ハーコメ spoon。 SPOONのハーコメって何?どうやって決める?

SPOON(スプーン)のハートコメントとは?グッと来たセリフ14選

ハーコメ spoon

代表されるところで言えば、推しマ・ハーコメ・スプコメなどでしょうか。 たいていの配信者はこれらを用意しているのですが、自分はすべて用意しておりません。 なんとなく風習とかに縛られるのが嫌で、自由にやりたかったというのもありますが、それなりに理由あってのことです。 ここから先の話は、あくまでも個人的な考えとして自枠をやるにあたってのポリシーのようなものになります。 批判的な意見や否定的な意見もあるかと思いますが、個人の見解であるということを前提にお話ししますので、あしからずご了承下さい。 いろんな配信を聴き、自分自身も配信をするようになって感じたことがたくさんあります。 そんな中で自分が目指すべき配信はどういうものか? 少しずつ考えるようになりました。 そして自分の理想はspoonの常識の外側にあるような気がしました。 自分もハードルに感じたのはハーコメや推しマの文化。 当たり前のように定着している文化ですが、自分にはどうしても重荷に感じてしまいました。 ハーコメないと配信できないのか?とも思った時期もありましたが、正直なくても大丈夫じゃないかと思うようになれた時、配信へのハードルが少し下がった気がしました。 推しマについていえば、正直配信者やリスナーを縛り付けているものにしか見えなくなってしまいました。 推しマ付けた外したとかで騒がれたり、推しマ付けてる人だらけの枠には聞きに行きづらかったりとか、どうしても良いものに思えなかったんですよね。 なので、自分の推しマは考えないし、誰の推しマもつけないことで、誰とでも分け隔てなく繋がれるようにと考えました。 こうした風習が配信者にもリスナーにも足かせになってしまっていては本末転倒な気がしてしまいました。 もっと自由に気楽にやっていいんやない?という想いから、そんなspoonの風習に逆行するような配信スタイルに行きつきました。

次の

「SPOON」に関するQ&A

ハーコメ spoon

LIVE LIVEとは リアルタイムのライブ配信のこと。 SPOONの中心となる機能です。 生配信なので配信者とリスナーでリアルタイムでコミュニケーションをとることができます。 配信者からは声や音、コメントといった形でリスナーへ配信を行います。 リスナーはコメントをしたり、ハート いいねのようなもの や課金アイテム等を送って配信を楽しむことができます。 LIVEは 1回2時間。 配信者は好きなタイミングで配信を終了することもできます。 LIVE配信画面の説明 LIVE配信中の部屋に入るとこのような画面が出ます。 各項目の説明をします。 画面左上のマークと数字について• ヘッドホンマーク:現在配信を聞いているリスナーの人数 アクティブ数• ハートマーク:配信中に送られたハートの総数 ハートについては後述• 人のマーク:配信に来た合計人数。 総来場者数。 画面上中央のアイコンについて 配信者のアイコンと名前、配信のタイトルが表示されます。 アイコンをタップすると配信者の情報が表示されます。 「声の評価」で配信者がどんなタイプの声なのかを評価できます。 画面右上のアイコンと数字について 現在配信を聞いている人で課金アイテムをたくさん投げた人のランキング。 アイコン下の数字はその配信者に投げた課金アイテムの総数。 金、銀、銅の枠でアイコンが囲まれていて、そのランキングに入っている人のことを金枠、銀枠、銅枠とも言います。 画面中央 チャット欄です。 課金アイテムが投げられたなどのお知らせも表示されます。 画面左下のプレゼントマーク 課金アイテムを配信者に送ることができます。 画面下中央 コメント入力欄。 ここにコメントを入力すると画面中央のチャット欄に反映されます。 現在配信を聞いている参加者一覧を見たり、不適切なコメント等の報告、現在のSPOON内のLIVEの人気順位の確認などができます。 FAN FANとはTwitterでいうフォローのようなものです。 FANになることをファンポチといいます。 FANになることでその配信者がLIVE配信を始めた時に通知がされるようになります。 お気に入りの配信者を見つけたらFANになるようにしましょう。 ファンポチのやり方 LIVE配信画面の説明で少し触れましたが画面上の配信者のアイコンをタップします。 ハート ハートはTwitterでいう「いいね」のようなもの。 LIVE、CAST、TALKすべてに出てきます。 LIVEでのハートの送り方 LIVE配信では画面右下のハートマークをタップすることで配信者へハートを送ることができます。 ハートは入室後1分経過後に送ることができます。 課金アイテムを使わない限り1回の配信で送ることのできるハートは1つだけです。 ハートコメント 配信者によってはハートをもらった時にその人に向けて決めゼリフのようなものを言ってくれる人もいます。 このハートを送った時に言うセリフを「 ハートコメント」と言います。 略して「ハーコメ」とも言われます。 ハートコメントの例 「〇〇さん、ハートありがとう!〇〇さん、大好きだよ!」 「〇〇さん、ハートありがとう。 表示順が上がることでより多くのリスナーの目にとまるので、配信が盛り上がっていきます。 応援したい!という配信者がいればハートを送ってみましょう! 課金アイテム SPOON内には課金アイテムが存在します。 課金アイテムのことを「スプーン」と呼びます。 スプーンが集まると実際に換金することができるので、本当に応援したい配信者にはスプーンを送ってみましょう! スプーンの送り方 課金方法 LIVEでは画面左下のプレゼントマークをタップすることでスプーンを送ることができます。 どのくらい送るかはあなたの配信者に対する気持ちで決めましょう。 スプーンコメント ハートコメント同様にスプーンが送られた際、送った人に向けてセリフを言うことがあります。 そのセリフをスプーンコメント、略してスプコメです。 課金しないとできないので特別なセリフにしている配信者もいるようです。 これを送ってもスプーンを送ったことにはならないので注意が必要です。 これはバスターと呼ばれるもので、 スプーンではなくハート10個を一気に送るものです。 通常1回の配信で1個しかハートを送ることができないのですが、これを使うと何個でもハートを送ることができます。 ハートが多く送られるとLIVE人気順位が上がるので配信を盛り上げることができます。 マネージャー LIVEではマネージャーという機能があります。 配信者がマネージャーを任命することができ、マネージャーになったリスナーは配信内で以下のような権限をもつことができます。 配信の入室の通知が表示され、誰が入室したか把握できる• 不適切な発言をする人などを強制退室させることができる• アイコンやコメントにマネージャーと表示される 配信者は一度に最大3名までマネージャーを任命することができます。 マネージャーはコメントを流したり、入室したばかりの人に配信の状況を伝えたりするなどして配信者のフォローをします LIVE配信の探し方 LIVEのトップ画面より探すことができます。 上から現在人気となっている配信 アクティブの人数、累計ハート数が多い で下にスクロールしていくにつれ、その数が減ってきます。 気になる配信があればタップすることで入室できます。 また、「注目のLIVE」の右側にある「おすすめ順」の横のマークをタップすると並べ替え順の変更やDJの特徴 性別や声のタイプなど で絞り込みができます。 歌ってみた• ラジオ 配信者のトーク• 演奏してみた• セリフ CAST再生画面の説明 こちらがCASTの再生画面です。 各項目を説明していきます。 ・ 中央の画像 CASTの画像です。 画像左下には合計再生数、送られたスプーン数が表示されます。 右下にはスプーンを送った人が表示されます。 画像をタップすると投稿者の情報、CASTのタイトル、タグが出ます。 投稿者のアイコンをタップすると投稿者のプロフィールページへ移動できます。 ・画面中央下 CASTのタイトルの下には再生ボタンや前後のCASTへの移動ボタン、ループ再生ボタンがあります。 好きな歌ってみた等をリストにしてもよさそうですね。 ・画面下部 左下のプレゼントマークは課金アイテム、スプーンを送ることができます。 矢印マークはCASTの情報を各SNSへの投稿などができます。 吹き出しマークはCASTに対してコメントすることができます。 作成されたTALK画面に音声を投稿していく掲示板のような使い方がされます。 「みんなのおやすみを聞かせて」や「〇〇というセリフを言って」などといったテーマが多い印象です。 TALKへの音声登録方法 参加したいTALK画面を開き、画面下部の「ここを長押しして話してみよう!」を長押ししながら話すだけです。 気軽に音声を投稿できます。 自分のTALKを作る方法 SPOON画面下部の「+」ボタンを押します。 LIVE、CAST、TALKの3つが出てくるのでTALKをタップ。 「テキストを入力してください」をタップし、TALKのタイトルを設定します。 「〇〇って言ってください」などといったタイトルを設定します。 画面左下のアイコンをタップし、背景画像を設定します。 適当な画像がなければ背景色を設定します。 右下のオプションマークをタップすると「24時間後自動的にトークから削除」「プロフィールから非公開」などといった設定ができます。 最後に右上の完了をタップしてTALKの作成が完了します。 SPOON内で使われる用語 SPOON内で使われる用語について解説していきます。 随時更新していきます。 枠 配信のこと。 推しマ 推しマークの略。 自分の推している人を表す絵文字のこと。 配信者がこれが自分の推しマとしてある絵文字などを決めます。 その絵文字をアカウント名に入れたり、自分のFANボードに推しとして記載する。 絵文字も限りがあるので推しマ被りなんかもでてしまうことがある。

次の

ぷりんちゃん🍮♔.゚(@purin_maru01260)のプロフィール

ハーコメ spoon

自分の好きなように配信するのも楽しくてよいのですが、ファンを増やすといったことを目標にして配信していく場合はリスナーを大切にすることが重要です。 実際に配信の中でリスナーにしてあげるといいことを挙げていきます。 基本的にもらったコメントはすべて読む アクティブが多く、コメントが次々と流れるといった状況でない限りは基本的には リスナーからもらったコメントはすべて読んでいくようにしましょう。 これについては自分がリスナーになっている場合を想像するとわかりやすいです。 こちらの話をまったく聞かず、話したいことを次々と話されるだけだとリスナーとしてはさみしい気持ちになりますよね。 「もういいかな」という気持ちになりファンにならずに退出してしまいます。 もらったコメントはすべて拾い、できればそのコメントに対して何かしらのリアクションをしていくようにするとリスナーと一緒に配信を盛り上げていくことができます。 FANボードをうまく活用することでリスナー獲得に繋げることができます。 FANボードの活用例を挙げていきます。 配信スケジュールのお知らせをする 配信スケジュールについてのお知らせを掲載すると、リスナー側としては時間の把握ができるので配信に集まりやすくなります。 Twitterアカウントを掲載する SPOON用のTwitterアカウントを用意してスプナー同士で交流するのもおすすめです。 FANボードにTwitterのアカウント名を載せておくとフォローがしやすくなります。 初見で配信に来てくれた人にお礼をする まめな人であれば初見で配信に来てくれた人に配信終了後、その人のFANボードにお礼をするのもよいでしょう。 実際の私のケースですが、FANボードへのお礼からファンになり、常連になった方もいました。 配信時間をずらしてみる 他の配信者が少ない時間帯で配信してみるのも自動ファンぽちされる可能性があがります。 他の配信者が少ない=カテゴリで上位になりやすいためです。 明け方や平日の午前などにあえて人が少ない時間帯に配信してみるのもよいでしょう。 ただし、新規アカウント登録者自体がいなければ自動ファンぽちもされないので基本的には上記の他に配信されている数の少ないカテゴリ選択でよいでしょう。 自動ファンぽちの注意点 自動ファンぽちされる可能性を上げる方法についてお伝えしましたが、自動ファンぽちについて注意点があります。 それは 自動ファンぽちでファンになったユーザーが自分の配信に遊びに来てくれる可能性がとても低いことです。 あなたは初めてSPOONを登録してよくわからないまま自動ファンぽちした配信者全員の配信に遊びに行きましたか?おそらくほとんどの人は配信に行くことはないと思います。 アクティブを増やしたい、毎回来てくれるようなファンを作りたいという方は自動ファンぽち以外でファンを増やす努力をした方がよいでしょう。

次の