まちがいさがし歌詞意味。 菅田将暉『まちがいさがし』歌詞の意味を考察・解釈

菅田将暉「まちがいさがし」歌詞の意味を解釈!米津玄師が作詞で世界観がすごい!(パーフェクトワールド主題歌)

まちがいさがし歌詞意味

火曜ドラマ、パーフェクトワールド主題歌 となっている菅田将暉 すだまさき の 「まちがいさがし」について。 今回は「まちがいさがし」の歌詞の意味を 徹底的に考察し解説します。 歌詞から学ぶべきこととは 一体どんなことなのでしょう。 それでは、さっそく見ていきます。 ご参考まで。 菅田将暉「まちがいさがし」歌詞の意味を解説 私たちが生まれてくる この世界を 子供の頃によく遊んだ まちがいさがしに例えられています。 まちがいさがしには、 「正しい」と 「間違い」の世界がありますね。 そうではなく、 問題には関係のない、 カモフラージュに過ぎなかったかもしれない。 <深い春>は、 冬が明けて、 三寒四温を繰り返す、 不安定な春ではなく、 夏に近づき、 暑さではなく、 暖かさに包まれた季節。 そんな季節のように、 暖かく包み込むように、 二人一緒にいることが当たり前になって、 退屈だと思えるまでも長く、 共にいてほしいと願う。 菅田将暉「まちがいさがし」歌詞から学ぶべきこと なかなか、自分を認められない時 自分の全てを否定して、 認められず、 こんな両親の元に生まれたから、 こんな待遇で育ったから、 取り柄がないから、 色んなことに理由をつけて、 自分を哀れんだり、 正当化しようと誤魔化したりします。 しかし、 物事は全て、 見方次第。 厳しい両親元だったから、 苦しく自由は少なかったけど、 規律を守る人になれた。 苦しい待遇だったから、 強く生きるすべを身につけた。 取り柄がないと思ったから、 全てにハングリー精神を持てた。 そうやって、 苦しい世界は、 明るい世界になりうるのです。 新たな目線を自分に取り入れるのは そう簡単にできることではありません。 しかし、 1つ方法を学べば、 私たちは、 「間違い」の世界を 「正しい」世界にすることだってできるのです。 この曲とともに、 「正しい」世界へ一歩踏み出してみませんか? -Author by tomlenaJM- 関連記事.

次の

まちがいさがし (菅田将暉の曲)

まちがいさがし歌詞意味

菅田将暉のコメント 四畳半の個室で「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」と。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、僕は出会えて幸せです。 解釈 正しい方と間違っている方。 どちらかといったら間違っている方に生まれてきた気がしたけれど もし、正しい方で生まれていたら、相応しく笑い合えることや涙が溢れてやまない経験なんてできなかっただろうな。 相応しくとは似合っているということ。 他人より劣って生まれてきたと思っているこの曲の主人公。 でも、劣って生まれてきたからこそ、自然に笑いあえる仲間や、自然に涙を流し合える仲間ができたと最近気づいたようですね。 この歌詞はまさに米津玄師と菅田将暉を歌っているような歌詞となっていますね。 君の眼が貫いた 僕の胸をまっすぐ その日から 何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 退屈なくらいに 何気なく そばにいて 解釈 間違いだらけのこの人生の隙間でくだらない話をずっとしていたい。 正しく生きたいと願って、正しくはなれない寂しさから何を生み出したのだろうか? これからの人生一歩ずつ進んでいこう。 幼い頃の子供みたいに。 最初の部分は「くだらない話をずっとしていたい。 」という菅田将暉から米津玄師へのラブコールのように聞こえますね。 くだらない話をずっと続けるなんて、本当に好きな人同士でないとできませんから、この歌詞からは菅田将暉の米津玄師への深い愛がわかりますね。 「正しく生きたい」という願いはたいていの人が願うことですよね。 でも、完璧に正しく生きることが正解なのでしょうか? 不完全な部分があるからこそ人間味があるというものなのかもしれませんね。 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解か だなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡いもやの中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 解釈 指を重ね合わせて君の手が触れていた 間違いか正解かなんてどうでもよかった。 突然訪れた迷いの中で 君がいなきゃダメなんだとただ強く思った。 この部分は菅田将暉と米津玄師のことを歌った歌詞というよりは、ドラマ「パーフェクトワールド」での恋人同士のことを歌った歌詞のように感じますね。 前半部分は君(彼氏or彼女)と一緒にいられれば正しく生きようが間違いながら生きようがどっちでもいいというようなことを歌っています。 また、「瞬く間に落っこちた 淡いもや」とは、突然訪れた迷いといことを歌っているのでしょう。 君の眼が 貫いた 僕の胸をまっすぐ その日から何もかも変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて.

次の

菅田将暉×桐谷健太「浅草キッド」歌詞の意味を解釈!福山雅治もカバーした名曲。

まちがいさがし歌詞意味

火曜ドラマ、パーフェクトワールド主題歌 となっている菅田将暉 すだまさき の 「まちがいさがし」について。 今回は「まちがいさがし」の歌詞の意味を 徹底的に考察し解説します。 歌詞から学ぶべきこととは 一体どんなことなのでしょう。 それでは、さっそく見ていきます。 ご参考まで。 菅田将暉「まちがいさがし」歌詞の意味を解説 私たちが生まれてくる この世界を 子供の頃によく遊んだ まちがいさがしに例えられています。 まちがいさがしには、 「正しい」と 「間違い」の世界がありますね。 そうではなく、 問題には関係のない、 カモフラージュに過ぎなかったかもしれない。 <深い春>は、 冬が明けて、 三寒四温を繰り返す、 不安定な春ではなく、 夏に近づき、 暑さではなく、 暖かさに包まれた季節。 そんな季節のように、 暖かく包み込むように、 二人一緒にいることが当たり前になって、 退屈だと思えるまでも長く、 共にいてほしいと願う。 菅田将暉「まちがいさがし」歌詞から学ぶべきこと なかなか、自分を認められない時 自分の全てを否定して、 認められず、 こんな両親の元に生まれたから、 こんな待遇で育ったから、 取り柄がないから、 色んなことに理由をつけて、 自分を哀れんだり、 正当化しようと誤魔化したりします。 しかし、 物事は全て、 見方次第。 厳しい両親元だったから、 苦しく自由は少なかったけど、 規律を守る人になれた。 苦しい待遇だったから、 強く生きるすべを身につけた。 取り柄がないと思ったから、 全てにハングリー精神を持てた。 そうやって、 苦しい世界は、 明るい世界になりうるのです。 新たな目線を自分に取り入れるのは そう簡単にできることではありません。 しかし、 1つ方法を学べば、 私たちは、 「間違い」の世界を 「正しい」世界にすることだってできるのです。 この曲とともに、 「正しい」世界へ一歩踏み出してみませんか? -Author by tomlenaJM- 関連記事.

次の