八代 市 人口。 熊本県八代市の子供の出生数と死亡数の推移

グラフで見る! 八代市(ヤツシロシ 熊本県)の人口の推移(2000年

八代 市 人口

出典:RESAS(地域経済分析システム)• URL: 2009年 2012年 2014年 農業、林業 61 55 46 漁業 4 4 2 鉱業、採石業、砂利採取業 5 6 3 建設業 651 594 557 製造業 334 312 307 電気・ガス・熱供給・水道業 1 1 1 情報通信業 13 12 8 運輸業、郵便業 82 69 68 卸売業、小売業 1411 1285 1175 金融業、保険業 56 48 42 不動産業、物品賃貸業 358 333 322 学術研究、専門・技術サービス業 183 180 182 宿泊業、飲食サービス業 691 598 567 生活関連サービス業、娯楽業 532 506 485 教育、学習支援業 125 122 113 医療、福祉 367 366 249 複合サービス事業 16 15 7 サービス業(他に分類されないもの) 324 323 166 公務(他に分類されるものを除く) 熊本県八代市の鉱業、採石業、砂利採取業の企業数の推移 熊本県八代市の鉱業、採石業、砂利採取業の企業数の推移で増加している業種はありませんが、一方で企業数が減少している業種には鉱業、採石業、砂利採取業やなどがあります。 2009年 2012年 2014年 鉱業、採石業、砂利採取業 5 6 3 熊本県八代市の建設業の企業数の推移 熊本県八代市の建設業の企業数の推移で増加している業種はありませんが、一方で企業数が10件以上の減少にある業種は総合工事業、職別工事業 設備工事業を除く 、設備工事業などがあります。 2009年 2012年 2014年 総合工事業 273 272 244 職別工事業 設備工事業を除く 217 180 180 設備工事業 161 131 133 熊本県八代市の製造業の企業数の推移 熊本県八代市の製造業の企業数の推移で近年増加傾向にある業種は金属製品製造業や家具・装備品製造業などがありますが、一方で企業数が5件以上の減少にある業種は飲料・たばこ・飼料製造業、繊維工業、木材・木製品製造業(家具を除く)、その他の製造業などがあります。 2009年 2012年 2014年 食料品製造業 67 67 68 飲料・たばこ・飼料製造業 22 16 17 繊維工業 29 22 21 木材・木製品製造業(家具を除く) 21 21 14 家具・装備品製造業 19 20 20 パルプ・紙・紙加工品製造業 7 8 5 印刷・同関連業 17 17 16 化学工業 5 5 6 石油製品・石炭製品製造業 3 3 3 プラスチック製品製造業(別掲を除く) 5 8 9 ゴム製品製造業 0 0 0 なめし革・同製品・毛皮製造業 1 0 0 窯業・土石製品製造業 17 21 21 鉄鋼業 5 6 4 非鉄金属製造業 1 1 1 金属製品製造業 27 26 28 はん用機械器具製造業 8 6 5 生産用機械器具製造業 17 16 17 業務用機械器具製造業 4 3 4 電子部品・デバイス・電子回路製造業 2 0 0 電気機械器具製造業 4 2 1 情報通信機械器具製造業 0 1 1 輸送用機械器具製造業 10 8 10 その他の製造業 43 34 36 熊本県八代市の電気・ガス・熱供給・水道業の企業数の推移 熊本県八代市の電気・ガス・熱供給・水道業の企業数の推移で増加している業種はありませんが、一方で企業数が減少している業種はありません。 2009年 2012年 2014年 電気業 0 0 0 ガス業 0 0 0 熱供給業 0 0 0 水道業 1 1 1 熊本県八代市の情報通信業の企業数の推移 熊本県八代市の情報通信業の企業数の推移で近年増加傾向にある業種は放送業やなどがありますが、一方で企業数が減少している業種には通信業や情報サービス業などがあります。 2009年 2012年 2014年 通信業 2 1 0 放送業 1 2 2 情報サービス業 6 5 4 インターネット附随サービス業 2 0 1 映像・音声・文字情報制作業 2 2 1 熊本県八代市の運輸業、郵便業の企業数の推移 熊本県八代市の運輸業、郵便業の企業数の推移で近年増加傾向にある業種は倉庫業やなどがありますが、一方で企業数が5件以上の減少にある業種は道路貨物運送業などがあります。 2009年 2012年 2014年 鉄道業 1 2 1 道路旅客運送業 11 11 10 道路貨物運送業 59 47 51 水運業 4 3 2 航空運輸業 0 0 0 倉庫業 0 0 1 運輸に附帯するサービス業 7 6 3 郵便業(信書便事業を含む) 0 0 0 熊本県八代市の卸売業、小売業の企業数の推移 熊本県八代市の卸売業、小売業の企業数の推移で近年増加傾向にある中でも10件以上の増加が見られる業種は飲食料品卸売業、無店舗小売業がありますが、一方で企業数が10件以上の減少にある業種は建築材料、鉱物・金属材料等卸売業、織物・衣服・身の回り品小売業、飲食料品小売業、機械器具小売業、その他の小売業などがあります。 2009年 2012年 2014年 各種商品卸売業 0 0 0 繊維・衣服等卸売業 2 4 4 飲食料品卸売業 72 85 86 建築材料、鉱物・金属材料等卸売業 80 73 65 機械器具卸売業 38 43 40 その他の卸売業 83 84 81 各種商品小売業 0 0 0 織物・衣服・身の回り品小売業 102 93 85 飲食料品小売業 431 351 302 機械器具小売業 199 165 155 その他の小売業 401 336 322 無店舗小売業 3 36 35 熊本県八代市の金融業、保険業の企業数の推移 熊本県八代市の金融業、保険業の企業数の推移で増加している業種はありませんが、一方で企業数が5件以上の減少にある業種は保険業(保険媒介代理業、保険サービス業を含む)などがあります。 2009年 2012年 2014年 銀行業 0 0 0 協同組織金融業 1 1 0 貸金業、クレジットカード業等非預金信用機関 7 3 3 金融商品取引業、商品先物取引業 0 0 0 補助的金融業等 0 0 0 保険業(保険媒介代理業、保険サービス業を含む) 48 44 39 熊本県八代市の不動産業、物品賃貸業の企業数の推移 熊本県八代市の不動産業、物品賃貸業の企業数の推移で近年増加傾向にある業種は不動産取引業やなどがありますが、一方で企業数が10件以上の減少にある業種は不動産賃貸業・管理業などがあります。 2009年 2012年 2014年 不動産取引業 44 41 48 不動産賃貸業・管理業 294 269 258 物品賃貸業 20 21 16 熊本県八代市の学術研究、専門・技術サービス業の企業数の推移 熊本県八代市の学術研究、専門・技術サービス業の企業数の推移で近年増加傾向にある業種は専門サービス業(他に分類されないもの)やなどがありますが、一方で企業数が減少している業種には技術サービス業(他に分類されないもの)や広告業などがあります。 2009年 2012年 2014年 学術・開発研究機関 0 0 0 専門サービス業(他に分類されないもの) 112 109 114 広告業 2 2 0 技術サービス業(他に分類されないもの) 69 68 68 熊本県八代市の宿泊業、飲食サービス業の企業数の推移 熊本県八代市の宿泊業、飲食サービス業の企業数の推移で増加している業種はありませんが、一方で企業数が10件以上の減少にある業種は飲食店などがあります。 2009年 2012年 2014年 宿泊業 59 58 51 飲食店 611 517 499 持ち帰り・配達飲食サービス業 21 22 17 熊本県八代市の生活関連サービス業、娯楽業の企業数の推移 熊本県八代市の生活関連サービス業、娯楽業の企業数の推移で増加している業種はありませんが、一方で企業数が10件以上の減少にある業種は洗濯・理容・美容・浴場業、その他の生活関連サービス業などがあります。 2009年 2012年 2014年 洗濯・理容・美容・浴場業 451 433 423 その他の生活関連サービス業 47 41 34 娯楽業 34 31 28 熊本県八代市の教育、学習支援業の企業数の推移 熊本県八代市の教育、学習支援業の企業数の推移で増加している業種はありませんが、一方で企業数が5件以上の減少にある業種は学校教育、その他の教育、学習支援業などがあります。 2009年 2012年 2014年 学校教育 7 8 0 その他の教育、学習支援業 118 114 113 熊本県八代市の医療、福祉の企業数の推移 熊本県八代市の医療、福祉の企業数の推移で増加している業種はありませんが、一方で企業数が10件以上の減少にある業種は医療業、社会保険・社会福祉・介護事業などがあります。 2009年 2012年 2014年 医療業 268 261 193 保健衛生 2 1 1 社会保険・社会福祉・介護事業 97 104 55 熊本県八代市の複合サービス事業の企業数の推移 熊本県八代市の複合サービス事業の企業数の推移で増加している業種はありませんが、一方で企業数が5件以上の減少にある業種は協同組合(他に分類されないもの)などがあります。 2009年 2012年 2014年 郵便局 8 8 7 協同組合(他に分類されないもの) 8 7 熊本県八代市のサービス業(他に分類されないもの)の企業数の推移 熊本県八代市のサービス業(他に分類されないもの)の企業数の推移で近年増加傾向にある業種は自動車整備業や廃棄物処理業などがありますが、一方で企業数が10件以上の減少にある業種はその他の事業サービス業、政治・経済・文化団体、宗教などがあります。 2009年 2012年 2014年 廃棄物処理業 23 24 25 自動車整備業 82 87 84 機械等修理業(別掲を除く) 27 22 20 職業紹介・労働者派遣業 4 6 5 その他の事業サービス業 37 38 27 政治・経済・文化団体 15 13 宗教 136 127 5 その他のサービス業 0 0 0 全国各地の都道府県の企業数や傾向のメニュー.

次の

八代市の【統計データ】に関する行政サービス・行政情報|生活ガイド.com

八代 市 人口

com』で提供する地域情報コンテンツは、「すでにお住まいの人、これから新しく住民になる人に、地域を理解し、好きになってもらいたい」という趣旨で、調査・収集して提供されています。 弊社では全国の市区役所へ調査票を送付し、行政サービスや様々な地域データについて調査協力をいただいております。 項目によっては、市区ごとに未回答や非公表の場合があります。 また、調査後に制度や数値に変更・追加のあった場合は適宜修正を加えておりますが、最新性を保証するものではありません。 最新の情報につきましては、各市区役所まで直接お問い合わせの上ご確認ください。 数値情報である統計データは対象の市町村分を合算して集計していますが、条例など旧自治体制度の移行期間により、詳細な情報を掲載できないケースもあります。 合併に伴う制度の変更や条例の改正については、適宜修正を行ってまいりたいと考えておりますが、スケジュールに関しましては未定でございます。 なお、世帯数は一般世帯数とする。 国内の人口や世帯の実態を明らかにし、国及び地方公共団体の各種行政施策の基礎資料を提供する役割を担っている。 10年ごとに大規模調査(22項目)、その中間年に簡易調査(17項目)が実施されている。 福島県においては市区町村別の人口推計を実施していないため、福島県13市についてはデータ未掲載。 就業率(女)とは15歳以上の人口における女性就業者の割合。 当サイトでは、出生時から居住している人口の割合を「居住期間(出生時から居住)」、20年以上居住している人口の割合を「居住期間(20年以上居住)」として掲載している。 総人口 127,472 人 人口増減率(2010年/2015年) 96. 4 % 人口増減率(2005年/2010年) 96. 6 % 人口増減率(2000年/2005年) 97. 3 % 人口(男) 59,221 人 人口(女) 68,251 人 人口性比(男/女) 86. 8 % 世帯数 47,972 世帯 昼間人口 127,267 人 将来推計人口指数 2045年 72. 2 就業率 53. 56 % 就業率 女 47. 23 % 居住期間 出生時から居住 16. 21 % 居住期間 20年以上居住 34. 15 % 生産年齢人口率(15~64歳) 54. 83 % 高齢人口率(65歳以上) 33. 02 % 子ども女性比 0. 21 人口1000人当たりの人口増減数 -7. 97 人 外国人人口数 2,401 人 転入者数 4,171 人 転入率(人口1000人当たり) 32. 59 人 転出者数 3,885 人 転出率(人口1000人当たり) 30. 35 人 出生数 878 人 出生率(人口1000人当たり) 6. 86 人 死亡数 1,791 人 死亡率(人口1000人当たり) 13. 99 人 婚姻件数 451 件 婚姻率(人口1000人当たり) 3. 52 件 離婚件数 215 件 離婚率(人口1000人当たり) 1. なお、北方地方(歯舞群島、色丹島、国後島及び択捉島)及び竹島(島根県)を除いた地域の面積を使用している。 可住地面積とは、総面積から林野面積および湖沼面積を引いた、人が住み得る土地の面積を指す。 なお、林野面積とは、森林面積と森林以外の草生地面積の合計。 主要湖沼とは、面積1km 2以上の湖沼で、かつ、人造湖以外の湖沼で、埋め立て、干拓等によって陸地化した区域を差し引いたもの。 当サイトでは、この単位面積を林野や湖沼を除いた可住地面積として算出している。 総面積 681. 36 km 2 可住地面積 182. 1人当たり公共事業費とは、道路、学校、公園などの公共施設の建設や用地取得などの投資的経費である普通建設事業費の住民1人当たりの額。 人件費比率とは歳出に占める人件費の割合。 0を上回る自治体には地方交付税交付金が支給されない。 実質公債費比率とは、自治体の債務の今年の返済額の大きさを示し、過去3年の平均を使用。 25%以上だと、健全化が必要な市町村とされる。 将来負担比率とは、債務が財政規模(自治体が自由に使えるお金)の何倍かを示す指標で、将来負担の見込みを表す。 350%以上で健全化が必要な市町村とされる。 なお、充当可能財源等が将来負担額を上回っている自治体については、0. 0を表示している。 経常収支比率とは、自治体が自由に使える収入のうち、どの程度の割合を義務的に使わなければならないかを示す。 95%以上だと要注意。 50 実質公債費比率 10. 1 % 将来負担比率 91. 3 % 経常収支比率 93. 6 % 地方交付税依存度 23. 1 % 人口1人当りの公共事業費 115 千円 人件費比率 12. 7 % 市区職員総数 987 人 市区職員総数 人口1000人当たり 7. 71 人 ラスパイレス指数 97. 4 一般行政職員平均給料(月額) 324,300 円 市区長の給料(月額) 925,000 円.

次の

八代市

八代 市 人口

トピックス一覧• どんな所が魅力?熊本県とは 熊本県は九州地方の中央部に位置し、東西に143キロメートル、南北に127キロメートルの距離があります。 面積は約7,405平方キロメートルで、全国の都道府県で15位の広さです。 人口は約179万4,200人です。 県の北部は福岡県、東部は大分県と宮崎県、南部は鹿児島県と接しており、西武は有明海と八代海に面しています。 県内を見ると、平野が広がる北西部には県都の熊本市があり、人口面でも産業面でも県の中心的な地域です。 九州山地が横たわる東部には、阿蘇山などの自然が広がっています。 西部には宇土半島があり、そこから天草諸島へと続いています。 また、この付近はリアス式海岸としても知られている地域です。 県内は県北・県央・県南の3つに分けられ、そこから11の地域に区分されています。 また、県内には14市23町8村の合計45の自治体があります。 気候は太平洋側気候に属しており、全般的に温暖です。 しかし、北西部や南部にある盆地の影響もあり、冬と夏では寒暖の差が激しく、冬場には緯度の割に寒いことで知られています。 熊本県の魅力といえば大自然! 熊本県には、国立公園と国定公園がそれぞれ2カ所ずつ、県立自然公園は7カ所あります。 世界最大級のカルデラを持つ雄大な阿蘇山と九重火山群から成る「阿蘇くじゅう国立公園」は、そのなかでも最も面積が大きな公園です。 阿蘇山のほかには、菊池渓谷や白川水源も観光スポットとして知られ、ともに名水100選に選ばれています。 そして、熊本県には天草諸島など、有人島18を含めて178の島が存在します。 そのなかで最も大きな島は「天草下島」で、面積は約574平方メートルあり、その大きさは全国で6位です。 天草は、戦国時代にキリシタン大名である小西行長の領地になったこともあり、長崎にも近いことからキリシタンの数も多く、かつては「キリシタンの島」として知られていました。 その当時の建造物も残り、雰囲気を味わうことができます。 また、この近辺はイルカウォッチングを楽しめることでも知られています。 また、県内には54カ所の温泉地があり、古湯も多くあります。 なかでも人気を集めているのが「黒川温泉」です。 江戸中期に開湯されたこの温泉は、標高が1,787メートルある久住山西麓の谷間に沸いています。 田の原川沿いに風情あるたたずまいの旅館が点在し、温泉手形や自然を取り入れた露天風呂や洞窟風呂などが特徴になっています。 熊本県八代市ってどんな所? 熊本県八代市は、県の南部に位置しており、人口は県都熊本市に次いで2番目に多い都市です。 熊本県八代市の花は桜、市の木は「晩白柚(ばんぺいゆ)」、市の鳥はかわせみが制定されています。 なかでも晩白柚は日本最大の柑橘類として知られ、この地方が唯一の産地で、市の特産品になっています。 そのほか、柚子やトマトも市で生産に力を入れている名産品です。 観光地としては、せんだん轟の滝や梅の木轟公園吊橋・樅木の吊橋などが、自然を生かした名所として知られます。 そのほか、松浜軒や五家荘・八代城跡も人気の名所です。 子ども連れや家族での行楽、デートのほか、夏場の避暑地として人気のスポットが豊富です。 また、毎年11月には八代神社で「妙見祭」がおこなわれます。 この祭りは、長崎くんち・博多祇園山笠と並ぶ九州三大祭です。 そして、秋には「やつしろ全国花火競技大会」もおこなわれ、毎年数十万人の観光客が集まります。 八代市内には、保育園や幼稚園が58カ所程度あります。 ほとんどが沿岸の平野部に位置していますが、山間部にも数カ所あります。 また、24の小学校と2つの分校があり、中学校は市立中学校が15校、県立中学校が1校です。 土地の価格は2004年にピークを迎えましたが、人口の減少と共に緩やかに減少傾向となっています。 熊本県八代市に住むメリットとは 八代市は、河口のある球磨川をはじめ、山や高原など、自然の多い地域です。 10万人を超える人口を持ちながら、その広い面積には景勝地も多くあります。 そのため、リラックスの場を求めて苦労することはないでしょう。 物価の面でも比較的安く、特産品も多くあって食糧も豊富です。 ほかの都市部に比べて生活費を安く抑えることが可能で、その分だけ余暇を楽しむなどの使い方ができます。 また、町も静かで過ごしやすく、近隣住民との交流も程良くされています。 交通渋滞も、一部の市街地を除いては無縁であり、車での移動にもストレスはかかりません。 車で遠出をする際にも、九州自動車道では八代インター、南九州西回り自動車道では八代南インターと日奈久インターがあり、便利に移動できます。 また、鉄道はJRの九州新幹線・鹿児島本線・肥薩線、肥薩おれんじ鉄道線が通っています。 新八代駅・八代駅の周辺は特に便利な地域で、市内では利用頻度の高い駅です。 八代市の自然の多さは、子育てにも良い影響を与えてくれます。 自然を活かした公園も各所にあり、子どもが自然と触れ合いながら成長する場を作り出しています。 また、静かな環境の中にある住宅地では、周囲から声をかけてもらえることも多いので、安心して子育てができる地域と言えるでしょう。 お店が少ないかも!熊本県八代市に住むデメリット 八代市には、商店街と商業施設が2つずつあります。 しかし、商業施設はともに沿岸部にあるため、市街地の限られた人以外にとっては利用しづらくなっています。 日頃買い物をする場所が少ない点は、日常生活において不便を感じることもあるでしょう。 また、街灯が少ない点も指摘されています。 大通りから道路を1本入ると、日没以降には子どもを1人で歩かせられないという声もあります。 安全面だけでなく、防犯面からも、今後の対策が待たれるところです。 コンビニなどの少なさも、不便を感じる点として挙げられます。 沿岸部の市街地を除き、その数はかなり少ない状況です。 ちょっとした買い出しなどにも車で、しかもそれなりの所要時間を必要とする地域も多くあります。 秋におこなわれる「やつしろ全国花火競技大会」は八代市の大きな観光イベントです。 多くの見物客が訪れますが、近隣住民から見ると、当日の渋滞や周辺の混雑は早めに予想をし、対策をしておく必要性が生まれます。 熊本県八代市に移住するなら!住宅について考えよう 熊本県八代市では、豊かな自然に囲まれながら、静かに暮らすことができます。 住みやすさを考えた際に、かなり魅力的な条件と言えるでしょう。 さらに、八代市は移住支援もおこなっているため、移住や定住をする際にも安心です。 もしも移住を考えるのであれば、住む家についても考えておかなければいけません。 まずは一軒家か集合住宅の選択で迷うところですが、八代市であれば、比較的低価格で一軒家に住むことも可能です。 そして、その一軒家のなかでも、自分の思い描いた理想の家に住むことができる注文住宅をおすすめします。 注文住宅は、自由に設計することができます。 その反面、利便性について考えずに設計して、住み始めてから後悔するのではないかという不安の声もあります。 しかし、事前にポイントを押さえておけば、その心配もいりません。 八代市の魅力にあふれる環境のなかで、理想の我が家を手に入れることができれば、きっと将来に渡ってすてきな生活を送ることができるでしょう。

次の