いつの 日 か 意味。 土用の丑の日2020年はいつ?意味と由来とは?鰻(うなぎ)を食べるのはなぜ?

昭和の日の意味や由来とは!いつからみどりの日じゃなくなった?

いつの 日 か 意味

海に感謝!海の恩恵をうけながら私達は暮らしています。 「海の日」の由来や意味、2020年はいつなのかをチェック! 「海の日」は7月第3月曜日ですが、2020年は7月23日(木)に移動されています。 「海の日」は、1996年に国民の祝日として施行されましたが、当初は7月20日でした。 2003年に祝日法が改正されると、いわゆるハッピーマンデーにより「7月第3月曜日」となりました。 また、7月1日から31日までの1か月間が「海の月間」となっています。 2020年は東京五輪の開閉会式に合わせて3つの祝日(「海の日」「山の日」「スポーツの日」)が移動されたため、 「海の日」は、開花式前日の7月23日(木)になりました。 その結果、2020年は7月23日(木=「海の日」)、開会式の24日(金=「スポーツの日」)、25日(土)、26日(日)と4連休になります。 新型コロナウイルスの影響で東京五輪が延期となりましたが、2020年のこれらの祝日は変わりません。 今年と同様、開会式の前日に「海の日」、当日に「スポーツの日」、閉会式の翌日に「山の日」が移動されます。 国土交通省によると「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけです」とのこと。 海に囲まれ、海の恩恵をうけながら発展してきた日本ならではの祝日といえます。 なお祝日になる前は、7月20日が「海の記念日」という記念日でした。 これは、1876年(明治9年)の明治天皇の東北巡幸の際、軍艦ではなく、「明治丸」という灯台巡視船で航海し、7月20日に横浜に無事帰港したことに由来します。 これが海洋国日本の幕開けにふさわしいということで定められました。 「海の日」のイベント! 「海の日」には、「海フェスタ」や灯台公開など、海に関するさまざまなイベントが開催され、海に親しむことができます 「海の日」には、ボートレースやマリンスポーツなど、海に関連するところでさまざまなイベントが開催されています。 大規模なのが「海フェスタ(海の祭典)」という行事で、毎年、海にゆかりのある自治体が選定され開催されています。 期間は「海の日」を中心とした数日間で、記念式典、祝賀会、船の一般公開や体験航海、コンサートなど、いろいろな海関連イベントで賑わいます。 また、「海の日」に灯台が一般公開されるところも多く、普段はみることのできない灯台内部を見学できます。 【関連記事】•

次の

写真の日とはいつ?意味や由来は?イベントや、写真の種類の紹介。

いつの 日 か 意味

結婚式などおめでたい席で「このハレの日に・・・」という挨拶を聞いたことはありますか? 雨が降っていても「ハレの日」と言うことに疑問を抱いた人もいるかもしれませんね。 お天気の「晴れ」のことではないようですが、どういうものなのでしょう? 「ハレ」はおめでたい席で聞くことがありますが「ケ」はあまり聞きません。 今回は 「ハレ」と「ケ」についていろいろ調べてみましょう。 ハレとケの意味と由来とは? 「ハレ」はお祭りや年中行事などを行う特別な日、非日常という意味があり、「ケ」は普段の生活、日常という意味があります。 例えば、ハレはお正月やお節句、お盆などの年中行事、神社の祭礼、七五三や成人式、冠婚葬祭などの非日常的な行事で、それ以外の日常生活は「ケ」です。 「ハレ」と「ケ」は、日本を代表する民俗学者の柳田国男(明治8年~昭和37年)が、日本人の伝統的な世界観を表現するため定義した言葉です。 「ハレ」というと、おめでたいことだけだと思いがちですが、葬式も「ハレ」という考え方があります。 しかし、葬式を「ハレ」にするかどうかはさまざまな議論があるそうです。 葬式は不幸ごとなのでおめでたいこととは区別したいという考え方がある一方で、葬式は非日常なので「ハレ」だという考え方があり、この議論に決着はついていないそうです。 また、病気や死、陰鬱な気持ちなどによって「ケ」(日常生活)を営むことに支障が出てしまうことを「気枯れ(けがれ)」といい、「ハレ」によって「けがれ」を清めたり、祓ったりするという考え方もあります。 漢字でどう書くの?語源は? 「ハレ」は「晴れ」、「ケ」は「褻」と書きます。 「ハレ」は折り目・節目という意味があり語源は「晴れ」から来ています。 結婚式や成人式などで着用する「晴れ着」は「ハレ(節目)の日に着るもの」という意味があります。 また、「人生の晴れ舞台」や「晴れ姿」などの使い方もあります。 「褻」は「けがれる」とも読み、意味は「普段着」「けがれる」「なれる」などがあります。 「ハレとケ」の「褻(ケ)」は、普段着を意味する「褻着(けぎ)」、普段の食事を意味する「褻稲(けしね)」などが語源となっているそうです。 「ケ」はあまり使うシーンはないようです。 「ハレ」は漢字で「晴れ」と書くのですね。 お天気がいいことを「晴れ」といいますが、江戸時代(1603年~1868年)の記録では、長雨が続いた後に天気が回復し、晴れ間がさした節目の日のみ「晴れ」と記していたそうです。 雨続きが終わった特別な日・・・ということでしょうか。 「ケ」はあまり使いませんが、普段の生活のことです。 「ハレ」と「ケ」を使い分け、メリハリのある生活を送りたいですね。

次の

運が良くなる言葉「日日是好日」の意味と読み方は?禅との関係も紹介

いつの 日 か 意味

結婚式などおめでたい席で「このハレの日に・・・」という挨拶を聞いたことはありますか? 雨が降っていても「ハレの日」と言うことに疑問を抱いた人もいるかもしれませんね。 お天気の「晴れ」のことではないようですが、どういうものなのでしょう? 「ハレ」はおめでたい席で聞くことがありますが「ケ」はあまり聞きません。 今回は 「ハレ」と「ケ」についていろいろ調べてみましょう。 ハレとケの意味と由来とは? 「ハレ」はお祭りや年中行事などを行う特別な日、非日常という意味があり、「ケ」は普段の生活、日常という意味があります。 例えば、ハレはお正月やお節句、お盆などの年中行事、神社の祭礼、七五三や成人式、冠婚葬祭などの非日常的な行事で、それ以外の日常生活は「ケ」です。 「ハレ」と「ケ」は、日本を代表する民俗学者の柳田国男(明治8年~昭和37年)が、日本人の伝統的な世界観を表現するため定義した言葉です。 「ハレ」というと、おめでたいことだけだと思いがちですが、葬式も「ハレ」という考え方があります。 しかし、葬式を「ハレ」にするかどうかはさまざまな議論があるそうです。 葬式は不幸ごとなのでおめでたいこととは区別したいという考え方がある一方で、葬式は非日常なので「ハレ」だという考え方があり、この議論に決着はついていないそうです。 また、病気や死、陰鬱な気持ちなどによって「ケ」(日常生活)を営むことに支障が出てしまうことを「気枯れ(けがれ)」といい、「ハレ」によって「けがれ」を清めたり、祓ったりするという考え方もあります。 漢字でどう書くの?語源は? 「ハレ」は「晴れ」、「ケ」は「褻」と書きます。 「ハレ」は折り目・節目という意味があり語源は「晴れ」から来ています。 結婚式や成人式などで着用する「晴れ着」は「ハレ(節目)の日に着るもの」という意味があります。 また、「人生の晴れ舞台」や「晴れ姿」などの使い方もあります。 「褻」は「けがれる」とも読み、意味は「普段着」「けがれる」「なれる」などがあります。 「ハレとケ」の「褻(ケ)」は、普段着を意味する「褻着(けぎ)」、普段の食事を意味する「褻稲(けしね)」などが語源となっているそうです。 「ケ」はあまり使うシーンはないようです。 「ハレ」は漢字で「晴れ」と書くのですね。 お天気がいいことを「晴れ」といいますが、江戸時代(1603年~1868年)の記録では、長雨が続いた後に天気が回復し、晴れ間がさした節目の日のみ「晴れ」と記していたそうです。 雨続きが終わった特別な日・・・ということでしょうか。 「ケ」はあまり使いませんが、普段の生活のことです。 「ハレ」と「ケ」を使い分け、メリハリのある生活を送りたいですね。

次の