テセウスの船ネタバレ。 【犯人ネタバレ】ドラマ『テセウスの船』全話あらすじ・キャスト一覧

テセウスの船ネタバレ!最終回の結末はハッピーエンドで犯人に衝撃

テセウスの船ネタバレ

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。 逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。 父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。 しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。 誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!? 不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!? 追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。 心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。 【】 竹内涼真さんが警察に取り調べを受けて帰ってきた時に、榮倉奈々さんや子供さんたちが明るく出迎えてくれたことが、こちらまで幸せな気持ちになりました。 あんなに村の人から文句を言われたら、すごく辛かっただろうけど、あんなに優しくされて、嬉しかっただろうと思いました。 【5段階評価-5. 面白い】 [st-kaiwa36]迷惑電話が頻繁に掛かってくることになった佐野家で暗い表情になった鈴と慎吾の幼い姉弟を見ているのが辛く、心が申し訳なく土下座して謝る展開は心が締め付けられてしまい、一体どうなることかと思ったら文吾がアントニオ猪木風に現れて腹芸で笑わせる展開は予想外で、沈んだ雰囲気が一変する佐野の家族の素晴らしさに感動した。 【5段階評価-5. それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。 その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。 文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。 果たして、さつきの魂胆とは何なのか? そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。 父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。 【】 田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。 姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。 そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が! それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。 木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。 しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。 そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。 【】 「テセウスの船」第06話を観て、心が由紀と一緒に事件の真相に迫っているところは、とても良かったです。 心が事件について諦めそうになっても、由紀の支えがあって、頑張れると思いました。 木村みきおが犯人と関連性があるように感じました。 【5段階評価-5. 面白い】 [st-kaiwa36]真犯人に翻弄される心、行く先々で犯人と思しき人が殺されていきました。 そんな中、由紀の手厚いサポートがあり何とか真犯人に向かっていきます。 今の現代では二人は夫婦ではなくなってしまいましたが、つながっているんですね。 心が由紀に自分の身に起きた出来事を告げたシーンは涙ものでした。 真犯人もわかり、また過去にタイムスリップした心、果たして事件を止められるのか?今後の展開に目が離せません。 【5段階評価-5. 音臼小事件まであと二日。 心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。 最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。 事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。 そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!? 【】 田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。 連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。 文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。 音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。 心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。 そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。 追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!? そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!! 【】 駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。 しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。 「俺が犯人だ」。 心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。 すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。 大きく揺れる心と家族。 バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……? そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。 それは、心に究極の選択を迫るものだった。 過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。 やがて迎える黒幕との対峙。 そこで事件のすべての真相が明らかにされる。 心と家族の未来はどう変わるのか……? 【】 とうとう罪をなすりつけられた文吾の取り調べが始まり、どうしていいかわからない佐野一家を見ていると胸が苦しくなりました。 そしてみきおに対して自分の子供のように愛情を持っている木村さつきが、心が近づかないように守ろうする姿も未来のことを考えると怖くて面白かったです。 【5段階評価-5. - LINE BLOG•

次の

テセウスの船 10巻 ~加藤に刺し殺されそうになった文吾の盾となり死んでしまった心 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

テセウスの船ネタバレ

【ネタバレ:田中さんとは?】 音臼村の元村議会議員で村の名士。 目が悪く、顔の判別も出来ないほど視力が低下している。 田中さんは自宅で 詩の教室を開いており。 音臼小学校の生徒たちに指導している。 自宅には生徒の詩の作品が保管されている。 心が1989年にタイムスリップしたとき、未来から持ってきた【事件ノート】により田中さんの 死の運命を知ってしまいます。 田中さんは2月5日に心臓発作で亡くなる運命だったのです。 田中さんを救おうと考えた心は、佐野文吾とともに田中さんの家へ。 生徒の詩の作品を見ていると、その中に ブキミな絵が混じっていました。 絵の内容は、二人の女の子が描かれており、一人の顔が塗りつぶされていました。 絵の上側には プロペラのような絵が…。 実はこの少し前、音臼小学校でが起きていました。 二羽いたウサギの一羽だけの首が切り落とされていたのです。 心はウサギ事件とこの絵に共通点を見出し、 『ウサギ事件の犯人がこの絵を描いたのでは…?』と疑います。 心の自宅にもブキミな絵が 次にブキミな絵が登場したのは、1989年にいたが再びタイムスリップし、現代に帰ってきた時。 顔を塗りつぶされた妊婦のような女性と、彼女を見つめるが描かれていました。 心はこの時、身近な人物が妊娠中で、その人がターゲットにされているのでは?と警戒します。 () 犯人はなぜ自分に絵を送ってきたのか?なぜ 心の住所を知っているのか?謎は深まるばかりです。 心は薄々気づいていましたが、この絵の描き手こそ、佐野文吾事件を引き起こした 真犯人なのです。 ネタバレ:心の自宅に送られてきた絵には 『心に会いたい』という犯人のメーセージが込められていた。 犯人は『心がタイムスリップできること』をなぜか知っており、その方法を教えてもらうため、会いたいというメッセージを込め自宅に絵を郵送し続けていたのだ。 学校でもブキミな絵 ブキミな絵が三度目に登場したのは、原作最終回の間近。 ふたたび1989年にタイムスリップした心が、音臼小学校で犯人を捕らえようと警戒していたとき、あのブキミな絵が 教室の黒板に描かれていました。 絵には子供のような人物とともに 『18』という謎の数字が…。 その後、犯人に誘拐されていたある少年のポケットからも絵が見つかり、そこには 『30』の数字が描かれていました。 さらにこの絵には、田中さん宅で見た絵と同じく 謎のプロペラのようなものが…。 これは音臼岳に建てられた 風速計を意味していました。 『18:30に風速計のある小屋で何かが起きる…?』そう考えた心は、この時刻に音臼岳の小屋に向かいます。 小屋に到着した心は、ついに真犯人と対峙。 事件のすべてを知るのでした…。 ブキミな絵を描いた犯人の正体とは? 『テセウスの船』にたびたび登場するブキミな絵。 これを描いたのは、佐野文吾事件を引き起こした 真犯人です。 その正体とは…?.

次の

テセウスの船の犯人は漫画とドラマで違う!原作の真犯人は2人いる?

テセウスの船ネタバレ

『テセウスの船』の基本情報• タイトル:テセウスの船• ドラマ公式URL• ドラマ公式Twitter• ドラマ公式Instagram• ドラマ公式LINE• 主演:竹内涼真• ジャンル:ミステリードラマ• 放送局:TBS系• 放映日時:日曜 21:00 — 21:54• 殺人者の息子として育った田村心(竹内涼真)が、拘置所に収監されている父・文吾(鈴木亮平)に会いに行こうとするところから物語が始まります。 ところが、心はいつの間にか31年前にタイムスリップしてしまいます。 そこは、父が逮捕されてしまう事件が起きる直前の村でした。 本当に父が犯人なのか? 父の無実を信じて、心が事件の真相を突き止めようと奮闘する物語です。 キャスト一覧• 田村心:竹内涼真 殺人犯として逮捕された父親の事件の謎を追う主人公• 田村由紀/岸田由紀(旧姓):上野樹里 心の妻、両親の反対を押し切り心と結婚• 車椅子の男/木村みきお:安藤政信 佐野鈴の内縁の夫• 田村鈴:貫地谷しほり 心の姉、整形し村田藍と名前を変えた 1989年(過去)の登場人物• 佐野文吾:鈴木亮平 心の父親、村の駐在警察官、現在は死刑囚• 佐野和子:榮倉奈々 心の母親• 佐野鈴:白鳥玉季 心の姉• 佐野慎吾:澤部佑(少年期・番家天嵩) 心の兄• 木村さつき:麻生祐未 音臼小学校の教師、実家はメッキ工場を営む• 金丸茂雄:ユースケ・サンタマリア 仙南署の辣腕刑事• 佐々木紀子/松尾紀子:芦名星 父の冤罪の証人、長谷川の婚約者、メッキ工場のパート職員• 長谷川翼:竜星涼 事件の鍵を握る村人、音臼村の新聞配達員、写真が趣味• 石坂秀夫:笹野高史 音臼小学校の校長、絵が趣味• 井沢健次:六平直政 音臼村の商店主、村のまとめ役• 田中正志:せいや(霜降り明星) 村の名士の息子• 徳本卓也:今野浩喜 音臼村の農家の怪しい村人• 田中義男:仲本工事 元県議会議員• 森清彦:加治将樹 金丸刑事の部下、仙南警察署刑事• 加藤みきお:柴崎楓雅 音臼小学校に通う小学生、鈴の同級生• 馬淵:小籔千豊(9話から登場) 宮城県警監察官室 スタッフ一覧• 原作:テセウスの船 作者:東元俊哉 出版社:講談社 雑誌:モーニング• 脚本:高橋麻紀• 主題歌 曲名:Uru 歌手:あなたがいることで レーベル:ソニー・ミュージックレーベルズ• プロデューサー:渡辺良介、八木亜未• 演出:石井康晴、松木彩、山室大輔• 制作:大映テレビ、TBS 各話の視聴率 『テセウスの船』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。 心の妻・田村由紀(上野樹里)がスクラップしまとめていた当時の記事をたどり、目に留まらなかったような不自然な出来事をあぶり出し、関係者に接触していきます。 その中で心の正体が文吾にバレ、事件を止めようと共に奔走していきますが、真犯人に辿り着く前に心が現代に戻ってきてしまいます。 そこでは、心の母・佐野和子(榮倉奈々)と兄・佐野慎吾(番家天嵩)が一家心中で亡くなっており、姉・佐野鈴(貫地谷しほり)は整形し名前を変え生きていました。 さらに、姉には内縁の夫・木村みきお(安藤政信)が存在しており、この男こそ、事件の被害者であり、加害者でもありました。 鈴に好意を抱いていた木村は、鈴を自分のものにしたいという行き過ぎた欲望から事件を起こし、文吾に罪をきせたのでした。 木村は、事件当時加藤の姓を名乗っており、事件後は元教員の木村さつき(麻生祐未)に引き取られていました。 父の冤罪の証人である佐々木紀子(芦名星)が現れるもさつきに口を封じられてしまい行き詰ったかに思えましたが、再び心は事件現場にタイムスリップします。 ところが、そこで木村も共にきており、子供時代の加藤みきおと接触し、鈴を手に入れるために文吾の殺害計画を立てますが、心が文吾をかばって刺されてしまい死んでしまいます。 令和へと時が流れ、文吾が住んでいた当時の村がなくなるというので、家族でタイムカプセルを掘り起こしに行きます。 その中には、亡くなった心が映った写真があり、末っ子とそっくりでした。 正義と名付けようとしていましたが、文吾が自分の命の恩人と同じ名前にしたいからと、末っ子に心と名付けたのでした。 その心の結婚相手が岸田由紀という女性で、文吾は胸がいっぱいになります。 ドラマでは原作を改変せず、この流れで行くと思います。 この結末以上のハッピーエンドはありません。 『テセウスの船』各話のあらすじ 2020年1月19日からTBS系にて放送開始される竹内涼真さん主演の連続ドラマ『テセウスの船』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。 1話のあらすじネタバレ この後よる9時からは、いよいよスタート! 日曜劇場『テセウスの船』。 さん さん! 平成元年に起きた凶悪殺人事件…殺人犯の息子・田村心が事件直前にタイムスリップ! 父の事件の真相に迫る! 事件を止めて、家族の笑顔を守れ! 原作では北海道が現場。 ドラマでは宮城県の雪の山中という設定ですが、実際のロケ地は、新潟県内の山中。 猛吹雪の中での撮影だったということで、とにかく壮大でした。 流石に、リアルスノーの迫力がありましたね。 関連記事 2話のあらすじネタバレ この後よる9時からは、日曜劇場『テセウスの船』。 今回は第2話です。 田村心は父・文吾の冤罪を晴らすため過去で真犯人を探す。 犯人は謎の絵で次なる犯行を予告! 仲本さん、とりあえず、歩き回る場面は無かったのですが、演技、上手いです。 付き合いのあった高木ブーさんの紹介があり、そして、いかりや長介さんに、音楽(主にハワイアン)バンドのギター担当だと言われて、ザ・ドリフターズに加入。 音楽活動より、コメディアンとしての活動に困惑しつつ、与えられたキャラを起用に熟(こな)していた仲本さん。 長介さんが亡くなって早や16年。 仲本さん、78歳。 お元気そうで、なによりです。 関連記事 3話のあらすじネタバレ この後よる9時からは、日曜劇場『テセウスの船』。 今回は第3話です。 未来が書かれたノートが奪われた! 焦る田村心をさらに挑発するように、新たな犯行予告が!? 追い込まれていく心は、父に決死の告白を…!? 心の言うことに耳を傾けられる有能な刑事だったのに、それが死亡フラグになってしまいましたね。 折角好い人に見え始めたと思ったら、アッという間に劇的に死んでしまいました。 関連記事 4話のあらすじネタバレ この後よる9時からは、日曜劇場『テセウスの船』。 第二章スタート! 今回は第4話です。 再びタイムスリップした心を変わり果てた最悪の未来が待ち受ける! 失意の心に真犯人が新たな犯行予告! 事件はまだ続いていた! 由紀の勇気ある行動が引き金になって、今後、文吾の冤罪を晴らす新証言が集まることになるのでしょうか? 関連記事 5話のあらすじネタバレ この後よる9時からは、日曜劇場『テセウスの船』。 今回は第5話です。 心の父・文吾の無実を知る証言者が名乗り出る。 父の釈放に期待を持った矢先、証言を拒否される。 最後の希望は消えてしまうのか!? 違和感があるほどのキツメのメイクでしたが、あっけなく、さつきに殺されてしまいます。 が、「未来のことが書かれているノートがある」という犯人の言葉を聞いたということからの証言ですから、おそらく、本当の裁判になれば、その話(タイムスリップ話)は眉唾物(まゆつばもの)として却下されるはずです。 放置しておくのが得策なのに、紀子を殺害してしまったことで、悪事がバレていくことになるのでしょうね。 関連記事 6話のあらすじネタバレ この後よる9時からは、日曜劇場『テセウスの船』。 今回は第6話です。 事件の真相を追う心と由紀。 次々と罠を仕掛けて二人を追い詰める真犯人から、心の元に招待状が届く。 余りにあっさりと泡を吹いた姿で死にゆきます。 紀子を毒殺したのですから、それなりに毒物混入については注意をしているはずなのに、まさか、みきおに殺されるとは思ってもいなかったのでしょうね。 それにしても、毒入りジュースを病室に運んだのがみきおということになれば、さつきは、車椅子のみきおが、実は歩けることを知っていたことになります。 そのあたりが謎です。 本筋とは関係ないかも知れませんが、その謎の回収が、今後なされたら有り難いと思います。 関連記事 7話のあらすじネタバレ この後よる9時からは、日曜劇場『テセウスの船』。 今回は第7話です。 再び過去に戻った田村心は、父・文吾と犯人を追う! すると犯人は狙いを和子に!? 「計画は完璧だ」と、みきおは言っています。 心と文吾の心理状態を見透かしている感じの演技になっていましたね。 二人の大人の、いろいろな判断ミスも突いてもいます。 関連記事 8話のあらすじネタバレ この後よる9時からは、日曜劇場『テセウスの船』。 今回は第8話です。 田村心は毒殺事件を阻止するため驚きの行動に! 同時に和子が行方不明! 文吾は犯人の狙いに愕然とする。 そして、事件の黒幕が出現! 結局、第8話は、柴崎楓雅さん一人で、盛り上げた感じになっています。 サイコパス感も良く出ていましたね。 関連記事 9話のあらすじネタバレ この後よる9時からは、日曜劇場『テセウスの船』。 今回は第9話です。 父・文吾に殺人未遂容疑が! 心は犯人の罠だと訴えるが、監察官の馬淵は文吾を目の敵にする。 文吾に対する過去の怨念を晴らそうということで、この機をチャンスとばかりに爆発しそうですね。 それを心と文吾がどう撥ね返すのかというのが、最終話でのお楽しみ。 関連記事 10話(最終回)のあらすじネタバレ この後よる9時からは、日曜劇場『テセウスの船』。 いよいよ最終話です。 文吾が連続殺人犯として逮捕! 心と和子は激しく動揺する。 真犯人は一体誰なのか? 心は過去を変えることができるのか!? 貫地谷さんに叩かれて、澤部さん、結構嬉しそうでした。 関連記事 スポンサーリンク.

次の