コロナ 感染 者 数 茨城。 茨城の感染者は日立製作所社員 1千人が自宅待機へ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

【新型コロナ茨城で10人目(つくば、牛久)】県内在住者からの実際の感想

コロナ 感染 者 数 茨城

患者 居住地 主な行動歴 感染判明日 1 30代男性 ひたちなか市 イタリア出張 17日 2 20代男性 つくば市 欧州旅行 18日 3 50代男性 阿見町 タイ旅行 18日 4 40代女性 土浦市 都内病院と土浦の居酒屋に勤務 22日 5 80代男性 つくば市 筑波記念病院に入院 23日 6 70代女性 つくば市 5例目の妻 24日 7 40代女性 県外 5例目の娘 24日 8 70代女性 桜川市 5例目の付き添い 家政婦 24日 9 40代男性 つくば市 ダンス講師 5、6例目の方がレッスン受講 24日 10 40代男性 牛久市 24日 以下、詳細。 感染判明日:3月17日 1人目 ひたちなか市在住 日立製作所の水戸工場 ひたちなか市にあります 勤務。 同工場の日立社員約1000人は17日~25日まで自宅待機との事。 帰国後10日以上は目立った症状がほとんど無かったとの事。 3月18日時点で濃厚接触者5人の陰性が確認されている。 19日時点で、別の濃厚接触者2人の陰性が確認された。 23日、家族3人に咳・鼻水の症状が出たため検査。 3人とも陰性。 2月24日~27日 イタリアに出張。 28日 羽田空港着。 3月2日~5日 出社。 5日 微熱。 9日~11日午前まで出社。 11日には用事の為常陸太田市の太田税務署を訪れる。 12日 再度発熱し、咳・頭痛・倦怠感。 12日以降は在宅勤務。 16日 専門外来受診。 17日 陽性確認。 感染経路不明。 症状が出てから4日で陽性確認。 牛久市はつくば市の隣。 新型コロナ関連出来事の時系列抜粋 主に「」と「」からの情報です。 2020年1月6日 武漢市で原因不明の肺炎発生。 59例の発生確認。 発生日は2019年12月12日~19日の間。 自治体及び関係機関に対し、原因が明らかでない肺炎等の患者に係る、国立感染症研究所での検査制度について周知。 1月7日 原因不明の肺炎発生の第2報。 1月10日 第3報。 新種のコロナウイルスの可能性が高まる。 1月14日 第4報。 中国で死亡1例。 1月15日 日本にて陽性患者初確認。 1月20日 中国で武漢市以外から感染者が確認される。 1月22日 中国で感染者440人、死亡者数9人。 1月24日 中国で感染者830人、死亡者数25人。 日本では感染者2例目。 この辺りから厚生労働省の新型コロナ関連の資料が増え始める。 1月29日 武漢市からチャーター便で邦人206人が帰国。 チャーター便の費用がどうこうとか、割とどうでも良い話がニュースで流れたりしていた。 1月30日 症状が出ていないのに陽性だった人を確認。 チャーター便で帰国した邦人 厚労省:「過剰に心配することなく季節性インフルエンザと同様に基本的な感染症対策に努めて~」とメッセージ。 1月31日 中国で感染者数が約1万人、死亡者数212人。 日本は感染者数12人。 3月26日現在、非常に深刻なイタリアはこの時感染者数2人。 死亡者数0。 厚労省の報道発表資料の内容が段々多くなってくる。 地方自治体に対して色々な通知や依頼を行っている様です。 2月5日 2月3日に横浜港に寄港したクルーズ船で10名の陽性確認。 日本ではまだクルーズ船がどうこうとか騒いでいた頃。 2月10日 中国で感染者数が約4万人、死亡者数908人。 日本は感染者26人。 イタリアは感染者3人。 クルーズ船については陽性70人。 感染症病棟を有する医療機関に搬送。 2月24日 茨城で1例目となった男性がイタリアへ出張した日付。 日本で感染者数144人。 死亡者数1人。 2月25日 イタリアの感染者数229人、死亡者数6人。 3月1日 茨城で2例目となった方が欧州旅行 スペイン、フランス、ベルギー へ。 日本の感染者数239人、死亡者数5人。 2月28日時点だと、スペイン感染者数17人、フランス38人、ベルギー1人。 3月9日までいたスペインは9日時点で感染者数674人。 15日までいたフランスは15日時点で感染者数4499人。 15日のベルギーは感染者数689人。 3月7日 茨城で3例目となった方がタイ旅行へ。 3月6日時点だと、タイの感染者数47人。 帰国した15日時点だと82人。 3月19日 翌日から3連休。 何故か自粛ムード解禁という錯覚を起こす人が増え、 お花見や各行楽地へ出掛ける人が続出。 日本の感染者数907人。 死亡者数31人。 自粛ムード疲れとか言っている人は、これより少ない感染者数と死亡者数だった中国から 1月中旬、下旬頃 、チャーター便で日本へ帰国~とか騒いでいた事を思い出して欲しい。 3月23日 月 3連休明けの月曜日。 日本の感染者数1089人、死亡者数31人。 3月26日 日本の感染者数1292人。 死亡者数45人。 今月頭頃のイタリアの数字に近い。 26日時点の日本の数字は、 3週間前時点の場合、世界で5番目に感染者が多い国になる。 今後どうなるか予断を許さない。 まとめ 外国旅行した方は、出国前の状態なら「まぁ平気だろ」と思ったんでしょうかね。 帰国直前の感染者数を見ると、爆発的に増えていることが分かります。 ただし日本も例外では無いので、今後どうなるかは分かりません。 感染してから発症するまでの中央値は約5日というデータをネットで見ました。 そしてこないだの3連休 20~22日 は出歩いた人が多かったようです。 私は仕事でしたが、やはり家族連れで外出している人が多かったです。 5日+発熱などの症状が出てから4日経過でPCR検査となると、だいたい29日~31日の週明けに感染者数が増えるかも知れませんね。 「密室・密集・密接」の3条件が揃うと集団感染の確率が上がるそうなので、こういった場所を避ける事が、専門家でもない 一般人の私たち一人ひとりが唯一コントロール出来る防御策です( 集団感染の確率、なので別に3条件が揃わなくても感染する時はすると思います。 集団という言葉が付いているのを忘れてはいけない)。 そして 普段からのこまめな手洗い、うがい、体調を整えるなどの、他の病気にも対策となる基本的な衛生管理。 これをしていくしか無いと思います。

次の

茨城県コロナウイルス感染者の受け入れ病院は?クルーズ船搬送先!

コロナ 感染 者 数 茨城

茨城県は17日、日立製作所水戸事業所(ひたちなか市)に勤める30代の会社員男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。 2月24~27日にイタリアに出張していたという。 県内での感染確認は初めて。 男性が勤務していた建物は3月18日から閉鎖し、社員ら約1千人は、男性が最後に出社した11日の翌日から14日間となる25日まで、自宅待機するという。 感染確認を受け、大井川和彦知事は同日記者会見し、「濃厚接触者は限られている。 県民の皆さんには冷静な対応をお願いしたい」と呼びかけた。 県によると、男性はひたちなか市在住で、同僚2人とイタリア・トスカーナ州に出張。 羽田空港を使って先月28日に帰国し、3月1日まで自宅にいた。 発熱などの症状はなく、2~5日はマスクを着けて徒歩で出社。 5日に微熱が出たため6日は欠勤した。 平熱に戻ったことを確認して9~11日に出勤したが、12日に37度台の発熱があり、再度会社を休んだ。 せきや頭痛の症状もあったことから、16日に家族が保健所に相談して帰国者・接触者外来を受診。 17日にPCR検査をした結果、陽性と判明した。 男性は現在、県内の感染症指定….

次の

コロナウイルス感染者数で茨城県の最新2020年4月は何人?

コロナ 感染 者 数 茨城

茨城県で最初のコロナウイルス感染者が確認されたのは、17日、ひたちなか市に住む男性です。 1例目に続いて、昨日までに、つくば市に2人目の感染者、3人目は稲敷市に感染が確認されました。 また、22日には、4例目の女性の感染が確認されています。 詳細は以下にお知らせします。 4月2日の感染者数最新情報 茨城県の感染者数は21例に増えてしまいました。 感染者の居住地などは、別記事にて後ほどお知らせします。 男性の住所などは十八日の発表で「本人の強い希望で明かせない」としていましたが、大井川知事はこの日の会見で「同意が得られた」と語りました。 感染前後の経緯 男性は3月1日からヨーロッパへ旅行に行っていました。 3月1日に出国、その後スペイン、フランス、ベルギーを旅行。 途中で、もう一人の県内在住の友人の大学院生と途中で合流したといいます。 14日頃から、37~39度の発熱などがあり、16日の帰国後も微熱が続きました。 現在は、入院中ですが、熱はなく、体調も回復しているということです。 また、男性の両親と、旅行に同行した人ひとりは、PCR検査で申請と判明しています。 つくば市の様子と対応状況 つくば市市内では、初めての感染者となります。 男性の場合は、感染経路がはっきりしているなどとして、現時点で対応に変更はないとしています。 また、茨城県の大井川和彦知事は、3月4日以降に海外から帰国した人の自宅待機と帰国者・接触者相談センターへの連絡を要請しています。 阿見町で3例目のコロナウイルス感染者 19日、県内3例目となる新型コロナウイルス感染者について、患者は阿見町在住の会社員の50代男性と発表。 こちらの男性は、感染症指定医療機関に入院中で、重症ということです。 男性は15日に旅行先のタイから帰国し、40度以上の発熱などの症状が出ていました。 タイ旅行後に新型コロナの症状 男性は今月7〜15日にタイを旅行。 15日に成田空港に到着し、自家用車で帰宅。 帰国前から寒気などの症状があり、帰国後に40度台の発熱やせき、頭痛、全身倦怠 けんたい 感などの症状が出たそうです。 17日に自家用車で近くの診療所を訪れ受診した後、診療所からの紹介で「帰国者・接触者外来」の別の病院を改めて受診。 感染の疑いがあるとして18日に県衛生研究所でPCR検査を実施した結果、同日夜に陽性と確認されました。 高熱などで重症だそうですが、意識はあるということです。 また基礎疾患はなかったということです。 男性の感染経路について県は旅行中に感染した可能性が高いとみています。 男性は妻と2人家族だということで、県は妻以外の濃厚接触者を調査しており、確認でき次第、健康観察を行うということです。 22日4人目は医療機関に勤務の女性 さらに、22日4例目の感染が確認され、23日に知事の記者会見がありました。 県内で確認された4人目の感染者は、土浦市に住む40代の女性、今月19日から37度台の熱とせきの症状があり、かかりつけ医の診断で判明したものです。 女性は、「帰国者・接触者外来」のある都内の医療機関に勤務しているということで、最近の海外の渡航歴はないということです。 女性は現在、入院中で症状は軽いとのこと。 「茨城県内での感染拡大は可能」大井川知事 会見で大井川知事は、女性は勤務先で感染した可能性もあるという認識を示し、 「渡航歴のない初めての事例ということで重要視しているが、濃厚接触者も限られており、県内での感染拡大を抑えるのは十分可能だ」 と述べました。 全国の感染者未確認の県 現時点で、感染者が未確認の県は、上記の9県のみとなりました。 上記の通りですので、朝早く行って、列に並べば手に入る可能性があります。 手作りマスクの参考 茨城県のコロナウイルスの相談電話窓口 新型コロナウイルスの感染者は県内で初めて確認されたことを受け、茨城県は17日これまで平日の日中だけだった電話相談窓口を24時間対応にしました。 24時間対応の専用ダイヤルの電話番号です 029-301-3200 感染に不安を抱く人に対し、予防方法も含めて情報提供も行います。 帰国者・接触者相談センター 発熱など、感染が疑われる人の電話相談を受け付けるのは「帰国者・接触者相談センター」、こちらも24時間対応でに電話番号は同じです 029-301-3200 また県内の旧保健所にも儲けている電話相談窓口も、平日の9時から5時まで相談可能だということです。 マスク情報とマスクの洗い方について.

次の