魔法防御 プリコネ。 プリコネの現在の人権キャラ達。復刻求む。

【プリコネR】最強キャラランキング/役割別でおすすめのキャラを徹底解説!【プリンセスコネクト】

魔法防御 プリコネ

誘惑状態になると味方同士で攻撃しあいダメージ負う上に、ボスにダメージを与えられない。 魔法バリア持ちを編成して誘惑はなるべく防ごう。 後列キャラを1枠編成することで被害を減らせる。 なるべく前方範囲攻撃の誘惑を防ぐ 前方範囲の誘惑には吹き飛ばし効果があり、防げないと中衛の奥側付近まで飛ばされる。 この 吹き飛ばしを受けると後からくる後衛誘惑を受けやすくなるので、なるべく前方範囲の誘惑を防ごう。 火力で押せるなら押す ボスは物理防御力が低め ボスの物理防御力が低く、サブデバッファーを複数編成すれば下限まで到達できる。 誘惑頻度が多くバリアによる耐久が安定しない場合は、誘惑対策を少し緩めて火力でゴリ押しするのもおすすめ。 90 HP:90万 【必殺技】 ・ユニオンバーストは、敵全体に浮気星が保持していた【ふた心】の数に応じた魔法割合ダメージを与える。 ダメージを与えたあと、浮気星が保持している【ふた心】の数は0になる。 ・敵全体にキャラの最大HPに応じた魔法割合ダメージを与える。 ・一番うしろの敵キャラを中心として、一定範囲に魔法ダメージを与える。 さらに誘惑状態にして、物理攻撃力と魔法攻撃力をアップさせる。 このスキルでダメージを与えた敵キャラの数だけ、浮気星に一定時間【ふた心】を追加する ・前方範囲内の敵キャラに魔法ダメージを与える。 さらに誘惑状態にして、物理攻撃力と魔法攻撃力をアップさせる。 このスキルでダメージを与えた敵キャラの数だけ、浮気星に一定時間【ふた心】を追加する ボス戦用リンク集.

次の

ジュン(プリコネ) (じゅん)とは【ピクシブ百科事典】

魔法防御 プリコネ

「ぼくのことは敬意と親を込めて、ユニと呼んでくれたまえよ」 概要 「女学院」の高等部3年生の。 と年齢の割には非常に小柄であり、一見するとのようだが、試験に席合格した開校以来の才媛と呼ばれるほど成績優秀であり、学院から名誉のが与えられ授業も免除されている。 普段は学院の旧校舎棟にひきこもって論文執筆をしている。 に在籍しているが、というわけではなく、山で世捨て人の老達と蔵書を親代わりに育った。 そのため普段は弁と称して小難しいしゃべり方をするが、言葉やなどを混入させたり、年相応にに憧れたりと、感性まで老けているわけではない。 しかし、多くのから「住むが違う」と思われてを置かれており、本人も学院の外れに引きこもっていることもあり、友人にない日々を過ごしていた。 の中、で動けなくっているところをと出会い、もらったことをきっかけにとの交流が始まる。 その後、自身の研究を手伝わせたり与太話をするうちに初のとなった。 の、と共に、奨学受給を勝ち取るという打算的な的のために を結成し、となる。 を置くどころか、遠慮すらない達とはなんだかんだ相性が良く、3人は名前通りの三人組となり、も奨学を勝ち取るため、を探している。 この項は、成分を多く含んでいます。 ここから下はで突っ走ってください。 『あっち』での本名は「真行寺由仁」(しんぎょうじ )。 ユニとは異なり、ではなく弁も使わず、のある分野では饒舌だが基本は内気なとなっている。 一方で妙にな所は変わっておらず、初対面のに祖の著書の方を説明する際に、当たり前のように相席し、後日飲食店で偶然再開際にもに相席するなど内気な割に感が近い。 また、を誘うためにのなかったの話を持ち出したりもした()。 ユニとは別の可さを持ち、多くのくんをさせることとなった。 そんなランドソルスナギツネのような目で人間を見るんじゃあないよ• ユニットとしての能力 説明 【】後衛で、味方のに特化した牙のの才媛。 自身の攻撃は低いが、攻撃の高い味方を強化し更に味方全体を効バで護りつつへ導く。 後衛・ 「認識と発展性の」 味方全体の攻撃を特大させ、を大させる。 1 「傑生成概論」 最も攻撃が高い味方1の攻撃とを大させ、さらにTPを小回復させるが、自分の防御と防御を小させる。 2 「緩衝因子探」 味方全体にTP回復状態を付与し、効バを展開するが自分の攻撃を大させる。 「碩学の教え」 開始時に自分の防御を中させる。 自身の防御や攻撃を犠牲にして味方の攻撃強化、TP供給、効バ付与を行う特化要員。 アタッである達との相性は良い。 ちなみに、持ち歩いている戦は「、酔狂、転写映え20から成る全ハッタリ武装」であり、の際には床に放り出し演出終了後に拾っている。 関連動画 関連静画 関連立体 関連商品 関連項目• (短期編入してきた)• (名誉隊員にしてもらった)• (ままぁ )• (カに……あ、これレコだった)•

次の

ユカリ(プリコネ) (ゆかり)とは【ピクシブ百科事典】

魔法防御 プリコネ

クランバトル向け魔法パーティ編成 魔法パーティ編成例1 編成難易度低め 後衛 後衛 後衛 後衛 中衛 耐久力の高いアカリを先頭に配置 アカリは、魔法キャラの中では耐久面のステータスが高くタンクとして使いやすい。 イリヤやアンナなどが先頭配置できない相手の場合はアカリを編成しよう。 魔法パーティ編成例2 正月キャル入り 後衛 後衛 後衛 中衛 中衛 正月キャルのUBを連発させる編成 ユカリやルナのTP支援で正月キャルのUBを連発させる編成。 編成にはいくつかパターンがあるが、基本的には 防御下限を狙えるデバフキャラとTP支援キャラを正月キャルと組ませていく。 ボス次第でどのTP支援持ちも編成される可能性がある TP支援は付与する対象や効果量などがキャラごとに違う。 ボス次第ではクランバトルの適正が低いTP支援持ちも編成される。 キャル編成を組む場合はすべてのTP支援持ちの育成をなるべく進めておきたい。 基本的に通常キョウカ、水着キャル、ネネカは固定で、残り1キャラが自由枠。 UB回転率を伸ばせるルナ、クリチカ、アンが候補になりやすい。 コッコロは高耐久かつ優秀なバフ+回復を付与できるため、かなり適性が高いサポーターだ。 高スコアを狙うためにもコッコロの才能開花を済ませておきたい。 魔法パーティ編成例5 水着サレン 後衛 後衛 後衛 後衛 中衛 持ち越し時間がでる場合にオススメ 水着サレンは開幕のTP回復で、味方全体のUBの初動をグッと上げられるのが強み。 特に「討伐時間を持ち越す戦闘」で優秀で、持ち越しによるスコアの低下を改善できる。 防御力は一定まで下がるとそれ以降下がることはないので、必要以上にデバフキャラを入れないよう注意しよう。 Point! 防御下限に到達したかの判断は、アタッカーのダメージ量で確認するとよいです。 どの敵も防御下限時には与えるダメージは同じになります。 残りの枠にアタッカーを編成 単体火力の出せるキャラを優先に! 必要なデバフキャラを決めたら、残りの枠にアタッカーを編成しよう。 Point! クリスマスチカの妖精に攻撃を受けさせるなども有効です。 ボスの攻撃にあわせて、どのキャラで対策すべきか判断できるとベター。 敵の状態異常が強力な場合 敵の行動阻害などで攻撃頻度が落ち、スコアが下げってしまう場合がある。 その場合はデバフキャラを増やしてみたり、バリアで攻撃を防げるキャラを編成するなどが対策として挙げられる。 Point! ボスのダメージスキルの追加効果で吹き飛ばしなどが発生することが多いですが、 バリアでダメージ部分を0にできれば、追加効果を無効化できる場合があります。 アタッカーがダメージを出せない場合 アタッカーも吹き飛ばしなどの行動阻害によって主力スキルをキャンセルされることがある。 敵の阻害攻撃の種類や範囲、攻撃対象などを調べ、 バリア持ちを入れたり並び順を調整するのが有効な場合が多い。 バリア付与可能なキャラ 5. 魔法パメタのボスである場合 魔法防御力がかなり高かったり、魔法キャラをメタる攻撃をするボスもいる。 物理パで挑むことが推奨されることもあるので、 どうしてもスコアが伸びない場合は魔法パでの挑戦を諦めるのも重要。 できた編成で立ち回りを詰めよう 高スコアを出せるUBタイミングを調べる 編成が完成したら、模擬戦を繰り返して高スコアを出せる立ちまわりを研究しよう。 防御デバフが入りきったときに攻撃UBを発動したり、スキルキャンセルを駆使して1回でも多くUBを打てないか検討しよう。 Point! 終了間際にTPが後少しで溜まりそうな状態で戦闘が終わった場合など、スキルキャンセルを使えばTPを溜め切れる場合があります。 できるだけネネカのUB後に攻撃UBを使おう ネネカは優秀なバフを展開するUBを使える。 最大火力を出すためにも、攻撃UBを持ったアタッカーは極力ネネカのUBの後に打つことを狙おう。 アンのバフとUBを噛み合わせるのも重要 アンを編成する場合はUBを英霊バフ中に発動しないと、追加効果の攻撃バフが付与されずパーティの火力が落ちてしまう。 UBタイミングを調整し、 多少TPが最大の状態が続いても英霊バフ中にUB発動するなども重要だ。 Point! 他のアタッカーのUBも、 アンの英霊バフからのUBを待ってから打つ方が高スコアを狙いやすくなります。 早くUBを打ちたいところをグッとこらえるのも大切です。 魔防の低いタンクがいる編成に有効だ。 ノゾミやモニカは自由枠 テンプレでは、スタンと行動速度バフスキルを持ち、相手の編成に依存せず活躍できるモニカを採用。 慣れてきたら モニカやノゾミなどは相手のパーティに合わせて調整しよう。 魔法パーティ編成例2 イリヤ編成 後衛 中衛 中衛 前衛 前衛 イリヤの範囲攻撃で突破する 強力な魔法アタッカーであるイリヤを軸とした編成。 イリヤは自身のHPを消費してスキル攻撃を行うため、 基本的に支援役が必須となる。 イリヤはUBで自身のHPを回復できるため、TP供給ができるサレンとかなり相性が良い。 クルミのスタン攻撃でクウカなどのタンクも魔法で突破しやすくできる。 魔法パーティ編成例4 物魔混合編成 後衛 中衛 中衛 前衛 前衛 水着ミフユの攻撃を受けずに戦える 編成例ではネネカが水着ミフユの範囲攻撃を受けずに戦える。 ネネカの本領を発揮しやすい上、突破に時間がかかりがちなクウカもリマたちのスタン攻撃で素早く倒しやすい。 魔法パーティ編成例5 カスミ編成1 後衛 後衛 後衛 後衛 前衛 カスミのスタンを最大限活かす編成 カスミのスタンスキルは、発生フレームが非常に早く敵の行動を潰しやすいのが長所。 リマと組み合わせて敵との距離を近くすることで、スタンを巻き込みやすくして、敵のやっかいな初手スキルなどを潰せる。 魔法キャラは組み合わせが重要 防衛には魔法キャラ対策が多め 現在の防衛には魔法に強いクウカや強力な範囲攻撃持ちが多いため、優秀な魔法キャラを持っていても簡単には活躍させてもらえない。 魔法キャラを活躍させるために、相性のよいキャラを覚えておこう。 魔法パでは強力なコンボが狙える 魔法キャラはカスミの防御デバフフィールドを活用するなどして、一気に火力を跳ね上げることを狙いやすい。 コンボ色が強いため、物理パよりもキャラとキャラの組み合わせが重要になりやすい。 Point! 以下に紹介する相性のよい組み合わせを覚えておけば、編成の一部を変えて臨機応変に戦うことができます。 ネネカ ネネカと相性のよい主なキャラと特徴 ・専用装備ありで物理バリアを付与できる ・範囲攻撃の対象を増やせる ・スタンスキルでクウカ突破の手助けも可能 ・パーティ全体のUB発動支援が可能 ・サレン自身のバフUBも優秀 ・最も近いキャラのUB発動支援が可能 ・隊列移動が起きない限り同じキャラにTP付与し続ける ・最もTPが少ないキャラのUB発動支援が可能 ・編成の工夫をしないと狙ったキャラのTPを回復できない ・魔防デバフフィールドが強力 ・妨害スキルも優秀 ・被弾を受けやすい点に注意 ・ユカリや水着サレンなどと組み合わせたい ・範囲魔防デバフスキルを持つ ・範囲魔法攻撃持ちと相性がよい 単体で編成しやすい魔法キャラ ここでは組み合わせやサポートがなくても活躍がしやすいキャラを紹介する。 物理パに1体入れて、ミヤコなどの物理耐性が高いキャラを突破する際などに適性が高いキャラとなっている。 魔法パを使う上で、所持している場合は優先的に編成したい。 魔法キャラの特徴 魔法防御力が低い敵に有効! プリコネRでは基本的に、物理攻撃のキャラは物理防御力が高く、魔法攻撃のキャラは魔法防御力が高い。 そのため、 物理攻撃をしてくる相手に魔法攻撃は有効。 Point! ただし、一部タンク役の中には物理、魔法どちらも高いキャラが存在するので注意。 魔法ダメージは紫色で表示される 物理攻撃のダメージは黄色、魔法攻撃のダメージは紫色で表記される。 ダメージの数値と色で、 相手がダメージを受けやすい攻撃を判断できる。 物理防御力が非常に高く物理ダメージがほぼ通らない「タートルタイラント」が出現してくるため、魔法キャラを育成する必要がでてくる。 メインクエスト7-8 7-8でも、物理攻撃のダメージをカットする「タートルタイラント」が出現。 ここでは、 遠距離攻撃をしてくる「ビッグル」という敵も出現し、対策しておかないと魔法キャラが倒されやすいので注意。 メインクエスト7-9 7-9では、 タートルタイラントと同様に物理防御力が非常に高い「動く剣士」が出現。 ハードクエスト6-3 出現モンスターの一覧には乗っていないが、物理ダメージをカットする「タートルタイラント」が出現する。 ボスや範囲攻撃の強力な雑魚敵など、 タートルタイラント以外にも強力な敵が多数出現する難所。 経験値クエスト 探索 経験値クエストのレベル2からそれ以降まで、物理防御力の高い敵キャラが出現。 後半のレベルになるほど敵のHPも高くなり、高い戦力が求められる。 魔法攻撃が有効な敵一覧.

次の