フィギュア スケート 男子 オネエ。 村上大介

世界ランキングを徹底比較!フィギュア日本男子の黄金時代が見えてくる

フィギュア スケート 男子 オネエ

「ぼくはこれまでアメリカンフットボールも、NBAも撮影してきた。 だけれど、フィギュアスケーターほど、強靭なアスリートはほかに知りません」。 金メダルを獲得した羽生結弦の涙にもらい泣きしながら、私はABCのTVカメラマン、ジョン・ボイドの言葉を思い出していた。 「まさにその通り!」と思いながら。 ただしこの言葉、私が直接聞いたわけではない。 2007年に刊行された田村明子さんの著書『氷上の光と影』で読んだのだ。 田村さんは冬季オリンピックごとに新潮社からフィギュアスケートに関する本を刊行していて、『氷上の光と影』はその最初の本。 このたび刊行された『挑戦者たち 男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』は4冊目になる。 札幌オリンピックでジャネット・リンの可憐さに魅せられて以来のフィギュアファン(当時、真駒内のスケート会場のすぐ隣にある小学校に通っていた)である私は、冬季五輪の年が明けると、田村さんのこれまでの著書を取り出して読み返すことにしている。 そこに描かれている知られざるドラマ、そして栄光だけではないスケーターたちの人生をおさらいしてから観戦することで、感動が何倍にも増すのである。 思えば技の見方から採点の仕組み、コーチと選手との関係、振付師の役割、国際大会の裏側なども、彼女の本から学んできた。 羽生の連覇、そして宇野昌磨との金銀独占の興奮も冷めやらぬ中で刊行された『挑戦者たち』は、テーマを男子フィギュアに絞り、田村さんならではの取材力で、テレビや新聞・雑誌ではわからないスケーターたちの素顔を垣間見せてくれる。 読みながら、「画面に映らない現場は、あのときこうなっていたのか!」「え? あの選手がこんなことを言ったの」と、何度驚き、胸が熱くなったかわからない。 よくある宣伝文句で言えば「秘話満載」ということになるのだが、そこには長年フィギュアの取材に携わり、選手や監督・コーチたちと信頼関係を築いてきた著者ならではの競技への深い理解と選手たちへの愛情があり、決して興味本位に陥ることのない、第一級のスポーツノンフィクションになっている。 彼女は25年におよぶフィギュアスケートの取材キャリアを持ち、ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバー、ソチ、そして平昌と、すべての冬季五輪を現地取材してきた。 フィギュアスケートのファンなら知らない人はいない、筋金入りの国際スポーツジャーナリストなのである。 ニューヨーク在住のバイリンガルであり、海外の大会における日本人選手の会見通訳も数多く担当している(何とすべてボランティアだという)。 本書では、「新4回転時代」を闘い抜いた羽生、宇野、ハビエル・フェルナンデス、ネイサン・チェン、パトリック・チャンたちの進化の過程を、単独インタビューや彼女が通訳を務めた国際大会の記者会見を織り交ぜて伝えている。 また、現役の選手だけではなく、66年前にオリンピック連覇を成し遂げたディック・バトン、エフゲニー・プルシェンコ、かつて羽生を指導した都築章一郎氏にもインタビューしていて、男子フィギュアの歴史をたどることのできる内容になっている(個人的には、アイスショー会場の警備員室で、古びた蛍光灯の下、立ったままプルシェンコにインタビューする場面が忘れがたい)。 オリンピック本番を控えて韓国入りした羽生が、昨年11月の故障以来、初めて人前でリンクに上った公式練習後の記者会見で、通訳を務めたのも彼女である。 本書に記されたそのときのエピソードのひとつひとつに、ああ、これが羽生という人なのかと、それまでにない新鮮な印象を持った。 読了して思ったのは、フィギュアスケートほど過酷な、それでいて人間的なスポーツはないということだ。 選手はみな孤独だが、こうしてひと続きの流れの中で見れば、ひとりひとりの選手が、より美しく強いスケートを生むための礎となってきたことがわかる。 シーズンごとにリンクに刻まれる歴史の上を、彼らは生きているのだ。

次の

フィギュアスケート男子!歴代イケメンランキングTOP23【最新版】

フィギュア スケート 男子 オネエ

彼は2006年トリノ五輪でシングルで銅メダル、2008年には世界選手権優勝を果たしイケメンだけではない実力派選手でもあります。 ちょっと小悪魔的なやんちゃ坊主のイメージがあり、瞳の奥には常に好奇心でいっぱいの眼差しが多くの女性ファンをノックアウトさせていました。 2008年には引退、その後アイスホッケーのチームに移り活躍したそうです。 今では振付師として後輩の指導にあたっているとのこと、そして彼はゲイで2014年にパートナーと結婚しているそうです。 やはり根っからのイケメンはゲイが多いという傾向は当たっていますね。 また2011年から2014年までフランス選手権では連続優勝、2011年2012年の世界選手権では優勝という輝かしい成績を出しています。 アイスダンスの選手で常に女性をエスコートし一緒に踊っているので、女性に対する愛情はバツグン、こんなステキなフランス人男性に優しくされたら誰でもイチコロでしょう。 落ち着いた雰囲気の甘いルックスで女性ファンを虜にしています。 ちょっとだけおじさまチックなタイプがが好きな人には、このファビアン・ブルザはぴったりかも知れません。 彼は2014年に引退しその後はコーチとしてアメリカなどで活躍しています。 walkerplus. 彼も男子フィギュアスケート界の歴史にその名前を刻んだことは間違いありません。 2013年10月~2018年4月にわたり世界ランキング1位、最近では皆さんもご存知のとおり平昌五輪金メダルを獲得で66年ぶりのオリンピック連覇となり日本のフィギュアスケート史上でも大活躍な選手です。 羽生選手は22歳という若さでこの偉業をなし遂げたのですが、普段はとても周囲に気を遣うとても素敵な青年ですし、スッキリとした切れ長の目元で色白のいわゆるしょうゆ顔が爽やかな印象で大人気です。 しかしリンクに立つと表情が一変、質の高いジャンプと繊細な表現力、そして集中力と豹変する表情が普段のいち少年とのギャップの激しさに萌えるファンも多いはずです。 今や日本の国民的ヒーローになった羽生選手、今後も大いに期待されている選手です。 そしてさらに2007年世界選手権優勝、欧州選手権優勝3回と、とても実力のある選手なんですね。 フランス人男性はイケメンが多いことで知られていますが、ブライアンもあどけない瞳と甘いマスク、そしてスリムマッチョな体型でたちまちスケートファンの間で話題になりました。 彼の輝かしい成績とこれだけのルックスを備えたイケメンなら、周りが放っておけないでしょう。 2014年に公式引退宣言はしていないのですが、アマチュア競技から距離を置くことを口にしています。 プロの世界でもブライアン・ジュベールの姿が見れることを願っています。 walkerplus. 彼の存在がなければ現在こんなに注目されることはなかったでしょうし、それくらいに影響力があったのが高橋選手です。 日本ではすっかりおなじみの高橋選手、少し日本人離れしたちょっと濃い系のお顔で大きなくりくりの瞳がとてもチャーミング、たちまち彼のファンになった人が大勢いたようです。 2010年バンクーバー五輪で銅メダル、その後は28歳なで現役をつとめた日本人選手としては最年長記録です。 165cmと少し小柄な体格を全くハンディとはせず逆にダイナミックな演技と素晴らしく高いジャンプ、感性とキレのある技術には多くのファンを魅了しました。 茶目っ気のある表情にはどこか子供じみたところもあり、これも高橋選手ならではの魅力。 また逆に無精ヒゲを生やした表情は大人びたかっこいいイケメン男性でもあります。 現在はアイスショーなどで活躍、と同時にタレント活動も積極的に行っていてTVでみる高橋大輔さんにも注目です。 まるでファッション雑誌の中から飛び出してきたようなルックスのジョン・ジマーマンはアメリカで活躍したフギュアスケートペアの選手で、1999年から2001年の全米選手権で3度優勝しています。 彼は1998年アメリカ在住日本人伊奈恭子選手とペアを組んだことで有名になりました。 少し長めの不規則なロン毛と優しい眼差し、そしてときどき見せるワイルドチックな身のこなしがファンをとりこにしたようです。 またペアの選手なので女性を包み込むやさしい雰囲気とオーラが漂っていてとっても色っぽく、彼にメロメロになった女性は多いでしょう。 そして2003年には同じスケート選手のシルビア・フォンタナさんと結婚、現在は幸せな家庭を築いているようです。 walkerplus. 6歳のときにスケートを始め2002年ソルトレイク五輪でロシア代表選手に選ばれ、5位の成績でした。 端正な顔立ちからは想像できない力強い4回転ジャンプとキラリと光るスピン、そしてまるで王子様のような衣装を付けての演技が話題となりました。 イケメン選手はたくさんいますが彼ほどバランスの取れたイケメン選手は珍しいと言われています。 それは素晴らしい演技と技術そしてなによりも人々を納得させる抜群のルックスです。 彼は2004年に引退、現在ではプロに転向しアメリカやロシアなどで活躍しています。 youtube. 5歳のときにあの浅田真央さんから声をかけられたのがきっかけでスケートを始めたそうです。 2017年四大陸選手権3位、同年世界選手権では2位という輝かしい成績で急成長中の宇野選手、スケートの技術力は電光石火のごとくISU公認史上初の4回転フリップを成功させ国際スケート連盟に認定されました。 日本人選手としては絶大な期待をされ現在大注目の選手です。 スケート界ではおなじみの羽生選手と比べられたりもしますが、159cmの小柄な体格をもろともせずダイナミックな演技と力強いジャンプ、しなやかなスピン、多様性のある演技と素晴らしい技術力で男子フィギュアスケート界の新星とまで言われているようです。 そんな宇野選手は20歳とはいえあどけなさの残るベビーフェイスと大きな瞳がとっても魅力的な青年、若いファンからオバサマ層のファンまでも大いに注目している選手といってもいいでしょう。 そのくらい日本では馴染みのあるエフゲニー・プルシェンコは、「プル様」の愛称で親しまれたロシア人シングル選手です。 2006年トリノ五輪金メダル、2002年2010年五輪では銀メダル獲得と歴史に残る輝かしい成績を残したプルシェンコ、スッとした鼻筋とサラサラのプラチナブロンドヘア、キラリと潤んだ青い瞳ででたちまちファンになる人が続出、日本でも絶大な人気を誇っている超イケメン選手でした。 演技や技術も飛び抜けた才能があり、それが3度の五輪メダル獲得に繋がったようです。 しかし2017年に引退、現在はモスクワにスケート学校を創設し未来のスケーター育成に力を注いでいます。 youtube. なんと彼は「リッポンルッツ」という両手を上げて飛ぶスタイルは彼自身のオリジナルスタイルで、彼にしかできない技でもあります。 母親がバレエダンサーであったせいか柔軟性のある華やかな演技は母親ゆずりなのかも知れません。 クルクルとしたクセ毛がと少女のような端正な顔立ちが本当に愛くるしく、女性ファンなら目をつけていてもおかしくありませんよね。 そして2017年には4回転トゥループに成功、演技などにもますます磨きがかかっているようです。 最近ではアダム特有の天然パーマヘアからワイルドな短髪に変身、それでも元がイケメンなので短いヘアスタイルも見事に決まっていてまた違ったアダムの魅力が見られそうです。 現在28歳の彼はこれからも目が話せない選手の一人です。 youtube. そして2002年から2007年までのイタリア選手権では5年連続の優勝、トリノ五輪のイタリア代表選手として活躍しました。 スケート選手としては珍しくロン毛で、しかもサラサラのブロンドでカッコイイ爽やかなイケメンだと話題になり人気急上昇。 また演技はそんな爽やかさとは違った迫力のあるジャンプと優雅でのびのびとした演技力でファンを魅了しました。 そんな彼も2010年には引退、現在はスケートコーチとして若手選手を育てる側で活躍しています。 エヴァン・ライサチェクは2010年バンクーバーオリンピックで金メダル、2009年の世界選手権で優勝という輝かしい成績の持ち主です。 本人はイタリアの血が25%入っていると言っていますが、父はチェコ人、母はイタリア系なのでまさにそうですね。 それに、イタリアのさんさんと輝く太陽の下でニコニコと微笑んでいるイケメンのイメージがエヴァン、といっても過言ではありません。 彼は188cmという長身を活かしたダイナミックな表現のある演技でファンを魅了しています。 また、当然ながらラテン系のイケメンなので本国アメリカではモデル業もこなしたりと、多才ぶりを発揮しています。 しかしオリンピック金メダル獲得後は怪我などに悩まされ、現在は引退宣言はしていないものの競技からは遠ざかっています。 そして彼はモデル業をしていた関係でファッションに興味がある選手らしく、今では知り合いのファッション会社で仕事をしているようです。 walkerplus. その一人イリア・クーリックも男子フィギュアスケート界ではイケメンの一人だといわれています。 彼は1988年長野五輪で金メダルを獲得したシングルの選手で、金メダルを獲得した超イケメンロシア人選手としてフォーカスされました。 彼の真っ白なほっぺたが赤くなるのがとてもキュートで可愛らしく、この表情にノックアウトされたファンが多いのではないでしょうか。 そして長野オリンピック後はプロのスケーターに転向しています。 私生活では2002年ペアのスケーターであったエカテリーナ・ゴルデーワと結婚、1女のパパでもあります。 そして2012年にアメリカでスケートリングをオープンし今ではスケート選手だけではなくスケート全般に関わっているようです。 livedoor. それもそのはず、韓流スター顔負けの甘いマスクと微笑みで中国のファンのみならず海外ファンも一気に増えたようです。 彼は世界ジュニアフィギュアスケート選手権で銀メダル、そして2014年四大陸選手権では3位という好成績をおさめました。 素晴らしい4回転ジャンプをカッコよくサラリと決めた筋肉質で細身なボディと、それにギャップのある愛くるしい表情にファンはヤラレてしまったのでしょう。 しかし彼は2016年4月に引退が発表され、引退を惜しむ声があちこちから上がっていました。 2006年トリノ五輪スウェーデン代表そしてスウェーデン選手権ではなんと7回も優勝するという、実力でも超イケメンな選手です。 明るいブロンドヘアーと極上の端正なルックスが氷上で舞うと多くのファンがクギ付け、こんな王子様に微笑まれたらたまらないですよね。 そして本職は電気技師。 こんなイケメンが電気のチェックでお宅訪問とかになったら、みんなパニクること間違いなしです! 彼は引退宣言はしていないものの、スケート競技生活から離れることを発表、現在は双子の良きパパでもあります。 現在は電気技師をしながらスケートのコーチなどしているそうです。 youtube. その透明感のある真っ白な素肌はまるでアイススケートの氷上で一体化しているかのよう。 そして漆黒の黒髪が透き通った素肌と対照的でよりイケメンぶりを発揮しています。 韓流アイドルに負けない端正な顔立ちと、その若さでファンを魅了しているようです。 将来の活躍がおおいに期待される選手です。 2014年四大陸選手権代表そして2009年 2010年 ISUジュニアグランプリファイナリストにも選ばれた実力派でしたが、2014年に引退。 ファンの間ではタレントのJOYさんに似ていることから「氷上のJOY」と呼ばれることもあったそうです。 かなりJOYに似ていますよね。 そしてキリリとした濃い眉毛と熱い眼差しにヤラれた女性ファンからは、引退を惜しむ声がたくさん上がっていたようです。 livedoor. やはり美貌の持ち主は活躍する範囲が広まるのでしょう、そしてこれは噂ではありますがやはりイケメンのせいかダンス女子選手との恋の噂はしょっちゅうあったようで、そうとうにモテモテだったのだと思います。 そして2011年に引退、2017年にはオリンピック・アイスダンス・チャンピオンのメリル・デイビスと婚約しました。 婚約によって恋のウワサも一件落着したようですね。 2012年ウクライナ代表に選ばれましたが、成績よりもそのイケメンぶりで世界中から注目を浴びた選手。 八頭身の美しい小顔で大胆な演技と美貌のギャップ、プラスセンスのいい衣装で女性ファンを虜にした選手です。 また2014年からはペアに転向し活躍した選手でもあります。 livedoor. ブルーアイと薄めの唇、そして片方の口角をキュッと上げて微笑むイケメン顔が女性ファンをノックアウト。 こんな王子様を眼の前にしたらクラクラっときますよね。 そして2017年NHK杯ではなんと優勝しその瞬間を見ていたファンは多いはずです。 そして、ロシア国旗を見つめるセルゲイの端正な横顔が美しすぎる、演技後TVカメラに向かって投げキッス、日本語で「アリガトウ」を微笑む姿は可愛すぎてイケメン過ぎるとファンからホットなコメントばかりだったようです。 livedoor. その繊細さが女性ファンの心をガッツリとつかんでいるようです。 スケート生活以外にも彼は2011年に自伝を出版、そこで同性愛をカミングアウトしています。 そして同性婚をしていますがのちにこのパートナーと離婚。 なるほど、だから女性的な部分もあるのかも知れませんが、男性からもイケメンと言われる選手です。 また歌手デビューもしてシングルも出しているという、スケート以外のマルチな才能があることにも注目ですよね。 そして彼は2013年に惜しまれつつも引退されました。 どこかゆったりとした眼差しは優しげな表情で、こちらもニッコリと微笑み返したくなりそうな気分にさせてくれます。 世界の選手権に出場しメダルを獲得した実力派選手でその表情とは裏腹のしっかりとした見ごたえのある演技にファンは魅了されました。 年齢よりもどこか幼気なムードもありキュートないちめんもあって人気の選手でした。 そして2017年に引退されました。 livedoor. 20歳という若さですが年齢の割には丁寧な演技で話題を呼んでいます。 とってもお茶目で可愛らしい若者といったイメージですが、氷上に上がるとムードが一変しとても色気のあるオトナに変身。 これからグングン伸びていく選手でしょう。 まとめ.

次の

フィギュアスケート男子!歴代イケメンランキングTOP23【最新版】

フィギュア スケート 男子 オネエ

1番滑走がパトリック・チャンとはなんとも豪華なファイナルよね。 やはりスケーティングの足さばきが美しいわ~。 ダイスもがんばったし、 昌磨もガッツポーズで終わることができたわね。 久々の美穂子の凶器ネイル見たわ~笑 地元スペインの大歓声を受けながら、見事な演技を見せたハビエル・フェルナンデス。 会場の空気感はハビ一色のまま、最終滑走を迎えた羽生結弦。 いつもよりも落ち着いていたように見えてね。 スタートポジションに立ちポーズを構えた瞬間に、空気を自分のものに支配するかのような不思議な感覚を覚えたわ。 あ、きっとノーミスしてNHK杯を超えるに違いないわ!とこの時点であたし確信したのよ。 【SEIMEI】 【プロトコル】 歴史が動いたんじゃなくて、羽生結弦が男子フィギュア界の歴史を動かして、新たな扉を開けた日。 言葉で表現するのが難しいのだけれど、もう彼の圧倒的な演技にひれ伏すしかなかったのよ。 キスクラでハビがはは~っ!って仕草を見せていたでしょ?あたしもTVの前で同じことしてたわ笑 それぐらいもう敵いません、お手上げ状態ですって言うぐらい凄かったんだから! Grand Prix Podium! , and — GPF Barcelona 2015 gpfbarcelona 3人ともとても良い表情をしているわよね。 この日の演技は一生忘れることができないのよ。 NEW! 6月18日発売 【Amazon. タウンホールは、2020年6月8日月曜日の午後7時(東部標準時)にスケートオンタリオのエグゼクティブディレクター、リサ・アレクサンダーと一緒に開催されます。 また、いくつかの特別ゲストコーチが、スケーターの何人かが氷上に戻ってきたことについて話し合う予定です。 私たちは次のことに興奮しています: トレイシー・ワイマン。 25年間コーチを務めており、リッチモンドヒルを拠点としています。 トレイシー・ウィルソンとブライアン・オーサー。 過去14年間、トロント・クリケット、スケート、カーリング・クラブで一緒に指導してきました。 彼らはコーチし、多くの国際レベルのスケーターを監督するだけでなく、クリケットクラブであらゆるレベルのスケートを指導し、監督します。 とでライブで開催されます。 北村実玖 2020年6月7日 11:01 PM オネエ様、皆様、はじめまして、こんばんは。 フィギュアファンだと自覚して5ヶ月と、ファンと言っていいのかくらい短いですが、少しずつ勉強しています。 オネエ様の記事は、拝読させていただくだけでしたが、羽生結弦選手のフリーを観て、興奮してしまい、思わずコメントしてしまいました。 すごいのはわかっているけれど、結果ももう知っているけれど、すごいですね!!!!! 緊張も何もなく、最後まで観ることができました。 だからと言って安心して観たのではなく、羽生君のSEIMEIに引き込まれ、私達も安倍晴明の世界に連れて行かれたように。 最後の太鼓のダン!で羽生君がドヤドヤッ!とし、皆さんが歓声を上げてスタオベして私もようやくこっちの世界に帰ってきました。 こんなにも他の人と一体化したようなことは初めてで、こんなにすっばらしい演技を観てしまったら、もう点数なんてどうでもよく、演技だけ延々とリピートしてしまいます笑 少ない語彙力を使って伝えてみましたが、コメント見るより演技を見て!!と思います笑 皆さんと違い、「回転不足が〜」「」ジャッジが〜」とか言えず、偉そうなことも言えない私ですが、他の人の意見を聞き、自分の意見を発信して成長したいと思っているので、少しずつコメントできたらと思います。 私はフィギュアファンであると同時に、オネエ様のファンです。 どのスケーターにも愛のあるコメントをし、ダメなことはダメだとバッサリ斬る。 私もオネエ様のような考え、気遣いができるよう頑張ります。 オネエ 2020年6月8日 4:28 AM >北村美玖様 北村さん、はじめまして。 初コメント、とても嬉しかったです。 2015年のファイナルSEIMEI凄かったですよね。 前に行われたNHK杯でも興奮しましたが、 その余韻に浸る暇もなく、また新たな興奮と感動が押し寄せて、なんだかわからない気持ちになったのをよく覚えています。 フィギュアって詳しくともそうでなくとも、先入観にとらわれず自分の感性に沿って見ることが大事なのかなとこの頃よく思います。 わたしもいつも皆様のコメントを吸収して、時には反省もしたり、励まされたり、勇気をもらったりしています。

次の