ミッド サマー パンフレット。 ミッドソマーあらすじネタバレ!ミッドソマーのペイガニズムとは?

2020年限定! サマソニにかわるフェス「SUPERSONIC」が9月に開催

ミッド サマー パンフレット

解説 長編デビュー作「ヘレディタリー 継承」が高い評価を集めたアリ・アスター監督の第2作。 不慮の事故により家族を失ったダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人たち5人でスウェーデンを訪れた。 彼らの目的は奥地の村で開催される「90年に一度の祝祭」への参加だった。 太陽が沈むことがないその村は、美しい花々が咲き誇り、やさしい住人たちが陽気に歌い踊る、楽園としか形容できない幸福な場のように思えた。 しかし、そんな幸せな雰囲気に満ちた村に不穏な空気が漂い始め、妄想やトラウマ、不安、そして恐怖により、ダニーの心は次第にかき乱されていく。 ダニー役を「ファイティング・ファミリー」のフローレンス・ピューが演じるほか、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「パターソン」のウィリアム・ジャクソン・ハーパー、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールターらが顔をそろえる。 恋人のクリスチャンとの関係は微妙に破綻しているし、愛する家族はある日突然、この世を去ってしまうのだから。 そこで、ダニーはスウェーデンからの交換留学生、ペレの提案により、クリスチャンや仲間たちとペレの故郷、ホルガを訪れることになる。 さて、すでにスリーパーヒットとなっている本作は、ホラーかラブストーリーかエロ映画か、実態を隠したまま若い女性を中心にさらなる数字の上積みを続けている。 そこで、ネタバレを回避しつつ、筆者が思う映画の根幹について解説してみたい。 できれば、観賞後にお読みになることをお勧めする。 全ては冒頭のダニーの状況に起因している。 ホルガを訪れたダニーはそこで行われる"夏至祭"の女王に選出されるのだが、それは予め計画されていたことが、冒頭の数分を見れば分かる。 これがまず1つ。 そして、残酷でえげつない儀式が行われるホルガは、ダニーにとって辛い記憶しかない故郷のアメリカよりも、むしろ悪夢だったという皮肉。 これが2つめ。 監督のアリ・アスターは重要なテーマの一つとして、"家族とは決して逃れられないもの"という要素を挙げているが、それを証明するシーンが夏至祭のシーンで一瞬だけ登場するので、見逃すべきではない。 結論から言うと、本作は前作と同じ家族をテーマにした恐怖映画ではあるけれど、意外なフック 惹きつけ が用意されている分、頭脳的な楽しみは倍増しているような気がする。 ご多分に漏れず、アリ・アスター監督のデビュー作「ヘレディタリー 継承」の衝撃が忘れられない。 ミリー・シャピロが演じた娘の得も言われぬ不気味さ、トニ・コレットが演じた母の終盤の強烈な変貌ぶりなど、並みのホラーを寄せ付けない圧倒的なインパクトとオリジナリティがあった。 当然、今作も大いに期待していた。 「ミッドサマー」の大筋は、ニコラス・ケイジ主演でリメイクも作られた「ウィッカーマン」などに代表される、人里離れたコミュニティに入り込んでしまった主人公(たち)が、その地特有の文化や価値観(カルト宗教、食人の習慣など)によってひどい目に遭うという類型をたどる。 よって前作のような斬新さを期待しすぎると、肩透かしを食ってしまう。 楽園のようなビジュアル、ヒロインを待つ結末などは確かにひねってあるものの、前作のトラウマ級の独創性には到達していない。 比較しなければ、十分に良くできたホラーだとは思うが。 ネタバレ! クリックして本文を読む コロナ明け、初映画館!見逃していたミッドサマー見に行きました。 スウェーデン秘境の村の夏至祭を文化人類学専攻の学生たちがレポートしにいくお話。 日本秘境の村まつりも鬼祭という物が多く見受けます。 このスウェーデンの祭りも色々と隠された秘密があるお祭り。 このお祭りの毒牙に学生たちがかかっていってしまいます。 祭りといえば文化人類学的に研究の宝庫。 セックス、乱行、近親相姦、ドラッグ、生贄殺人となんでもありでこの映画もふんだんにその要素を含んでいます。 村人の笑顔がとても不気味で、映像も明るい中に狂気を感じさせてじわじわ恐怖に引き込まれてい来ます。 ラストはもうグッチョグチョ。 あらららら。 という感じでした。 前半少しダルな感じ、ちょっと残念。 ネタバレ! クリックして本文を読む 映画を見る前から、ヒグチユウコ氏の描いたミッドサマーのポスターが気になっていた。 ) 私には、イラストの花に囲まれたダニーが生気を失っている=死んだ人の顔としか見えなかったのだ。 また、それだけではなく、何となく逆さに吊られている重力感も感じてしまっていた。 ポスターのイラストがわざと逆さに配置されたのではなく、実際に逆さ状態を模写されたのではないかと、感じたのだ。 ダニーが最後にどうなったかは描かれていない。 クリスチャンが目の前で焼け死んで、頭がおかしくなって(反転して)、とても可愛い笑顔で自分の置かれた環境をすっかり受け入れたかに見えた。 あの後にペレと結婚したかもしれないとも考えた。 しかし、どうしても気になったのが、歴代の女王の写真の多さだった。 今ごろ彼女達はどうしているのだろうと思った。 だから、最終的にヒグチユウコ氏の描いたポスターの絵によって、私はダニーが女王に選ばれ、自然神に捧げられたのだという考えに至りました。 皆さんはどう思いますか?• C 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

ミッドサマー : 作品情報

ミッド サマー パンフレット

1986年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。 アメリカン・フィルム・インスティチュートで美術修士号を取得。 『The Strange Thing About the Johnsons』 11 、『Munchausen』 13 、『Basically』 14 など、いくつかの短編を脚本・監督。 2018年の長編初監督作品『ヘレディタリー/継承』がサンダンス映画祭で上映されると、批評家から絶賛され、世界中の映画誌、映画サイトのベスト作品に選出された。 同作はアリ・アスター監督がサターン賞新進監督賞を受賞したほか、ゴッサム賞、ブロードキャスト映画批評家協会賞、インディペンデント・スピリット・アワード、オンライン映画批評家協会賞など多数の映画賞にノミネートされ、主演のトニ・コレットは数々の主演女優賞を受賞した。 本作はナショナル・ボード・オブ・レビューで2017年のトップ10インディペンデント映画に選ばれ、同年の英国インディペンデント映画賞で最優秀インディペンデント作品賞を受賞。 ピューは同映画賞の主演女優賞と、イブニング・スタンダード英国映画賞でブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した。 さらに2020年公開のマーベル・ユニバースシリーズ最新作『ブラック・ウィドウ』(ケイト・ショートランド監督)で、スカーレット・ヨハンソン演じる主人公ブラック・ウィドウとともに活躍する新ヒーロー、イェレナ役に抜擢された。 ジャック・レイナー (クリスチャン)1992年、アメリカ・コロラド州生まれ。 アイルランド在住。 2000年の映画『Country』 ケビン・リディ監督 にエキストラとして出演したことをきっかけに俳優を志すようになる。 テレビドラマで俳優としてデビューした後、『ルーム ROOM』 15 でアカデミー賞作品賞、監督賞などにノミネートされたレニー・アブラハムソン監督の『リチャードの秘密』(12)で主人公・リチャードに抜擢。 その他、個性的な演出をする監督の評価の高い作品に出演している。 例えばジョン・カーニー監督の『シング・ストリート 未来へのうた』 16 、ベン・ウィートリー監督『フリー・ファイヤー』(16)、キャスリン・ビグロー監督『デトロイト』 17 などで批評家から演技を絶賛され着実に評価を得てきた。 才能は国際的にも認められている。 2015年には、ジェラルド・バレット監督の『Glassland』の演技で、サンダンス映画祭の審査員特別賞を受賞。 その他の受賞歴は、『シング・ストリート 未来へのうた』でアイルランド・アカデミー賞助演男優賞、『リチャードの秘密』でアイルランド・アカデミー賞主演男優賞など。 ウィル・ポールター (マーク)1993年、イングランド・ロンドン生まれ。 本作でサターン賞若手俳優賞、フェニックス映画批評家協会賞若手男優賞にノミネートされる。 2011年には、英国アカデミー賞にノミネートされたデクスター・フレッチャー監督のデビュー作『ワイルド・ビル』 に出演し、ロンドン映画批評家協会賞の若手英国俳優賞にノミネート。 2014年にはウェス・ボール監督の『メイズ・ランナー』 に出演し、同年に英国アカデミー賞 ライジング・スター賞を受賞する。 2016年、アカデミー賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『レヴェナント:蘇えりし者』 16 に出演、続いてキャスリン・ビグロー監督作『デトロイト』(17)に出演。 ウィリアム・ジャクソン・ハーパー (ジョシュ)1980年、アメリカ・テキサス州ダラス生まれ。 NBCの人気コメディドラマ「グッド・プレイス」シリーズ(16~)のチディ役で人気を博す。 長編映画デビューは『幸せの行方... ゾーイ・カザンの戯曲「After The Blast」 17 でも主演をつとめた。 最新作は、『キャロル』 16 のトッド・ヘインズ監督の最新作『Dark Waters』(19)で、マーク・ラファロ、アン・ハサウェイらと共演している。 アーチ・マデクウィ (サイモン)1995年、イングランド・ロンドン生まれ。 劇作家のエドワード・オールビーのヒット作でイアン・リクソンが演出した「The Goat」でウエストエンド・デビューし、ダミアン・ルイスとソフィー・オコネドーの息子役を演じた。 その後、マックス・ミンゲラ監督のインディーズ作品『Teen Spirit』 18 で主役に抜擢され、エル・ファニングの恋の相手を演じた。 さらに、リサ・クドロー主演のヒットコメディーシリーズ「ウェブセラピー」のイギリス版リメイク「Hang Ups」のシーズン1に出演し、2017年のスクリーン・インターナショナル誌のスター・オブ・トゥモローに選出された。 サム・メンデスのニール・ストリート・プロダクションが制作したアマゾンの「Informer」(18)に出演。 Appleが製作するTVシリーズ「SEE ~暗闇の世界~」 19 でジェイソン・モモアらと共演している。 エローラ・トルキア (コニー)舞台、映画、テレビで活躍中のロンドンを拠点とする女優。 2019年にロンドンのシェイクスピア・グローブ座の「二人のいとこの貴公子」でイアン・チャールソン賞特別賞を受賞。 グローブ座ではキャロライン・バーン演出の「終わりよければ全てよし」にも出演した。 そのほか、リンゼイ・ターナーの「The Treatment」、エイミー・ホッジの「Boys Will Be Boys」、マックス・スタフォード・クラークの「マクベス」などの舞台にも出演した。

次の

ミッドサマー (映画)

ミッド サマー パンフレット

ミッドサマーを見ました。 本当はミッドソマーです。 簡単に説明すると 大学生がのカルト村で血祭りにされる話です。 個人的にはグロテスクなのが苦手ならば、これを読んで見に行くか決めていいと思います。 ストーリーはある意味よくあるホラー映画ですが、 この映画は 見るカルチャーショックです。 何人かの方がなどで言っていますが、私も二日ぐらい恐怖に囚われたままでした。 精神的に不安定な方は本当に見ないほうがいいです。 しかも2時間45分もあります。 鑑賞中、家に帰りたくなる映画はこれがはじめてでした。 個人の感想ですが ミッドソマーのネタバレを書いた理由は単に誰もやっていなかったからだけではなくて、一種の注意喚起なんです。 海外のファンが「自殺志願者の後押しになりそうな映画。 多分日本で公開されても、そういう事は言わないでしょうから。 特に最近身内に不幸があった方には精神的にきます。 個人的には映画の内容的にも あえて間違ったように(実際の発音とは違うように読んでしまう)しているのかな?とも思います。 もっと適当に詳しく説明 (普通にえげつない描写があるので注意) カの大学生、主人公のダニ(Dani)はを患う妹からの自殺未遂にめちゃ困った生活を送っていて、それにより彼女自身も不安障害的なものを患っています。 ダニの彼氏のクリスチャン(Christian)はメンヘラ彼女うぜーと言って友達3人に相談します。 ちなみにこいつら全員人類学の博士課程にいます。 男友達が「別れろよw」的なことを言っているときに、ダニからクリスチャンに電話が来ます。 妹がとうとう両親を殺したうえで自殺してしまったのでした。 電話の向こうでめちゃくちゃ大泣きしているダニと別れるわけにもいかないクリスチャンは関係を続けることにします。 クリスチャンの友達にはマーク、ジョシュ、ペレという3人がいるのですがペレがの村出身で、90年に一度のお祭りがあるから来なよ~と誘ってきます。 そうです、これがタイトルにもなっているMidsommar、祭です。 ジョシュは特に論文がこの村&祭テーマなので研究も兼ねています。 クリスチャンはダニに言わないでいたのですが、色々あってバレます。 ダニは「なんで私に言わないの?!」とキレます。 仕方ないのでクリスチャンは勝手にダニを誘い、合計5人で行くことになります。 長いのでとりあえず顔を覚えてください。 左からダニ、クリスチャン、ジョシュ、マーク 引用:Midsommar公式インスタグラム ペレの村の手前に着きました。 を勧められて5人はハイになります。 ペレの弟が英国人のルを同じように連れてきていました。 コニーとサイモンです。 全員揃ったところで山のなかをひたすら歩き、村に到着します。 まあ初日はペレの妹、マヤ(Maja や他の村の人に会ったり。 祭りの始まりじゃーという掛け声を聞いたりします。 特にここまではあんま怖いシーンはないです。 マヤも重要なキャラです。 その日はダニの誕生日だったのですが、ペレしか覚えておらず彼はダニの似顔絵をプレゼントします。 クリスチャンはペレに言われて思い出し、そのあと一切れのケーキをプレゼントします。 二日目になりました。 ここの村の人は全員でご飯を食べるというとてもマナーがいい生活をしています。 基本その食事の席で一番偉い人がご飯を食べ始めたらみんながドミノのように次々と食事を開始するのですが、 その日はおじいさんとおばあさんが最初に出てきて、いただきますの音頭をとります。 そして食べ終わったらどこかに連れていかれます。 マークを除いた5人と村人は村からちょっと移動したところに行きます。 マークは昼寝をすると言い、宿舎に戻りました。 さっきのおばあさんとおじいさんが崖の上で儀式をはじめます。 付き人が二人の手のひらをナイフで切ります。 そしてその手のひらを石碑的なものになすりつけ、血を付けます。 うわあ~とか思っている間におばあさんが崖の上で両腕を上げて、飛び降ります。 そして顔が豆腐のようにぐしゃっとなり、ダニたち観光客はパニックになります。 ただクリスチャンとジョシュは人類学専攻なので文化に許容的なのか、割と冷静です。 こえーよ。 次はおじいさんの番です。 コニーとサイモンは人類学とか勉強しているわけでもない、普通の大学生なので必死で止めようとしますが、お構いなしにおじいさんも落ちます。 ただ足から墜落したせいで、即死に至らず、足がバキバキになったまま生きています。 苦しんでいるおじいさんを見て村人たちが同じように苦しみ始めます。 するとバカでかいハンマーを持った村人が来て、おじいさんの顔をつぶします。 割と何回か潰します。 明らかに一回で十分だと思いますが…… 村人たちはコニーたちに老衰で苦しんで死ぬよりも自ら死を選ぶことで名誉を守るのだ、この村の慣習なんだと説明をします。 それを見てダニは帰りたがるのですが、ジョシュの論文のためにここに残ることになります。 ペレはダニに家族の死がストレスになっているんだね、僕の親も焼死したんだと慰め、本当にクリスチャンがダニのためになっているのかと聞きます。 その夜ダニはクリスチャン達に村に置いて行かれる夢をみます。 次の日、コニーとサイモンは帰ることになりました。 しかしコニーがサイモンが居ない!と慌てているのをダニが見つけます。 村人はサイモンは先に車に乗って駅に向かったと言いますが、コニーはサイモンがそんなことするはずがない!と怒ります。 そしてコニーも村を出ます。 昨日見たことによりクリスチャンはこの村の事を論文のテーマにすることに決めます。 ジョシュはふざけんじゃねえとキレますが、ペレも間に入ってなあなあな感じでとりあえずクリスチャンのテーマがこの村に決まります。 ペレは村の長老たちに二人がこの村の事を書いていいか聞くと伝えます。 その後、ジョシュは教会的な建物の中で、で書かれた本を読ませてもらいます。 司祭的な感じの人はルーベンという名前の奇形児がとしてこの本をつくるのだと説明します。 ジョシュはルーベンが近親相姦で出来た子供だと知ります。 そして写真を撮っていいか聞きますが、勿論「ダメです」と断られます。 一方、外では一昨日のおじいちゃんおばあちゃんの死体は焼かれて、村人たちはその灰を村のちょっと奥まった森の手前にある横たわっている古木にかけています。 しかしそこにマークはまさかの立ちションをするのでした。 それを見つけた一人のおじさん村人はめちゃくちゃ怒ります。 当たり前です。 「ご先祖様が……」と泣け叫びます。 ペレはこれはご先祖様のお墓なんだよと説明しますが、マークは「は??知らなかったし!」とナメた事を言います。 ただマークは怒り狂ったおじさんを見て「俺、殺されないよな?」と笑います。 その後、ペレはクリスチャンとジョシュに村の人が二人がこの村を題材にすることを場所と村の名前を書かないことを条件に許可してくれたと伝えます。 クリスチャンは早速、老いた村人にこの村はぶっちゃけ近親相姦で成り立っているのか聞きます。 回答は大体の場合外部の血を受け入れているというものでした。 昼食の時間になりました。 クリスチャンはパイの中に陰毛を見つけます。 よく見ると彼のレモネード的なものだけ黄色ではなくオレンジ色なのですが、誰もそれに気づかず(気づけよ)クリスチャンは飲み干します。 それをマヤがガン見しています。 明らかに彼女のブツです。 要はこの村の愛の媚薬的な、お誘い的なものなんですね。 そうしたら今度は他の女の子がマークの元へ来て、ちょっとこっちに来てくれない?と聞きます。 この子は割と前半の時からマークとしょっちゅう目が合っていたので、マークはついていきます。 普通に考えたらヤバいだろと思うのですが、まあその通りそれ以降マークは行方不明になります。 その夜、ジョシュはさっきの教会に忍び込み、本の写真を撮り始めます。 ふと気が付くとドアのところにマークが立っているのに気づきます。 ジョシュは「おい!マーク、何してるんだよ。 俺たちはここに本当はいちゃいけないんだぞ!」と言います。 しかしマークは何も言いません。 なんとその立っている人はマークを殺して顔の皮を剥いで、それを被った村人だったのでした。 ジョシュはそのままハンマーでぶったたかれ気絶してどこかへ引きずられていきました。 次の朝、朝食の終わりに村人が「昨夜、ルーベンの本が盗まれました。 」と皆に告げます。 村人たちは当たり前ですが、ダニ達を疑っています。 そのあとダニは村の女の子たちに誘われダンスコンテストに出場します。 ールの周りでぐるぐると踊り、最後まで立っていた女の子がその年のメイクイーン May になるのです。 ダニと村の女の子達は踊っている間に語が話せるようになります。 コンテストの前に飲んだドラッグ入りのお茶の影響なのですが、ダニは「心から通じ合った」という感覚を得ます。 その時、最後の女の子が倒れ、ダニはその年のメイクイーンになったのでした。 彼女は村人から祝福され、写真を撮った後に人力の馬車に乗って、五穀豊穣の祈るために畑に連れていかれます。 一方そのころクリスチャンは村人からマヤと(村の法則に乗っ取ると)相性が良いため彼女の処女をもらってほしいと頼まれます。 村人たちはクリスチャンにドラッグを飲ませ、建物へ連れていきます。 その中にはマヤが裸で大量の花の上に寝そべり、その周りを何人もの裸の女性が年齢順で並んでいます。 クリスチャンとマヤがセックスをはじめると、マヤの喘ぎ声を女たちがマネをします。 ダニは役目を終えて帰ってきたのですが、その建物から聞こえる声を聞き、直感的に近づいていきます。 女の子たちはダニを止めますが、ダニはそのまま扉に向かい、隙間からクリスチャンがマヤとセックスをしているのを見て、パニックに陥ります。 ダニはそのまま宿舎で泣き崩れ、それをついてきた村の女の子たちがマネをし、一緒に涙を流し始めたのでした。 行為が終わったクリスチャンはハッと自分のしている事の異常さに気づき、裸のまま村を逃げ回ります。 見つけた鶏小屋の中ではサイモンが背中の皮膚を開かれ肺が引きずりだされたまま(しかもまだ動いている)、そして目には黄色い花を刺されて、吊るされているのを発見します。 すると後ろから村人たちが忍び寄り、クリスチャンに薬の粉を投げかけ気絶させます。 クリスチャンは「貴方は動けないし、喋れない、でも大丈夫よ」との声とともに目を覚まします。 彼は車椅子の上に座ったまま、ダニが祭壇で花に囲まれているのを見ます。 老いた村人がくじで一人の村人を選び、ダニにクリスチャンかその男、どちらを生贄にするか?と聞きます。 このお祭りには9人の生贄が必要なので、老人は足りない2人の分のボランティアを村人から募り、ペレの弟と若い男が志願します。 そしてペレを「新しい」として称えます。 クリスチャンは解体された熊の毛皮を着せられ、黄色い三角形型の建物の中で座らせられます。 ペレたちはサイモン、コニー、ジョシュ、マークたちの死体をどんどん黄色い建物の中に配置していきます。 最後にボランティアの2人に祭司が「痛みを感じないように」「恐れを感じないように」と舌に薬を塗り、建物に火をつけます。 クリスチャンは身動きもとれず、目を開けたまま火に包まれます。 ボランティア達は恐怖と痛みで泣け叫び、それを外で見ている村人たちが苦しむ演技を始めます。 ダニも最初は村人とともに泣きますが、最後に一人、燃え盛る建物を見つめ、微笑みます。 終わり どうでしょうか。 本当に全部書いたらとんでもない長文になってしまいました。 怖そうですよね?怖いです。 ただこの監督、次はコメディが撮りたい(?!)とか言っている通り、微妙に笑えるシーンもあります。 そもそも既に販売されているグッズが檻に閉じ込められた熊(最後にクリスチャンが着せられるやつ)の置物なんですが、公式CMがこれです。 ちょっと頭おかしい.

次の