コウノドリ 14 歳 の 母。 コウノドリ:傑作選で“14歳の母”再放送 視聴者「神回!」 号泣、感…

コウノドリ 4話感想 超低体重の赤ちゃんをロケに出す親御さんの勇気

コウノドリ 14 歳 の 母

私は陣痛が弱くて、切開と吸引してホント死ぬかと思ったけど、生まれた我が子見たら痛みなんて飛んでったなぁ。。 中学2年生の少女・吉沢玲奈(山口まゆ)が妊娠したというストーリーでした。 相手の父親・元倉亮(望月歩)は玲奈の同級生で当事者二人がまだ中学生。 今後のことを両家の親が話し合いますが亮の父親は養育をする意思がなく、玲奈の母親・昌美(中島ひろ子)も持病があり子育てを十分に出来る環境ではありません。 しかし肝心の当事者である玲奈はどこか他人事のよう。 命が宿っていることに対する自覚が感じられません。 そういった状況から、鴻鳥先生(綾野剛)ら医師は養子縁組を検討。 養子縁組は子どもが欲しい親のためにあるのではなくあくまで子供の福祉のためにあるもの。 決して簡単なものではありませんが、それでも親になりたいという夫婦はいます。 最初は他人事のような態度だった玲奈もおなかの中の子供が大きくなりにつれ徐々に親としての自覚を持つようになりました。 ですが結局、赤ちゃんは養子に出すことを決意。 子どもの幸せを1番に考えたからこその決断でした。 ここで重要なのは決して逃げたわけではないということです。 14歳の母も養子縁組を希望する親も「親としての覚悟」をそれぞれ持った上での決断。 命を宿すことは何かを考えさせられますよね。 泣けるシーンはいくつもあるんですが、泣けると同時に考えさせられます。 「コウノドリ」は4月17日にも再放送があります。 17日はシーズン1の最終回。 5話も名作ですが、最終回も名作です。 …いや、「コウノドリ」自体が泣ける名作ですね。 物語はもちろん、キャスト、主題歌全てが評判となった名作は色褪せません。

次の

『コウノドリ』傑作選、14歳・山口まゆの出産シーンにネット涙「号泣して苦しい…」(クランクイン!)

コウノドリ 14 歳 の 母

もくじ• 超低体重の赤ちゃんを撮影に出すご両親 第4話のキーワード 「 切迫流産」や「 切迫早産」って けっこう馴染みのあるワードです。 私の周りでも何人か 安静にしてないとダメなんだ~・・・ みたいな子がいたので。 でも、みんな無事に元気な赤ちゃんを 産んでいます。 だから切迫流産や切迫早産で生まれた 赤ちゃんの過酷な現実って、 考えたことありませんでした。 今回、本物の超低体重の赤ちゃんが 撮影されていました! あの出産シーンの赤ちゃん・・・ 本物ですよね・・・??? あまりの小ささにビックリでした。 ビックリというより、 ショックに近い感覚でした。 そして、こんな小さい赤ちゃんを (言い方悪いけど) 撮影に使うの? って 信じられない思いもありました。 本当は精巧に作られた人形なんでしょうか? でもINCUで寝ていた赤ちゃんは本物です。 本物ということは 撮影に協力してくれたご両親がいるということ。 あんな小さい子を撮影に参加させて・・・ 批判じゃないですよ・・・ これからあの小さな赤ちゃんに いろいろな試練が待っているのかと思うと どんな思いで参加させたのかな? と いろいろ考えてしまいます。。。。 ちなみに、今回は涙出ませんでした。 ドラマの中の話ではなく、 実際に存在している赤ちゃんが気になって 感情移入できませんでした。 今回撮影に参加してくれた赤ちゃん、 元気に育って欲しいと、心から思います。 <スポンサードサーチ> コウノドリ 5話 あらすじ 親の養育が受けられない子供と、 子供が欲しくても授からない夫婦をつなぐ、 特別養子縁組のお話 と 妊娠・出産する中学生のお話。 どちらも気になる話です。 特別養子縁組の話は、 本当に世の中って不公平だと思います。 子供が欲しくてたまらない夫婦の間に 赤ちゃんができず、 子供が欲しくないところに (もちろん、子供を育てたくても育てられず、 泣く泣く手放した方もいると思いますが) 赤ちゃんができる・・・ どうして?って考えることあります。 ドラマではどんなお話になるのか とても楽しみです。 志田未来さんが演じていた中学生は 真剣にお腹の赤ちゃんのことを 考えていたように記憶してますけど、 今回の『コウノドリ』の妊娠した中学生は 鴻鳥先生が一生懸命話しても 他人事なんだとか・・・ こちらの話も楽しみです! しか~し、次から次へと時事ネタ 投入してくるね! すごいわ!!.

次の

コウノドリ 14歳の母 志田未来が1話のゲスト。11年ぶりに母になる!

コウノドリ 14 歳 の 母

俳優の綾野剛さんが主演した連続ドラマ「コウノドリ」(TBS系)の傑作選が4月10日午後10時から放送された。 「コウノドリ」は、鈴ノ木ユウさんの同名の医療マンガ(講談社)が原作。 産婦人科を舞台に、医療だけでなく、赤ちゃんや妊婦、その家族にまつわるエピソードが描かれ、放送当時は感涙する視聴者が続出した。 傑作選第1回となるシーズン1第5話は、ペルソナ総合医療センターの産科医サクラ(綾野さん)のもとに院長の大澤政信(浅野和之さん)の紹介で、中学2年生の少女、吉沢玲奈(山口まゆさん)が、母親の昌美(中島ひろ子さん)に連れられて診察を受けに来た。 玲奈は妊娠8カ月ですでに堕胎できない状況。 おなかの子の父親・元倉亮(望月歩さん)も同級生の中学生だった……というストーリー。 14歳の玲奈の出産を通して、新しい命の尊さと感動を伝えた同話に視聴者からは「本当にすてきなドラマ」「涙流しすぎて苦しい」「止まらない、涙」「自分の子供を5億倍いとおしく感じた」「感動がすごい!」といった声も上がっていた。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の