差し控えさせて。 パーラーポパイ平田店

「させていただきました」の使い方・敬語の種類・別の敬語表現

差し控えさせて

ビジネスの場面でよく耳にする「~させていただきます」。 Webサイトの原稿を取りまとめているときもこのフレーズがよく登場します。 丁寧な印象を与えようと多用しがちですが、使い方を間違えると逆に相手に無礼な印象を与えてしまうこともあるようです。 Webサイトは多くのユーザーが目にします。 そんな中で使い方を間違えた日本語表記があると、せっかく良い内容のページでも会社としての信頼性が薄れてしまうかもしれません。 私も日ごろ何気なく使っている言葉が、実は間違った使い方をしているということがよくあります。 正しい日本語表現を使うためにも、自分への戒めも込めて今回はこの「~させていただきます」の表現にフォーカスを当てて意味合いを理解していこうと思います。 「~させていただきます」の意味 「~させていただきます」を国語辞典で調べてみると、 「~いただく」「~頂く」(謙譲語) 自分自身が行うことを、相手の許可を受けて行い、そのことで自分が恩恵を受けるという事実や感謝の気持ちがある場合に使われる。 というのが本来の正しい使い方のようです。 正しい「させていただきます」の使い方例 スケジュールを変更させていただきます 「許可してもらえるとありがたい」「変更したい」という気持ちが込められています。 僭越ながらごあいさつさせていただきます 聴衆の「許可を得てあいさつする」という意味が込められています。 間違った「~させていただきます」の使い方 間違った使い方は、いくつかのパターンに分けられます。 文法間違いパターン (誤)拝見させていただきました (正)拝見しました 「拝見」は謙譲語で、「~いただきます」も同じく謙譲語となるため「二重敬語」となり、文法上の間違いです。 「拝見いたします」も「いたします」が謙譲語のため、文法的には間違いです。 過剰丁寧パターン (誤)本日はお休みさせていただいております (正)本日は休暇をとっております 休んでいる事実を謙虚に伝えるだけなら、「させていただく」は必要ありません。 また、だれを立てているのかが分からないパターンでもあります。 無礼な印象パターン (誤)説明させていただきます (正)説明いたします 頼んでもいない上に許可も得ないで一方的に宣言されるという、強引な印象になってしまいます。 相手に対しての配慮や気配りが欠けているという具合に受け取られる可能性もあります。 クドい遠回しパターン (誤)本日中にお送りさせていただきますので、ご確認いただけますでしょうか (正)本日中にお送りいたしますので、ご確認ください 言葉にすると舌を噛んでしまいそうな遠回しの言い方です。 過剰な丁寧と二重敬語で、読んでいる側からするとクドすぎる印象を与えてしまいます。 こうなると、でたらめ丁寧表現の押し売りとなってしまいます。 問題となっている「させていただきます症候群」 最近では「させていただきます症候群」と呼ばれるくらい問題にもなっています。 とりあえず「~させていただく」と語尾に付けておけば、丁寧な感じで失礼にはならないという勝手な意識が働くため、何かと便利な言葉と勘違いされています。 世代に関係なくテレビなどメディアを通じて誤用が広まっているようです。 「させていただきます」が連発された文章を見てみると、「長い・回りくどい・読みにくい」の3拍子で結局何も伝わらない…という事になってしまいます。 読んでいる側にとってもあまりに連発されると、丁寧というよりは「イラっ」と不快感を与えることになってしまうので注意すべきです。 「させていただきます」の解消には「いたします」 「いたします」は、自分がある行動をとることを単に宣言する表現である「~する」を丁寧に述べた謙譲語です。 相手に許可を得る必要がない場面で使用するのに適切です。 「させていただきます」より「いたします」を用いた方が、ハッキリと引き締まった言葉遣いになりカッコ良いです。 シーンにもよりますが、回りくどい印象よりも言い切れる人間の方が信頼感も大きいのでは無いでしょうか。

次の

「させていただいております」はNG?丁寧そうに見えるNG敬語4つ

差し控えさせて

こうした態度は慇懃無礼ではないか!? この日(3月2日)の参院予算委員会で、野党側がさっそくこれが事実であるかどうかを政府側に質すと、麻生太郎副総理兼財務相は大阪地検の捜査に影響を与える恐れがあるとして「答弁は差し控えさせていただきたい」と述べた。 そのあと、何度も答弁に立った財務省の大谷充理財局長も、そのたびに同じ理由で「お答えは差し控えさせていただきたい」を繰り返した。 野党側は怒り、委員会は何度も中断した。 この書き換え疑惑の結末がどうなるかは別として、そもそも「答弁を差し控えさせていただきたい」などというのは、「答弁」にはなっていないのである。 つまり、「させていただく」という謙譲語を使う場合には、基本的には(1)相手側や第三者の許しを得る、(2)その結果、自分が恩恵を受ける、との条件が必要である。 「許しを得る」とは、迷惑をかけて申し訳ないのだけど、自分のやることを許してほしい、といった意味。 だから、「本日はもう遅いので、閉店させていただきます」「体調が悪いので、早退させていただけますか」なら、なんらおかしくはない。 しかし、国会で答弁を求められたのに、「差し控えさせていただきたい」となると、まったく話が違ってくる。 それは 「そんなこと聞いても、しようがないぞ」 「あなたに答える義務はない」 「答えるかどうかは、私の勝手だ」 などと言っているのと同じではないだろうか。 そのくせ「させていただく」と、謙譲語を使っている。 こうした態度は慇懃(いんぎん)無礼としか言いようがないと僕は思う。 答えられないわけないのに、謙譲語で丁寧なふり 国会で「答弁」にはならない「答弁」が出るのはこの日に限ったことではない。 3月5日の参院予算委員会の裁量労働制に関する質疑でもそうだった。 裁量労働制をめぐっては厚生労働省が昨年(2017年)12月、これを乱用していた野村不動産を特別指導したと公表していた。 ところが、その特別指導は裁量労働制を違法適用された同社の男性社員が過労で自殺し、労災を認定されたのが端緒だった。 だが、同省はこれまでそれには触れていなかった。 そこで、参院予算委員会で野党側が加藤勝信厚労相に調査のきっかけについて質すと、同氏は「コメントを差し控えさせていただきたい」と述べた。 答えられないわけがないのに、謙譲語を使って丁寧なふりをし、答えを拒否する。 国民を愚弄(ぐろう)しているとしか、言えないのではないか。

次の

パーラーポパイ平田店

差し控えさせて

まあ常例ならば 「貴社の求人に応募させていただきたく、履歴書を送付いたします。 」 とかなるのでしょうかねえ。 「送付いたします」だと後が役所みたいですね。 「貴社の求人に応募させて頂きたく、履歴書を送付させて頂きます。 」 だと「頂き」が連続するのはどうかですし。 分けてもいいかな。 」とか。 「応募」という言葉を別の言葉にする方法もあるかな。 つまり「応募」というとこちらからするものと思われるので 言葉を換えて、「就業」「就職」かな。 働かせていただきたいということかな。 入りたいという気持ちが出た言葉かね。 応募だと「募ったのに応える」というそのままの意味ですから。 相手の心証がよくなるように好きなように言葉を駆使してよいでしょう。 協会としての監修本として「30代40代の転職 採用される履歴書・職務経歴書」「30代40代の転職採用される面接テクニック」「再就職で自衛官のキャリアを生かすには」があります。 自分らしく働きたい人、仕事を通じて自分の夢を叶えたい人に具体的な行動をアドバイスしています。 独自のステップで、キャリアを分解、再構築していくステップは、高評価をいただいています。 こんなご相談にお応えします。 「職場環境はいいけれど、お給料が不満。 もっと上げてほしい」「スキルアップできる仕事に転職したい」 「小さい頃から憧れていた職業にチャレンジしたい」「結婚を機に正社員になりたい」「主人の転勤に伴い、転職しなければならなくなった」 ご自分でもっと、在りたい姿に近づくために、作業していただくツールをご用意しています。 職務遂行能力について顕在化するテスト、キャリア棚卸シート、天職探索シートなどがあります。 お気軽にご相談ください。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 採用などで多く志望理由など拝見してきた者に過ぎません。 NO1の回答者の方の通りかとおもいました。 しかし、あまりその程度の違いで合否や印象に大きく影響を及ぼすことではないと思いますし、肝心なのは内容かと思います。 参考程度にでもなれば幸いです。 Q この使い方をくどく使っている人を見ると非常にイライラします。 と高らかに言いたいところですが、自分自身が使い方があっているのかも疑問です。 ただ、日本人のネイティブとしてかなりの違和感があります。 こんな言い回しを聞いていると、はぁ、と疲れが出ます。 若者のみならず、いい年したオジサンたちも使うようになったので、自分はなるべくこれを使わないような言い回しにしています。 きっと気にしすぎだと思いますが、この言い回し、おかしくありませんか? A ベストアンサー 他の方が書かれているとおり、浄土真宗の影響を受けた用法で空の概念を内包しています。 最も情報量が多い概念を完全情報と言うのに対し最も情報量が少ない概念を空と言います。 そして完全情報という物は偶発性があるので存在することがありません。 それなので 多重性のない使い方をすると情報量が多くなってしまうので過不足の過を生み出してしまいます。 例:「定休日に付き、休業させていただきます。 」という張り紙 これは定休日と書けば過不足が無い訳です。 質問者が気になる時はこの過不足の過を認識した時に違和感を覚えるのではないでしょうか? 因みに私はその時に違和感を感じます。 A ベストアンサー 「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。 「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。 そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。 例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。 食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。 スミマセン。 年寄りの愚痴でした。 Q お世話になっております。 今回は就活の基礎であるメールのマナーについて教えて頂ければと思います。 よろしくお願いします。 私は現在就職活動をしている就活生です。 このところ合同企業説明会に参加することが多くなり、それと同時に説明をして頂いた企業の方から「ご参加頂きありがとうございます。 」というものがあります。 これについてはマナー上返信するべきなのでしょうか? もしも返信するとすれば 件名を「メールを確認致しました」 内容は「ご連絡いただきありがとうございます。 今後ともよろしくお願い致します。 」 というような感じで書くだけでいいのでしょうか?受け取ったということを言うだけで十分でしょうか? 私の予想では自動的にメールが発信されるようなメールには返信が必要ないと思いますが、企業の人事の方から発信されたメールであれば、たとえ内容がテンプレートであっても返信をするべきなのではないかと思います。 今回は返信する際のメールの内容もお聞きしたいのでよろしくお願いします。 そこで質問があります。 上記のような「説明会参加」に対するメールには返信をするべきなのでしょうか? 2. もしも1. のようなメールに返信する必要はない場合、そのメールに説明会の予定などが書かれていても返信をしなくてよいのでしょうか? 3. もしも1. のようなメールに返信するべきであるならば、どのような感じで書くべきでしょうか?上に書いたような「メールを確認したこと」を伝えるだけでいいのでしょうか?下記の私が考えた例文の添削をお願い致します。 加えて、ビジネスマナーとして「返信をしなくてもよい」場合のメールがあれば教えていただければと思います。 添削をよろしくお願いいたします。 (件名) ご連絡いただきありがとうございます。 お忙しい中、ご連絡いただきありがとうございます。 会社説明会の際にはよろしくお願い致します。 お世話になっております。 今回は就活の基礎であるメールのマナーについて教えて頂ければと思います。 よろしくお願いします。 私は現在就職活動をしている就活生です。 このところ合同企業説明会に参加することが多くなり、それと同時に説明をして頂いた企業の方から「ご参加頂きありがとうございます。 内容としては「お越し頂きありがとうございます~」という、ただ「説明会に来たこと」についてのメールや、それにプラスしてエントリー前であっ... A ベストアンサー >件名を「メールを確認致しました」 >内容は「ご連絡いただきありがとうございます。 > 今後ともよろしくお願い致します。 」 >というような感じで書くだけでいいのでしょうか?受け取ったということを >言うだけで十分でしょうか? 受け取ったと言うことだけで充分です。 受け取ったよ、という内容が先の文です。 お間違えなく >私の予想では自動的にメールが発信されるようなメールには返信が必要ないと思いますが 必要ですよ。 なぜ、そー思うのですか? 自動かどーかどーやって判るの? 1.必要 2.バカかお前は? 3.先の文でいい 4.あなたの立場で返信しなくていいメールは無いから気にしなくていい Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

次の