のようにコリコリと軟骨のような感じになります。 ほおっておいても特に問題はなく、ただの水がたまっているだけで、悪さをするようなものではありません。 「とくに患者さんでは若い女性が多いねぇ。 」 先生によると20代〜50代ぐらいの女性がなりやすい病気らしく、 女性の発症率の方が2〜3倍高いということでした。 確かに言われてみると、軟骨みたいです。 液体が入っているとは思えない感じなのです。 ガングリオンができる原因ってなに? 「えぇ、先生、私はなんでこんなものできちゃったのでしょうか?」 先生に聞くと、ガングリオンの出来た原因は、医学会では未だに不明らしいです。 関節をよく動かす人とか、ストレスが多い人になる傾向があるみたいですが、実際にはよくわかっていません。 「みきさんは、パソコンし過ぎじゃないの?待合室でもしているし。 」 はい、確かに・・。 原因はハッキリとはしていませんが、私の場合はパソコを使うという仕事柄が原因かもしれませんね。 「紹介状を書きますので、検査病院でMRI検査をしてきてください。 がんばってね!」 せんせい、がんばってねって・・。 MRI検査なんて、人生で1度も受けたことがない私は翌週に予約を取っていただき、早速検査に行ってみることにしました。 はじめてのMRI検査で、こんなに大変なのかとびっくり! MRI検査とは、強い磁石と電波を使ってカラダの中を断面像として写して記録する検査のことです。 「みきさん、パンツ以外ぜんぶ脱いで、青い服に着替えて待合室でお待ちください。 」 え、手のひらだけなのに全身着替えるとはなぜ? 金属類など全部はずして、寒い中待つこと30分。 「中にお入りください。 」 白い大きなトンネルの下に、寝るベッドがありまして、手のひらを固定されてしまいました。 「ヘッドホンをつけます。 何かあったらボタンを押してください。 」 なにが何だかさっぱりわからず、ヘッドホンからドンドン音が流れる中、ウィーンとトンネルの中に入って、けたたましい音がヘッドホンから鳴り響きます。 ズンズン、ウィーン、ドドドーン! 大音量の音が1時間ぐらい鳴り響いて、頭が壊れそうです。 しかも動いてはいけませんから、もう地獄のような検査です。 「おつかれさまでした。 着替えて待合室でお待ち下さい。 」 お会計は3割負担で 約7,000円もかかってしまい、MRI検査のお値段の高さにジャパネットみきさんも、目ん玉丸くしてびっくりです。 終わったあとは、もうヘトヘトになってしまい、検査結果に不安になりながらも、1週間後をドキドキしながら待っていたのでした。 MRI検査の結果が届いて、出てきた結果とは MRI検査の結果にドキドキしながらも、形成外科の先生とレントゲン写真なるものを見ながら説明を受けます。 「うん、これはガングリオンに間違いないね。 水のところだけ白く映るでしょ?」 何枚ものモノクロの写真を見て、確かに白いコブみたいなものが出来ておりました。 「これ、どうしたらいいんですか?もしかして手術ですか?」 手術の前の処置として、注射の針で中のゼリー状の液体を出すという処置方法があるそうです。 「それじゃあ、今から緊急オペ開始!」 「えぇ、せんせい今から?!」 お茶目な先生の言葉にもうびっくりしてしまいながら、隣の処置室に連れて行かれたのでした。 ガングリオンの注射による処置はこんな感じ 「先生、麻酔とかしないのですか?」 麻酔をしてから取り出すのかと思いきや、麻酔自体も注射だから同じように痛いということです。 ガングリオンのある場所に、注射の針が刺さった途端、 げ、激痛が!! 「せんせい、ものすごい痛いんですけれど!」 たったあずきの豆ぐらいの小さな水の固まりを出すだけで、こんなにもズキーンと痛いとは。 入れるのではなくゼリー状の液体を吸い取るのですから、通常の注射針のサイズよりぶっとい針で痛いのは当たり前です。 「はい、終わったよ。 ほら触ってみて。 平らになったでしょ?」 注射器の先端からゼリー状の液体を見せてもらって、 「これが痛みのしわざなの?」と、正直びっくりです。 あとは、ゲンタシン軟膏とバンドエイドを貼って終わりです。 処置時間はたったの1分ぐらいで終わりましたが、もう痛いし血は出るしで、涙がちょちょ切れです。 でも終わったあとは、押しても痛みはまったくなかったので、処置をしてもらって本当によかったです。 コリコリなものに散々コリゴリして、今回の緊急オペ(?)は終わったのでした。 ガングリオンの再発の可能性ってあるの?手術方法は? 「せんせい、ガングリオンって再発することってあるのですか?」 こんな激痛に耐えて処置を終えたのに、また注射でブス!って刺されるのは2度とごめんです。 「注射の針での処置は再発しやすいね。 3回再発したら手術ですね。 」 完全に中に入ってる袋が取れているわけではありませんので、すぐに水がたまってしまい、再発しやすいということです。 他にはレーザー治療などがあって、そちらの方が再発しずらいということですが、人によってまったく違うようです。 手術は腕全体を麻酔して、中に入っている袋を取り出す手術ですが、日帰り手術というわけにも行かず、入院してしばらく手は使えないんだとか。 しばらくパソコンは使えない状態、まさに仕事に影響が出て大変な事態が予想されます。 「僕も腕にできたけれど、自分で潰しちゃったら再発してこなくなった。 」 名医ともあろうお方が、自分で潰してしまっただなんて・・・。 素人の人がやると細菌感染するおそれがありますので、絶対に自分で潰さないようにしましょう。 手術におびえながらも、本日の「ガングリオン穿刺術」代として、保険診療費で 1,220円払って家路についたのでした。 ストレスから病は発生する。 手に同じような症状のある方は病院へ ガングリオンなんていう病気があるのを知って、人間のカラダの中って色んなことが起きているんだなと実感してしまいました。 最近会社を辞めたりして、人間関係的にも色々と変化があったし、をはじめるなどして、カラダにも色んな変化がありました。 やはり知らず知らずのうちに、ストレスを思いっきり溜め込んでいたのかもしれません。 日中ずっとパソコンやスマホをいじっていることもありますので、 適度に休憩を取ることがとっても大切ではないかと感じました。 たまには休んで、カラダも心もリフレッシュしないとダメですね。 同じように 手のひらや手首にコリコリの軟骨のようなしこりがあったら、ガングリオンである可能性が高いです。 ストレスで軟骨とビールを食べて飲むことも大切ですが、自分のカラダも大切にして形成外科などの病院に行かれてみてくださいね。 私も再発をしないことを祈りつつ、 健康にはこれからはもっと注意していきたいです。 お願いだからガングリオンちゃん、再発しないでねぇ〜! なんとわずか1週間で再発してしまいました・・。 なんか手がコリコリするな?と思ったら、わずか1週間で再発してしまいました。 4回も注射の針を刺したのですが、やはりとてつもなく痛かったです。 次に再発したら注射ではなく、手術だそうです。 今度こそ再発しないことを心より祈っています。 そして、1年2ヶ月後に3度目の再発!! なんと1年2ヶ月経って、3度目の再発をしてしまいました。 もうショックが大きすぎます(泣) 大きな病院で診ていただいたところ、 手術をしても再発する可能性があるという診断が下り、再度MRIをしますか?という結果に・・。 しかし、違う病院に行ったらほったらかしにした方がいいということでしが、このままでは痛すぎるということで、再度注射をして取っていただきました。 ガングリオンの袋はどうしても取れません。 しかし、だんだん中にたまる液体が小さくなっているがわかります。 4度目に再発をしたら、またどうするかを考えたく思います。 ほんともう再発しないで欲しい・・。

次の

手の痛み:医師が考える原因と対処法|症状辞典

手のひら 痛み

掌蹠膿疱症の症状 主に、手のひらと足のうらに、水疱や膿疱などの病変があらわれます。 手のひらや足のうら以外にも、すねや膝、肘、頭などに症状があらわれることがあります。 爪が変形したり、骨や関節が痛んだりすることもあります。 手のひら、足のうらの症状 特徴的な症状は、小さな水ぶくれ(水疱)からできる膿疱です。 できはじめにかゆみを伴うことが多く、しばらくすると膿疱が乾いて茶色っぽいかさぶた[痂皮 かひ ]となり、はがれ落ちます。 まわりの皮膚にも炎症がおよんで赤くなり[紅斑 こうはん ]、表面の角層 かくそう が浮いてきてカサカサします[鱗屑 りんせつ ]。 角層がつみ重なって厚くなると、歩くたびにひび割れて痛みを生じます。 膿疱は、次々に出てくる場合と、良くなったり悪くなったりを周期的にくり返す場合とがあります。 疲れた時や、風邪などでのどの痛みを感じると悪くなるなど、どんな時に悪くなるのかを自身で把握することは、治療を考えるうえで大切です。 手のひら、足のうらでは、次のイラストに示されている場所に症状があらわれることが多いです。 写真提供:社会福祉法人聖母会聖母病院 皮膚科部長 小林 里実 先生 写真提供:社会福祉法人聖母会聖母病院 皮膚科部長 小林 里実 先生 浮いてめくれてくる角層(鱗屑)をはがして整えたくなるかもしれませんが、刺激によって悪化することがあるため(ケブネル現象)、絶対にやめましょう。 同様に、水疱や膿疱を無理につぶしたり、はがし取ったりすることもやめましょう。 手のひらや足のうら以外に、すねや肘、膝、頭、おしりなどにカサカサした紅斑がでることがあり、「掌蹠外病変 しょうせきがいびょうへん 」と呼ばれます。 ときに、掌蹠外病変にも膿疱がみられることがあります。 爪の症状 掌蹠膿疱症の症状が爪にあらわれると、爪の下に膿疱や凹みができたり、爪の変形がおきたり、爪がはがれて浮いてきたり、爪の下が厚くなってもり上がってきたりします。 これらも適切な治療でよくなります。 写真提供:社会福祉法人聖母会聖母病院 皮膚科部長 小林 里実 先生 骨や関節の症状(掌蹠膿疱症性骨関節炎) 掌蹠膿疱症の重要な合併症として、骨と骨、骨と腱がくっつきあうところ[関節や付着部 ふちゃくぶ ]や、骨そのものに炎症がおきて激しい痛みを伴う「掌蹠膿疱症性骨関節炎 しょうせきのうほうしょうせいこつかんせつえん 」があります。 特徴的な部位として、胸骨と鎖骨、胸骨といちばん上の肋骨、上下の胸骨の結合部に起こることが多く、首の付け根から胸に突然の激痛が走り、心筋梗塞や狭心症と間違えられることもあります。 また、背骨や腰の骨、手足の骨にも炎症を生じることがあり、患者さん自身はただの腰痛と勘違いされていることもあります。 患者さんによっては、こうした関節症状が皮膚症状よりも先にあらわれます(詳細は「」を参照)。 掌蹠膿疱症性骨関節炎に対しては、皮膚症状に対する治療とは別の治療が必要になりますので、気になる関節の痛みがあれば、皮膚科医にも伝えるようにしましょう。 また、関節の痛みで整形外科等を受診している場合も、医師に掌蹠膿疱症にかかっていることを伝えましょう。

次の