横浜国立大学。 横浜国立大学 教育学部

横浜国立大学/大学トップ|大学受験パスナビ:旺文社

横浜国立大学

個性あふれた大学を目指す 旧制の神奈川師範学校、神奈川青年師範学校、横浜経済専門学校および横浜工業専門学校を母体として、昭和24年に新制大学として発足した。 発足当時は、学芸・経済・工の3学部であったが、昭和41年学芸学部を教育学部に改称、同42年経済学部から経営学部を分離独立、平成10年教育学部を教育人間科学部に名称変更。 さらに、同23年工学部を改組し理工学部に、教育人間科学部を改組し、人間文化課程を設置。 同29年都市科学部を開設。 それとともに教育人間科学部を教育学部(名称変更)へ、経済学部、経営学部、理工学部をそれぞれ改編し、5学部となる。 歴史と伝統を踏まえて、高い国際性を持ち、実践的な生きた学問を尊重している。 さらに、社会に開かれた、新しい試みに積極的に挑戦していく、個性あふれた大学を目指して教育・研究活動を行っている。 特殊コレクションの主なものに、「ミラボー・コレクション」「フランス革命期官報」「シャウプ・コレクション」「東寺百合文書」などがある。 学生、教職員、地域住民との相互の交流を図る祭典となっている。 また、大学祭同様、数多くの企画が催される行事に清陵祭がある。 新入生が中心となって、学生、教職員相互の交流と親睦を図るもので、毎年5月下旬ごろに開催されている。 主なものをあげると以下の通り。 研究分野は新材料、デバイス、環境など、多分野に及んでいる。 特に、峰沢国際交流会館は外国人留学生の寄宿舎としても利用されており、日本人学生との交流を図ることを目的とした新しいタイプの混在型の学生寮である。

次の

横浜国立大学 大学院・国際社会科学府 法曹実務専攻

横浜国立大学

横浜国立大学は、神奈川県に本部を置く国立大学です。 通称は「横国(よここく)」。 1877年に創立された横浜師範学校を前身として、1949年に新制国立大学として発足します。 2004年に現在の国立大学法人横浜国立大学となりました。 広大な敷地を誇る横浜国立大学は、「教育人間学」「経済学部」「経営学部」「理工学部」「都市科学部(平成29年度から新設)」の5つの学部で構成されています。 全ての学部が常盤台キャンパスで授業を行っており、勉強に集中できる環境が魅力です。 関東にある国立大学の中でも高い人気を誇る横浜国立大学。 国際社会でも生き抜いていけるグローバルな人材育成を目指しています。 共生社会の発展にも力を注いでおり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに役立つような研究も進められている学校です。 国語 【センター】 小学生のころから問題は解かなくても赤本の文章を読んできました。 利用した参考書 赤本の文章を読みました。 利用した参考書 赤チャートをやっておくのが気休めになるでしょう。 外国語 【センター】英語、英語リスニング 国語力があれば、語彙力がなくても長文は解けます。 利用した参考書 国語の勉強すれば平均以上は取れます。 社会 【センター】現代社会 普段の授業をちゃんと受けることで楽勝です。 利用した参考書 新聞を読みましょう。 夏休み明けから勉強しても間に合います。 利用した参考書 セミナーを10周しました。 その他(実技等) 【2次・個別】 高校の成績で決まるので、塾には行かずに学校の勉強をしっかりやることです。 利用した参考書 学校の成績を上げるために、先生からの印象をよくしましょう。

次の

横浜国立大学 大学院・国際社会科学府 法曹実務専攻

横浜国立大学

教育学部は、教育に関わる諸課題を総合的、かつ多角的な見地から理解するとともに、実践的・先進的な資質・能力を身につけた教員の養成を目的としています。 神奈川県内唯一の国立大学教員養成系学部として、文明開化の地・横浜に位置する国立大学ならではの地域や世界とつながる実践的で先進的なカリキュラムを揃え、県内各教育委員会等と連携した教員養成及び教員研修などを通じ、グローカルな視点から教育の未来を切り拓くことのできる人材を輩出することを目指します。 課程・専攻 学校教育課程 人間形成コース / 教科教育コース / 特別支援教育コース 臨時教員養成課程 専門の講師陣による多彩なカリキュラムで、大学短大等卒の教員免許既得者を対象に、知的障害・肢体不自由・病弱・聴覚障害の特別支援教育を担当する質の高い教員を1年で養成するコースと、現職教員を対象に特別支援教育コーディネーターを養成するコースがあります。 理工学部は3学科(機械・材料・海洋系学科、化学・生命系学科、数物・電子情報系学科)から構成され、学科の中に専門教育に対応した10の教育プログラム(EP)があります。 専門基礎科目と併せて、早期の教育課程で学生が理数工学系の素養を身につけ、その後専門教育を受けるカリキュラムとなっています。 工学的センスを持った理学系科学者、理学的センスをもった工学研究者・技術者の育成を目指します。 学科・EP 機械・材料・海洋系学科(機械工学EP / 材料工学EP / 海洋空間のシステムデザインEP) 化学・生命系学科(化学EP / 化学応用EP / バイオEP) 数物・電子情報系学科(数理科学EP / 物理工学EP / 電子情報システムEP / 情報工学EP) 教育学研究科には2専攻あり、教育実践専攻には、教育科学・教科教育学・教科内容学を接合させ、新たな教育理念や教育方法を開発しデザインする教育デザインコースと、特別支援学校教諭専修免許状取得や臨床心理士の資格など高度な専門的能力の獲得を目的とする特別支援教育・臨床心理学コースの2コースがあります。 さらに、2017年4月から教職大学院(高度教職実践専攻)を設置し、地域・学校の抱える教育課題を共有し、学校経営の中核として活躍できる教員と積極的に学校づくりに参画できる教員の養成及び育成を目指しています。 なお、本計画は現在、文部科学省に申請中であり、現段階では予定であるため、内容に変更が生じる可能性があります。 課程・専攻 修士課程 教育実践専攻(教育デザインコース / 特別支援教育・臨床心理学コース) 専門職学位課程 教職大学院(高度教職実践専攻) 教職大学院 教職大学院(高度教職実践専攻)は、神奈川県内の教育課題を踏まえ、県教育委員会と3政令指定都市教育委員会と連携・協働しつつ、理論と実践の往復により実践的問題解決能力の向上を目指した教育を行っています。 修了した者には教職修士(専門職)の学位が授与されます。 国際社会科学府・研究院は、経済学・経営学・国際経済法学という3専攻を有し、社会科学の融合的教育研究を進めていくとともに、国際性のある実践的な融合的教育の充実を図り、グローバル新時代に求められる人材の育成を行っています。 国際的諸問題に対応する能力を育成するために、専攻横断的プログラムや英語による教育プログラムを設けるなど、柔軟で体系的な履修体制を構築し、グローバルかつ多様な人材が日々切磋琢磨する、ユニークな教育研究環境を提供しています。 課程・専攻 博士課程(前期・後期) 経済学専攻 / 経営学専攻 / 国際経済法学専攻 専門職学位課程 法曹実務専攻(法科大学院) 法科大学院 法曹実務専攻(法科大学院)は、豊かな学術研究のベースの上に法曹養成教育を位置付けるべく社会科学系総合大学院の一専攻として、開放性を大切にしつつ誕生しました。 研究者教員と実務家教員との密度の濃い連携協力により、理論的かつ実践的な教育を追求しています。 (2019年度から学生募集停止) ビジネススクール 博士課程前期、横浜ビジネススクールでは、ビジネスパーソン対象の少人数授業が平日夜間と土曜日に開かれます。 経営に関する専門知識の深化と統合によって、実務上の課題の解決に活かす実践的な経営学教育プログラムを展開しています。 理工学府は、高い倫理観とグローバルに活躍するために必要な知識と能力を培い、理学と工学の両方のセンスを兼ね備えた理工系人材を育成します。 博士課程前期では、自らの専門分野における専門科目で培われる知識と能力に加え、基盤的学術に関する幅広い教育と、独創的な技術土地の創造を可能にする研究活動を通じて、道の問題に対して幅広い視野から柔軟かつ総合的な判断を下して解決しうる技術者・研究者を育成します。 博士課程後期では、自ら探求し発見した課題に対し、先進的な研究活動を通して、広く社会に需要される発信能力により学術と産業の開拓を先導できる人材、すなわち、イノベーションの創出と発展を担う創造性豊かな高度専門職業人のリーダー人材を育成します。 課程・専攻 博士課程(前期・後期)機械・材料・海洋系工学専攻 / 化学・生命系理工学専攻 / 数物・電子情報系理工学専攻 環境情報学府・研究院は、「環境」と「情報」を基軸に文理融合・異分野融合を実践する大学院です。 Future Earth構想や超スマート社会、安心・安全な持続可能社会の構築に貢献する人材を育成します。 学府には人工環境専攻、自然環境専攻、情報環境専攻があり、それぞれの研究分野における専門教育が行われます。 その一方で、教員自らが文理融合・異分野融合する姿を披露する「環境情報リテラシー科目」、高度専門職業人として持つべき汎用な能力を育成する「環境情報ジェネリックスキル科目」が用意されており、専門性を極めながらも、幅広い見識とグローバルな視点を持ち、他分野の人とも円滑なコミュニケーションのできる人材を育成します。 サステイナビリティとクリエイティビティをキーワードにしています。 建築、都市環境、都市基盤の面からの持続可能な発展と、多文化、及びその社会が引き起こすコンフリクトを創造的に乗り越えて、新たな文化・社会を生み続ける創造都市をめざして、学術研究ばかりではなく、都市の現在に向けて多様な視点を提供していきたいと考えています。 世界的建築家の妹島和世、西沢立衛、乾久美子、藤原徹平、大西麻貴による設計教育と、寺田真理子が取り組む国際的なリサーチやワークショップによって、建築や都市の未来をデザインします。

次の