ポケモン剣盾 おいかぜ。 【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

【剣盾S4】おいかぜエルギャラ【最終日最高4位・最終198位】

ポケモン剣盾 おいかぜ

【ポケモン剣盾】オンバーンの育成論と対策【すべてお見通しのダイジェッター】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はオンバーンの育成論と対策を考えていきたいと思います。 オンバーンはドラゴンタイプでかっこいいポケモンなのでそこそこ人気のポケモンですがあまりランクバトルでは見かけません。 本当にランクバトルに耐えられない強さなのか?どんな特徴を持っているのか見てみましょう。 オンバーンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【オンバーンの特徴1】特性:おみとおし オンバーンといえばおみとおしだと思っているトレーナーは多いでしょう。 相手の持っている道具がわかるので、不意を突かれて負けることが防げるランクバトル用の特性です。 例えばナットレイ対面になったときに、食べ残しではなくオッカのみやきあいのタスキを持っていることがわかればジャイロボールで返り討ちにあうのを防げますし、ドラパルトやトゲキッス対面では弱点保険型だったときに弱点を発動させない、弱点保険でなければ弱点をつけるということがわかります。 トップメタのポケモンはかなり多くの型があり何をしてくるかわからないというのが強さの1つになっていますが、オンバーンならすべてお見通しです。 特性をお見通せるサーナイトと組むのも面白いかもしれませんね。 (サーナイトはドラゴン無効ですし) ちなみにもう1つの特性はすりぬけとなっていてリフレクターなどの壁やみがわりを貫通して攻撃することができます。 ただ、こちらはドラパルトも同じ特性をもち、ステータスがドラパルトの方が高いため下位互換とみなされやすいです。 そもそもばくおんぱという高火力みがわり貫通音技を覚えるので、みがわり対策はこれが使われます。 夢特性のテレパシーはダブルバトル用ですね。 【オンバーンの特徴2】高い素早さと中火力特殊アタッカー オンバーンはS123族というインテレオンやエースバーンを抜く速さを持っています。 ただ、S142族のドラパルトの方が速いため後手に回りやすいのがあまり使われない理由でしょう。 火力も攻撃・特攻ともにドラパルトより低く、こちらも負けています。 ただ、実は耐久に関しては防御特防ともに種族値80,HP85となっていてドラパルトの防御特防種族値75、HP種族値88よりほんのわずかに高くなっています。 【オンバーンの特徴3】タイプ一致ダイジェット ステータスでドラパルトに負けているオンバーンを使う理由の1つはタイプ一致ダイジェットをうてるドラゴンタイプということでしょう。 ドラパルトは高火力飛行技をうてませんが、オンバーンはぼうふうによる威力140のダイジェットをタイプ一致(威力1. 5倍)でうつことができます。 【オンバーンの特徴4】意外と覚える回復技はねやすめ オンバーンははねやすめを覚えるので高速回復が可能です。 【オンバーンの特徴5】いかりのまえば オンバーンはランクバトルであまり見かけないいかりのまえばを覚えます。 オンバーンの特性お見通しとシナジーがいい技ですね。 【オンバーンの特徴6】おいかぜ ドラゴンとしては珍しいおいかぜも覚えます。 エルフーンが使うことで有名ですが、4ターン(実質3ターン)味方の素早さを2倍にできます。 オンバーンの育成論と戦い方 オンバーンは主にお見通しを活かした先発要員として使われやすいです。 お見通しで相手の展開を読みつつ、その後はダイジェットするアタッカー型とサポート型でわかれます。 【オンバーンの育成論】ダイジェットオンバーン• 特性:おみとおし• 個体値:A抜け5V• もちもの:こだわりメガネ(弱点保険・ヤチェのみ・鋭いくちばし・いのちのたま)• 5体以上持っていくのが目標のオンバーンです。 持ち物によって立ち回りが多少変わりますが、基本は初手に出して相手の持ち物もおみとおししつつ、有利対面なら初手ダイマックスであらしていきます。 相手の持ち物をみて初手ダイマックスがまずい場合は後続(オンバーンの弱点である氷半減の厚い脂肪カビゴンや、ドラゴン無効のフェアリータイプ、その他クッションなど)に交代して後半にダイマックスを狙いましょう。 ドラパルトと違うのは相手の持ち物がわかるところで、どうしても運に頼ることになる読みの要素を減らして確実な勝ち筋を模索していけます。 (ここまでで1. 5体以上削れているのが目標) 切り返しダイマックスも生き残ったら最大火力のりゅうせいぐんをうったあとにやられて退場ですね。 (ここまでで1. 9体以上削れるときに選出したい。 ダイジェットによりSが上昇しているので、ダイマックスが切れたら上からダイマックス火力以上のりゅうせいぐんをぶっ放して2体以上もっていけることも。 ただしこの場合ダイマックス後まで生きていることが前提 相手がギャラドスより遅いポケモンしかいないときはダイマックスせずそのままつかうこともできて個人的にイチオシ(命の珠はミミッキュに持たせることが多いですが、オンバーンに持たせられる場合はダイマックス性能が上がるのでその方がいいです。 初心者でも使いやすい攻撃よりのもちもの。 初心者でも使いやすい防御よりのもちもの。 オンバーンはわるだくみを覚えず火力が心もとないため、ダイマックス時の火力不足を感じるときはこちら。 オンバーンで1. 5体倒し、後続のポケモンで相手の2体目を上から殴って倒せば相手の3体目をHP満タンの2対1で数的有利を取りつつ戦えます。 なお、爆音波・悪の波動は火炎放射+ソーラービームにするのもありです。 ダイバーンで炎火力UP+ソーラービーム1ターンがうてるのと技範囲が広がるので、2ターン目のダイマックス技でしっかり1体目を突破できる可能性が上がります。 やや型が違いますがダイマックスオンバーンを紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 オンバーンの対策 特防の高いポケモンを出すのがいいでしょう オンバーンは基本的には特殊アタッカーなのでトゲキッスやカビゴンなど特防が高いポケモンを出せばダイジェットによってSが上昇したとしてもオンバーンの攻撃を耐えて下から殴りつつ倒すことができます。 もちものはお見通しで筒抜けなので意表を突くポケモンは出せないと考えたほうがいいでしょう。 意表を突くことに主軸をおいたポケモンを出すと、オンバーン対面してしまったときにプランが崩壊してしまうので選出を控えるのがいいでしょう。 相手にオンバーンがいるときはもちものがバレていても勝てる戦術をメインにして選出を考えましょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】オンバーンの育成論と対策【すべてお見通しのダイジェッター】 いかがでしたでしょうか。 ドラパルトの存在によりランクバトルではあまり見かけないオンバーンですが、お見通しという出すだけでアドが取れる特性があるのと、夢特性ではないので初心者でも厳選が楽なポケモンだと思います。 ぜひ育てて使ってみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

ポケモン剣盾 おいかぜ

ただし、エルフーンが有利なポケモン サザンドラなど には、ムーンフォースなどで倒しに行くことも可能。 自主退場技や交代技で追い風ターンを節約 中には、エルフーンのおいかぜターンを枯らしにくる相手もいる。 おきみやげの死に出しから後続のエースに繋いだり、対面のポケモンに対して後続で受けができるなら、とんぼがえりで繋げられる。 Sが足りない攻撃役のサポート役として! エルフーンのサポート性能はかなり高いため、すばやさが足りないアタッカーのサポートとして使える。 少しすばやさが足りないなどのポケモンであれば、追い風で多くのポケモンを抜けるようになる。 やどりぎのHP吸収+たべのこしの回復でみがわり分のHPを確保しながら、相手のポケモンを削っていこう。 初手やどりぎ・次ターンは身代わり 初手にやどりぎを使い、次のターンで身代わりを使う。 2ターン目で交代してきてもみがわりを残せるため、やどりぎのタネを入れる隙ができる。 おくびょうの調整はサザンドラ意識 S116は最速サザンドラより1早い調整。 Hは極振りにして、余った努力値は防御に全振りしている。 コットンガードを積むなら特防を厚めにしておいても良いだろう。 害悪やどみが型エルフーンの対策 やどみが型の対策方法• 「そうしょく」のヌメルゴンを使う 特性の「そうしょく」は草タイプの技を完封することが可能。 エルフーンのやどりぎのタネを無効にできるため、対策として使っても良い。 持ち物はとつげきチョッキ推奨 特性でやどりぎを無効にしても、ムーンフォースで弱点を突かれてしまう。 基の耐久の高さ+とつげきチョッキでムーンフォースのダメージを軽減しつつ、返しのどく技で倒してしまおう。 草タイプのポケモンを使う 草タイプのポケモン使えば、やどりぎのタネを無効にできる。 やどりぎのタネを封じたとしてもムーンフォースがあるため、草タイプ持ちでフェアリー技を半減できるポケモンがおすすめ。 害悪型の対策おすすめポケモン ポケモン 立ち回り ・やどりぎを無効化できる ・ムーンフォースも半減 ・ジャイロボールで弱点を突ける ・やどりぎを無効化できる ・ムーンフォースも半減 ・毒技で4倍弱点を突ける ・やどりぎを無効化できる ・ムーンフォースも半減 ・毒技で4倍弱点を突ける すりぬけでみがわりを貫通する エルフーンのみがわりを貫通できる特性「すりぬけ」を使って倒し切るのもオススメ。 特に、 シャンデラであれば高い火力+すりぬけでみがわりを貫通して相手のエルフーンを倒せる。 マジックミラーでやどりぎ対策 特性「マジックミラー」であれば、やどりぎのタネを跳ね返せるので対策が可能。 やどりぎを入れないと、やどみが型のエルフーンが機能するのは難しいためオススメの対策だ。

次の

【ポケモン剣盾】エルフーンの育成論と対策ポケモン

ポケモン剣盾 おいかぜ

【はじめに】 S7お疲れさまでした!今期はエースバーンの隠れ特性:リベロが解禁され環境が大きく変化したシーズンでしたね。 わたしの今期の最終順位は、サブロムのBakerが266位 1993 、メインロムのアンダーソンが706位 1905 と、両ロム3桁の結果となりました。 個人的には悔しかったですが、割と適正な順位と思っています。 自分でも使い方が難しかった笑 何かの参考になれば幸いです、ゆっくり見ていただくと嬉しいです! 追記: 実践編として、S7構築用動画を作りましたので記事を見る際にでも参考になれば幸いです。 サイクル展開にしたい為、とんぼがえり採用からスタート。 元々ドラパルト以外であれば高い素早さで抜けるので火力重視のこだわりハチマキを採用。 かえんボールは、優秀な炎技なので確定。 相手のダイジェットによる抜き性能に対応できるふいうちも確定。 他は選択。 2, エース枠にじしんかじょうギャラドス、そのサポートが抜群なエルフーンを同時採用 今期のエース枠はいかくギャラドスの流行りを利用して、じしんかじょうギャラドスを使用することを決めていた。 この構築は相手から見て、持ち物判別がつきにくいように仕組んでいる。 一番ギャラドスを活躍させられるサポートを探した結果、エルフーンのおいかぜとがむしゃらだった。 一番力を入れたのがエルフーンの努力値調整で、HB寄りおよびSをサザンドラ抜き調整にしている。 ミミッキュ意識も 通常のおいかぜサポートは、CS振りなどが主流だが、耐久に振ることで、みがわりをした際に、がむしゃらが一見無いように動かしている。 耐久振りはやどりぎの種+みがわりコンボが有名どころ。 この錯覚のおかげでみがわりをすればほとんどダイマをしてこないので、がむしゃらが通りやすかった。 3, 詰め枠のゴーストダイブミミッキュ採用 おいかぜエルフ+ギャラドス展開をすると相手より先にダイマックスを消費してしまうので、その遅れを取り戻せるポケモンで対面性能が高いのはやはりミミッキュ。 はじめは、チイラのみ+みがわりのクッションで使用していたが、最後の詰めに甘く火力負けが多かったので、のろいのおふだミミッキュに落ち着いた。 ゴーストダイブがダイマを切るおよびラプラスの壁ターン消費に大事だった。 4, エースバーンとのサイクル相性補完枠にサザンドラ ドラパルトを上から牽制でき、火力が高いポケモン、エースバーンとのサイクル相性の良さを考えた結果、スカーフサザンドラに行き着いた。 元々ミミッキュの枠を、ギルガルドにし、サザンガルドの有名サイクルで崩そうと実行したが、天敵エースバーンに適応しきれず、ミミッキュの採用へと流れた。 ただサザンドラは、ロトム系統に強いのが採用価値有。 5, 今期のカバギャラ対策として、S5最終20位時に活躍したヒートロトムを採用 今期はグラススライダーゴリランダーも流行り、ゴリランダーxドヒドイデの並びに対応でき、カバギャラにも牽制できるラムのみ最速ヒトムが安定していた。 しかし、エースバーン、ドラパルトがきついのでエルフ+ギャラドスのサポートが必要。 選出率はS5に比べたら、かなり低かった。 これもやはりエースバーンの影響。 エースバーンめ... サイクル用に作った技構成が肝。 この構築の軸がエルフ+ギャラなので、基本的にラスト選出。 相手のダイマが残る確率が高いことを想定し、素早さが勝っていれば最後にダイマより火力が出る、鉢巻補整ギガインパクトを打ち込める。 初手に選出し、ダイマを切らないといけない場合 リザードンやトゲキッス は素早さ関係が大切。 かえんボールは優秀な高火力炎技なので確定。 ふいうちはラスト場面で素早さが負けている場合に切り返せるため、必要だった。 とんぼがえりを一度見せてしまったことで、こだわりを意識され、ラストにふいうちが通らなかったりした点は課題だった。 選出率高め。 一番の選出率、ほぼ毎回選出笑。 基本的に初手展開し、がむしゃらまたはおいかぜでギャラドスのサポートをこなす子。 きあいのタスキの理由は確実に仕事をこなすため必要だった。 耐久振りにした理由は、がむしゃらが読まれないようにするため。 みがわりは、ダイマを切らすこともできるので非常に使いやすく、がむしゃらとのシナジーもあったので欠かせない。 ほんとにS7で欠かせない存在になってしまった。 ありがとう。 エルフーンとセットで選出率が圧倒的に高いポケモン。 エルフーンが襷つぶしおよびおいかぜでサポートしてくれてるので、ギャラドスのじしんかじょうとシナジー抜群。 ダイマするかどうかは相手の選出次第。 ミミッキュを倒してさえいれば、裏のポケモンにとびはねるなどでダメージを与え、後続のミミッキュまたはエースバーンにつなげることができるのでアイアンヘッド採用は勝つために必要だった。 ピクシー入りにも活躍ができた。 じしんを採用した理由は、ドヒドイデ意識。 ドヒドイデ入りには、ヒトムを採用するのだが、ヒトムがきついドラパルトおよびエースバーンがいるのでギャラドスからの打点も不可欠だった。 相手の選出にドラパミミ以外にフェアリーがいない状況は初手に繰り出した。 ミミッキュが初手に来たとしても、とんぼがえりがあるのでサイクル展開しやすくしている。 だいもんじは、相手のスカーフヒヒダルマに勝てるので採用。 エルフギャラで詰めれないところにゴーストダイブミミッキュが一番有効だった。 この枠はいろいろ試している。 耐久振りゴーストダイブドラパルトや、チイラのみミミッキュ、アッキのみミミッキュの型を試したが一番有用だったのが上記だったため採用。 ラスト場面がエースバーンだとどうしても勝てないのが難点。 それ以外であれば比較的勝てる。 ただ最終日は、ラストにエースバーンが多かったので、最終日の選出は控えめだった。 じゃれつくは、ダイフェアリーの恩恵が大事+ドラパルトやパッチラゴンに対応できるため確定。 読みがあたれば、このポケモンで3タテもよくあった。 しかし、エースバーンの登場でS5に比べたら選出率が激減。 もしかしたら今期はほかのポケモンで対応したほうが無難だったかもしれない。 上記メタに初手くりだし、エースバーンが初手だったときはほぼ負けていたので、その点が難しい。 【構築の難】 てんねんアッキのみピクシー ギャラドスで詰めれないので厳しい ピクシードヒドドラパ 確実に勝てない泣 ウインディニンフ かなりきつかった サニーゴ ヒトムにあくのはどうがないので、基本的にきつい 【おわりに】 最後まで見ていただいてありがとうございました!そしてシーズン7お疲れさまでした。 最終の順位やレンタルパのIDはTwitterの アンダーソン awesome211016 で公開しているので覗きにきてください!フォローもいただいたら嬉しい限りです。 最終日の感想ですが、3桁前半までは結構いけても、勝ちきれないことが多かったので構築の見直しが必要でした。 悔しい戦いの記憶が後を絶ちませんが笑、来期は環境が大幅に変わるので対応できるように頑張りたいです。 以上です。 ありがとうございました。 anderson21.

次の